r5it_01
「あとどれくらいで終わりますか?」

という、ADHDの人にとっては、めっちゃ怖い言葉あるじゃないですか。

あれに正確な返答ができる方法があって、それは『予測時間×3』で答えること。

「大体20分くらいか?」という予測は100%外れるので、
3倍の1時間くらいと答えると、丁度良いことが多いです。
めちゃくちゃわかる(笑)
コレわかる。

ただ聞かれた時「すぐ答えなきゃ!」って無意識に慌てて直感で返答して、すぐ後でしまった…間違えたかもって後悔と恐怖。

慣れない人相手だと無意識にパニくるのなんとかしたい。
わかります…見積もりというものが苦手。
だいたい倍くらいにしとけば合うことが多い(^.^;
あー…。

1時間で終わると思って1時間で終わると言ったら2時間かかって、
1時間で終わると思って2時間で終わると言ったら4時間かかった。

3倍すれば良かったんだ。
これクソわかる、
いつも早く出した方がいいと思って自分の実力で出来る時間ちょうどで答えて、
他の雑用とか現場対応とかきて自分で自分の首絞めてる

これからは3倍で答えるようにするわ😇😇
これ自分もやってたけど
上司からいや遅すぎでしょっていう圧が強くてやめた
余裕みて答えると、そんなにかかる?とか、そんなにかかっちゃいかん!って言われます…
やさ、確かにそうなんだけど。
私の体験談は、

私「うーん、○時くらいには終わると思います」

先輩「え、そんなにかかる?」

私「かからない………?????」

みたいになってなぜかこっちが負けてもう少し早めに見積もった時間を言うと先輩が満足して去ってた。
「『予測時間×3』で答える」→「遅いです」→「慌てる」→「ミス連発」→「これだから(略)」までがセット
え?これが?そんなにかかるの?って言われて結局出来もしない時間答えてドツボにはまりますね…
目から鱗です。
でも、3倍した時間で答えると遅くて怒られませんか?
結果的に激しいフォローを、受けながら3倍通りの時間で終わるのですが、お互いメンタルがきつい。
lp_rdx 私の場合は、
プライドにより『見積もり時間』を速くする傾向があったので、3倍にすると丁度良かったです。

が、個人差がありそうですね

当事者側も、作業効率を上げる努力は必要だと思っています。
※ルーティーンを組んで、作業をパターン化するなど
「あとどれくらいで終わる?」が怖い言葉とは意識したことなかった。
でも短めの時間を答えて失敗するパターンはよく目にする。

3倍の時間を答えて「そんなにかかるの?」と言われても、「そうですけど何か?」と開き直れる強い心が必要かな。
私知らずにその言葉使っていました😓
同じ内容の事を聞くにはどうしたらいいのでしょう?
Mintmamma たとえば「あとどれくらいで終わる?」という言葉は、いくつかの意味に取れてしまうので、(例えば「もう時間がない」「まだ余裕はあるけど、いつ上がるか知りたい」など)
意図も合わせて伝えてあげると、返答しやすいことが多いです。
当事者としても、なるべく質問で意図を明確にするべきですが
deepspaceout12 あ!
では、「本日納期の◯◯の記事はあとどれくらいで上がりそうですか?もうチェックしないとヤバイので。」はOKと認識しても大丈夫ですか?

追い込んだ言葉ですが💦

私が言いたいのはこうよ!って言うのをしっかり伝えるのが良いんですね(^^)
Mintmamma むしろ、はっきりとした意図や納期を伝えてあげる方が、結果的にパフォーマンスが上がることが多いと思います。
私のような当事者も、発達系の課題を相手に押し付けることなく、なるべく相手に寄り添った対応をしていきたいものです...😌
良いコミュニケーションができると良いですね◎
自分にあった工夫をされてて素晴らしいですね。

私は、「1時間」と答えて2時間かかったり、「20分」と答えて5分で終わったりするため、
20分で終わりそうなものは、「わかりません。10分では終わらないと思いますが、1時間はかからないと思います」などと答えてます。
子どもにもそう伝えてました😉

車でどこかへ行く時に「あとどれくらい?」攻撃が必ずあるので、10分なら20〜30分みたいに。時計のわからない子には、ドラえもん(のアニメ)2回見るくらいとか、しんちゃんの映画1回くらいとか。
長めに伝えておくと、「思ったより早く着いた」と作戦通り笑
自分が完全にこれなので2-3倍くらいにして返すようになった。
でもこれってやってみると、意外とそれでも「えっ、そんなに早く終わるんすか?十分です!」って言ってくれることが多いので安心してほしい
これADHDじゃなくても重要じゃない?
余裕をもった報告は必要だと思う。
人が言われて思い浮かぶ時間は気にしてなくても
「何も問題なく今のペースで刻んだ予測の最短タイム」だったりすることが多いから。
ADHDでなくても最小限の時間で答えてしまいそうになるのをぐっとこらえるのは必要。

・実働
・レビュー
・やりなおし(orブラッシュアップ)

と3ステップあるので、倍以上の時間はかかると見ておいた方がいい。
これは一般人にも割と言えることだと思う。
プライドかなんなのかギリギリの期間を申告して死んでる人がいっぱいいるからな……(
私は邪魔が入ることを想定して作業時間の三倍くらいを申告する。

早く済んだら印象加点されるし、悪いことなんて一つもないw
ヒッ…!
これすごい。わかる。

私の場合、時間設定に「のりしろ」が一切なくて、見積もりがおかしい。

夫にいつも、前後30分ずつのりしろを取られて、「そんなにかからないよぉ~」って思うんだけど、もちろんかかる。

肝に命じておこう。
引用元
マンガでわかる大人のADHDコントロールガイド
福西 勇夫 福西 朱美
法研
売り上げランキング: 8,982