maxresdefault (16)
若者の貧困化の一因は、大学進学率の上昇だと推察してる。

「高卒で地元の職場に自宅通勤」っていう生活スタイルは、実はかなり貯金ができる。

逆に「中途半端な大学に奨学金借りて入って東京で一人暮らし」っていうパターンが、
実は一番貧困化しやすいルート。


これがなぜか、バブル時代より増えてる。
スポンサーリンク
これはまじでそうなのかも。
何となく大学行っとけ感は結構強めにあるもんな。
これなー。
工業高校から大手企業にいった同級生に会うと思う。
それはあるかも。
その「中途半端な大学」ってだいたいは私学やし、

実入りが少ない割に金だけかかる
=大した学歴でもないから学費
+奨学金の回収が難しい

ってことで、ズルズルと負債が長引くんでしょう。
これめっちゃ体感する

地方国公立以上の大卒組(私立含む)で奨学金あり・独り暮らし・車も自分で買う(ローン)
工業高校卒で事務職・実家暮らし・車も買って貰う
で2・3年目まで貯金額、私の方が上だったなぁ

高卒だから金銭感覚も1年くらいは高校時代を引きずるから、そんなに使わないしね
確かに公立高校卒から就職だと、低所得でも無借金でひたすら貯金は増えるもんなぁ
私は高卒で就職しようとしたんだけれども、
その時「高卒よりも大学進学の方が生涯で得られる金額が大きい」って学校で教えられてたなって言うのを思い出した
親世代が自分の人生経験を基に基本大卒信仰となった一方で、大卒の価値が低下したことによる地獄ですね
父に「これだけ金出してやったのに非正規なんて」と不満をボヤかれ傷心しておりますw
父は高卒で大手に就職した還暦世代なので、大卒で長年アルバイトなんて信じられないみたいです。
私がADHDであることを差し引いても、バブル世代のようなリターンがある同世代の方は少なくなったように思います
生活費は高いわ、同年代で少なくとも上位にいないと国立にいけないから学費もかかる。文系はともかく理系なんて目も当てられない。

都会は遊びの誘惑も多いとなれば金がなくなる三重苦があっと言う間に出来上がる。

この指摘は本当に正しいと思います。
sig_math まだ、働きたくない、という理由だけで多額の借金して大学に行く子はそりゃ人生が厳しくなる。

本当は仕事するようになってからでも大学に入れるような社会(会社)であればと思うけどやはり難しいのかな…
この「地元」ってのも、地方中核都市から消滅可能性自治体までグラデーションがあるから、一概には言えないところもある。

東京以外の「ほどほどの街」という選択肢は、繰り返し提案していきたい。
どんなレベルの大学であっても、求人票に四年制大学卒が必須項目になってることが多いのだから仕方ない。。
今だに大卒信仰が根強いんだろう。

大卒じゃないと優良企業に就職できない。
優良企業に就職すれば奨学金なんてすぐに
返済できる。
でも、今は有名学卒か院卒じゃないと
上場企業の研究開発には採用されないという
現実。
> 奨学金使ってまでいわゆるFラン大学行く子達は「高卒は恥」的な無意味な価値観を持ってそうな気がします。

若いからもっとラディカルな価値観を持つ自由があるくせに、なぜか昭和のジジイみたいな学歴ヒエラルキーや職業差別感を持ってる子が多いのかなと。
大卒四定正規雇用こそが正義、みたいな。
なるほど。
90年辺りまでは「中途半端な大学」であっても
進学すれば親の学歴超え・社会階梯上昇が見込まれ、就職もそれなりに期待出来たものだが、
今じゃ借金した上卒業しても給料少なくて首が回らない…

これでは上級国民様の子弟以外は進学しても苦しいな(・Д・)
地方でまともな待遇の仕事がないのも一因では。
そら地方経済が壊滅して都市部にしか仕事が無いからやろ
むしろ、近年はお金の面から上京せずに地元に進学している人が多いと思ったが。
それをマスゴミが意欲が足りないと嘆いていたけど。
不景気が直撃して地元の職場が枯れる

東京志向が強まる

さらに地元の職場が枯れる

じゃないかな
適当な地方都市の大卒初任給とかの変遷とかデータでないだろか
満足のいく教育が受けられない
生きた文化や教養に触れられない
娯楽がない(量も質も乏しい)
生活コストが都心に住むより結局高くつく

これに尽きると思うよ

数字出して詳しく解説してほしいけど...本当だろうか。
貯金できる、というのはそんな気もするし、奨学金に見合わない学歴というのも多くあるんだろうけど。
とりあえずの衣食住は足りていても、知識欲も満たせず狭い世界しか知らずに生きていく人生が果たして幸せか?
4年間大学に通いながら東京で一人暮らしすることを経験しない人生なんて😱
大学進学率の上昇が若者の貧困化の一因に寄与している面があるとしても、勉強するのが貧困化を推し進めるのは、どう考えても政治が悪いのです。

貸与じゃなく給付性の奨学金を充実させ現行の「貸与奨学金」という学生ローンを減らし、若者が心配せず勉学できる制度を早急に整備する事が政治家の義務。
高卒とか白目むくレベルの薄給なんですがそれはwwwwww
地元の職場に自宅通勤なんですが、230万しか貰えないので家庭築けないです。
都市に出ざるを得なかった身としては「モノ」が無さすぎるというか…
何に重きをおくかじゃないですか?
地元のうっすい層の中で生きるのが
幸せ、という人もいれば、多少不自由でも
都会の多種多様な人がわんさかいるなかで
生きるのが幸せ、という人もいて。
大学に行きやすくなった(制度的に)今は
そちら側を目指す人が多くなったと推察しています。
大学進学が上京して遊ぶ最後の手段だからな。
地方民で東京住みたい願望がある人ほど貧乏化するわけだ。
引用元
絶望の国の幸福な若者たち (講談社+α文庫)
古市 憲寿
講談社
売り上げランキング: 1,878