img_7086d7f5ccdf4d6216df690887f7dda6185366
小学校のとき「討論」の授業があった。

「タバコは良いものか?悪いものか?」

について、賛成派のクラスメイトと反対派の私が1対1で、お互い主張し、
反論できなくなったら負けのゲームをしましょう。

ただし、

賛成派は反対派として、
反対派は賛成派として、
自分の気持ちとは逆の主張をして下さい



と。↓
スポンサーリンク
勝った方にはチョコが出ると聞いた私は、
喜び勇んで「タバコはリラックスできる」とか「フィルターがあるから、そんなに害がない」とか主張し、
相手も「リラックスした分だけ禁断症状もある」とか「副流煙はフィルター関係ない」とか反論した。

不思議な感覚だった。

お互い相手の言うことに心の中で↓
は、その通りだ!

と思いながら反論しなくてはならないので、まるで自分の主張の粗探しをしているようだった。

議論はヒートアップしつつも、気持ちは乗らないので、心はいたって冷静なのだ。

結局は、口が達者で生意気小僧だった私が相手を言いくるめることに成功したが、あとに残ったのは↓
タバコは良いものだ。という結論なので、
「私は負けたのではないか?」と気がついた。

先生は最後に、

討論の討は探し求めるという意味です。
つまり、討論相手とは戦っていながら、真実を一緒に探す仲間なのです。

実際、裁判でもこの方式が取られています。今回はすぷりんと君が途中から相手を言い↓
負かす事に、ご執心してしまったので真実とは呼べないところに着地してしまいました。
実際、今いい気分ではないんじゃないですか?」

と問いかけてきた。

全くその通りだ。

お互いに合意へ行き着くために、最後まで冷静に論を戦わせなければいけなかったのだ。

そうか、議論とはそういうことなのか!
なにこの素晴らしい授業
真実を一緒に探す!
うーんいい話
これを小学生でやるとは…本当にためになる授業てのはこういうのだろうな
確かに昔これやった記憶あるなー。
それはそれ、これはこれ、みたいな感覚が養われた気がする。
なるほど。良い教材。
死刑制度や原発問題、移民問題など応用が効きそう。
「学級討論会をしよう」だ笑笑笑
めっちゃ懐かしい笑
素晴らしい授業内容ですね
議論とは相手を否定する為では無く、お互いを知り、理解し合う為のものだと言うことを小学生に理解させるとは、天晴れな先生でいらっしゃいますね
ComfortXyz1224 本当に。
私が教師を目指すきっかけになった恩師です( ´∀`)
なるほど、グループじゃなくてサシのディベートで、
なおかつ、ランダムに立場を割り振られるんじゃなくて、
自分の主張とは逆に立つんですね。この仕組みすごいなぁ。
YumaInaura 唯一欠点があるとすれば、討論者を体験するとしないでは大きな違いがあるということですね。

討論を見ているだけのクラスメイトは、あまり実感できないという。
大学で討論しました。

最初は自分の思った側で発言するのですが、後半は立場を入れ替えて討論しました。
なにか発言しなくては行けないから、必死に反対意見の肯定的な部分を探しました。

自分の直感的な思考を言葉にする難しさ、
反対意見の中の正しい部分から逃げないことの重要さを見ました。
ajitukenorikiti そういった練習をすると、頭ごなしに反対意見を否定せず、反対意見を喰ってより良い主張ができるようになりますよね。

1人で脳内討論をして、主張のブラッシュアップをする足がかりにもなるいい授業だと思います。
ほんとコレ。
正論オブ正論で分かりみが深い。

毎回言ってるけど、議論や討論は自分の意見に近い方は盲目的になるから、
相手の立場をちゃんと考慮して、より良い結論に導く
(某都知事が言う「アウフヘーベン」ってやつです)事が大事なんよ。

何でも批判するのはアホのやることなのよ。気を付けよう。
教育ディベートですね

私も中学生のときに【携帯のカメラ機能は必要か?】でやったことがあります。
私は3対3で、反対派でした。

他の反対派の子達がやる気なくて、私が1人で賛成派の3人と討論したことを今でも覚えています
討論は、色々な意見を聞けるのでとても為になる授業だったと思います
allucinato13 そうなんですよね。
まずやる気にさせることが難しい。

あと、3対1の構図になってしまうと、多数決の色が出たり、1人で戦ってる側が躍起になったりしてしまう可能性があるのが、この授業の難しいところです。
こういうの授業で受けたかったな
ほんとこれ

自分1人じゃいろんな視点ってなかなか見えてこないから
いろんな人と「議論」をして真実や真理が何たるかがわかってくるから「議論」が好きでたまらない
これが「ディベート」ですね。

昔、栗本慎一郎が『朝まで生テレビ』出演時に
「こんな番組なら僕はやってられんから失礼する」的な意味のことを言って途中退場して、
その後フジテレビの深夜で『ディベート』という番組を始めた。
まさにこの方式。
これを日本で小学校からやれちゃうのは先生がすごい。
一部政治家に対する「小学生からやり直せ」という意見はあながち間違ってなかったのか…
時間制で反対と賛成の陣営を、
同一人物でチェンジすると楽しさ倍増
私は、相手や多数側が唱える事に反対意見を言い続けて、
自分が優勢になったらすぐに劣性側から反対意見を唱え続けてた。

人の意見を聞くのが好きだっただけで、
題材がなんだろうと、
結果がどうなろうと、
討論自体がぐちゃぐちゃになろうと関係なかったなぁ。(自分語)
こういう遊びがしたいです。好物です。
引用元
aa 図工の時間と学級裁判の時だけやたらイキイキし始める子どもだったやつ〜笑