a6
働く気力のない障害者、
「能力の有無」より

「成長する過程で自尊心がバキバキへし折られた」とか、
「環境が悪くて働くことへの恐怖を植え付けられた」とかで
「働けなくなってるケース」がすんごく多いのよ。

そんで、こうなったらまず
いわゆる社会復帰は望めなくなりますね。
そもそも「能力」の前に

「障害者だと大卒でもアルバイト以下の待遇で延々と郵便物の仕分けで昇進もない」

ってのが「マシなケース」って時点で

「能力つけても働かせてくれねーじゃん」って皮肉も言いたくなるぞ。

障害というところしかみてねぇぞ、あちこちの人事。
障害者が働きやすい世の中って
「障害者の雇用環境の改善」も大事なんだけども、
それ以上に

「障害があることで自尊心がバキバキ折れたり差別されない世の中にする」

ってのが最も大事だよ。
仕事だけ増やしても病む人増えるだけだよう。
それなら生活保護を手厚くしたほうがマシと思うことも。
障害者サイドの意見もいろいろあるけど(働きたいか働きたくないか、支援は必要か不要か)、
「社会の側」は障害者をどうしたいのか
全く見えてこないのがわりと障害者就労で迷走感ある理由だ思うよ。
このへんは障害者サイドだけではどーにもならんがな。
こんなブログやってます。
よろしくお願いいたします。
世界はことばでできている
これ本当に悲しい。
わかりすぎるぐらいわかる…
バキバキに折られてあとで発達障害とわかりました!今すごく辛いです
ほんとにそう。
人生折り返し地点までは、駄目なりに工夫して人並みに稼ぎ自立していたが、
その工夫を「変だから止めろ」と禁止され、
追い詰められて病気退職、障害者になった。

ハンデを公開して働きだしたら最低賃金で食べていけず、
しかも「短時間勤務はずるい」と罵られクビになった。

もう嫌だ。
障害認定はされて無いけど、

いつも薬飲んでて休憩取りすぎだ、
と言われたりとか、
帰宅前に(電車に乗るために)薬飲んでると
その時間は残業に入らんからな?とか色々言われますねぇ…

なんかマウント取られてる感じです。
わかる。

障碍者枠で雇用してもらったのはいいけれど、
障碍者を雇ったのが初めての職場で障碍者慣れしておらず、
気がついたらハブられてた。
多分何か失敗したのだろうとは思うのだけれど、
理由も分からずハブられて悲しかった。
そこからは動悸の発作やなんやかんやで結局退職するハメに。
働く前の段階、つまり学生時代既にボロボロだったASD疑いの自分は、働くことを諦めている
というか諦めざるを得ない状況。

働くために行った専門学校での実習でさえ酷い扱い。
できないことを認めない、おかしな人は虐めてもいいという周りの風潮で働けない体になったので、そういうのを無くしてくれ…
これは真理。
こうして大分色々とこじれてにっちもさっちも行かなくなって、
ようやく大精神科外来に来られたりするわけですが、なかなか大変です。
本当にそう思います。

能力があっても気持ちの部分でも折れてしまっては、そりゃ働けないですよね。

それだけ人において、能力より気持ちの割合って大きいんだと思います。
どんな仕事においても。
ただまあ、この話の問題点は

「どこまでが障害によるものでどこからが自分の怠け・甘えなのか」

というのが本当にわからないことなんですよね。

そういう切り分けが難しいのが障害ゆえの混乱なんですよね。
このあたりは健常者・障害者分けないで考えたほうがいいかも。
これ働く気がない若者
に置き換えてもまったくその通りだと思う。
なんか障害者だけの話じゃ無いような。
職場は全部こういうのがデフォルトなんじゃね(;・ω・) 
そりゃ息苦しくもなるよ。。。
よく考えたら障害なくてもバキバキ自尊心へし折られるよな、
今の社会
まあ障害なくても働く気力はなくなる
手帳はもってないけど、1社目でバキバキにへし折られて、
環境も悪かったから(人間関係)もう今後の人生は半分諦めてます。
まぁ健常者すら並以下の人間は使い潰されるほど余裕のない社会だからね……
障害者って訳でもないけど……
現在進行形の求職で、一番辛いのがこれだったな……
前の職場で言われたこととかがフラッシュバックしちゃって、仕事探すの怖くなっちゃったりとか。
自分の心がそれだけ消耗してたと気づけたからまだよかったけど、あと少し前の会社で踏ん張ってたら……
そう、就労支援以前の問題というケースがあまりにも多すぎるんだと思う。
だから将来的には、働けなくても幸せに生きていける仕組みを作りたいんよね。
ものすごく困難だけど。
就労継続A型事業所に通うと次へのステップどころか「なんでこんなことやっているのだろう」とますますやる気がなくなります。

職員は無資格未経験のバイトだったり、社員も元々他業種で後から福祉事業を始めたから相談員なんて肩書だけで平気で暴言を吐きます。

もちろん仕事は紹介されません。
タチが悪いことに日本の会社って専門スキルの無い系の発達や軽度知的でも入れる場所ほど物の言い方知らんオッサンやサバサバ()女やメンヘラ。都合が悪くなると女を武器にするBBAに汚染されてるんだよ
これ、障害者だけじゃなくて、全ての人間に言える。
人を最初に萎縮させると使い物にならなくなると思うので、
業務を教える奴は研修とか必要だと思うし、上司は必須にしろ。
逆に、それらを越えてきた「選ばれし障害者」みたいな感じになっちゃってる人たちが管理職や経営側になると
ものすごい勢いで健常労働者の「やりがい搾取」を始めるので、
何にせよやはり障害者の雇用環境は整えなきゃヤバい。
みんな、仕事で心がバギバギになってるんですね…
kurage313book 健常者でも
変なのに当たると
バッキバキにされるからなぁー。
わかるー
尚更大変だと思う。
僕も今でこそ事務系の仕事をしてますが、
このツイートの内容の通り調理師の免許持っててももう料理系の仕事をするのが怖くてそれ以来就いてません…
このツイートを見て、「あ、こう思ってたのは自分だけじゃないんだ」と思えました。
専門の資格持ってる障害のある方々のほうがバキバキに折れていく気がしますね…。
最近は一見やる気なさげに見える人に対しても
「この人も過去に色々へし折られた経験があるのかな。」と思うようにしている。


そうしたらこちらも構えてないと思ってもらえるのか、
若干コミュニケーションがスムーズにいった事があった。
それ、ホント大事。

誰もがなんかしらの事情は抱えてるんだよね。

でも、全部受け止めるのは無理だから、
「気が合う人」だけでもなんとか理解しようと頑張ってる
人手不足が叫ばれる中
「働けない人を増やしてしまうこと」
のデメリットはもっと広く知られて良いと思います
引用元
ボクの彼女は発達障害 (ヒューマンケアブックス)
学研プラス (2014-03-13)
売り上げランキング: 7,407
aa 逆に恵まれた環境でも「ボロが出る恐怖」で自滅したりするケースもあるので自尊心の問題って難しい