20091027170652

シングルマザーでお金に余裕がない人が

「なんとか収入をアップしたいんで、プログラミングを学ぼうと思います。スクールに通う予定なんですが、200万かかるらしく、早くお金を貯めないといけないので仮想通貨に投資しています」

といってるのを「自己責任」で片付けちゃだめだと思うんですよね・・・。

時間的にも精神的にも余裕がない人にとって、
良質な情報を手に入れて正しい判断をするのは大変なので、
もうちょっとマシな提案をできる場所っていうのはほしいなーと思うんです。

月1000円のオンラインのやつがありますよ、とか、この本でまずは1日10分からでもはじめてみるといいですよ、とか。

なんだこれ、、地獄か、、??

200万のプログラミングスクール、、、

200万溜まる前に200万借金しそうだ

本当のことを教えてくれる人がいないってのは
怖いことですね

情報格差がありすぎるのよな

本当にその通りだと思います。
余裕があれば違った判断ができるのに、余裕がないとそれが全てを解決してくれると思って盲目的にすがってしまうのが人間かと。。

情報を得れる環境もまた文化資本なんだよね。

私も若いころ、情報が入手できなくて、親も頼れなかったからずいぶん進路を誤った。

恵まれた環境の人ほど当たり前なので気づかないし「そんな選択したお前の自己責任」だと叩いちゃうんだよね

凄く同意です。
情報リテラシーの低さ云々ではないです。

情報が世に溢れすぎて、各人に本当に適した情報までの導線が複雑な社会であり、
それを半ば無意識に作り上げている発信側の責任は小さくないと思います。


相手のリテラシーの低さを嘆くのは少し残酷です。

難しい。。。

発達障害の療育でもひきこもりでも親が怪しげだったりヤバいモノに手を出してしまうのを「リテラシーの欠如」で片付けてはいけないということか。。

でもこの手合いに人に
「Progateとかあるよ」
「仮想通貨リスクあるよ」って言うと、
そのうちの何割かからは「私が頑張ろうとしてくるのに、色々行ってくる人がうるさい」って言われちゃうと思うの

本人はやる気と行動力があるのに、情報収集が上手くないために努力が無駄になってしまうのは、とてももったいない。

あと中身の薄い高額セミナーとか情報商材とかで信者化してしまった人の洗脳の解き方って難しそう。。
高いお金を払ったことで自分と教組を信じようとしてしまうからなぁ。

子供に蜂蜜を食べさせて死なせてしまった事故を思い出しました。

母親の無知を咎める声が多数あり、落胆したのを覚えています。
母親自身が一番悔やんでいることは簡単に分かるはずなのに。

なぜ知ることができなかったのか、どうすれば防げたのかを考えることが重要ではないでしょうか。

「大人として知っておくべきこと」と「義務教育で教えること」にギャップがあり、
そこを埋めていく必要がある。


資産運用、労働者の権利、法的手続き、履歴書・経歴書の書き方、キャリアの積み方、パソコン・スマホ活用方法、健康(精神も含め)維持方法から、パートナーとの付き合い方、こどもの育て方等

日本だって、公共職業訓練で、失業保険をもらいながら無料でプログラミングを習える制度があるんですが、こういう情報が、必要な人に届かないんですよねえ。。。

役所やなんかはチラシやHPで小さく告知はしても相談に来た人にこういう道がありますよとは進んで言ってくれません。利用者が調べて「これは私に当てはまりますか」とまで聞かないと動いてはくれない。

こういうのってホントにどうしたらいいんだろ。。
プログラミングを学ぶのにほぼ金はいらないしなあ。
情報弱者たちがそこから脱出するソリューションとは、、、

lixnect え?プログラミング学ぶのって、お金かからないんですか?
私も、プログラミング学びたいですが、よくわからなくて、

yurulito_ とりあえず「ドットインストール」って言う動画で学べる初心者向けのプログラミング講座サイトがあります。
基本無料。全部の講座見るには月980円かかりますが無料でもかなりの内容が学べます。
ドットインストール

プログラミングの学習なら、スマホの無料アプリでも出来ますね。

私の場合、PythonとJava ScriptはAndroidタブレット上で無料アプリにより学習した。

「職業訓練」で検索しても安い講習会見付けられるしなあ。

ちょっとしたきっかけで変わると思うんですけどね。
周りに少しでも知識がある人がいて、少しの言葉で。

さすがにここまで常識がないと助けられないですよ

jousan1207 常識がないわけではないと思います、シングルマザーは必死なんですよ

仮想通貨はそんな優しい(易しい)ものでもないし、
そんな状況でプログラミングでどうにかなろうかんて、
もう色々と間違っていて、いたたまれない気持ちになる。

でも、シングルマザーに限らず、
みんな「どうにかなりたい」とすがるように生きているのが今の日本なんだということは、
せつに感じる。

「とりあえず今できることから」。
一歩目はもっと小さくていい。
「これしかない!」という概念はどこまでも視野を狭めてしまうのですね。

世の中の人って、頑張って働いてる人は多いけど、上手に働いてる人が少ないんだよ。

これ、色々と間違いすぎてて、なんでそうなるの!?って思ってしまったし、
がんばろうとしてる人に対して、ばかじゃないの?みたいなマイナスの感情が少し湧いてしまった自分が嫌かもしれない。

こういう層から搾取することで成り立っている経済なんだよな。
俺たちはこれを読んで「ツッコミどころがあり過ぎ」と思える自分の境遇に感謝しなくちゃいけないよ。

引用元
しょぼい起業で生きていく
えらいてんちょう
イースト・プレス (2018-12-16)
売り上げランキング: 162