何だかよくわからないのだか、読んでいて胸が痛くて涙が出てどうしようもなかった
Dwsp-2xVsAAzcHu
Dwsp_R9U8AUXCPf

スポンサーリンク

電車の中で気軽に読めるものではなかった。

交通事故の被害者の気持ちってこんな感じだよね。

誰かの心に届きますように

まっとうに生きているだけで、これほどまでに途方もない悲しみ苦しみを背負うことがあるなんて。

末長く生きて、わたしもそうしますから

が刺さって苦しい。

「過去に向って前進するように」
という表現が刺さる。

姜尚中先生の文章、全然論理的ではないのですが、迫力というか説得力があります。

言葉って、人の、もうなんとも言い切れないくらいの激烈な、激烈な感情のために存在するのではないかと思った記事。

憎悪を抱き続けながら生きるのはエネルギーが要るのは確か、でもこれに対しては本当に答えがわからないね

一緒です。
連絡できたら。
母の姉、私の叔母がトラックがバックしてきた時に下敷きになり即死。

刑務所にも入りませんでした。
母が泣きながら引いた男の胸ぐらをつかんでいたのを覚えてる。

私が幼稚園の時の事。
小さいながらに状況が理解できていて、私が大人だったらこの男を潰すのにって思った

人を跳ね飛ばし、救護をしないドライバーが執行猶予とは驚き…
救護をしていれば助かった可能性もある
それを予想出来ないやつにハンドルを握る資格はない

気持ちが平静でいられなくなる日常を私はまだ知らない

何だかよくわからない。
そのわからなさがよくわかる。
被害者にも加害者にもなりうる普通の生活。
わたしも生きるから、あなたも生きて。
本当にもう、それしかない。。。

なるほどいい話だとは思うけど、もし自分がこの通りの状況で身内を殺されたらたとえ何年かかろうとどんな手段を使おうとも加害者を○しに行くと思うし、必ずしも加害者を許せる人の方が立派だとも思わない。
建前や世間体を抜きに、投稿者の方がこの回答を正直どのように受け取めたのかが気になるな…。

生きるだけがこんなにも辛い人がいる。
ただ悲しいと言うにはあまりにも凄まじい苦しみの中でそれでも生きるそのひとの魂の為にに、私は何を祈れるのだろう。

なんかこういうのをみると、フと怖くなるよね。

当たり前に生活している自分の周りにいる人たちにもこれまでのいろんな過去があって、多種多様に人生を送ってきていまここにいる。
そしてその家族とかにも..って考え出すと急に世界が黒く膨大に感じて不安になってくる。
頭おかしいのかな笑

これは同じ痛みを味わった人にしか発せないし、届かないと思った。これを読んで、この女性の明日が少し違う色になっていることを願ってやまない。

姜尚中氏の回答が深くて、改めてこの方の凄さに思い知った

姜 尚中氏、息子を自死で亡くされてたのか。
読む前よりによってなぜ姜氏なのだろうと思ったが、大変失礼した。
そもそも評価する立場で無いが良い回答だったと思う。

姜尚中(カン サンジュン)
2013110800016_2
熊本県熊本市出身の政治学者。
東京大学名誉教授・熊本県立劇場館長。
『続、悩む力』を執筆前に長男を亡くしている(26歳)。
(wiki)
姜尚中氏っていつも悩みを抱えているような印象をうけていたけれど、最愛の息子さんを自死で失っているんだね。初めて知った。
ご冥福をお祈りするしかないけれど、質問者が伴侶を交通事故で失い、回答者が息子を自死で失い、とてつもなく辛い内容の文章になっている。

2011年くらいだったか、
ラジオで語っていた姜尚中氏の「すべての技には時があります」という言葉を、
自分で紙に書いて押入れに貼って、どうにか生きていた時期があった・・・。

ヨブ記を引用するのはさすがだね。

姜尚中さんは聖書をお読みになられてるとお見受けして
書いてある聖書の箇所をお送りします。
「技」はひらがなの「わざ」で、今は「営み」と訳されています。

henkutsutorako 「天の下のすべての営みに時がある」

よく聞く言葉なのに、何だか特別の感じが致しました。
詳しく教えて下さり、また聖書の箇所を添付して下さり有り難うございます。
きっと私自身、これを拝読することにも今という「時」があったのかもしれませんね。
何だか不思議な気がします。

人は誰にも言わない辛い過去があり、なぜ自分がそんな目に合わなければならないのかを恨むが、その経験を本当に助けたいと思う人に伝えたとき、その辛い過去がその誰かを助ける唯一の方法になったことを、その時初めて知る。姜さんがそんな辛い過去をお持ちなのを全く知りませんでした。

taky97079622 仰る通りだと思います。辛さが少しでもなにかに変わることがあるとしたら、それはその人の思いが知らずに誰かの光になった時なのかもしれないと。だからこそ姜さんは残されたものは生きろと、生きていれば、そういう体験をすることもあるのだからと言われたのかな、とも感じて胸が一杯になりました。

yuu_iwatsuki 辛く悲しい出来事。いつかそれは経験として誰かを助ける唯一の方法になると思っても、毎日はあまりにも辛く寂しい。でもそんな人をみんなが支える世の中であれば、生きて生きていつかまた別の人を支えてあげられる…。その果てしなく続くつづら折り…タペストリーのような世の中になっていきたいですね

「恋の終わりはいつもいつも、立ち去る者だけが美しい。残されて戸惑う者達は、追いかけて焦がれて泣き狂う」

「わかれうた」の歌詞ですが、生と死をテーマにしたら、見方が変わる。

失った人達の痛みは知らないが、苦しくても生きるべきなんだよ。

あなたが死んだら、また誰かに同じ思いをさせる。

最後の一行
「私もそうしますから」があるからグッと入ってくるね。
人柄が出てる


わたしもそうします。

過去に向かって前進するように

末永く元気で。

引用元
悩む力 (集英社新書 444C)
姜 尚中
集英社
売り上げランキング: 2,742