どうして「何でもかんでも発達障害」的な専門家が生まれてしまうのか
について書いてみます。

発達障害の特徴と呼ばれる症状は、
とくに発達障害に限ったものではなく、
こころの困りごとを抱えた子供にはおよそみられる一般的な症状です。

つまり、特異度が低い。

スポンサーリンク
特異度が低いというのは、例えば発熱みたいなものです。

そういう意味ではあらゆる発熱を風邪だと思っちゃうのが危ないように、
特異度の低い症状から病名を特定するのは危険なことです

もう1つ例を上げれば、
アダルトチルドレンとか、大人のADHDとか、
そ―ゆーのも、
特異度の低い症状を羅列することで誰でもそうって感じを醸し出している。

こだわりが強いとか、
好きなことは集中できるけど嫌いなことには取り組めないとか、
指示があれば動けるけど指示がないと戸惑うとかは、
子供において一般的なことであって、
症状と呼べないものであることもしばしばある

この
発達障害は特異度の低い症状の集合体
というのは逆に結構やっかいで
うっすらとであればありとあらゆる困りごとが出る。

幻覚も出るし、解離も出るし、トラウマも出るし、強迫も出るし、・・・・

で、他の精神疾患/精神症状を知らない人にとっては、
あらゆる精神症状が出ちゃう発達障害ゆえに

「あの困りごとも、この困りごとも発達障害から来ている」

と、かなりダメな見立て違いを犯してしまう。

それがもたらす一番の害は、

改善可能な疾患を改善不可能な疾患と見立てている

ことにあると思う。

あらゆる皮膚のくすみやほくろを「悪性黒色腫ですよ」と見立てるのは、結構酷い間違いだ

これに一役買っているのが
ASDの疾患概念におけるSpectrumの無限拡大解釈というか、
これを
「要するに程度の濃い/薄いはあっても、人間はみんなAutismなんだよ」
という風に拡大しちゃう

そうして
「うつ病も根本的にはAutismがあるから」
とか
「夫婦で揉めるのもAutismがあるから」
とか、

もう訳が分からないとっちらかり方した専門家が増産される。
これは残念なことに、精神科医ですら、結構そういう診断する人がいる。

最後に誤解の内容に言えば、もちろん普通にASDの人はいる。
しかし今のところあまりに偽陽性が多いように見える。

そしてCBT的に言えば

「ASDかどうかは割とどっちでも良いから、生活の不便を減らしていくように整えていって、何の生活不便もないのにまだ妙なところがあれば、それにASDと付けたければ付けてもいい。でもそれにあんまり意味は無い」

といった所だろうか

とても鋭くて、面白い

私も今これをとても考えている。

発達障害界隈の「発達障害中心主義」的な現象について、私が薄っすら考えていたことが、西川先生によって言語化されていた。

kurosiroao1 人は自前の知識に寄せるからねえ

ここで指摘されている専門家とは心理士はもちろん、教師、医師も含まれると思う。特に教育現場において、発達障害の概念はかなり拡大している印象。

この人の考え方で私も今考えてる。診断が必ずしも必要じゃない(というかそれより大事な事がある)場合もあると思う。

ASDとラベリングすることで何が強化されるのか?
対人関係を含む、環境との相互作用に解決を求めることなく、「原因」をASDとされる人の遺伝子に求めることが強化子となるのかもしれない。
ラベリングする人はラベリングすることで、不可抗力だと自らを慰めることができる。

ABA0705 「わたしの関わりがまずいからだ」との自動思考が出現するのを阻止できる

ABA0705 「診断すること」自体に「物語的外在化」の機能があり、
「説明可能性」と「対処可能性」を高めることで、
「関わりの中でまずいことが起きるというイベント」
に由来する
「不快な情動=ストレス」
への強力なコーピングになるから。


#ラザルスとホワイトとアントノフスキーを召喚してみた.

なるほど。
異常を作り出して従事者を作り出す一つのマーケット(市場)かと思っていた。

発達障害「ならでは」の症状というのは本当に少なくて
実は質より量の問題なんだろうなと感じてる

社会的場面においては常人も「時には」具体的な指示がなければ困惑する
発達障害者は「ほぼほぼいつも」途方に暮れている

社会的サインに全く気づかない人もいてそこは分かりやすい発達障害もあるけど

「平均」から外れた諸々をざっくりまとめたもんだから…

仮に〈平穏無事に育った定形発達者〉の範囲を「家の中」と置くと、
アダルトサバイバーとか発達障害とか諸々は
「家の外全部、全世界」
くらいの散らばりだと思ってる。

引用元
発達障害グレーゾーン (扶桑社新書)
姫野 桂 OMgray事務局
扶桑社 (2018-12-27)
売り上げランキング: 105
aa いわゆる「発達障害のイデア」が存在すると思ってるかどうかで解釈違ってくる問題だよね。 感覚の過敏性とかはモロに”種族が違う”っぽい現象だし、表出症状へのラベリングだけでは説明できない問題も多いのがこの概念のややこしいところかと。