51G6lUuSQAL
当事者会での宗教勧誘が最近多いですね。

「発達障害の話が全くなく、話も弾んでいないのに急に食事に誘ったりする場合」

は宗教勧誘の可能性がありますので、皆さん気をつけて下さい。

ここ最近、いくつかの当事者コミュニティで宗教勧誘・マルチ商法の報告が相次いでいます。

勧誘方法も巧妙な手口でやってきますので
皆さま方におきましては、会って数日内に急なお誘いがあったら勧誘の可能性があると警戒してください。

宗教の勧誘を弱者産業の営業とみるなら世知辛い話だなあ。
他所の自助会では障害者雇用エイジェントの勧誘もあった。

ちょっと嫌な言い方をすると、
当事者会自体が宗教活動と紙一重な面も少なからずあるなぁと思う時があるから、
案外カムフラージュしやすいのかもしれないのだ

これが怖いから慎重になるんだよね。

宗教×メンタルヘルスの問題点

たまに書いてる人がいてよかった、と思うことの一つは、
「運動でうつが治るというのは、少なくとも全員に当てはまるわけではない」
ということ。
運動選手だってうつ病にはかかる。

〜すれば治る、というのは、
それがいわゆる「よいこと」であればなおさら、

それをやってないから治らないんだ(治らないやつはそれをやっていないんだ)と変換されがちなのが怖い。

「うつが治らない?運動不足じゃないの?」みたいな。
なんか、追い詰められる気がして。

もっと困るのはとくに新興宗教系の因果応報説で、
善行を積めば病気にならない
というのはつまり、
いま病気の人は悪行を積んだってことになるでしょう。

「わたしはわるいことをしたのだ」
といううつの症状を悪化させそうだし、実際悪化させる。

そんなわけない。

新興宗教において、いまうつ病とかその他の病気だと、

「そうかわたしは悪行の報いを受けてるのだ」(事実無根)
→「そうかわたしは地獄に落ちるのだ」(事実無根)
→「だからさらに寄進を」


この、今しんどい人をさらにしんどくさせる宗教だけは、ぜひ絶滅してほしい。
その部分だけでもいいから。

asph29 幼児的、アニミズム的な因果論ですね。
病気の原因や予防をこうした因果論のもと道徳として語るのは無益です。

kokorohealth 残念ながらそういう宗教は存在するようです。
「だから信じるのをやめろ」とは、さすがに言えないのですけれども。

asph29 原始的な教義や思想は往々にして強烈に人を惹きつけますね。
特に弱っている人を。

露骨に発達障害を狙う宗教ってカルトしか考えられん。

脅しであれ期待であれ、こちらの妄想を刺激することを言ってくる相手には、気をつけたいと思ってる。

むしろ『発達障害者を宗教勧誘しようとする輩』に
キリスト教信者として興味関心を持ってしまい、
ちょっと舌戦を挑みたくなって敢えて誘いに引っかかった振りをしてみたいとか思ってしまう軽率なADHD です。

その点はキリスト教では
『苦難は大きな喜びの為に神が与えて下さった試練』
であり、
愚かな行為も『人間は不完全である』事が前提なのでそれを神に告白して懺悔すれば赦されると考えてるし、
まず主イエス・キリストを信じて入信してる時点で救われてるとなるので比較的安全です。
(勧誘ではないです)

ただしこれも宗派によるとは思うけどね。
私はプロテスタント系のバプテストしか知らんけど、ここは『個人の信仰と良心の自由』を重んじる傾向があるのでかなりフリーダムです。
教会毎に雰囲気も違う。
カトリックとかはもっと規則や聖書の解釈や信仰のあり方が厳しいイメージを勝手に持ってる。

SMymla 『苦難は大きな喜びの為に神が与えて下さった試練』
「神は乗り越えられる試練のみを与える」につながりますね。

某顕○会、自分には全くといっていいほど違和感しか感じなかったです。

天理教などの新宗教が、子供が発達障害でもうちを信じれば~と勧誘してる。
確かに、その子自身が宗教的な道徳を身に付けられれば、それなりに社会順応はできるようにはなるかも。
でも、先天性の発達障害が「治る」という勧誘は、誤解を招くし当事者からは嫌われる…

宗教の吸引力って凄いんだよね。
日頃の心がけだけで全ての病気や事故が防げるわけではないのと同じで、引き摺り込まれを完全に防止できるわけでない。どうするのがいいんでしょうね…

障害が治るという甘言で近くの本当に卑劣だけれど、宗教勧誘基本の基だからなぁ…

そうした「宗教」に毒されないように、日本は宗教を毛嫌いせず、宗教の何たるかについて学ぶ必要があると思います。

引用元