0934fd2d9f89aa86544a3bc2af54af93-278x300
「『女はなぜ虐待するような男と別れないのか?』

という質問は

『パートナーから殺された女性の75%は、別れた後に殺されている』

ことを考えたら奇妙な質問だ。

正しくは『男はなぜ別れを受け入れないのか?』。
なぜ彼らは、関係が終わった後でもストーカーになったり、嫌がらせをしたりするのか?」

スポンサーリンク
「嫌なら別れろ」で思考停止している人へ。

なぜ付きまといや嫌がらせをする男性にはっきりと「NO」と言えないのか?
人に何度か指摘されたし自分でも悩んだけれど、
理由は「その後が怖いから」これに尽きる。

友達のDV彼氏は別れたあとの方が執着してたな。
思いっきり私の職場に来て「お前が別れろって唆したのか」って言われたの本当に怖かった。
怖すぎて違うって言ったけど、別れろって言いました…嘘ついてごめんね…怖かった。

こういう具体的な数値を出すのは良いことですね。

ただ切り方としては

『何がそんなに』
『犯罪を企てる程の』
『モチベーションなのか?』


という切り口もありかと?
まあ、要するに‥‥『恋愛結婚至上主義』だからだと個人的には思いますが。

新しく女性をみつけるのは不可能だから

自分が最後の男になりたいから、別れるなら殺すんだろうなぁ...と思いました。

自分の繁殖が果たせないならその女は他人の子供を産む邪魔以上の敵だから

日本では、収入や財のある女性がそれがなかったり少ない男性を切る形で別れると、最悪の事態になってしまうケースが目立つ印象があります。
出会いと別れの経緯までは報道されないので、あくまで印象です。

DVについては

女性は男性の良かった部分を知っていて、
変わってくれるのではないかと見捨てられない共依存状態の場合もあり
男性はとにかく見捨てられまいと暴力で支配しとことん執着してしまう悪循環ですね

後にスト-カ-化してしまうのも怒りが更に執着の型を変えてしまうのでしょう。

コメントで持論展開してる人多いけど、
ここの"The question is"は「我々が本当に持つべき疑問は」というニュアンスで、
本当にそれが不思議で尋ねてるわけじゃ無い。
「なら別れればいいのに」っていう発言がどれだけ無神経で、そして女であることでどれだけ危険に晒されてるのかを考えようね、という。

まさにこれ!
別れないのではなくて、別れてもらえない。

女性になぜ別れないの?って責めるのではなく、
男性になぜ別れてあげないの?別れてあげなさいよ!と問い詰めるべきだと思う。

まさにこれ。
議論の論点が被害者にシフトしてしまう言説や
無意識な抑圧構造がそこには確かに存在している。
論点を加害者に移し、責任と罰について私たちは話さなければならない。
そして同時に、暴力以外の表現方法を社会の男性性に絡め取られた人たちに提示・教育していかなければならないと思う。

分母が殺された女性だとな…
なんかマトを外してる

別れた女性の何割が、パートナーに殺されているのだろうか?

一瞬パートナーと別れた女性のうち75%が殺されたのかと思ってびっくりした、読解力つけなきゃ

これは「殺された女性」が分母ですね。
「別れた人」を分母にして「殺された人」の割合が知りたいです。

パートナーに殺された女性という時点でかなり少数なので
その人たちの75%が別れた後に殺されているという情報はほぼ意味なくて、
別れたら殺される確率を考えなければならないことに気付かずにわざわざ和訳しちゃう感じ好き

分かれば逆パターン(パートナーから殺された男性の場合)の比率も知りたいです。
それで男女差なければあんま意味ない議論だし。

本当にポッキリ75パーセントなのかな。
男女逆だと何パーセントなのかな。
ストーカー化するのに男女差あるのかな。
殺人に至るのに差があるのかな。
めっちゃ興味深い。(RT元が間違ってると言いたいわけではない)

別れた女性を分母としたデータ、
パートナーから殺された男性のデータもあわせて出すべきです
女性から男性への虐待も問題です
両者のデータが必要な内容の話です

まあ、DVって別に男女性差なく加害者になるし、これ男の話ってよりDV加害者の話だから目的語ズレてるけどな

ちがうね。くっつく前になぜわからないか?を考えたほうがいい。

37_2_le_matin 「くっついた途端、性別問わず性格が豹変する人がいるから。」

洗脳され、共依存状態にさせられているってのもありましてな

オリジナルのツイ主兄弟は、父親に母親と妹を殺されたそうだ。
彼らは現在、家庭内暴力をなくすための活動をしている。
日本でも毎年のように夫が妻子を殺す事件がある。
DV加害者は圧倒的に男性が多いのは事実なのに「変なジェンダー論的断定だ」という頓珍漢なリプ。
東大生らしく....げんなりする。

女性が受け身なゆえに、男が「関係に主体的に関わる」というジェンダーロールから離れられないからだと思う。

まあ、翻ってそういう人だからDVなんて働くんだと思う。
 
DVなんて人としてやっちゃダメだと思うし、やってる時点でそれは特別なケアが必要な人なんだと思う。 

加害者である以前に病んでるっていうやつ。

問うべきは

何故人は「執着」を「愛」と勘違いするのか?
何故人は「彼(女)がいなければ生きていけない」という脆弱さを「愛」と混同するのか?

なのでは…

引用元
DV・虐待加害者の実体を知る
ランディ バンクロフト
明石書店
売り上げランキング: 251,485