kodomotobisd

悲惨な交通外傷を多く見た脳外科医として 子供の送迎の際に心掛けていること

1.路肩に停車した時に子供にドアを開けさせない

2.駐車場では駐車し終わるまで子供を降車させない

3.子供が待っている側の車線から迎えにいく

4.できれば少し離れた所に駐停車し、歩いて子供の傍まで迎えにいく

スポンサーリンク
ちなみに補足しておきますと

1.は勝手に子供が降車して後続車やすり抜け原付などにはねられる

2.は先に降りていた子供が自分もしくは他人の車に轢かれる

3.と4.は「子供が親の車を見つけて駆け寄った瞬間に他の車にはねられる」 の対策です。


無理な場合もありますが。

さらに補足ですが、いずれのケースも小さな子供に限りません。
稀ですが中高生でもこれらで事故に遭います。

これらの状況では、親の目の前で子供が事故に遭うことになります。
大変なショックと後悔が残りますので皆様よければ実践をおねがいします。

これ全部徹底しとる


この心掛けの文言だけで、どんな事故だったか想像に難くないですね… 恐ろしい…

これ。

うちでも子供にドアは開けさせません
また先に降りる場合はあるけどその時は運転手のみ残して、もう1人の親もおります。
運転手しかいない時は、駐車するまだ降ろさないです

おむかえで路駐できずに行きすぎた場合、
絶対にクルマを追いかけて来るな戻って来るから、
と言い聞かせてました。

msdos148 それ重要ですね!
もう親の車しか見えなくなりますもんね。

nougekanow 「車の前後に立つな」は子供だけでなく大人にも言ってますね。
慣れた人でも運転を失敗する時がある。
だけど車は前か後ろにしか進まないからそこからズレた位置の見えるところに居なさいって説教するw

sadaponk 補足ありがとうございます。
駐車場でそれで轢かれるケースがよくありますね!
路上でもあるかもですが。

ドアを不用意に開けて対向車線に飛び出さない為に
ドアに「チャイルドロック」の設定をしましょう。
コレ大事です。

1.2.は車のチャイルドロック機能が浸透するといいですね。
また、1.は親御さんも寒さや雨で面倒くさがらず、急ぎの用事が控えていても子を第一にいてほしいと願います。 お疲れ様です。

最近は運転席の横のパネルに集中ロックがあるのでドアの開け閉めを管理出来ますよ!
別途チャイルドロックもあるので用途に応じて使うのが賢明かと!

交通事故防止の基本は、
「相手からは見えているはずだ」ではなく
「相手が見ているとは限らない」だと思います。
子供に限らず大人もそれを常に気に留めることが大切でしょう。

1, 2.について、
「ギアをパーキングに入れてサイドブレーキを引くまで絶対にドアを開けない開けさせない」
をやっていました。
子供が小さいうちは電動スライドドアを親が操作する方が安心です。

交通事故の対応を四半世紀仕事にしていました。
搭乗者の乗降の安全確認は運転者の責任なので、

運転者がいいと言うまで大人も含め搭乗者は何もするな
は徹底しておくといいです。

後続車の有無も含めて「今なら降りていい」と言うとか。
子供にはドアを絶対触らせないとか。

いやほんとコレそうです。

ウチはチャイルドロック掛けてますがたまにに開けようとするので
「ママが開けるから!」…。
知恵ついてきた子供は走行中でもロック解除したりガチャガチャやる生き物なので
叱り飛ばす事も多々あります…
なんで大丈夫とおもうのか不思議です…。

seka0305 走行中の車でやられるとそれはまたゾッとしますね。
やはりチャイルドロックを使用するのが理想ですよね!

自転車で走っていた時前に止まっていた車が急にドアを開けて吹っ飛んだことがありますよ。
子供が後ろを確認しないで開けた事故でしたが、下手したら頭打って死んでいたかもと思うと1は子供さんだけでなく他の人を怪我させないためにも守ってほしいと思いますね。

crabtype ご無事で何よりです。
たしかに他の人が怪我したり死んだりする原因にもなりますので、ぜひ注意していただければと思います!

我が家は男子なので戦隊物やら仮面ライダーにハマった頃から、
お迎えの際に指示を車から出す。
例えば、「待て」とか「来いっ」とかってのを、高校生になった未だにやってます。
あと子供の頃は、私の服の後ろを掴んで駐車場は移動。
それを嫌がるようになったら親が頼りないふりをして手を繋がせてた

ホンマこれ。
特に男の子は視野が狭く、前しか見てないので一直線に走りがちなんよ。
だから、大通りの反対側から男の子を呼ぶのは厳禁なんだ。
一方、女の子はまずそれはやらない。
男たちよ、お母ちゃんや世の中の人たちに守られて、君たちは生きていることを知らなきゃいかん。

みんなこれを見ていて欲しい。
不幸な事故が1つでも防げますように。

後悔したくないので全部やってる。

引用元