「死恐怖症(タナトフォビア)スレ」より

9EC1-620

80: ななしさん ID:VR9gxE+/
どうせいずれ死ぬのにどうして俺は死ぬのが怖いんだ……。

1: ななしさん ID:dWr1j0UA
タナトフォビアとは死そのものや死に関連するものに対する恐怖症のことです。
このスレにはこんな人たちがいます。

1. 意識の喪失による無が怖い人
2. 死に伴う孤独や痛みが怖い人
3. 悲惨な目や災害にあって死ぬのが怖い人
4. 生や死そのものの不可解さが怖い人
5. 死んで人から忘れられるのが怖い人
6. 永遠が怖い人
7. 身近な人の死が怖い人
8. 生きる事やこの世の全てが無意味に感じるのが怖い人
これらのことを考え出すと思考が止まらなくなり、恐怖・発狂恐怖に陥る人。


5: ななしさん ID:dWr1j0UA
■解決方法

どれも完全な解決方法ではありません。
前スレまでに書かれていたことなど。

(1)精神疾患の一種(強迫性障害・不安神経症の延長?)だと思われるので、精神科を受診し、処方された薬を飲む
(2)時間的余裕をなくす(時間があると余計なことを考えてしまうため)
(3)子供を作る(理由的には同上)
(4)気休めになる言葉や本を探す

6: ななしさん ID:dWr1j0UA
611 名前:優しい名無しさん[sage] 投稿日:2010/10/14(木) 10:59:48 ID:wwYsQ6Ob

このスレを見てるとタナトフォビアには2種類あるな

一つは慢性的タナトフォビア
死に対する恐怖が常に付きまとい、倦怠感や疲労感、 無気力状態になるか
あるいは暗鬱で絶望的な気分になったり、悲哀や悲壮感に包まれる。
酷い場合は毎日死について考え、常に精神的苦痛を感じている場合もある。
夜や寝る前は特に症状が酷くなるため、寝たらそのまま目覚めないのではないか、などの不安が頭をもたげたり
恐怖感や不安によって心が休まらず眠れなくなるなどして睡眠障害や不眠症を引き起こす場合もある。
よって症状が重ければ重いほど必然的に日常生活に支障をきたし、死が頭から離れなくなり
常に憂鬱でやる気が出なかったり不安に悩まされることから、鬱病に近い

もう一つは発作性タナトフォビア
死に対する恐怖やイメージが瞬間的に増長してあるレベルに達したとき一種のパニック発作状態に陥る。
やはり起こる頻度に伴わずタイミングは夜や寝る前であることが多い。
症状としては発作が起きると同時に精神的苦痛と恐怖を伴いながら動悸が激しくなり
じっとしていられなくなってベッドから飛び起きたり椅子から立ち上がったり、酷い場合は叫ぶこともある。
それらの症状は大抵長くても1分程度で収まり、一度発作が起きれば次の発作がくるまでは安静である。
発作の来るタイミングは個人差があり不定期で、年に数回の人も居ればほぼ毎日発作が起きている人も居る。
日常生活については、症状が軽い場合や寝る前のみの場合は基本的に問題ないが
重い場合は公共の場や会社・学校で発作が来ないかという不安が付きまとうことから、パニック障害に近い。


もちろん、この二つを併発している場合もある

7: ななしさん ID:dWr1j0UA
315 : 優しい名無しさん 2016/07/24(日) 17:08:59.45 ID:vM8Zi/eo

普通の一般人が、末期ガンでベッドの上で死を待つ状態になったり
ISISに拉致られて数分後に首を切り落とされる状態の時に感じている死の恐怖を、
四六時中感じているのがタナトフォビアという病
死の直前になって初めて意識するような恐怖を常に意識しながら生きている
それは宛ら、何も罪を犯していなければ牢にも入っていない死刑囚の如し
娑婆にいても死への恐怖心は何時執行されるとも知れない処刑を待つ身と変わらない

タナトじゃない一般人は大袈裟にも程があると笑い飛ばすが、
こればかりはタナトを発症した人じゃないと絶対に理解して貰えないと思う

319 : 優しい名無しさん 2016/07/24(日) 22:51:36.71 ID:dJu5pmqg
>>315
これテンプレにしていいくらい完璧な代弁

私達の脳はどうしちゃったんだろうね
何でこんなに死に取りつかれているんだろう…
さっき真田丸で豊臣秀吉が「死にたくない」って喚いているのを見て自分と重なったわ

226: ななしさん ID:zJX4ISv4
人は100%死ぬ
死ねば意識は永久に失われ二度と戻らない

この恐ろしい事実に対しての世間一般の反応が
「そういうものだから仕方ない」なのが理解不能

本気で考えていないのか?
その場にならないと理解できないのか?
想像力が欠如しているとしか思えない

232: ななしさん ID:9B4lLCzF
>>226
それ分かる
周りに聞いても
死を怖がるんじゃなくて、受けいれるとか
今を生きるとか言ってる人ばかりで
自分がおかしいのか周りがおかしいのか
分からなくなってきた

227: ななしさん ID:/x1mOd8E
>>226
生物を食べる行為だって相当残酷で、
気付いた人はとんでもない罪悪感を感じてるけど、
ほとんどの人は「そういうものだから仕方ない」って思ってるだろ、そんな感じじゃね?

235: ななしさん ID:9B4lLCzF
>>234
結局世間一般の人達って
そんなの考えるだけ無駄とか考えても一緒とか
考えるだけ怖いだけとか
悟ってるだけなんだよね

だからそんなの気にしないで明るく楽しく生きてる人ばっかり
タナトの 人が必要以上に考えて恐怖してるだけっていうのは分かるよ

228: ななしさん ID:32ddKtZx
有感生物を食べることの残酷さを「仕方ない」と無視できない人はヴィーガンになる
タナトがきっかけで反出生主義というものを知ったんだが、反出生主義者にはヴィーガンがかなり多い
間違いなく共通するものがあるわ

11: ななしさん ID:y3BIzn97
地球も滅ぶし生命も消滅する。

124: ななしさん ID:exDJegBU
普通の人でも死の恐怖はあるけど
タナトみたいに四六時中続いてるわけじゃない
普通の人は癌とか重い病気になって
そこで死の恐怖を意識したりする

同じ死に怯えるでもタナトの人と普通の人は
根本的に違う

82: ななしさん ID:4pdKi4cF
バスツアーなんか行くとおばちゃん達がさっきバイキングでたらふく食べたのにまたバスの中で内容のない話永遠として笑ってるけど
あの種族はもう現実の死が想像できる年なのに何でドーパミン出しまくりで食っちゃべっていられるの?

13: ななしさん ID:zMSBYxJe
よく職場の人に暗いねとか覇気がないねとか
言われるけど
逆に聞きたい何であんたらはそんなに元気なんだ覇気に満ち満ちてるんだとね

死ぬとかそんな先のことなんか考えずに
今を生きてるからなのか
最近タナトの人が異常なのか正常なのか
普通の人が異常なのか正常なのか
わけが分からなくなってきた

38: ななしさん ID:3hcNu+VD
こういう奴はこの世が何故出来たのかとか自分という存在は何なのかとか、
タナトの人が悩み続けた末に考えるような疑問や哲学なんて頭の中に片隅も浮かばないんだろうな。

17: ななしさん ID:6kqP+QJE
お前達は全身麻酔の経験はないのか?
もし全身麻酔中に手違い何かで死んでしまったとしたら、あのまま永遠の無に身を委ねることになっていただろう。
それはそれで楽な状態だがな。
だから恐れる必要はない。

22: ななしさん ID:c+umbtzk
死んだら意識が無いんだから怖いも何もないじゃん、って的外れな反論してくるやつがたまにいて腹立つ
死を麻酔や睡眠に例えるやつもな
死んだら意識が消えて二度と戻らない、その上いつか必ず死ぬのが確定してる事に恐怖を感じてるんだよ
考え方が根本から違う

20: ななしさん ID:A+Wo3rUS
全身麻酔も日々の睡眠も予め目覚める自分を想定してる
死は後から振り返る視点を持つことができない

23: ななしさん ID:t7/hMwV7
>>22
そうそう。
タナトにもいろんなタイプがあるんだろうが、
自分の場合、死んだ後この世界に意識がないこと自体が怖いので、
死ぬときどうこうとかって訳じゃないんだよな~。

36: ななしさん ID:mDthwM2t
おまいらの死はこの世界の中にあるが、
俺の死はこの世界には存在しないんだ
いつだって自分の死だけが見えない

32: ななしさん ID:RDGACSyn
同病相憐れむというが、同じような状態にならないと他人のことはわかりにくいね。

48: ななしさん ID:azTQnoIF
皆死ぬんだと思えば腹もたたない。

33: ななしさん ID:NEfCAzMt
他人に理解や関心を求める様な病気じゃないしな
誰にも死を防ぐ事は出来ないんだし相談するだけ無駄
むしろ怪しい宗教に狙われるリスクの方がある

25: ななしさん ID:O15W9AYD
無限や永遠が怖いタイプもおるしな

354: ななしさん ID:u2FVXeP6
死も恐怖だけどこの世界が「在る」ことのほが謎すぎるだろ
ビッグバンとかそれ以前の謎だろ

21: ななしさん ID:2EV1Chi9
人間は誰しもいつか死んで無になるってことよりも、ビッグバンやそれ以前又はいつしか宇宙自体も収縮して無くなったとしても
この事象そのものが「在る」って事自体が不思議だしわけ解らんけどな
全てが無くても起きなくてもいいのに「在る」て事がイミフ
神を超えてるだろ

39: ななしさん ID:E6/e58T9
実在する/しない以前に実在という概念がホラーだな

50: ななしさん ID:Ig6DeDN+
森田療法ってどうですか?
効果があるのか知りたいです

51: ななしさん ID:Y09T23Rr
>>50
考え方はタナトにピッタリ合っているから、
知るだけでも随分助けられると思う。
森田療法で病院にかかったことはないので、その辺は分からん。

森田療法 (講談社現代新書)
岩井 寛
講談社
売り上げランキング: 2,387

55: ななしさん ID:R70R92aj
>>50
あれって鬱病や清潔にしなきゃ気が済まないみたいな脅迫神経症をあるがままの精神にもっていって治療する心理療法だよね
タナトの場合は「死んだら無なになる」ていう確実な答えと固定観念が先にあるからあるがままで行こうていう療法じゃなかなかうまくいかないのでは?
宮崎なんたらっていう朝生によく出てた学者も今や軽くやたら仏教に傾倒してるからあんな頭がいい人でも仏教に救いを求めるんだなって思ったよ

57: ななしさん ID:LdPpyXWB
>>55
恐怖や不安を消そうとはせずに、抱え込んだまま動こう、っていう治療法だから、根本的な解決なんてないタナト向きかと。

210: ななしさん ID:VwY3f5XC
潔癖症みたいな神経症や○○不安症なんかは認知の歪みがあって認知行動療法で自分の考え方や思考の癖を見直すことで症状を軽減したりする
たしかに予期不安みたいに漠然な不安は思い過ごしの事が多く自分で思い込んだり予期してるような最悪な結果になることは稀だから認知の歪みをチェックする事で不安や恐怖が軽くなるってのは解る
が、それら神経症とか社会不安症みたいなものとタナトは決定的に違うだろ
例えば飛行機不安症の人は「飛行機は万が一にも事故で墜落する可能性がある」ていう宝くじの一等に当たるよりも低い確率を予期不安して飛行機に乗れない恐怖症なわけだけど実際その人を無理矢理旅客機に1000回乗せてもまず墜落はしないだろう
でもタナト恐怖症が恐れる「死」はそう長くない未来に誰しもに100%訪れるだろ
これを認知の歪みとして客観的論理的に心の癖として方向を変えるのはムリポw

213: ななしさん ID:PTNl8XFq
>>210
それなんだよね
他の恐怖症はただ回避すればいいだけ
飛行機恐怖症とかも飛行機に乗らなければいいだけだし
閉所恐怖症や他の恐怖症も回避は出来る

でも死は回避出来ない
どうしようもない恐怖だよね

一番タチが悪い恐怖症だと思う

87: ななしさん ID:5kZ1ir1u
自我への執着ゆえに永遠の無になることを恐れるのかな

89: ななしさん ID:nDyH2wrV
>>87
お釈迦様曰く自己への執着この世への執着を捨てることで
悟りへの道が開かれるとかうんたらかんたら

86: ななしさん ID:95TizfBT
そう
この世界がいったい何なのか
わけも分からず生まれ
わけも分からず死んでいくのだ
私達は

91: ななしさん ID:/GPsKozE
滅びていてくれれば俺も産まれずに済んで
死の恐怖に脅えずにすんだのに。

207: ななしさん ID:xWX26JeK
来年でタナトフォビア発症してから一年経過してしまう・・・

209: ななしさん ID:5XZU2kgx
6歳~9歳の間に死の恐怖を克服しないとその後いつでも誰でもタナト発症の可能性が残るって昔医者に言われた

126: ななしさん ID:exDJegBU
こういうのって若い時ほど怖いものだと思ってたけどそうでもないみたいだね
自分今34歳だけど
20代の時は怖くてもまだまだかぁって
変な安心感があったけどw

30超えてから急に怖くなってきた
もう人生の半分くらいなんだなと思うと
怖くて怖くて

108: ななしさん ID:vso+Ze8l
死を恐怖するようになってから、ごく当たり前のことが凄く幸せに感じれるようになった。
ご飯食べれるって幸せ。
お風呂に入れて幸せ。
ケータイいじれて幸せ。
人と話せる幸せ。
あーあ、死にたくないなあ笑

110: ななしさん ID:US6XC742
一番最初のスレに
私は「死」なんて少しも怖くありません
ただ死につながっている「生」を生きるのが怖いのです

って書き込みがあったけど、その通りだよな。

113: ななしさん ID:GjNfAP5P
>>110
生と死は切り離されてるんじゃなくて
生の延長線上に死がある

だからその生を生きるのが凄く怖いというのは分かる

128: ななしさん ID:1wZ2diaE
2重スリットの実験とかフェルマーの原理とか解明されてないけど未来や過去が逆になるような科学的実験結果もあるわけだから
死んだ後に無になったり意識が無くなるかはわからないぞ

129: ななしさん ID:hAGNGphu
>>128
量子力学力はあやふや過ぎるんだよ
アインシュタインが思いっきり量子力学を否定してたし オカルト過ぎるってね

アインシュタインは量子力学者にこう言ったんだよ
「君は自分が見てる時だけしか月が存在しないと思うか?」ってね

127: ななしさん ID:wKMQhVq0
哲学や、そこからうまれた科学では、どうにもならない。
最終的には宗教だけが救いに成り得る。宗教思想ってか、宗教哲学。

184: ななしさん ID:rvnsRURy
タナトフォビアから救われる可能性のある本を教え合うというのは?

俺はウィトゲンシュタインの論理哲学論考

あとはメーテルリンクの青い鳥

185: ななしさん ID:rtO4H6VY
ウィトゲンシュタインも青い鳥も自分は救われなかったな
やっぱり宗教かな 人を救える可能性があるのは

212: ななしさん ID:t42gaOAJ
心のスキマに思考が湧いて、未来の事を考えるから
悩みや恐怖が生まれるんだと思う。タナトの原因はそれだと思う。
心のスキマが満たされる・思考を止めることができれば
タナトも治ると思うんだが。

214: ななしさん ID:qwAO1jMn
忙しくすれば発症しない
暇になってくると危険

215: ななしさん ID:hwXKBZCy
定年退職した後が一番怖い
朝から晩まで暇だし年齢的にも死は目前
いつか来るその日を想像しただけでも気が狂いそう

217: ななしさん ID:EAKAEA1q
暇というか隙間の時間で来るからな…

216: ななしさん ID:H4QA0/k6
忙しくしてたら確かに考えないけど、それは根本的解決にはならくてその時が来たら(準備していない分)めちゃくちゃ怖いだろうから、
やっぱり今のうちに何かしらの死生観を持つべきかな...

225: ななしさん ID:8TfKIlya
永遠に生きるのなんて怖くない、永遠の無の方がよほど怖いと感じる
ここ数日急に夜寝る前死への恐怖感が莫大に増幅して、
ついに朝起きて昼になってもずっと死のこと考えてる
前までは昼になったら忘れてたのに
ほんとにしんどい
死ぬのが怖い

238: ななしさん ID:pVGpSPkn
現代でも日本人の52%があの世の存在を信じてるんだってよ
対象を若者に限定すれば70%以上にもなる
アメリカに至っては91%の人間が神や霊魂の存在を信じてる
その辺の一般人が死を恐れずに明るく生きていられる理由はこれ
現実主義者だけがタナトになる

242: ななしさん ID:GDdcYjb/
私現実主義者(いわゆる死後の世界とか絶対ない、無だろ派)だったけどタナト発祥してなかったのに
急に発祥してから
生まれ変わりとかあの世の世界とか信じたくなった
わらにもすがる気持ちというか

230: ななしさん ID:8cUUVuTb
自然から生物が誕生したのだから、死んで自然に還ればいつの日かまた生まれる時が来るかも知れない。
永い時間の中で、かつて自分の体を形成していた物と全く同じ成分が偶然集まり、再び自分の意識が発生する可能性は0じゃない。
魂が実在しなくても、生まれ変わりは実現可能。体の構成物質が以前と同じなら、何かの拍子に前世の記憶を思い出す事も有り得る。
前世で親しかった人と、偶然同じ時代に近い場所で生まれて、再会する可能性もある。
地球が滅んでも、生命の素が宇宙に飛散して他の星で生まれたり、宇宙が滅んでも、生命の素が外に飛散して別の宇宙に辿り着き、何処かの星で生まれる可能性もある。
生命は永遠に巡るもので、不死不滅の存在。

先日ある漫画を読み終えて色々と考えてたら、こんな死生観が生まれた。ちょっとだけ楽になれた。

231: ななしさん ID:aLxfZCPV
>>230
生まれ変われるのは少し安心するけど、今ある記憶が消える瞬間がめちゃくちゃ怖い

233: ななしさん ID:2fuOFSnI
>>231
それ
電源が切れるようにプツって意識が途切れるの想像したら本当に怖い怖い

273: ななしさん ID:EHOmIeUN
このスレってタナトが和らいだり未来に希望が持てそうなレスが書かれると
すぐ飛んで来て全力で否定する奴が昔から住み着いてるよな

281: ななしさん ID:glxbXZ9M
>>273
まるで恐怖や絶望に執着しているようにも見える。

278: ななしさん ID:tFFTJvyO
騙されても恐怖がなくなればいい気もするし、それではいけない気もする。

279: ななしさん ID:eZ9/oc19
文字や記号では救われないというのが真理

282: ななしさん ID:KOwrtX7I
そのとおり。最強のタナトフォビアは、すべてを疑わざるを得ない。

死の魅惑は勇敢な人々にとってしか存在しない。

285: ななしさん ID:/JPvucV2
作り話に逃避するか不確かなものに望みを賭ければ、精神的には救われる。
しかし疑り深い人間にはそれが出来ない。

抜け駆けが許せないから他者の小さな希望の芽を摘む。
あるいは、全人類が等しく恐怖する状態こそが唯一の安らぎの時なのか。

288: ななしさん ID:vV5YQFCC
>>285
ほんとネットとか見てると臨死体験やスピリチュアルを何の疑いもなく信じれている人が羨ましい。
でも、全人類が恐怖状態になっても俺はダメだな。
不老不死か理想の死後の世界の確証が得られない限り

246: ななしさん ID:MnB0ERFr
死ぬのが怖くて生きるのが辛いって何なのか。

293: ななしさん ID:YrkCI0OZ
結局死んだ先に何が待ってるんだ…?

294: ななしさん ID:ikv0voJL
>>293
それが分かったら苦労しないよ
だって生きてる人は誰も死んだことないんだから分からないじゃん
古来からこの問題だけはずっと謎
様々な哲学者 科学者 宗教者が
解答を得ようとしてきたけど
こればっかりは分からない

結局自分なりの死生観を持つのが重要

328: ななしさん ID:+Ab9Z2c+
人生で眠っている間が一番楽で、常に起きていたくないと思っているのに、どうして死ぬ事はこんなに怖いんだろう…

355: ななしさん ID:Ii/5SX2L
死んだら無になるとは言うけれど、その無が永久に続くとは思えないんだよな

369: ななしさん ID:NVcVjpjr
火のないところに煙は立たないというし世界中に似たような話があるのは死後の世界が実在するからではないのかなと思いつつ、こんなに人が死ぬ事を恐れてるのは死後は永遠の無であると無意識的に気づいてしまっているせいなのかな、なんて思ってもみたり

自分も無になるのが怖いから死後の世界を信じたいんだけど、一度も存在が証明されてないものだしやっぱり何も無さそうな気がして凄く怖い

371: ななしさん ID:A7z/4sZU
死んで無になる事自体は別に怖くはない。問題なのはそれが永遠に続くのか、それとも一時的(10^5000年くらいとか)なものなのか

376: ななしさん ID:Itc5ha8b
宇宙は一つではなく無数に存在する
今こうしている間にも大量に生成されている
最新の定説らしいけどそれ聞いてから精神的にかなり落ち着いてきた

宇宙さえあれば命は生まれる事が出来る
意識は無から生まれたからやがて死んで無になっても
いつかもう一度自分の意識が生まれる日が来ると信じる事にした

前向きに生きて希望を持ちながら死んでいきたい

378: ななしさん ID:3rdVF88W
ジョジョでそんな展開があったね
宇宙が無数にあるなら同じような世界も生まれるはずであると

382: ななしさん ID:aydeR4Za
生まれ変わりがあったとしても、今この瞬間の自分自身には絶対になれないんだよね
恵まれた人生を送ってきたとしても、劣悪な底辺生活を強いられたとしても、
どんな外見や性格や個性を持っていたとしても、二度と同じ自分にはなれない

俺は今の俺自身が、性格趣味好きな食べ物に性癖まで含めて凄く好きで、
どれか一つが欠けても変わってもそれはもう俺じゃないと思っているんで
もし目の前に神が現れて輪廻転生を保証してくれたとしても、嬉しくないだろうね
死への恐怖は薄れるだろうけど失望感は決して薄れない
結局の所別人に生まれ変わっても、意識が存続しても、間違いなく今の「俺」は消えるのだから…

383: ななしさん ID:nc+sLVAk
100年後、お前らはとうに恐怖と絶望のうちに死に果てて、
このスレを見つけた未来人が、
ザマァねえなと笑ってる。

385: ななしさん ID:ODU8Khuu
未来に生まれていたら寿命が平均80年から200年くらいに延びていただろうか? 

386: ななしさん ID:xS2d44Xg
寿命が100歳になろうと200歳になろうと一緒だよ
タナトの恐怖は消えない
大切なのはどれだけ長く生きたかではなく
どれだけ濃い満足のいく人生を送れたか
だと思う

283: ななしさん ID:KOwrtX7I
このスレ自体がビルドゥングス・ロマンになるかどうかは、タナトフォビアのやつらにかかっている。

「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義
シェリー・ケーガン
文響社
売り上げランキング: 315

http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/utu/1538637687/