518SEZlaLcL
フェミって、
行動の原因を個人の心のあり方に求める「心でっかち」(山岸俊男氏の概念)
が多いと思う。

だから「男性が意識を変えなければ痴漢がなくならない」とか「小児性愛がなくならないと女児への性暴力がなくならない」とか「性暴力表現がなくならないと性暴力がなくならない」と平気で考える。

フェミは
「心に考えたこと」(原因)→「性暴力」(結果)という因果関係を強く信じているように感じる。
だから「心の考え」を改善すれば世の中が変わると単純に信じられるし、性暴力表現に関して「心で考えさせない」ようにするために、世の中から消そうとする運動に熱心になる。

たぶんフェミは精神論者だから、性暴力を引き起こす因果関係を環境要因も含めて複合的に考えるよりも、性暴力を引き起こす原因は男性の心にあるのだと限定的に捉え、それを叩きたいのだと思う。

「心でっかち」概念、なんだかすごくしっくりきますね。

フェミ云々はおいておいて

”行動の原因を個人の心のあり方に求める「心でっかち」(山岸俊男氏の概念)”

というのは興味深い考え方だな。

なるほど、心でっかちか…妙に納得。
フェミに限らず、仕事とかもそんな感じの人いるしな。

自己責任論も「心でっかち」で説明つく。
そして、何をもって心のあり方が100%正しくなっているかが判断できないので無限に心のあり方のせいにされる。

「心でっかち」

めっちゃ腑に落ちる表現。

心のあり方に固執して、やがて内心の自由を脅かすマン。


アスペは「頭でっかち」で、健常者は「心でっかち」か。
なるほど

兎角共感を渇望し他者にも己の「お気持ち」への理解を強要する「心でっかち」よりは、
酷薄な様でも論理として整合性が有りかつ一貫している「頭でっかち」の方が基準が都合良くブレない点で未だマシなんじゃないかな…

誰かがフェミのことを「起こってしまったことの原因は相手の内面にあると思い過ぎてしまう心でっかち」と表現してたけど、

日本人全体が「心でっかち」な所があるんじゃないかと思うんだよね。

人手不足なのは「やる気のない」若者が悪いなんてまさに「相手の内面」の問題だと思い過ぎているケースだし。

「心でっかち」の何がが問題かというと、
原因が心のあり方にあるとの客観的な証拠がないくせに、
「原因は心のあり方でない!」と反証することが極めて困難なこと、だと思うよ。

心でっかちな日本人 ――集団主義文化という幻想 (ちくま文庫)
山岸 俊男
筑摩書房
売り上げランキング: 158,826