images (5)
クラスで誕生日が最も遅い子どもは、誕生日が早い子どもと比べてADHDと診断されやすい傾向にあるとする研究論文が提出され、過剰診断を巡って議論が巻き起こっている。

今回の研究では、9月1日までに少なくとも5歳になった子どもは、その年の9月に始まる小学校に入学しなければならないという厳しい年齢制限が課されている州で、4~7歳の子ども約40万人を対象に、8月生まれと9月生まれを比較するという画期的なアプローチが取られた。

こうした州の学校のクラスでは、9月生まれが最年長で、8月生まれが最年少となる。  

その結果、研究チームはADHDと診断される割合について、8月生まれは9月生まれよりも34%高いことを発見した。
一方、就学義務年齢を定めていない州では、顕著な違いは見られなかった。


今回の研究は、米国をはじめとする国々で、これまでに行われてきた類似の研究結果を裏付けている。  

論文の共同執筆者の一人、米ハーバード大学メディカルスクール(Harvard University Medical School)のアヌパム・ジェナ(Anupam Jena)准教授(医療政策)は、8月生まれの子どもについて「私の見解では、おそらく過剰診断されている」と主張している。  

注意散漫だと最初に指摘するのは教師であることが多いが、誕生日が遅い子どもは、単に発達が遅いせいで、集中力や注意力が欠如し、ADHDに似た症状を示すことがある。  

ADHDに関する完璧な客観テストというものは存在せず、診断は主観的な分析に基づくため、教師の意見が重視されることになる。そのため、論文の執筆者らは教師らに対し、児童には慎重に、辛抱強く接するよう呼び掛けている。

http://www.afpbb.com/articles/-/3200067
そんな気はしてた

わかる!3月生まれの次男、常にほかの子より多動っぽい。

これ。俺も早生まれだから分かるけど、幼い頃は本当に苦労する。

3月末頃の生まれだからなんか刺さるなあ。4月生まれの同級生なんてもはや先輩。

低学年の1歳の違いはホントそう!5年生位まで判断ゆるくして

だから入学年度ずらすの認めてほしいんだわ。

月齢差が思っているより 幼児だと大きいのが 身にしみてわかる。
元気すぎて落ち着きがない んですよ〜

こちとら3月29日生まれですぜ。
手先の器用さが無ければ、小学校の時点で人生詰んでたと思う。

そして、むりやりストラテラやコンサータが処方される。

昔の先生は偉かったので、
私の親が「この子は早生まれで幼稚で」というと「なるほど!」と納得してくれた

誕生日での就学では、早い行きと遅行きでは、かなりの成長も違います。
このように見られることもあるかもしれませんけど、安易な判断は、その子供の一生を傷つける可能性もあるので、簡単なテストのみの判断は、危険すぎます。それに、親子関係や家庭までしっかり見ないと判断は出来ない。

私、これだったかも?2月生まれなんで。小一の時の女教師の「ターゲットにされていた」みたいなことは、親からポロっと言われたことがある。

へー。というか、学校年度の始まりに対する生月日の遅い早いなら、4月始まりの日本で調査したら研究の妥当性がよりはっきりするんじゃないかな?

予定日4月の誕生日3月の息子!まあ誕生日問題なくても彼は発達ッ子だと思うが、入学年度があと1年遅ければ彼のしんどさはだいぶ違うだろうにと未だに思う!!!

そんな僅かな違いを感じ取ってもらえる現代世代と、歴然たる発達障害が誰からも指摘すらされず放置されてきた世代との落差にちょっと目眩がする。

透明なゆりかご(7) (KC KISS)
沖田 ×華
講談社 (2018-08-09)
売り上げランキング: 9,175