■「血液型」ではなく「全身型」が正しい

血液型とは、あくまで「血液」だけの「タイプ」だと思っている人が多いのではないだろうか。
それは、正しいようで正しくない。
感染免疫学・寄生虫学・熱帯医学を専門とし、『血液型の科学』(祥伝社) をはじめ、血液型に関する著作のある藤田紘一郎教授はいう。
「ABO式血液型の決め手となるのは血液型物質ですが、これは血液中にだけに存在するものではありません。内臓からリンパ液まで、人体のあらゆるところに分布しています。とくに胃や腸には多く、血液中の何百倍もの量が存在しているのです」

血液型物質という耳慣れない言葉が出てきたが、まずは血液型発見の歴史からおさらいしてみたい。

ABO式血液型は、1901年、オーストリアのカール・ランドシュタイナーという病理学者が、血液の凝集反応から発見した。凝集反応とは、A型とB型の血液を混ぜると赤血球同士がくっついて固まるが、A型とO型ならば固まらないといった反応だ。生物の時間に実験をした人もいることだろう。

最初に血液から発見されたため「血液型」と命名されたが、その後の研究で全身に分布していることがわかったので、学者たちは「全身型」に改めようとしたそうだ。しかし、そのときにはすでに「血液型」という名称が広く浸透していたという。

血液型物質とは、血液中では、赤血球の表面に付着した糖鎖(糖の分子) だ。付着するパターンが4つあり、それによって血液型を見わける。

「赤血球の表面にA型物質をもつのがA型、B型物質をもつのがB型です。AB型はA型物質とB型物質の両方をもち、O型はどちらももちません」

また、血液型物質は、生体内で「抗体」を発生させる抗原でもある。抗体とは、病原菌や異物など、「非自己」と認識されるものが生体内に侵入したとき、それと特異的に結合して、外へ排除する役割を負うものだ。

少し端は折しょって説明すると、A型は血清中に抗B抗体をもち、B型は抗A抗体をもつ。また、AB型はどちらももたず、O型は抗Aと抗B、両方の抗体をもつ)。

抗原と抗体が出あうと、抗原抗体反応が起こる。A型とB型の血液を混ぜたときの凝集反応は、互いの抗原(血液型物質)を非自己と認識したことによる、抗原抗体反応のひとつだ。

長々と説明してきたが、ポイントはふたつ。ひとつは、血液型の判断材料となる血液型物質が、血液だけでなく全身に存在するということ。もうひとつは、血液型が免疫反応と密接にかかわっているということだ。

■2種類の抗体がO型の免疫力を高める

「免疫学的には、4つの血液型のなかでいちばん病気に強いのはO型です」

藤田教授は、人間ドックを受けた成人5000人の血液について、リンパ球の割合を調べたそうだ。

「すると、O型が39 パーセントで、4 つのなかでは最多でした。次がB型で37 パーセント、A型が36 パーセント、AB型が34 パーセントという結果になりました」

リンパ球は、生体防御にかかわる重要な細胞で、異物(抗原)に遭遇すると、それを排除するための抗体をつくりはじめる。したがって、リンパ球が多いということは、抗体が多く、免疫力が高いということだ。

免疫力の高さは、4つの血液型がもつ抗体から説明できる。

「O型の人は、抗A抗体と抗B抗体の両方をもつことは、先に述べました。これらふたつの抗体を体内で絶えずつくりつづけているので、免疫力が活性化されています。

反対にAB型は、どちらの抗体もつくっていないので、4タイプのなかでは免疫力が弱いといえます。

A型とB型については、抗A抗体をつくるほうが免疫力が高くなるので、2位がB型、3位がA型です」

こうした免疫力の違いが、各血液型の行動パターンの違いとなって表れると考えてもいいのではないか、というのが藤田教授の意見だ。

「免疫力が最も高いO型は、あれこれ考えるよりどんどん行動するし、人の中へも遠慮なく入っていきます。これは、そうしても大丈夫なだけの強さをもっているからかもしれません」

O型の免疫力の高さについては、藤田教授の実験や過去のデータによっても明らかにされている。

「たとえば、O型は梅毒に感染しにくく、重症化もしません。サルモネラ菌や大腸菌、肺炎球菌も、O型の血清中ではあまり増殖しません。こうした強さが、O型のおおらかで行動的な性格を支えている可能性があります。一方、A型やAB型は、他人との間にほどよい距離を置こうとするのです」

「ムー」2018年11月号 特集「血液型の科学」より抜粋)

http://gakkenmu.jp/column/17156/

スポンサーリンク

2: ななしさん ID:bZcEIhtJ
ふーん、それなりのエビデンスがあるのか

74: ななしさん ID:gvGFmhpv
>>2
ム~

3: ななしさん ID:DeuaQCjs
真剣に読んで最後の「ムー」で愕然とした。

7: ななしさん ID:0vGJ1LiT
>>3
俺もw

25: ななしさん ID:L/lvl8FQ
>>3
同じくw

27: ななしさん ID:V2Nac2h9
>>3
最後で「ムーかよっ!」ってね…。

64: ななしさん ID:YLUjw+FJ
>>3
これ

70: ななしさん ID:lj2Z40+B
>>3
いいオチになってるよなw

72: ななしさん ID:m4vGjjXT
>>3
2ちゃんねるを利用してから、一番下みて出典や書いた奴確認してから
読むリテラシーが身に付きました!
※個人の感想です

139: ななしさん ID:qGBVfJRF
>>3
安心したまえ。 

血液型と病気について

血液型には、A、B、O、ABの4種類あることはご存知ですよね。血液型と性格占いなど、さまざまな所で血液型が利用されているようです。さて、病気とはどんな関係があるのでしょうか?

●血液型のABOは、こうして決まる

 血液中には、酸素を運ぶ役目をしている赤血球があります。この赤血球の表面には、血液型上特徴のある物質(抗原)がくっついています。つまり、

O型には、O型の抗原
A型には、O型の抗原とA型の抗原
B型には、O型の抗原とB型の抗原
AB型には、O型の抗原とA型の抗原とB型の抗原

がくっついているという具合です。

 また、血液の成分の中から赤血球や白血球や血小板などの血球成分を除いたものを血漿といいますが、こちらの方には、自分がもつ赤血球の抗原と反応しない抗体と持っています。

つまり、

O型には、A抗原に対する抗体、B抗原に対する抗体
A型には、B抗原に対する抗体
B型には、A抗原に対する抗体
AB型には、抗体なし

といった具合です。
http://www.sano-ph.co.jp/yomoyama/69
9: ななしさん ID:+qVpcK8F
それを認めるにしても
A型とB型の違いは説明できなそう

4: ななしさん ID:g/8wc8Ks
血液型物質って全身にあるのか
A型の男がB型の女と交配すると異物反応で精液凝固するってこと?

78: ななしさん ID:JYKhDegD
>>4
昔読んだ本でさ、何型か忘れたけど組み合わせで妊娠する確率違う?だか、○○型の女性となんとか?って書いてて、へ~って思った

6: ななしさん ID:cAiliSRm
でもO型であっても花粉症にはなります…orz

8: ななしさん ID:JE9bxaom
ノロウイルスはO型が感染しやすいらしいけど、何でも気にせず食べてしまう結果なんかね?

73: ななしさん ID:q1Kc4qUC
>>8
なまじ丈夫だと油断するのかもね
O型の兄が外食+汚部屋生活だわw

10: ななしさん ID:+qVpcK8F
O型が39 パーセントで、4 つのなかでは最多でした。次がB型で37 パーセント、A型が36 パーセント、AB型が34 パーセントという結果になりました

数字に、それほど大きな差はないわけだから
それほど大きな違いはないんだろう
実際に生存率に大きな差があったら
世の中O型ばかりになるんじゃないの?

11: ななしさん ID:sES8w0Tk
>>10
A型がこんなに多いのは日本だけ。

92: ななしさん ID:b78dOfpS
>>11
何を言ってんだ ググれよ山ほど出てくるのを

A型4割以上
スペイン人・・・・・・O型38.0% A型47.3% B型10.1% AB型4.5%
フランス人 ・・・・・O型42.9% A型46.7% B型7.2% AB型3.0%
ドイツ人・・・・・・・・O型39.1% A型43.5% B型12.5% AB型4.9%
オランダ人・・・・・・O型45.3% A型42.7% B型8.9% AB型3.1%
アメリカ白人・・・・・・O型45% A型41%  B型10% AB型5.3%
イタリア人(ミラノ) O型45.6% A型40.5% B型10.6% AB型3.3%

4割弱
日本・・・・・・・・・・・・・・O型31% A型38% B型22% AB型9%


他のソース
>A型は北半球に多くなっています。特にヨーロッパでも寒い地域の割合が高くなっています。
スイス50%
ノルウェー50%
スウェーデン47%
フィンランド42%
デンマーク44%
となっています。
他にもフランスが44%、ドイツ43%の人がA型で、割合としては一番高い

14: ななしさん ID:TQL30IOV
血液型は親のも考慮すると結構当たってる
AA同士のAと
ABとOのAじゃ違うよなぁ

15: ななしさん ID:EOLPMz3M
>>14
面倒なことは省いて、幸せになれる壺買わない?

28: ななしさん ID:J6bNJ5hA
>>1
>たとえば、O型は梅毒に感染しにくく、重症化もしません。サルモネラ菌や大腸菌、肺炎球菌も、O型の血清中ではあまり増殖しません。こうした強さが、O型のおおらかで行動的な性格を支えている可能性があります

この論理はどうなのかと

29: ななしさん ID:/MiqT9kU
おれO型だけど、自己免疫疾患のオンパレードだわ
アトピーとIgA腎症
免疫多すぎなんだわ

41: ななしさん ID:WTYuk081
以前から言われてた
腸内フローラが人間の行動に指向性を与えるっていう理論は
面白かったし、一面としてあるだろうけど

人の性格まで行くと、それで決まる訳がないし 
性格の傾向まで決めつけられるとは断じて思わない。

97: ななしさん ID:9pHXZvNS
>>41
うつ病患者の腸内フローラは、健常者と構成が違うらしいね。

面白いことに、食べ物では腸内フローラは変わらない。今後、冗談抜きで大便移植などが手術で行われるかもね。

48: ななしさん ID:PYjP2qKv
>>1
まず「性格」を操作的に定義しろ!

話はそれからだ

49: ななしさん ID:HbcGnpOB
吉井怜はA型だったが白血病でO型の母親の骨髄移植受けて血液型がO型に変わったが
性格も変わったと言ってたな。

50: ななしさん ID:AAImQFJY
これはムーだから当てにする必要はないが、ただ以前からこの程度の事は言われてたから
特命リサーチなど依然やってた話では例えばA型など他の血液型は病気になりやすいから
やたら清潔に拘ったり、何かと神経質で細かい性格になった、という話もあった

血液型が性格に影響してる可能性があるならこういう事も考えられるという話であって
しかし、この理屈やこじつけが通るなら肌の色や体の大きさだって影響してるとすら言えるわけで
あまり真剣にとる必要はないと思う

124: ななしさん ID:EbvAZUfp
おまえら記事を読んで納得してたのに、最後ムーだからって否定するのは差別じゃ~ないか!

103: ななしさん ID:JbuSb8j4
この記事の重要な示唆はむしろ反応から見るに
一番下のムーが無ければ信じてムーだから信じないという人が多そうという事ではないだろうか
結局中身よりブランドだけを判断基準としている

53: ななしさん ID:iETkoADe
ABだが確かに感染しやすい
カンジダ、ブドウ球菌、クラミディアうつされたわ

55: ななしさん ID:THC0Iadf
>反対にAB型は、どちらの抗体もつくっていないので、4タイプのなかでは免疫力が弱いといえます。

道理で、子供のころから病気がちだったよ (´・ω・`)

83: ななしさん ID:w6J6vexR
いわゆるABO型血液型は赤血球にびっしり生えている糖鎖の違いなんだっけ?
O型はゼロ型で、
B型はO型+ガラクトースという単糖、
A型はO型+N-アセチルガラクトサミンという単糖、
AB型はO型+A型+B型

これが性格に関わる可能性がゼロとは言わないけど、
関わるとしたらかなり複雑系じゃないの?
ウイルスの感染のしやすさにはかかわる可能性があるね。

91: ななしさん ID:LSamNNVK
>>83
まあ風が吹けば桶屋が儲かる的な影響はあるかもね
万事そうだけど発展途上においてハナから絶対無いと決めつける事の方がよほど非科学的

100: ななしさん ID:WMqz4mJA
免疫と関係あるとすれば動物としての種属の違いがあると言えるから、考え方の違いはあっておかしくないね。

116: ななしさん ID:2RY0msVv
「O型は免疫力が高いからどんどん行動」っつっても、いつ自分の免疫力が高いと認識した?
免疫力が高いことが行動に影響するって言ってもねぇ・・・
確かに、そういうのって大人になってからでも意識して変えることは出来るけど・・・

後天的と言うより先天的と言わないと筋が通らない気がするが、それって将に血液型診断w

129: ななしさん ID:eLpbeGm2
>>116
別に記事を擁護したいわけじゃないがそれ進化論で一応説明できるから
他の血液型はそれをすると病気になって淘汰されるがO型はされないってだけ
頭悪い

131: ななしさん ID:RIU/5tuv
>>129
遺伝子間の相互適応進化というのがあるということだね。

122: ななしさん ID:C338EZDx
どう考えても、血液型と性格の関連性は、疑似相関だろ。
血液型は遺伝するし、性格もある程度は遺伝する。
だから、関連性がありそうに見える(=疑似相関)。

126: ななしさん ID:1JkoSsHA
>>122
いや疑似相関がでるという調査結果も無い

132: ななしさん ID:fbDqGHrr
自分の体質に見合った性格になる、
というだけの話だわな。

ジャイアンだって貧弱だったら、
ああはならなかっただろうし。

血液型の科学 (祥伝社新書)
藤田紘一郎
祥伝社
売り上げランキング: 384,522

http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1541596801/