52
https://news.mynavi.jp/series/adhd

自閉症の人が周りに合わせるために自分の行動を矯正する行為、通称「マスキング」が辛すぎると話題に。
マスクを被って本当の自分を隠す、と言ったニュアンスが込められたこの言葉ですが
海外のSNSでは「#TakeTheMaskOff」(マスクを外そう)のタグを共有し、「自分らしく生きて良いのでは?」と疑問を投げかけるキャンペーンが行われているよう。。
発達障害の人の「マスキング」大きな代償が必要なマスクはとろう。 https://www.turtlewiz.jp/archives/18958
〜本文より〜

マスキングを行っている 発達障害の成人は
自殺リスクが高いことが 示されています。

(中略)

マスキングをする人は それがさらに高くなるのです。
子どもたちに 行動療法を行っている親たちに それは何をしているのか 考えてほしい。
行動療法とは マスキングを強制するものです。

 https://

マスキングはまさにそれをしているASDの心情を的確に表した語だよな。
本当の自分じゃない嘘の自分をしているような消耗感、
仮面をかぶって偽物の自分になったような気持ち。

"マスキング"なんて新しい言葉を使わなくても、もうわしら知ってるとるやで。

「人間に擬態して生きる」やろ? 

自分は発達障害か分からないけど、他人を見て''正しい''行動の方を真似してきたら何となくわかる気がする...マスク取れるのかな... 

適切な量の話ができてる? 間違いがないことを言えてる?
不快にさせるようなことを言ってない?
これめっちゃ気にするわかる 

マスキングという呼び名は一般的なのかな?

それはともかくSSTでは「マスキング」が大切と教え込まれて「マスキング」方法を教わり練習させられる。

発達障害当事者にとってのSSTは本質的にそういうものだと思う。
それとも既にそういうのは時代遅れなんでしょうか。

非ASDの世界に紛れて生きることが可能になるのでQOLが上がったことにされてしまいますが、無理に合わせることで生じる不快感が増すので必ずしもQOLが上がるわけではない。

いずれにしろ不快な人生からは逃れられないんだな…という絶望とか諦めとか投げやりとか…まあネガティヴに振れがちです。
そこに「いや、それは認知が歪んでいるからだ、歪みを直してポジティブシンキング」みたいなこと言われるわけです。

bunny_no_future
マスキングって言葉は初めて聞くざますねぇ。 アタクシもSSTを何度も受けたざますけど、完全に「より優れたマスキング能力を身に着ける」っていう方向性ざましたね。
そういう能力を完璧に身に着けることに成功したアタクシは「こんなのやってられっか!」って社会生活を放棄したワケざますけれども。

ayanokouji_reik
ゼロ百思考だと言われるところまでセットですね(^_^;)

しかしマスキングを止めれば相手を傷付けてしまうだろうし、難しい問題だよなあ‥‥  

てゆーか、健常者でもマスクしてない人なんか見た事ないでござるの巻。
大事なのはマスクを外す事じゃなくて、適切なマスクを被る事だと思うんよね。 全てを曝け出したら、周りに誰も居なくなる。
世の中にはやらん方が良い事が色々あって、ソレを知る事が発達するって事。 

#TakeTheMaskOff 

ake the mask off. マスクをとろうという意味のネット キャンペーン.
発達障害を抱える方の中には, 周りに合わせたり, 少し自分の行動を変えることでよい印象を持って貰おうとする方がいます. こうした行為をマスキングとかカモフラージュと呼びます. 

こちらのサイトで「マスクを取る」ことを推奨しているのにも共感だけど、周囲がいい意味で「何も変わらない」か「もっと生きやすくなる」保証がなければ、マスクをとることすら難しいことだよなと…。

世界が少しずつ明るい方に変わることを信じて。 

私の場合マスクを付けることは経験してるうちに出来るようになった。
けど今みたいに辛くていっぱいいっぱいの時、マスクをフル装備して会ってた人とは会えないんだよなあ😭
マスクを付けなくても一緒にいれる人を増やしたい。社会が怖い。

私は今、「人に分かってもらえる」なんて希望は持てないけれど、勇気は持ちたい。
今でもほんのちょっとだけ、「分かってほしい」と思うことがあるけれど、そういう自分を認めたい。
その先に少なくとも私は、誰かを分かりたいです。
いつか私も、マスクがとれますように。

ときと場合により自在に取り外しできたらいうことなす。
つけたらつけたままとかどっちかになってたり、こだわりで外せない、癇癪でつけられないことはあると思います。

「ときと場合により」とか「自在に」とか「取り外し」とか

したいようにうまいことできないなあ、私の場合。

仮面をつけて自分を偽って生活することが当たり前すぎて、全ての人が本当の自分を押し殺して生きているのかと思っていた。
雑談するにも頭をフル回転させて、当たり障りのないことをひねり出してた。
多くの人はそうじゃないって数年前に知った。
自分自身が心地よい人生を送りたい。

たしかにね。
でも行動療法全てを否定する必要もないと思うのね。
それによって社会参加しやすくなることは自己肯定感を高める場合もあるわけで。

だからどっちかに偏るのではなくて、時々mask-offできる場を持つ、提供することが必要なんじゃないかしら。 

交流分析のすすめ―人間関係に悩むあなたへ (日文選書)
杉田 峰康
日本文化科学社
売り上げランキング: 125,742