gamekids-1024x768

スマブラの話で必ず思い出すのが、小学生の時に不登校だったT君。

小2から不登校になって一度も学校に来ず、俺は顔すら見たことなかったのだけど、
小4の時に「プリントを渡しに行ってくれ」って先生から頼まれて、
たまたま俺が行ったら、お母さんが出てきて、その時スマブラの音が聞こえた。

「お、スマブラだー」って呟いたらお母さんが「あ。知ってるの?遊んでく?」と聞かれて、俺が快諾すると、お母さんが嬉しそうにT君に話しに行く。

10分ぐらいして家に上がる許可が出て、靴を脱いで中へ。

初対面のT君にコントローラーを渡されて、ろくに会話もしないままゲームスタート。

「アイテムなし、ストック3で良い?」

奇しくもT君が提案したルールは、いつも俺が友達と遊んでるものと同じだった。
そしてキャラ選択。
俺が選んだのはカービィ。色ももちろん青に変更した。

大してT君は… プリン!?

当時、罰ゲームでなければ誰も使っていなかったキャラだった。

「場所は?」
「ハイラルで」

俺のお気に入りのステージ。 そして始まる俺とT君の戦い。

結果はT君の圧勝。

一度も機を減らすことすらできず、それどころか58%ぐらいしかダメージを蓄積できずに、俺は敗北した。
こんなにボコボコにされたのは初めてだった。

「もう1回!」 俺がそう言うと、T君は頷いた。

結局、3時間は遊んでいた。
一度も勝てなかったどころか、一機すら削ることができなかった。

19時前になり、お母さんがT君を食事に呼ぶ。
「食べてく?」と聞かれたが、断った。
今日は家でちらし寿司だから、給食もほどほどにしろと親父に言われていたのだ。
だが、こう言った。

「また来ます」

次の日、学校でT君の家でスマブラをしたことをクラスで話しまくった。

「3時間で一回も吹っ飛ばせなかった。しかも使用キャラはプリン」

その言葉にクラスの友達は興味津々だった。
早速その日の放課後、6人でT君の家に行った。

お母さんは少し驚いていたが、6人を迎え入れてくれた。

俺以外の一人ずつがT君に挑戦する。

まずは藤原君。
使用キャラはネス。

結果はもちろん、T君の圧勝だった。
「もう1回やらせて!」藤原君が言う。

だが2回目の結果も、0-3。
ここで全員に火がついた。

「俺家からコントローラー持ってくる」吉田君がそう言って、家から出た。

戦いを見ているのが、みんな我慢できなかったのだ。
早くT君と遊びたかったのだ。

間も無くして、吉田君がコントローラーを2つ持ってきて、4人対戦ができる状態になった。
その間、菅原君があっという間に2回負けていた。
吉田君が「チーム戦をやろう!」と言って、T君俺vs吉田君近藤君の戦いに。

チーム戦でも、T君は凄まじい強さだった。
俺なんていてもいなくても同じ。

二人ともT君を倒すのに夢中で、実際俺は相手にされていなかった。
結局二人を同時に相手しても、T君は1ストックも減らすことはなかった。

そこからは、1:2の戦いが続く。
だが3時間で、誰もT君の機を減らすことはできなかった。

この日も、ゲームの終わりはT君のお母さんの一言。
「そろそろご飯よ。みんなも食べてく?」だった。全員が頷いた。

良いカレーの匂いに誘われたからではない。
みんな、T君に興味があったのだ。

「こんなたくさんでご飯食べないから、狭くてごめんね」と言われたが、気にならなかった。それよりも。

「なんでそんな上手いの!?」「あれどうやってやんの?吹っ飛ばすやつ」 みんなそれぞれ、聞きたいことが山ほどあったのだ。 結局、ご飯の後にも1時間ほどゲームをやって、家に着いたのは21時だった。親父にしこたま怒られた。 翌日から、T君はプリン師匠と呼ばれるようになった。

それから、放課後はプリン師匠の家に行くのが決まりになっていた。
毎日遊びに行ってもT君のお母さんは笑顔で迎え入れてくれた。
T君に聞いた方法で、攻撃を避ける。
攻撃するタイミングをしっかりと見極め、無駄な隙を与えない。

ジャンプの大きさも考える。
そして数日後、ようやくその時は訪れた。

ついに、T君から一機奪うことに成功したのだ。

誰が奪ったかは正直覚えていない。
その瞬間、俺はゲーム画面よりも、脳裏に焼き付いた映像があったからだ。

T君が、その時初めて悔しそうな表情をした。

それが嬉しかったのだ。
結局、T君の家には毎日通っていた。ある日が来るまで。

その日の朝、いつものように俺は「プリン師匠の家、今日誰が行く?」なんて話をしていた。
朝礼の時に、先生が言った。

「今日から、T君が登校を再開します」

そう言うと、T君が扉を開け、教室に入ってきた。
家で見るT君より少し小さく見えた。
だが、それは紛れもなくT君、いやプリン師匠だった。

「あ!プリン師匠!」 「師匠!」

俺たちがそう言うと、師匠は少し笑った。
T君が学校に来たことで、他のクラスのスマブラ勢の家にもT君を連れていけるようにもなった。

だが、結局T君よりスマブラが強い人は、一人も学年にいなかった。
T君は卒業する頃には、学年で有名人だった。

俺があの時T君と仲良くなれたのは間違いなくスマブラのおかげだ。
口下手でも無口でも関係ない。

「ゲームが強い」という事実は、すべてを吹き飛ばせる。

ゲームが勉強に役立つか、オリンピック種目に値するかはわからない。
だがゲームには、無限の魅力がある。俺はT君との出会いでそれを知った。

ー以下、感想ー

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch
任天堂 (2018-12-07)
売り上げランキング: 3