Asperger-Syndrome-Training-300x193

子どもの自閉症は88%の精度で血液検査から予測できることが明らかに

自閉スペクトラム症(ASD)の子どもは血液検査から97%以上の精度で予測できるという研究結果が2017年8月に示されましたが、一部の保健機関から研究内容に問題点があるとして指摘を受けていました。

そこで、レンセラー工科大学で医用生体工学の教授を務めるユルゲン・ハーン氏らの研究チームが研究内容を見直し、再度実験を行った結果、
血液検査からASDの子どもを88%の高い精度で予測できることが明らかになりました。

アメリカ疾病予防管理センターによると、約1.7%の子どもがASDと診断されているとのことです。
しかし、2018年時点では、ASDの診断は臨床観察によるものしか行われておらず、ほとんどの子どもは4歳になるまでASDであるかどうか結果を知ることができないという問題がありました。

ハーン氏らの研究チームは子どもの自閉症を早期に診断するため、血液中の代謝産物のパターンからASDとの関連が疑われるものを探し出し、ASDかどうかを判定するビッグデータ技術を用いた予測システムを開発しました。

以前の研究では、研究チームは予測システムに24種類の代謝産物のデータを入力し、149人の子どもたちの血液サンプルを調査して、97%を超える精度で診断することに成功していました。

今回の追跡調査では、予測システムに使用する代謝産物のデータを22種類に減らし、アーカンソー州児童研究所に保管されていた154人分の子どもの血液サンプルの調査を実施。
すると、予測システムは88%の精度でASDと判定することに成功しました。

「私たちは以前の研究とは異なる子どもたちを調査し、以前と同様に高い精度で自閉症を患っているかどうかを予測することができました」とハーン氏は語り、当初の指摘を覆すことができたと自信を持って伝えています。
2018年6月時点でハーン氏は、この予測システムを使った診断を臨床試験に移すことを計画しており、早ければ今後数年で実際のASDの診断に用いられるようになるとのことです。

https://gigazine.net/news/20180622-success-blood-test-autism-affirmed/



16: ななしさん 2018/06/25(月) 00:35:15.73 ID:JGxnG+aK0

>>1
つまり、遺伝の影響が大きいということかな。


571: ななしさん 2018/06/25(月) 07:33:25.69 ID:awpbQKwQ0

>>16
だね。
親の所為。


14: ななしさん 2018/06/25(月) 00:33:00.89 ID:Aq6J7mEx0

これ妊娠中検査で引っかかったら相当悩むな 


116: ななしさん 2018/06/25(月) 02:07:14.85 ID:YHbTFIFd0

>>14
悩む時間すら与えてくれないのが今の日本
即決できるようになってないとヤバいぞ


601: ななしさん 2018/06/25(月) 07:47:23.75 ID:p7zC3fPZ0

>>116
しかも完全自費。妊婦健診のように助成金もない。
分かる障害を検査しないで産んでそれで一生面倒見るんだろ。
これ何とかしないと中流~下流(貧困にあえぐのは除く)は安心して子供育てられないって。


465: ななしさん 2018/06/25(月) 06:52:40.37 ID:4d503HN40

>>14
自分は中絶しちゃうかも
大変だよ
発達障害育てるの。
一生面倒みないといけない覚悟なっきゃだめかと。
大学いけても社会人になって挫折しちゃうの多いっていうし。
お金あれば産んで育てたいけどそんなないからね。


625: ななしさん 2018/06/25(月) 07:55:59.18 ID:DZtDK9WQ0

>>465
自分もするわ


5: ななしさん 2018/06/25(月) 00:20:53.92 ID:WJ/llsa80

脳内分泌物が由来の異常行動なら投薬とかで治せそうなもんだが


7: ななしさん 2018/06/25(月) 00:26:30.04 ID:/M0Lrc+B0

精神病と言うか正確には遺伝子の病気だったわけね


12: ななしさん 2018/06/25(月) 00:32:02.94 ID:Ii2QLT+F0

血液から分かるって特異なタンパクとか成分があるのかね?
本人が元気で幸せなら人付き合いが苦手でも良いと思うわ


15: ななしさん 2018/06/25(月) 00:33:27.38 ID:/M0Lrc+B0

遺伝子のせいで神経細胞に異常なタンパク質があるとかならば
治療できる可能性があるね
これは画期的な発見になるかも


127: ななしさん 2018/06/25(月) 02:21:31.65 ID:h4TPc6m/0

>>15
中年になった今頃治って普通に社会瀬克出来佳代!


18: ななしさん 2018/06/25(月) 00:43:06.59 ID:3/weBtOM0

こういうのは100%じゃないと意味がないな


24: ななしさん 2018/06/25(月) 00:48:52.73 ID:8Oc2BTIB0

ダウン症レベルじゃないとなかなか堕ろす判断は出来ないと思うわ


31: ななしさん 2018/06/25(月) 00:51:43.45 ID:/M0Lrc+B0

自閉症、ADHD、LDの遺伝子に着目した治療ができるようになれば
おそらく何千万人も助かるだろう

神経の器質的障害であって精神疾患ではないのが真実だろう


42: ななしさん 2018/06/25(月) 01:06:50.73 ID:599f1qAf0

子供だけ?
俺らは血液検査できないのか


47: ななしさん 2018/06/25(月) 01:10:44.52 ID:2gqr9Wkz0

88%ではまだ冤罪の可能性がある


52: ななしさん 2018/06/25(月) 01:12:04.50 ID:/M0Lrc+B0

自閉症の原因になる物質があるから血液で判明するわけで、
おそらく遺伝子の多型で何らかのタンパク質の機能異常なのだろう

だとすると治療できる可能性は出て来る
すでにいくつかの神経伝達に関する遺伝子異常が候補になってるようだ(本件の研究ではないが)


53: ななしさん 2018/06/25(月) 01:12:11.13 ID:+QbCGyvo0

自閉症って多少程度があるって聞いたけど
(知的障害の有無)どの辺まで判別できるんかね。

そもそも発達障害は単純にゼロと1じゃ判断できんと言う話だが。


64: ななしさん 2018/06/25(月) 01:17:21.66 ID:/M0Lrc+B0

>>53
自閉症スペクトラム症候群と言われるように多彩な症状があるらしいね
自閉症・ADHD・LDもそれぞれ似たような部分がある

多分だけど、何種類かの遺伝子の異常が複合した病気が
これらの病気なのではないか

つまり神経伝達に関する数種類のタンパク質の異常が複合して
これらの病気を起こすから
異常な遺伝子の組み合わせにより病態が多彩になるのだと思われるね


70: ななしさん 2018/06/25(月) 01:24:34.84 ID:+QbCGyvo0

>>64
症状でも更に濃淡があるとかも聞いたが。
日本では社会生活無理だけどアメリカなら普通の範囲内って
レベルが絶対存在しそう。


79: ななしさん 2018/06/25(月) 01:30:48.12 ID:sApIbFk10

>>70
そもそもアメリカは国自体がADHD寄りだわ、
だからADHD自体の数も多い。
つー事は、少なくともADHDには暮らしやすい。

アスペ?
日本に多いよな。
だが日本じゃ暮らしにくい。


166: ななしさん 2018/06/25(月) 02:52:55.81 ID:KMWVwsb50

>>79

そうアメリカ人ってものすごく自分に自信がある人が多そう。
あとADHDの人は日本人より外人のほうが打ち解けやすい。


67: ななしさん 2018/06/25(月) 01:22:14.59 ID:sApIbFk10

どうでもいいが、人類がこれの排除をする事になりゃ
学者やら高IQの奴等が激減するな。

自閉症遺伝子がIQと大いに関連するっつー研究があったろ。


78: ななしさん 2018/06/25(月) 01:29:16.06 ID:zIgiokv80

アラン・チューリングなんてさらに+ゲイだからな


83: ななしさん 2018/06/25(月) 01:36:09.92 ID:utO3/fHa0

重度の自閉症は早めに分かってたほうが心構えできるかもな
ネラーが言うところのパワー系に育ちますので

育ってみたら軽度の障害だったらそれはそれで良しだし


667: ななしさん 2018/06/25(月) 08:06:25.92 ID:19hmj89B0

>>83
心構えとは言うけど障碍児の母親って自分自身が深く傷付いてて人の話を聞けなくなってたりちょっとした事も全て自分への攻撃に捉えてしまう人も多く見受けるから、まずは育てる為の環境整備からじゃないか?


93: ななしさん 2018/06/25(月) 01:49:17.06 ID:LzhHWWZw0

やっぱ性格も血液でわかるんじゃないか?


97: ななしさん 2018/06/25(月) 01:56:08.60 ID:/M0Lrc+B0

>>93
性格も、遺伝子多型の結果なんだろうね
生まれる前に性格が分かる時代が来る


98: ななしさん 2018/06/25(月) 01:57:54.63 ID:/+qcwtIQ0

>>97
まあ、性格や才能は生まれてからの環境の影響が大きいけどね。


91: ななしさん 2018/06/25(月) 01:43:37.26 ID:m9/fvsNH0

実にしょうもない研究。
理由は以下

①分子栄養学、分子生物学ではとっくに自閉症の原因の一つが「メチレーション回路の異常」であることは判明していたし、
遺伝的多型による弊害を栄養療法で回避する方法はとっくに確立している。
源流は既に1970年代に研究されていて万単位の精神疾患患者が回復済み。
元を辿ると第二次大戦中にも各種栄養素の研究がされていた(例:旧日本軍の戦闘機パイロットの疲労軽減にタウリンが使用されていた等)
要は今回の研究は車輪の再発明に過ぎない。

②メチレーション回路は、自閉症だけでなく鬱、統合失調症、心臓病、胃腸の不調その他の各種疾患に関わる重大な回路で、
自閉症だけ発生させるわけではない。自閉症だけの問題ではないのに、あたかも自閉症だけが関係する研究であるかのように書くのは詭弁である。

GIGAZINEがソースとして引用している記事にある、具体的なバイオマーカーは以下
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/btm2.10095
メチオニン、GSSG
SAM、fGSH / GSSG
SAH、tGSH / GSSG
SAM / SAH、3-ClT
アデノシン、3-NT
ホモシステイン、チロシン
tCysteine、トリプトファン
Glu-Cys、fCystine
Cys-Gly、fCysteine
tGSH、fCystine / fCysteine
fGSH、酸化グルタチオン

↓そしてこれらのバイオマーカー(酵素、タンパク質、その他栄養素類)は殆どがメチレーション回路内のHB4回路、葉酸回路、メチオニン回路に関係している
画像


100: ななしさん 2018/06/25(月) 01:57:57.13 ID:m9/fvsNH0

メチレーション回路の中でも重要な葉酸回路のMTHFR遺伝子が多型の場合、
ホモシステイン増加、システインやグルタチオンやタウリンやクレアチンやアデノシン不足になり、
DNA/RNA合成量も減る。

そしてMTHFR遺伝子多型の検査キットの情報によると、日本人の66%は多型になっている。
http://www.herseries.co.jp/wrk/yousan/index.html
つまり「自閉症リスクのある子どもを堕胎」だの「既に生きてるやつは処分しろ」なんて書いてるバカは、
日本人の66%を消せって言ってるのと同義だな。


96: ななしさん 2018/06/25(月) 01:52:54.64 ID:W06sKAT20

仮に12%の健常者引けたとしても88%の外れのリスク背負って産もうとは思わないから実質100%やんけ!


141: ななしさん 2018/06/25(月) 02:33:03.89 ID:lXz9a6F/0

いらないものをどんどん無くしていったらどうなるんだろうな
いい社会になるかね


145: ななしさん 2018/06/25(月) 02:34:22.35 ID:/M0Lrc+B0

>>141
心臓病を克服すればノーベル賞なのに
自閉症だと治すことに反対する
ちょっと不思議だ


144: ななしさん 2018/06/25(月) 02:34:09.65 ID:lXz9a6F/0

100年後にはダウンと自閉症は根絶されているかもな


151: ななしさん 2018/06/25(月) 02:38:52.41 ID:QnhCl1Jo0

88って微妙だな
99ならいいが88はもしもを考えたら憂鬱になる数字だ


155: ななしさん 2018/06/25(月) 02:42:25.13 ID:QaPUQWNV0

>>151
簡易検査の的中率上げようとしてるんだからこんなもんじゃね?
的中率上がったら検査項目減らしてより簡単にわかる方向に持ってくだけだから


217: ななしさん 2018/06/25(月) 03:41:31.77 ID:231czknq0

優生思想へ一層突き進んで行くのかな


218: ななしさん 2018/06/25(月) 03:43:27.44 ID:Qga/iJwi0

ここに書き込んでる奴らの遺伝子なんかじゃ天才予備軍は愚か犯罪者予備軍すらも生まれないから安心して無駄な人間増やすといいよ


236: ななしさん 2018/06/25(月) 03:55:00.86 ID:wgkzVc7M0

妊娠中にはわからんの?


239: ななしさん 2018/06/25(月) 03:58:11.84 ID:lOufWcf80

>>236
基本遺伝だから父親母親にそういう兆候がなければ特に問題はない。
兆候あればフィフティフィフティくらいじゃないかな。


256: ななしさん 2018/06/25(月) 04:09:57.36 ID:wgkzVc7M0

>>239
でも父親が年取ってるとなりやすいんじゃなかったっけ?


262: ななしさん 2018/06/25(月) 04:16:20.26 ID:m9/fvsNH0

父親・母親は、「年齢」というより「状態」が影響する
「年齢」は「状態」の悪化であって、年齢が同じ同士を並べても能力・外見から血液や細胞の状態まで様々で、年齢が同じならそれの状態も同じという事は無い
「状態」とは、細胞単位の状態の悪化、常在細菌の変化、酸化、糖化その他。

胎児が細胞分裂する為にはビタミンB9(葉酸)、ビタミンB12が必須であり、父親にこれらの栄養素が不足すれば異常な精子が作られるし、
母体がこれらの栄養素が不足していれば胚の細胞分裂に異常が起きてやはり異常な胎児になる。
尚ビタミンB9を投与すると胎児が障害を持っている確率が下がるという統計は存在する


244: ななしさん 2018/06/25(月) 04:01:17.30 ID:o/sYACe80

正直家庭環境や育て方による影響の方がデカイよ
あーあーしか言えない位重度の子は兎も角、
世の中で普通に生活しているような発達障害者はね、どういう育てられ方をしたのかでその後が決まるといっても過言ではない
一つだけ言えるのは早期発見して、その子にとって適切な支援や教育をして行くことが重要だよ
親がやれば出来る!みたいな根性論でロクに障害の事も勉強しないで普通級通わせたりしても
虐めに合うし肯定感の低い引き篭もりになりやすい 


295: ななしさん 2018/06/25(月) 05:19:15.23 ID:mn4vBg7c0

精神科領域でバイオマーカーが発見されるのは珍しい。
画期的な発明だよ。


328: ななしさん 2018/06/25(月) 05:37:49.58 ID:bTO9u0Je0

単なるラベリングから


科学による「選別」が始まったわけだな


390: ななしさん 2018/06/25(月) 06:09:12.59 ID:bItZ0RjB0

むしろ自閉症とレッテルを貼らずに、何らかのファクターを反映してるはずなんだから

投薬による治療法を確立すべきだろ

この研究は危険だわ

例えば、コイツは間違いないなくブサイクになるとか
そういうことが仮にかなりの精度で判明したとしても、それを事前に知らせるべきではない
親の思いが歪むわその手の研究は


404: ななしさん 2018/06/25(月) 06:17:34.90 ID:bItZ0RjB0

科学的にコイツはどうしようもない奴だと
遺伝子レベルで特定とかするような研究は、やはり危険
この路線で研究が進化し続ければ、いずれ多方面に拡大解釈、活用されるようになってとんでもないことになりそうだな


411: ななしさん 2018/06/25(月) 06:21:24.89 ID:8CI3fGIU0

>>404
その文章がそのまま答えで、ただの事実の判定の科学が問題じゃなくて
その事実を知って、それをどう扱うか人間や社会の問題だよ
科学や事実が危険や悪いんじゃないよ


自閉症の僕が跳びはねる理由 (角川文庫)
東田 直樹
KADOKAWA/角川学芸出版 (2016-06-18)
売り上げランキング: 1,825

http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529853462/