体内時計の不調が気分障害のリスクを高める可能性があることが、英グラスゴー大学の研究チームによる調査で明らかになった。
体内時計はほぼ全ての細胞に存在しており、身体組織の日々のリズムをつかさどっている。

医学雑誌ランセットに掲載された研究によると、9万1000人を対象に調査した結果、
体内時計の不調がうつや双極性障害などと関係していることが明らかになった。

研究者たちは、人々が自然のリズムに身を任せなくなっていることに警告を発している。

調査では対象者に1週間行動モニターを装着し、どのように体内時計が狂わされるのかを調べた。

その結果、夜間に活動的な人や日中にあまり動かない人ほど、体内時計が狂っていた。
こうした人々は、日中に活動し夜間に動かない典型的な人たちに比べ、気分障害と診断される確立が6~10%高かった。

グラスゴー大学の調査チームの一人、ダニエル・スミス博士はBBCの取材に対し、
「これは大きな違いではありません。しかし衝撃的だったのは、多くの興味深い結果が得られたことです」と話した。

研究では、体内時計が狂っている人ほど、大うつ病や双極障害、
大きな孤独感、幸福感の欠如、反応時間の悪化、気分の不安定化といった症状が高い確率で表れることが分かった。

しかし現段階では、体内時計の不調がこうした精神疾患につながるのか、
それとも一症状に過ぎないのかは判断できなかったため、さらなる研究が必要だという。

生物リズム

体内時計は、体中に大きな影響を与えている。

気分、ホルモン、体温、代謝などは全て日々のリズムで変化している。
心筋梗塞の危険性でさえ、新しい一日のために体がエンジンをかける朝が一番高くなる。

スミス博士は「この研究によって、体内時計が気分障害の重要な要素であることが分かった。
研究上でも社会を作る上でも優先順位が上げられるべきだ」と話す。

「我々の自然なリズムに即して学習や労働の習慣を再構築していく必要があるといっても、そう物議はかもさないだろう」

画像


http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-44135384



18: ななしさん 2018/05/23(水) 14:30:27.34 ID:zY+kGdqK

>>1
経験則的に多くの人が知ってたことだろうけど、やっぱりか。


7: ななしさん 2018/05/23(水) 13:16:51.28 ID:iB7htE+7

うすうす気づいてた


8: ななしさん 2018/05/23(水) 13:21:31.40 ID:Lopel0AC

TVやスマホのモニターを見る時間を減らすべき


9: ななしさん 2018/05/23(水) 13:26:36.05 ID:4CBIvWDs

とりあえず朝起きたら朝日を浴びて
体内時計リセットだ


12: ななしさん 2018/05/23(水) 13:36:36.91 ID:X+84VtcJ

日本海側に住んでいると不利だな
1年の3分の2くらいは雪か雨で太陽が出ない


15: ななしさん 2018/05/23(水) 13:51:11.31 ID:PiBkTMN9

1ヶ月に2、3回どうしても寝れないときがあるな
夜勤してから顕著になった


16: ななしさん 2018/05/23(水) 14:01:28.27 ID:gmclCSs+

自然のリズムにませてると明け方4時に寝て昼過ぎに起きるサイクルになるんだが。
無理やり朝起きて朝日浴びたりすると気持ち悪くなる。朝の光って眩しすぎてダメ体に悪い


19: ななしさん 2018/05/23(水) 14:53:57.66 ID:LnIMICmL

>>16
ドラキュラ発見


21: ななしさん 2018/05/23(水) 15:40:49.65 ID:zq4u21IQ

>>16
自分も同じ
朝日を浴びるといいとか色々やったけどそのサイクルで活動するのが一番体調がいい


17: ななしさん 2018/05/23(水) 14:16:43.29 ID:fFmkmLqv

コンビニが諸悪の根源のような気がするんだが


20: ななしさん 2018/05/23(水) 15:08:01.34 ID:xj+n2nnC

高校時代の受験勉強で身体のリズムがおかしくなった奴も多い


27: ななしさん 2018/05/23(水) 19:52:35.76 ID:hjGF50/M

でも夜ストレス少ない仕事してるほうが、日中怒鳴られまくる職場よりはるかに
精神は楽だし病気にもならんでしょう
総合して快適ならそれでいいんだよ 体内時計云々はその要素の一つにすぎん


32: ななしさん 2018/05/23(水) 21:40:50.69 ID:1uFmYn27

>>27
ストレスを受けると防衛本能でうつになることもあるし、体内時計の乱れでイライラしたり不眠になったりする
人によって反応するストレスが違う
夜型が朝型にはなれないし、朝型が夜型にもなれないよ


37: ななしさん 2018/05/24(木) 06:07:50.18 ID:6wANYOyy

薄々感づいてるから勝ち組はそんな不安定な生活はしてなくて
社会弱者にやらせて利益を吸い上げてると言う事
人権侵害になるから止めよう何て話に発展する事は無い


42: ななしさん 2018/05/24(木) 13:08:14.72 ID:uqpT6IL7

読んでないけど朝寝て夕方起きる生活が俺には一番あってると思う


43: ななしさん 2018/05/24(木) 16:45:08.92 ID:xv8Yn293

俺も日が昇る頃に寝て夕方起きる生活だ


22: ななしさん 2018/05/23(水) 16:44:18.25 ID:YyLiKHuk

昼間に下半身の筋肉が使われてないと寝付きが悪くなる。
寝る前に足の裏を低周波でマッサージするといいよ。


35: ななしさん 2018/05/23(水) 21:54:58.80 ID:zq4u21IQ

>>22
寝る前に足の裏に低周波治療器はやったことなかった
試してみるよ
ありがとう


4: ななしさん 2018/05/23(水) 13:05:57.35 ID:wip717rA

 カナダのマグーン(Magoun,H.W.)という大脳生理学者が人間の睡眠と覚醒のリズムを支配しているのは
脳幹(大脳の底部中央で中脳に繋がっている部分)にある「網様体賦活系」と呼ばれる中枢である
ことを発見しました。

この網様体賦活系は光や騒音、不規則な振動など、末梢からの覚醒刺激が脳の網様体に送り込まれ、
その刺激によって大脳全体が覚醒し、目が醒めるのです。いわば、脳と体を結ぶ情報通信網の
基地的な役割を果たしているのです。

 そして網様体賦活系を強く刺激するのが、実は腰や太もも、ふくらはぎなど下半身に多く存在する遅筋繊維なのだということが明らかになりました。

「遅筋繊維」はゆっくり歩いたり、一定の姿勢を長時間維持したり、じっと立っていたりする際に収縮し続け、覚醒信号を網様体賦活系に発信し続けて大脳を刺激します。

すると意識がはっきりした
状態になるのです。

一方、夜は活動が少なくなって「遅筋繊維」が縮み、大脳に覚醒信号が送られなくなるため次第に意識が低下し、眠気が催してくるのです。

寝付きが悪い人は、下半身の遅筋繊維を鍛えるようにしましょう。

高齢の方にも簡単にできるボケ防止、寝たきり予防の運動としてお勧めしたいのが自宅でできる
「つま先歩き」です。やり方は簡単。つま先で立ち、片足を踏み出すのを1歩と数え、20歩歩きます。
20歩を1日に3セットしましょう。 


http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1527047931/