d8e5630ee232525e95065a94d6de7f86


※2014年のスレです

1: 名無しさん 2014/09/12(金) 02:15:38.34 ID:+lhAqBQV0
昭和57年生まれ、今年32歳になった

現在、出身地とは異なるところで一人暮らし
アルコール依存症による肝硬変で死んだ母親の命日が
近いので、ちょっとこれまでを振り返ろうと思う


121: 名無しさん 2014/09/12(金) 03:38:09.33 ID:Lfe/0Nv/0
アダルトチルドレンってなに

125: 名無しさん 2014/09/12(金) 03:40:55.11 ID:+lhAqBQV0
>>121
虐待とかするまともじゃない家庭で育った大人
子供のまま大人になったと勘違いしてる人もいるけど
家庭機能不全で育った人が正解だって

2: 名無しさん 2014/09/12(金) 02:16:29.10 ID:YivKxnmt0
若者ならともかくおっさんのメンヘラ気取りはガチ痛い

20: 名無しさん 2014/09/12(金) 02:24:06.54 ID:P06Ys18m0
>>2
だれもが良い環境で育てるわけじゃ無いねんで

3: 名無しさん 2014/09/12(金) 02:16:30.53 ID:GLy8ToU50
他人とちゃんとコミュニケーション取れる?
友達恋人いる?

14: 名無しさん 2014/09/12(金) 02:19:38.64 ID:+lhAqBQV0
>>3
無理
不安障害、社会障害、うつ病を現在治療中

4: 名無しさん 2014/09/12(金) 02:16:54.96 ID:4/dWHCOq0
AC認定はいつどこで?

14: 名無しさん 2014/09/12(金) 02:19:38.64 ID:+lhAqBQV0
>>4
20代後半、精神科で

6: 名無しさん 2014/09/12(金) 02:17:41.79 ID:+lhAqBQV0
生まれは、すごく田舎のこれと言った特産もないようなところ

非摘出子として、母親は当時一人暮らしをしていたアパートで私を産む
水商売で、夜中はアパートに置き去り
出産とその後を知った祖父母が仕方なく母親の実家へ私を連れ帰る

そこは今でも電波が入らないような秘境みたいな地域
祖父母は主に農業を営み、そこには母親の弟、つまり叔父夫婦もいた
孫だとは言え、勘当同然の娘が産んだ父親もわからない子は
やはりあまり可愛くないのか、祖父母は厳しかった

やがて、叔父夫婦に第一子となる男の子が産まれる
私からみて従兄弟にあたる
祖父母はその子を本来の初孫のように喜んだらしい

16: 名無しさん 2014/09/12(金) 02:21:31.54 ID:+lhAqBQV0
母親は私がいることで、実家の敷居を再び跨ぐことが許され、
仕事の始まる夕方前に訪れては、祖父母に金の無心をした

それを横で見ていた私は母親に蹴飛ばされ、壁まで吹き飛んだと叔母から聞かされた
背中一面の刺青に赤茶けたパーマの髪は
普通の家庭の母親ではないと私は幼心にもそう感じていた

それは徐々に態度や言葉に出るようになってしまい、
小学校低学年の時には車で轢かれ、高学年では熱湯を浴びせられた

そんな中、祖父が他界
今まで何かと引き締める役割だった祖父がいなくなったことで
祖母は母親を甘やかすことが増えた

それは私にとってさらに悲劇を招く結果となった

18: 名無しさん 2014/09/12(金) 02:23:40.80 ID:+lhAqBQV0
中学生になった頃、どうしても一緒に観たい映画があり、
友人と一緒に行こうと話して、それを伝えると、いきなり灰皿を投げつけられる

「誰があんたの道楽のために金なんか出してやらなくちゃいけないんだ。 学校と飯だけでもありがたく思え」 

母親は額から血を流す私をそう言って見下した
結局、映画は友人の母親が私の分も払ってくれて、観ることは出来た

後日、それを知った外面のいい母親は、菓子折りを持って友人宅に行き、
実家に帰ってから私は髪を掴まれ床に顔を打ち付けられた

26: 名無しさん 2014/09/12(金) 02:28:46.93 ID:+lhAqBQV0
当時はそんな「虐待」だとか騒がれるような時代でもなく、
警察も介入できない「しつけ」の一部でしかないため、私は家に居場所がなかった

勉強を頑張れば、褒めてくれるかもしれないと思ったのも当然の流れで、私は必死に勉強に打ち込んだ
しかし、数学だけがどうにも苦手で、それ以外が全て平均点以上でも
「お前は障害者だ、養護学校に行け」などと罵られた

43: 名無しさん 2014/09/12(金) 02:40:20.51 ID:vArfDTDz0
続けろ

44: 名無しさん 2014/09/12(金) 02:40:43.11 ID:+lhAqBQV0
高校は進路を無理矢理決められ、そこに推薦入試で合格した

範囲が広くなったせいか、高校生活はそれなりに楽しめたが
その頃に、最後の楔だった祖母が他界した
約一千万の遺産を手にした母親は引っ越しをして
毎日を贅沢に暮らしていた様子だった

私は祖父母のいない家に一人で自炊をし、
母親が来ないことだけにホッとしながら毎日を過ごした

50: 名無しさん 2014/09/12(金) 02:45:39.90 ID:+lhAqBQV0
けれど、それも一年ちょっとで使い切ってしまったらしく、私は高校中退を余儀なくされた

担任がいい先生だったので、母親を説得しに何度も来てくれたが、
「じゃああんたが学費払ってやれ」と母親は相手にしなかった

高校を中退した後は、叔母の紹介で介護施設で働くことになった
友人が修学旅行のお土産を買ってきてくれたことが嬉しくて悲しかった

そんな中でも、私は素敵な男性と出会うきっかけがあり、交際が始まった
人に愛されるような感覚になかなか馴染めず、始めは戸惑うことが多かった

55: 名無しさん 2014/09/12(金) 02:49:44.09 ID:+lhAqBQV0
ゆっくりと時間をかけて互いの信用を築いている途中、またもや母親は障壁として立ち塞がった

彼氏の勤務先に電話をかけるという暴挙に出た
「ロリコンか」「警察に言ってやる」などの暴言を吐かれ、
聞かされた時には私は泣いて謝った

だが、相手は私よりもずっと大人で、気にしていないからと私を慰めた
この頃から私は母親に殺意を抱くようになった

59: 名無しさん 2014/09/12(金) 02:53:17.28 ID:+lhAqBQV0
ある日、金をせびりに来た母親を私は包丁を持って迎え入れた

「やれるもんならやってみい」と母親は怒鳴り声を上げた


幼少期からの習慣は恐ろしく、私はその怒鳴り声だけで震えて動けなくなった
「殺人未遂で警察に言ったろうか?」

追い打ちをかけてくる母親に私は気付くと
泣きながら、ごめんなさいを繰り返していた

71: 名無しさん 2014/09/12(金) 02:58:51.24 ID:+lhAqBQV0
このままじゃダメだ、私の一生は母親にぐちゃぐちゃにされる
私は県外に出ることを決心した

迷惑ばかりかけた大切だった人も
学生時代の友人も全て捨てて県外に引っ越した

母親が近くにいない生活は恐怖もなく、快適だったが、
孤独に耐えられなくてどうしようもなかった

76: 名無しさん 2014/09/12(金) 03:04:34.35 ID:+lhAqBQV0
仕事をしても誰とも親しくなれず、孤立していくばかりで、
それでも母親が近くにいる生活よりマシだと思って、頑張って働いた

高校中退の私を雇うところは限られており、今でいうブラック企業でも真面目に頑張った
私が20歳の誕生日を迎えた翌月、叔父にだけ
こっそり番号を教えていた携帯に電話がかかってきた

それは「母親が死んだ」との報せだった
私は、しばらく黙ったまま何も考えられなかった

83: 名無しさん 2014/09/12(金) 03:09:34.06 ID:+lhAqBQV0
嬉しくもない、悲しくもない、何ともいえない最初で最後だと思うような感覚だった

主に金銭面で迷惑をかけ続けられていた叔父は「やれやれ、やっと肩の荷が降りた」と言った
私はそれもそうだとも思ったが、やはり叔父とはまた違う感覚だった

母親は一人暮らしをしていたアパートで、動脈破裂による失血死
血の海の中、死斑だらけで座って死んでいるのを新聞配達員に見つけられていた

涙一滴零さない私に、葬式では母親の水商売仲間らが、薄情な子だと私を責めた

84: 名無しさん 2014/09/12(金) 03:10:13.21 ID:EG1vFBWZ0
>>83
死因は自殺?

88: 名無しさん 2014/09/12(金) 03:15:16.01 ID:+lhAqBQV0
>>84
肝硬変の悪化
アルコール依存症→肝硬変→動脈破裂

89: 名無しさん 2014/09/12(金) 03:15:35.82 ID:EG1vFBWZ0
>>88
なるほど
ま、自業自得だわな

85: 名無しさん 2014/09/12(金) 03:11:48.54 ID:GWMVN5sG0
葬式に居ただけでも偉いわ

86: 名無しさん 2014/09/12(金) 03:12:14.74 ID:EG1vFBWZ0
>>85
俺だったら行かないね

91: 名無しさん 2014/09/12(金) 03:17:04.55 ID:+lhAqBQV0
>>85-86
私も最初は拒否したが、叔父が自分も嫌々で出るんだからと
説得されて、仕方なかった

93: 名無しさん 2014/09/12(金) 03:17:32.05 ID:EG1vFBWZ0
>>91
きついな

87: 名無しさん 2014/09/12(金) 03:14:35.01 ID:+lhAqBQV0
借金しかない相続は放棄し、私は完全に母親から解放された
ところが、そう思っていただけだった

依存性が強く、20代前半ではDV男やヒモ男でも必死にしがみ付いた
誰でもいいから嘘でも偽でもいいから愛してほしかったのだと思う

これではダメだと思い立ったのは24歳くらいの時だった
仕事で知り合った人が独立するというので、私はそれについて行った
厳しいが正しく人を評価してくれるその人を私は尊敬していた
そして、一年ほど経った頃、私は生い立ちやこれまでのことを、この人にすべて打ち明けた

101: 名無しさん 2014/09/12(金) 03:22:56.74 ID:+lhAqBQV0
「そんな気がしていた」とその人は言った
「俺は使える人間や才能ある人間を必要な時に必要なだけ使う、それがお前にとってつらくないならこの先もついてこい」
私は、やっと必要としてくれる人を見つけた気がして、言ってもらいたかったのは
きっと、「好き」とか「愛してる」じゃなく、「必要だ」だということにも気付いた

それから今に至るまで、私はこの人の傍で働いている

母親が死んで12年の今月 墓参りは一度も行っていない
行くべきなのか、忘れるべきなのか、今はそれだけを迷ってる

105: 名無しさん 2014/09/12(金) 03:27:23.40 ID:+lhAqBQV0
以上です

改めて振り返ってみただけです

結婚も出産もこの先することないだろうけど
誰かの右腕でいられることだけで今は満足です
母親とは和解しないままになっているけれど
忠誠心だけは宿して生きてます

110: 名無しさん 2014/09/12(金) 03:30:18.37 ID:4/dWHCOq0
ひたすら奪う人から自立するのは並み大抵じゃないな やっぱ

111: 名無しさん 2014/09/12(金) 03:30:25.32 ID:EG1vFBWZ0
てか売春強要とかされなくて良かったよな

114: 名無しさん 2014/09/12(金) 03:32:19.81 ID:+lhAqBQV0
>>111
さすがに書きたくなかったから書かなかったけど
なんか、ヤクザの若い衆みたいな人と寝ろとは言われたよ
お金はもうもらってるんだから、減るもんじゃないし行って来いって

115: 名無しさん 2014/09/12(金) 03:32:52.86 ID:EG1vFBWZ0
>>114
まじか....
悪いな

117: 名無しさん 2014/09/12(金) 03:34:42.33 ID:+lhAqBQV0
>>115
いや、気にしないで
他の人には言われたことない「ヤリマン」とか
母親は名前のように私を呼んでたから

98: 名無しさん 2014/09/12(金) 03:21:32.43 ID:J25Hn/Ge0
俺もACで苦労してる…
がんばれよ

120: 名無しさん 2014/09/12(金) 03:37:46.42 ID:+lhAqBQV0
今も虐待で傷付いたり死んだりする子がたくさんいる
もうそんなニュース、観るだけで胸が締め付けられる
なんで育ても出来ないやつらが子供なんか産むんだ
虐待するような親は無期懲役とかもっと重い罰を与えて欲しい

134: 名無しさん 2014/09/12(金) 03:50:16.87 ID:g4fLEUXH0
ある映画で言ってた
「車を運転するにも、教師になるにも免許がいる。
でも親になるのは誰でもできる」と。

子ども虐待 (講談社現代新書)
西澤 哲
講談社
売り上げランキング: 44,755

http://viper.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1410455738/