長年の引きこもりから脱し、東日本大震災の被災地支援に赴いた体験記を、中村秀治さん(32)が出版した。
 no title

「…あの…、ひ、必要な物や、お困りごとは、ありませんか……」

 仮設住宅のチャイムを押すのに、人と話すのが怖くて足がすくみ、指先が震え、吃音(きつおん)が出た。それが、いつしか年配の被災者からは明るく抑揚ある声で「おーい、中村くん!」と呼ばれるようになる。かつて流行した歌謡曲「おーい中村君」のフレーズだった。

 中村さんは小学六年から二十五歳まで家に引きこもった。

 夜間高校に通った四年間と、卒業して十カ月働いたのを除き、家族以外と人間関係がなかった。震災後に「自分も行きたい…」と母親にぽつりと言って自ら志願したものの、「僕はなぜ被災地でボランティアをしているのか」と自問は続いた。

 活動は宮城県内で二〇一一年九月から約三カ月に及び、その終盤。仮設で一人暮らしの高齢女性は「もう支援は結構。ただ、誰かが会いに来てくれるだけで。あなたでいいんです」と大粒の涙を流した。家族を失い、地域の人と離れ、孤独を感じている被災者のつらさと、引きこもりで抱えてきた孤独の苦しみが重なり、中村さんも涙した。

 引きこもりに詳しく、中村さんと交流のある横湯(よこゆ)園子・元中央大教授(教育臨床心理学)が出版を勧めた。「大変な思いをした被災者から『あなたはあなたでいい』と言葉を掛けられ、中村君は逆に支えられた。引きこもりの青年が外に出て、自分を取り戻していく貴重な体験」と指摘。「おっかなびっくりだった彼が人前で発表をし、対人関係も自信を持って結べるように変わった」と話す。

 中村さんは絵を描くのが好きで、本の表紙のイラストも自ら手掛けた。最近は引きこもりの当事者や家族の支援を続ける地元のNPO法人に通い、小説や漫画の創作をしている。知り合った被災者や支援者とは連絡を取り合っている。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018030190135745.html



8: 名無しさん 2018/03/01(木) 16:09:34.88 ID:tudVUwfM0

偉いな、、、


9: 名無しさん 2018/03/01(木) 16:09:45.01 ID:Rfzu/yLD0

普通にいい話やんけ


3: 名無しさん 2018/03/01(木) 16:07:20.14 ID:ec/u5qcs0

いい話だなぁ・・


2: 名無しさん 2018/03/01(木) 16:07:19.90 ID:cahGssIU0

> 「…あの…、ひ、必要な物や、お困りごとは、ありませんか……」

すげー偏見に満ちたセリフ


83: 名無しさん 2018/03/01(木) 19:28:44.00 ID:eRIq0L8a0

>>2
引きこもりだからではなく
吃音だろ?おかしなところはないと思うけど


111: 名無しさん 2018/03/02(金) 00:30:13.17 ID:FkaWwFth0

>>2
吃音が出ただけで偏見とか言われたら生きていけん


12: 名無しさん 2018/03/01(木) 16:13:28.41 ID:yEj/x70/0

いい話だなー
心に傷を負った人って、話をただ聞いて欲しい、傍にいて欲しいって感じだから
お互い支えあえるといいよね


14: 名無しさん 2018/03/01(木) 16:15:14.60 ID:Sl5WgLgc0

いい話やん
だけど本たけーな
買って応援してあげたかったが


22: 名無しさん 2018/03/01(木) 16:22:55.62 ID:WKhvWD0A0

変われる芽がある人は
なんらかの切っ掛けで変わっていけるんだよな
根腐れしてたら無理だけど


24: 名無しさん 2018/03/01(木) 16:24:58.35 ID:5O2FGznq0

ええ話や
俺も昔ヒキ時代にボランティア行こうかなって呟いたら
てめーのこともてめーでできねえ癖にボランティアとか舐めんなって姉貴にボロカス言われたぞwww


27: 名無しさん 2018/03/01(木) 16:26:29.84 ID:WKhvWD0A0

>>24
姉ちゃん、分かってないなぁ
ヒキコモリの人がボランティアから社会復帰していくのなんて王道なのに…
でも今は抜けられたようで、なにより


30: 名無しさん 2018/03/01(木) 16:28:35.66 ID:mVBdrZ2O0

新潟の地震の時も引き籠もりが頑張ったってね


32: 名無しさん 2018/03/01(木) 16:30:18.17 ID:a07DuqSZ0

イイハナシダナー


60: 名無しさん 2018/03/01(木) 17:23:41.62 ID:7EALifqj0

本人のイラスト見たいな


68: 名無しさん 2018/03/01(木) 18:08:24.86 ID:cpq0K8hO0

表紙の絵、普通に上手い


81: 名無しさん 2018/03/01(木) 19:17:26.64 ID:yCoNV2Kg0

福島の親戚に、10年以上引きこもって、部屋に筋トレの器具ばかり置いて毎日筋トレしてたんで、
引きこもりなのに異様にマッチョなのがいた。
震災で家が崩れかけて住めなくなり、避難所に行くことになって、何か手伝うのはいいが人と接するのは嫌なのでと、黙々と重い物を運び続けて重宝がられた。
ボランティアの人と接するうちに、心境もだんだん変化していって、今では一人暮らしして普通に働いてる。


100: 名無しさん 2018/03/01(木) 22:12:06.53 ID:Cj9EGs1x0

引きこもってた女性が、自宅マンションに津波が押し寄せてきて、死ぬ気で外に出て避難したら、引きこもりが治ったって話があるな 
http://www9.nhk.or.jp/archives/311shogen/sp/detail/#dasID=D0007010605_00000


108: 名無しさん 2018/03/01(木) 23:34:11.52 ID:KX3Nork60

これはいい話


110: 名無しさん 2018/03/02(金) 00:25:13.90 ID:GuNGB2jL0

自分を無価値だなんてバカな事
思ってちゃダメ


115: 名無しさん 2018/03/02(金) 13:54:05.15 ID:Mp3ZRW770

震災をきっかけに人生がいい方向に変わった人に対して、モヤモヤする感情を抑えられない
自分は震災で人生壊れちゃったし疲れちゃった
ボランティアや支援で来る人たちには頭が下がる、それは正直な気持ち。
でも、一方では溢れるバイタリティを目の当たりにするのが本当に辛い。なんであんなに元気なんだ?


16: 名無しさん 2018/03/01(木) 16:19:12.31 ID:UUhDp+cr0

引きこもりや人生一回失敗しても
多分こういうやり直せるタイミングというかチャンスが来る時が有るんだよな
それは得てして、悲しい出来事が多いと思うが
(こういう自然災害だったり親の死だったりな)

そこで一歩踏み出せるか出せないか
結局最後は自分が決めるんだなぁ


23: 名無しさん 2018/03/01(木) 16:23:00.50 ID:Sl5WgLgc0

>>16
被災者の手記を読んだりしてるんだけど、息子二人が引きこもりという
すごいご家庭の被災者がいて。
自宅が津波で流されてしまったあと、避難所で息子二人が優先して
避難所での仕事を手伝うようになったらしい。
強烈な被災経験が動く原動力になった模様


48: 名無しさん 2018/03/01(木) 17:07:28.34 ID:zwZvJlpo0

>>23
周りと同じ被災者というカテゴリーの仲間になって、疎外感や劣等感が消えたってのが大きいかと思うわ


103: 名無しさん 2018/03/01(木) 23:18:46.66 ID:chTVUP2l0

>>23
引きこもりって怠け者なわけじゃなくて、仕事とか人間関係とか競争に怯えすぎてる人だけで、労働が他人より別段嫌いってわけわけじゃない。


おーい、中村くん―ひきこもりのボランティア体験記
中村 秀治
生活ジャーナル
売り上げランキング: 543,913

http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1519887966/