17048487967_f24d4b1b4d_z-550x366

93: 名無しさん 2018/02/06(火)19:46:59 ID:tw@kurokuko1


《 5話:ニヒリズム 》

彡(癶)(癶)「はぁ~スッキリしたやで」

(´・ω・`;)「お、お帰りなさい」

彡(^)(^)「ただいまやで」

彡(゚)(゚)「ほな、これから唯物論の話をしようと思うんやが」

彡(゚)(゚)「その前に、これまでの話を聞いて、原ちゃんはどう思ったんや?」

(´・ω・`)「え?」

彡(゚)(゚)「なにせ、ワイが一方的に喋ってばかりやったからな」

(´・ω・`)「えっと、そうですね…」



94: 名無しさん 2018/02/06(火)21:03:02 ID:tw@kurokuko1


(´・ω・`)「創造論とか悪魔の証明とか、しみゅ何とかかんとかとか、勉強にはなったんですけど…」

(´・ω・`)「正直言いまして、どの考えも信じられないですし、生きる意味が見つかる気もしないです」

彡(゚)(゚)

彡(゚)(゚)「ふむ、なるほど…」

彡(●)(●)「人が善意で言うてやっとるのに、全く身になっとらんてことやな!?!?」ギンッ

(´・ω・`;)!?ビクッ

彡(^)(^)「なんてな!冗談やで、冗談!」

(´・ω・`;)「や、やめて下さいよ(冗談に思えない)」ホッ


95: 名無しさん 2018/02/06(火)21:08:47 ID:tw@kurokuko1


彡(^)(^)「正直に言うてくれてありがとやで」

彡(゚)(゚)「せやけど、確かにそうなるわな」

彡(-)(-)「色んな価値観や説があるって話だけじゃ、原ちゃんの悩みの解決にはならんわな」

(´・ω・`;)「あ、いえ、凄く参考にはなるんですけど」

(´・ω・`;)「でも、やっぱり根本的に僕自身が変わらないと、何も解決しない気がするんです」

彡(゚)(゚)「せやな、確かにそれはその通りかもしれん」

彡(^)(^)「せやけど、まずその事に気がつけてる事自体が大切な事やと思うで」


96: 名無しさん 2018/02/06(火)21:42:17 ID:tw@kurokuko1


彡(゚)(゚)「そして、これから話す事こそ、ワイは原ちゃんに役立つ考えやと信じてる」

(´・ω・`)「唯物論…ですか?」

彡(゚)(゚)「せや、より正確に言うなら、唯物論をベースとしたニヒリズムやな」

彡(゚)(゚)「神様を信じる事ができず、自分自身に生きる意味がないと感じてる、それはまさにニヒリズム的な価値観なんや」

(´・ω・`)「ニヒリズム…?」


97: 名無しさん 2018/02/06(火)21:46:02 ID:tw@kurokuko1


彡(゚)(゚)「ニヒリズムを語る前に軽く唯物論の歴史から説明するやで」

彡(゚)(゚)「唯物論というと、比較的新しい価値観な気がせんか?」

(´・ω・`)「まぁ、そうですね。やきうさんも唯物論は科学的価値観て言ってましたし」

彡(゚)(゚)「せやけど、実は唯物論の歴史は古いんや。お釈迦さんと同じ時代に生きたケーサカンバリンいうインドの思想家が、既に唯物論を唱えとんねん」

(´・ω・`)「そんな昔からある考えなんですね」

彡(゚)(゚)「せや、この世は地・水・火・風の四元素から成り立ってるだけで、魂やらあの世やらは存在せんいう考えやったんや」


唯物論

観念や精神、心などの根底には物質があると考え、それを重視する考え方[1]。
唯物論は、文脈に応じて様々な形をとるが、よく知られたものに以下のようなものがある。

世界の理解については、原子論と呼ばれる立場がよく知られている。これは原子などの物質的な構成要素とその要素間の相互作用によって森羅万象が説明できるとする考え方で、場合によっては、森羅万象がそのような構成要素のみから成っているとする考え方である。非物質的な存在を想定し、時にそのような存在が物質や物理現象に影響を与えるとする二元論や、物質の実在について否定したり、物質的な現象を観念の領域に付随するものとする観念論の立場と対立する。
生物や生命の理解に関しては、生命が物質と物理的現象のみによって説明できるとする機械論があり、生気論と対立する。また、生物が神の意志や創造行為によって産み出されたとする創造論を否定し、物質から生命が誕生し、進化を経て多様な生物種へと展開したとする、いわゆる進化論の立場も、唯物論の一種と考えられることがある。


四元素還元説

アジタ・ケーサカンバリンは世界を地、水、火、風の4要素の離合集散によって説明する四元素還元説を唱えた。これは、霊魂の存在を完全に否定するものであり、ヴェーダに示される正統バラモン教におけるアートマン(ātman、我、真我)をも否定するもので、当時、汎インド的に最も重要視された業(karma、カルマ)の報いについても、霊魂の行くべき道を示した業のはたらきや善悪の行為の報いを完全に否定した。また、輪廻の思想を否定し、死後の生まれ変わりも来世も認めず、人は死ねば4要素に帰って消滅するとし、道徳も宗教も不必要なものであるとして、無神論の立場に立った。布施に功徳があるという考えもまた愚者のものだとみなしている。
(wiki)

98: 名無しさん 2018/02/06(火)21:52:02 ID:tw@kurokuko1


彡(゚)(゚)「唯物論て言うと、現代人のエゴやら、不道徳的なニュアンスが若干あるやろ?」

(´・ω・`)「意識した事はないけど、確かにそうかもしれませんね」

彡(゚)(゚)「せやけど、唯物論にも仏教やキリスト教みたく古くからの歴史があんねん」

彡(゚)(゚)「細かい事はええけど、現代人が突然言い始めた考えやない事だけは覚えといてや」

(´・ω・`)「はい」


99: 名無しさん 2018/02/06(火)21:57:46 ID:tw@kurokuko1


彡(゚)(゚)「創造論では人の価値を神さんが決めてくれるってのはさっき話した通りや」

彡(゚)(゚)「せやけど、この世には神も仏も霊魂もイチローもおらんとしたらどうや?」

(´・ω・`)「人には価値がない…ってことですか?」

彡(゚)(゚)「まぁ、そうなるわな」

彡(゚)(゚)「そして、その考えこそがニヒリズムの原点なんや」


100: 名無しさん 2018/02/06(火)22:03:45 ID:tw@kurokuko1



(´・ω・`)「人には価値がないって考えがニヒリズム?」

彡(゚)(゚)「極端に言えばそう言うことや」

彡(゚)(゚)「だだし、『本質的な価値がない』という事をどう捉えるかで、ニヒリズムは2種類に分かれるんや」

彡(゚)(゚)「『弱さのニヒリズム』と『強さのニヒリズム』やな」

(´・ω・`)「『弱さのニヒリズム』と『強さのニヒリズム』…」


101: 名無しさん 2018/02/06(火)22:10:12 ID:tw@kurokuko1


彡(゚)(゚)「ニヒリズムを肯定する代表的な人物はニーチェや。有名人やから原ちゃんも知っとるやろ?」

(´・ω・`)「あ、はい。名前くらいは」

彡(゚)(゚)「ニーチェは『神は死んだ』って名言の通り、神さんのような超越的価値を否定したんや」

(´・ω・`)「有名な言葉ですよね」

彡(゚)(゚)「原ちゃん。今まで神さんを信じとった人達が、実は神さんはおらんと言われたらどうなる?」

(´・ω・`;)「え……?それは、自暴自棄になる…かもしれませんね」

彡(゚)(゚)「ふむ。原ちゃんの考えは、ニーチェの予測と同じやな」


102: 名無しさん 2018/02/06(火)22:16:23 ID:tw@kurokuko1


彡(゚)(゚)「ニーチェも人生に意味がないと知った人間は悲観的になると考えたんや」

彡(゚)(゚)「これはまさに、『生きる価値がないから死のう』という原ちゃんの気持ちと同じやないか?」

(´・ω・`)「……確かにそうですね」

彡(゚)(゚)「せやろ?」

彡(゚)(゚)「そしてな、原ちゃん。ニーチェはその価値観を『弱さのニヒリズム』と名付け、そこかは脱却するよう言うてるんや」

(´・ω・`;)「『弱さのニヒリズム』…ですか」


ニヒリズム

この世界、特に過去および現在における人間の存在には意義、目的、理解できるような真理、本質的な価値などがないと主張する哲学的な立場である。名称はラテン語の nihil (無) に由来する。
心理学者を自認するニーチェによれば、ニヒリズムにおいて私たちが取りうる態度は大きく分けて2つある。

⑴何も信じられない事態に絶望し、疲れきったため、その時々の状況に身を任せ、流れるように生きるという態度(弱さのニヒリズム、消極的・受動的ニヒリズム)

⑵すべてが無価値・偽り・仮象ということを前向きに考える生き方。つまり、自ら積極的に「仮象」を生み出し、一瞬一瞬を一所懸命生きるという態度(強さのニヒリズム、積極的・能動的ニヒリズム)

ニーチェは積極的ニヒリズムを肯定し、永劫回帰の思想の下、自らを創造的に展開していく、鷲の勇気と蛇の知恵を備えた「超人」になることをすすめた。

(wiki)
103: 名無しさん 2018/02/06(火)22:20:20 ID:tw@kurokuko1


(´・ω・`;)「けど、そんなこと言われても困ります。その価値観から抜けれないから悩んでるのに」

彡(゚)(゚)「せやな、ニーチェもただ批判をしとるわけやないで」

彡(゚)(゚)「そこで出てくるのが『強さのニヒリズム』なんや」

(´・ω・`)「なんなんですか?その強さのニヒリズムっていうのは」

彡(゚)(゚)「簡単に言えば…」

彡(>)(゚)『価値がないなら、自分で作れば良いじゃない☆』テヘッ

彡(゚)(゚)「って感じやな!」

(´・ω・`;)「『パンがないならお菓子を食べれば良いじゃない』的なノリですね」


105: 名無しさん 2018/02/06(火)22:36:02 ID:tw@kurokuko1


彡(゚)(゚)「人生に本質的な意味がないからこそ、自由に意味を後付けできんねん」

彡(゚)(゚)「例えるなら、真っ白なキャンパスだからこそ、自由に絵を描けるようなもんやな」

彡(゚)(゚)「つまり、強さのニヒリズムでは『人生に意味はない』ということを好意的に捉えとるんや」

彡;(゚)(゚)「ま、ニーチェの思想も超人やら永劫回帰やらぶっ飛び気味ではあるけどな」

(´・ω・`)「人生に意味はない…」

(´・ω・`)「だからこそ、自分の価値を自分で作り出せる…か」


106: 名無しさん 2018/02/06(火)22:41:44 ID:tw@kurokuko1


(´・ω・`)「正直、弱さのニヒリズムといい…痛いところを突かれた気がしますよ」

(´・ω・`)「だけどやきうさん、結果は同じです」

(´・ω・`)「僕は結局、作り出すべき『価値』を見つけられない。だからこそ悩んでるんですから」

彡(-)(゚)「ふむ」

彡(゚)(゚)「せやろな。せやけど、これで自分の価値観を客観視できたやん?」

(´・ω・`)「…それはそうですね」


107: 名無しさん 2018/02/06(火)22:51:41 ID:tw@kurokuko1


彡(゚)(゚)「それに、原ちゃんは強さのニヒリズムを会得するためのヒントを既に見つけてるんやで」

(´・ω・`)「え?」

彡(゚)(゚)「原ちゃんはさっき、『自分が変わらない限り問題は解決しない』と言ったやろ?強きニヒリズムはまさにこの考えなんや」

彡(゚)(゚)「ほな、自分を変えるにはどうするか?有名な言葉があるで」

彡(゚)(゚)『心が変われば態度が変わる。態度が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格がる(以下略』

彡(゚)(゚)「原ちゃん、自分を変えるにはまず思考を変えるんや」

彡(^)(^)「ま、この言葉自体はヒンズー教の教えやけどな」


108: 名無しさん 2018/02/06(火)22:57:19 ID:tw@kurokuko1


(´・ω・`;)……

(´・ω・`;)「やきうさんのおかげで、ニヒリズムの事はなんとなく分かりました」

彡(^)(^)「そらよかったで」

(´・ω・`;)「だけど、やっぱり自信ないです」

(´・ω・`;)「きっと僕に一番失望してるのは、僕自身なんだ」

(´・ω・`;)「だから、これだけ話を聴いても、僕は変われる気がしない」

<ヒュオォォォ


109: 名無しさん 2018/02/06(火)22:57:54 ID:tw@kurokuko1

AA


110: 名無しさん 2018/02/06(火)22:58:23 ID:tw@kurokuko1

AA


111: 名無しさん 2018/02/06(火)22:58:55 ID:tw@kurokuko1

AA


112: 名無しさん 2018/02/06(火)22:59:55 ID:tw@kurokuko1


彡(>)(゚)「結論を急ぎ過ぎるのは悪い癖やぞ☆」ニコッ


(♯´×ω×`)………




原住民、無事死亡!



《 5話: ニヒリズム(終)》


113: 名無しさん 2018/02/06(火)23:03:05 ID:tw@kurokuko1


【今日のまとめ】

・生きる意味がないから自暴自棄になるのは『弱さのニヒリズム』らしい。
・生きる意味がないからこそ、自分で価値を作れるという考えを『強さのニヒリズム』と言うらしい。
・どうやら『弱さのニヒリズム』ではなく『強さのニヒリズム』を目指すと良さそうだ。



114: 名無しさん 2018/02/07(水)19:16:30 ID:tw@kurokuko1


《 6話:やきう民の過去 》

大将「お二人とも、そろそろ一息ついたらどうです?」

大将「あまり根を詰めると酒の味も分からなくなりますよ」

トン

大将「温かいウーロン茶割ときゅうりの浅漬けです」

彡(^)(^)「せやな、ありがとう大将」ゴクッ

彡(^)(^)「ここに来てのホットウーロン割ええなぁ。骨身にしみるわ」

彡(^)(^)「浅漬けも丁度ええ加減や!落ち着く味やで」


115: 名無しさん 2018/02/07(水)19:22:59 ID:tw@kurokuko1


(´・ω・`)き……う…り?

(´・ω・`))プルッ

((´・ω・`;))))プルプルプル

彡(゚)(゚)「ん、どうした原ちゃん?震えとるぞ」

<シュバッ

(´・ω・`#)ガツガツガツガツ!!!

彡;(゚)(゚)「す、凄まじい勢いできうりを食っとる!」

彡;(゚)(゚)「まるでバケモノや!」


116: 名無しさん 2018/02/07(水)19:30:18 ID:tw@kurokuko1


(´・ω・`*)「きうりうまぁ!!」モグモグ

(´・ω・`*)ゴクゴクゴク←ウーロン割一気飲み

(´≡ω≡`*)プハーッ!!

(´・ω・`*)「き、きうりとお酒って何でこんなに合うんだ!!」

(´・ω・`*)「大将!きうりとお酒おかわり!!」

彡;(゚)(゚)「お、おい、大丈夫か原ちゃん??」

(´・ω・`*)「大丈夫大丈夫、僕はこう見えてお酒強いんですよ」


119: 名無しさん 2018/02/07(水)19:41:33 ID:tw@kurokuko1


~15分後~

(´≡ω≡`*)……

(´≡ω≡`*)うぃ~~~~

彡;(゚)(゚)「完全に出来上がっとるやないかい!!」

(´≡ω≡`*)「あ~~~~ん!?」

(´≡ω≡`*)「何か文句あんのかいやきう民さんよぉ??」

彡;(゚)(゚)「いやあの…、飲み過ぎは(アカン)かな~↑↑と思いましてやね…」

(´≡ω≡`*)「な~~にぃ~~~!?」


120: 名無しさん 2018/02/07(水)19:46:12 ID:tw@kurokuko1


(´≡ω≡`*)「あんたさっきからよぉ、おとなしく聞いてやればヨォ、調子乗りやがってヨォ」

(´≡ω≡`*)「延々と御高説垂れ流しまくってくれやがったよなぁ~」

(´≡ω≡`*)「おおん!?」

彡;(゚)(゚)ヒッ

(´≡ω≡`*)「挙げ句の果てにたくさん虐待してくれたなあ!?」

彡;(゚)(゚)「そ、それはやな、話の流れ的につい…」

(´≡ω≡`*)「何をわけのわからんこと言ってんだコラァ!!」


121: 名無しさん 2018/02/07(水)19:46:53 ID:tw@kurokuko1

AA


122: 名無しさん 2018/02/07(水)19:47:19 ID:tw@kurokuko1

AA


123: 名無しさん 2018/02/07(水)19:53:43 ID:tw@kurokuko1



彡(×)(×)←気絶

(´≡ω≡`*)「この腐れ外道がっ!!」

大将「まぁまぁ、原住民さん落ち着いて」

(´≡ω≡`;)「うっ。た、大将」

大将「ほら、お冷でも飲んで」トン

(´≡ω≡`;)「は、はい」

(´≡ω≡`)ゴクゴク

(´=ω=`)ふぅー


124: 名無しさん 2018/02/07(水)20:01:28 ID:tw@kurokuko1


大将「あと、これはシジミ汁です。二日酔いの予防になりますよ」トン

(´=ω=`)「あ、ありがとうございます」

(´=ω=`)ズズズー

(´-ω-`*)「お、おいしい。なんて落ち着く味なんだ」

(´-ω-`*)ズズ、ズズズ

(´-ω-`*)「はぁ~~、生き返る」


125: 名無しさん 2018/02/07(水)20:07:19 ID:tw@kurokuko1


大将「どうです?少し酔いも落ち着いてきたでしょう」

(´・ω・`*)「あ、はい。だいぶ」

(´-ω-`*)「取り乱してしまいすみませんでした」

大将「いえいえ、お二人とも随分真剣な話をされてましたからね」

大将「そういう時に限って悪酔いしてしまうものですよ」

(´-ω-`*)「やきうさんにも悪いことしちゃったな」


彡(×)(×)←まだ気絶


126: 名無しさん 2018/02/07(水)20:17:35 ID:Bxf

飯テロかな?


127: 名無しさん 2018/02/07(水)20:18:57 ID:tw@kurokuko1


大将「……」

大将「やきうさんもね、学生の頃に不登校だった時期があるそうですよ」

(´・ω・`)「え?」

大将「その時のやきうさんは、今の原住民さんと同じように『生きている意味』が分からなくてとても悩んだそうです」

大将「だけど、やきうさんは学校のカウンセラーの先生に助けられた。色々あって大学は中退したそうですが」

大将「それからその先生に憧れて、心理学や哲学を独学で学んだり、産業カウンセラーの資格を取ったりしたらしいんです」

(´・ω・`)「…だから、やきうさんは色んなことを知ってるんですね」

大将「ええ、そして実際にカウンセラーとして働いてた時期もあるそうですよ」

(´・ω・`)「すごい」


128: 名無しさん 2018/02/07(水)20:30:42 ID:tw@kurokuko1


大将「だけどね、やきうさんは自分がカウンセラーになった事をすごく悔やんでいたんです」

(´・ω・`)「え、なぜ?」

大将「やきうさんは、カウンセラーとして一生懸命だった。でも、ある人を救う事ができなかった」

(´・ω・`)「ある人?」

大将「えぇ、その人はやきうさんとのカウンセリングで、自殺したいと漏らしたそうなんです。もちろん、やきうさんはそうならないよう、カウンセラーとして八方手を尽くした」

大将「でも結局、その人は自分自身を殺めてしまったそうです」

(´・ω・`;)「えっ……」

大将「やきうさんは、その責任感からカウンセラーを辞めて、普通の会社員になったそうです」

(´・ω・`;)……

(´・ω・`;)「やきうさんにそんな過去があったんですね…」

大将「だからきっと、やきうさんはアナタを放っておけないんでしょう」

(´・ω・`)……


129: 名無しさん 2018/02/07(水)20:32:29 ID:Bxf

やきう良いやつで竹


130: 名無しさん 2018/02/07(水)20:36:23 ID:tw@kurokuko1




彡(×)(×)「アイタタタ」

彡(×)(-)「な、なんやここ?」←ショックによる記憶喪失

(´・ω・`)「やきうさん」

彡;(-)(゚)「ん?アンタ誰やっけ?」

(´・ω・`;)「原住民です」


131: 名無しさん 2018/02/07(水)20:42:29 ID:tw@kurokuko1


(´・ω・`;)「さっきは失礼なことをしてしまい本当にごめんなさい」

彡;(-)(゚)「ファ?」←分かってない

(´・ω・`)「やきうさん」

(´・ω・`)「これから僕ともう少しだけ、生きる意味を考えてくれませんか?」

彡;(-)(゚)「え?」

(´・ω・`)「どうか、お願いします」ペコッ

彡;(-)(゚)「お、おう…?」コクン

彡;(-)(゚)???



謎の体の痛みに耐えながら、訳もわからず頷くやきう民であった。


《 6話: やきう民の過去(終)》


133: 名無しさん 2018/02/07(水)20:47:54 ID:tw@kurokuko1



【今日のまとめ】

・酒は呑んでも飲まれるな


132: 名無しさん 2018/02/07(水)20:47:31 ID:Bxf

おもろいスレをありがとうやでイッチ


134: 名無しさん 2018/02/07(水)21:39:11 ID:1Cn


135: 名無しさん 2018/02/07(水)23:06:19 ID:Mib

読んどるで
頑張ってや


ツァラトゥストラはこう言った 上 (岩波文庫 青 639-2)
ニーチェ
岩波書店
売り上げランキング: 3,662

http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1517480051/