今更だけど、オランダへようこそという詩。
とても素敵だと思ったし、感動した。
ダウン症云々ではなくて、物事は思い通りに進まないことがほとんどだから。
DSBs_8NUEAAct9u



オランダへようこそ

私はよく「障がいのある子を育てるのってどんな感じ?」と、聞かれることがあります。
そんな時私は、障がい児を育てるというユニークな経験をしたことがない人でも、 それがどんな感じかわかるようにこんな話をします。

赤ちゃんの誕生を待つまでの間は、まるで、素敵な旅行の計画を立てるみたい。

例えば、旅先はイタリア。山ほどガイドブックを買いこみ、楽しい計画を立てる。

コロシアム、ミケランジェロのダビデ像、ベニスのゴンドラ。
簡単なイタリア語も覚えるかもしれない。とてもワクワクします。

そして、何カ月も待ち望んだその日がついにやってきます。
荷物を詰め込んで、いよいよ出発。

数時間後、あなたを乗せた飛行機が着陸。 そして、客室乗務員がやってきて、こう言うのです。

「オランダへようこそ!」

「オランダ!?」 「オランダってどういうこと??  私は、イタリア行の手続きをし、イタリアにいるはずなのに。  ずっと、イタリアに行くことが夢だったのに」

でも、飛行計画は変更になり、飛行機はオランダに着陸したのです。
あなたは、ここにいなくてはなりません。

ここで大切なことは、飢えや病気だらけの、こわくてよごれた嫌な場所に連れてこられたわけではないということ。

ただ、ちょっと「違う場所」だっただけ。

だから、あなたは新しいガイドブックを買いに行かなくちゃ。
それから、今まで知らなかった新しいことばを覚えないとね。

そうすればきっと、これまで会ったことのない人たちとの新しい出会いがあるはず。
ただ、ちょっと「違う場所」だっただけ。

イタリアよりもゆったりとした時間が流れ、イタリアのような華やかさはないかもしれない。
でも、しばらくそこにいて、呼吸をととのえて、まわりを見渡してみると、オランダには風車があり、 チューリップが咲き、レンブラントの絵画だってあることに気付くはず。

でも、まわりの人たちは、イタリアに行ったり来たりしています。
そして、そこで過ごす時間がどれだけ素晴らしいかを自慢するかもしれないのです。

きっと、あなたはこの先ずっと「私も、イタリアへ行くはずだった。そのつもりだったのに。」 と、いうのでしょう。

心の痛みは決して、決して、消えることはありません。
だって、失った夢はあまりに大きすぎるから。

でも、イタリアに行けなかったことをいつまでも嘆いていたら、 オランダならではの素晴らしさ、オランダにこそある愛しいものを、 心から楽しむことはなかったでしょう。
みんなとは違う土地だけど、 私はオランダを思い切り楽しんで、そして大好きになりました。

オランダへようこそ!
今の私に私の心に沁みて久しぶりに声上げて泣いた。

「オランダへようこそ」①

#コウノドリ pic.twitter.com/bg7kL6I9iu
@bucocobucoco
「オランダへようこそ」すごくいい話だったね。障害のある子に限らず、どんな子にも当てはまる事だと思うよ。子供との出会い、子供の人生は、親には想像できないもの。
コウノドリの最終話ででてきた
オランダへようこそて詩読んで泣いた
あれは読んだがいい
オランダへようこそ。凄く身に染みたな〜。
うちは今のところ健常児だけど病気持ちなので、まわりの娘と同い年の子たちが元気に走り回ってるの見ると「うちも本当はああやって走る年齢なのになー」て思うこともあるけど、うちの子にはうちの子のペースがあるからね。焦らんよ。
オランダへようこその引用はよかった。
障害児を産むことへの心の準備が産む側でなくそのまわりの家族にも描写されてるのもよかった。めちゃくちゃ誠実。
『オランダへようこそ』は親にとっては心に響くけど、きょうだい児に対してそういう理解は求められないなと思う。
オランダへようこそ、読みました。素敵な詩だなぁと思います。
だけど、わたしは、そこに「つらかったね、苦しいね、がんばってるね」って言葉をいれたいなぁと思いました。だって、つらいですよ、たぶん、多くの人にとっては。その気持ちも大切にしたいです。
やっぱり、障害児をもつ親からの「オランダへようこそ」に対する反感はあるのね
最近話題になってた、オランダへようこその詩を久しぶりに読み返しました。
長男君の障害がわかってすぐくらいに読んだ覚えがあって。
はじめて読んだ時はまだ、
私もイタリアに行きたかった気持ちが強かったけど、
今はオランダも楽しいと思える所まできたんだなぁとしみじみ。
コウノドリ最終話に出てきた「オランダへようこそ」っていう詩、親のエゴが前面に出過ぎててあまり良いとは思えなかった。子育てを観光地に例えるのは分かりやすいかもしれないけど、イタリアだろうがオランダだろうがあくまで自分たちが楽しむためのものとして捉えているという意味では違いはないし。
コウノドリで紹介されてた「オランダへようこそ」は障害のある子の出産、育児を大きく予定の狂った海外旅行に例えてるけど、そうすると私たちは各国の旅番組とかガイドブック買うの大好きな人みたいな感じ?
ようやくコウノドリ最終話観た。
「オランダへようこそ」の詩、障害が有る無しに関わらず子育て自体がまさに旅なんだよなぁ、と考えさせられた。
オランダへようこそって詩、どうにもイタリアへ行きたかったという方に感情移入してしまって、歓迎してくれるオランダの温かさやワクワクに心を開けない。 (子供はいません)
「オランダへようこそ」って初めて知ったけど、しみるなあ。今いるここが私にとってのオランダなんだろうけど 、せめてオランダくらいの寒さにして…泣
オランダへようこそ、のいいところは、この先もずっとイタリアに行きたかった思いは消えない、って言ってくれるところ。
否定しないでくれる。
それでもオランダいいところだよねって。
初めて読んだ時号泣したよね。



〜以下2chの反応〜

717: 名無しさん 2017/12/22(金) 23:30:42.78 ID:9FxkITEq

「オランダへようこそ」は一見うまく喩えてるようで、結構差別的な詩だな


740: 名無しさん 2017/12/22(金) 23:49:41.49 ID:9FxkITEq

>>735
戦乱や不衛生な貧困状態で産むしかない母親も沢山いるわけで
そうなじゃくて良かったってのはな・・・


743: 名無しさん 2017/12/22(金) 23:58:54.57 ID:f4W5gCCo

>>740
詩はトラベルとトラブルをかけているからちょっと解釈が違うな


727: 名無しさん 2017/12/22(金) 23:37:26.66 ID:mSBhLF3e

オランダへようこそ!は
アメリカ人のエミリー・パール・キングスレーが1987年に書いた文章
ネラーが知らないだけで世界的には有名なエッセイらしい


733: 名無しさん 2017/12/22(金) 23:40:13.31 ID:4RKCEeOq

>>727
オランダ人が書いた詩ならいいけど
他の国のひとが書いたらオランダ差別と取る人もいるだろうなあ
健常者=韓国、障碍者=日本(その逆も)と例えられたと考えると・・・


835: 名無しさん 2017/12/23(土) 08:31:36.25 ID:RG5/N/pZ

「韓国へようこそ」だったら韓国人は怒り狂うにちがいない。


837: 名無しさん 2017/12/23(土) 08:44:46.63 ID:4qcgck2X

>>835
オランダの人は気を悪くしないのかな?ダウン児を国に例えられるのがいまいちピンとこなかった
奥山の本人もドラマの演技でもダウン児は素晴らしいみたいなノリが苦手だ、息子を普通学級に入れるってニュース見たばかりだから余計に


840: 名無しさん 2017/12/23(土) 08:50:24.85 ID:cEoRSQBt

>>837
オランダとイタリアを入れ替えても
成立すると説明すればいい
優劣ではなく好みの問題だからイタリアに連れて行かれた人もコロッセオとかに行くよ



4: 名無しさん 2017/12/23(土) 17:56:09.69 ID:zkE6Kb6X

イタリアとオランダの話、わかってない人が多すぎてウンザリする
どっちもいいところ
ただ、自分が行こうとしていたところとは違ったって話でしょ


24: 名無しさん 2017/12/23(土) 18:58:27.67 ID:C4Ojb1U6

>>17
どっちの国も行ってしまえば同じように良いところ、でも最初に自分が行きたかった国は違ったといっても
「障碍者を生みたかった」ってのはありえない
オランダに住んでみて大好きになったけど、イタリアに行きたかった夢は永遠に消えない
=進んで最初からこの場合オランダに行きたいと思う人はいないって表現になるから
望まれる方(国)と望まれない方(国)っていう差別はあるやろ
それを仲悪い国同士に例えたら?
イギリスとフランスとか、イングランドとアイルランドとか、イスラエルとパレスチナとか
皆がそうですねって納得するとは思えない


32: 名無しさん 2017/12/23(土) 19:30:54.74 ID:e4ODG2zV

オランダへようこそを参考にしてイタリアへようこそというタイトルで作文しなさい(10点)


34: 名無しさん 2017/12/23(土) 19:37:33.42 ID:C4Ojb1U6

>>32
楽しみ


105: 名無しさん 2017/12/23(土) 23:47:01.84 ID:LB6JQK1K

オランダの例え話、一生オランダにいれるとは限らないよね
ダウン症の子供が成人したあたりからシリアに変わる可能性もある


106: 名無しさん 2017/12/23(土) 23:50:01.97 ID:00NC73Q9

詩っていうのは風刺じゃないんだから
心が豊かな人が書いてるんだよ


108: 名無しさん 2017/12/23(土) 23:56:28.95 ID:hxMM7dum

詩は傷ついた人のこころを癒すためにあるんだよ
傷ついてない人に響かないのは当然


131: 名無しさん 2017/12/24(日) 06:37:18.76 ID:AmTovxnU

オランダだろうがイタリアだろうが

その詩がその家族の救いになったのなら

それでいいじゃん


165: 名無しさん 2017/12/24(日) 10:18:24.55 ID:QprPMVvP

どちらにも魅力があるという詩なのに勝手に比べて不快感とか言ってるんだろ
詩の読み方知らないんだろうな


166: 名無しさん 2017/12/24(日) 10:20:22.40 ID:zg0zZhP4

抽象的な思考が苦手なのだと思う


173: 名無しさん 2017/12/24(日) 10:39:00.24 ID:wf5UWPW8

オランダどうこうじゃなくて
元々「イタリアに」行くつもりだったのにそこがオランダだったって話だよね
望んだ場所じゃなかったかもしれないけど
周りを見渡せば素敵な事が見えるかもよってこと
そこをイタリアとオランダの比較にしてしまうと
比較対象が可哀想みたいな話になっちゃう
そうじゃないんだよね


181: 名無しさん 2017/12/24(日) 10:49:05.77 ID:/tW333vv

>>173
でも「イタリアよりオランダでよかった」とはなってなかった
やっぱり常にイタリアへのあこがれば消えない
最初からイタリアについていてたとえ事故にあっても「オランダに行っておけばよかった」ともならない
どうやったってオランダは進んで行きたくなない国として位置づけられている


176: 名無しさん 2017/12/24(日) 10:44:56.20 ID:rAwNhS/z

別にイタリアにもオランダにも思い入れもないし
巧いたとえだとも思う
これを読んで癒される人も多いと思う

でも立場が違えば、これを読んで不快に感じる人もいるだろうとも思う
詩は読む人によってどう感じるかも人それぞれでしょ
書き手の意図がどうこうとか、そんなの関係ない
読み手の感じたことがその人のすべてでしょ

悪気があって言ったことじゃなくても
聞いた人が傷つくこともある


179: 名無しさん 2017/12/24(日) 10:48:26.67 ID:AmnTXHLL

自分にはオランダへようこそが響かなかった
それだけでしょ
響く人も居れば違和感覚える人も居る
自分もあの詩はえっと思ったけど
世界中で有名だってことは自分のような感覚が少数的なんだなと思うだけ


225: 名無しさん 2017/12/24(日) 13:08:41.10 ID:xZ1y61bi

他人からかわいそうだとかお母さん疲れてるとか何思われたって自分達が幸せだと思って生きていればいいというのが今回の話だったでしょ
オランダへようこその詩だって当事者がそれを読んで心が楽になったり癒されたりすればそれでいい
無関係の他人が余計な邪推をしてとやかく言うもんじゃない


280: 名無しさん 2017/12/24(日) 16:43:12.70 ID:S0i8Pp1Q

オランダは別に失敗ではないやろ
むしろ行きたい


856: 名無しさん 2017/12/30(土) 08:50:46.15 ID:n7I+qxAM

オランダへようこそ不要論を唱える人がいるのは理解できる
そういう人はきっと新型出生前診断の結果が陽性だったら妊娠終了させるんだろう
それはそれでいい

でも、陰性だったけど22週すぎて他の障害や先天的な異常が見つかることだってある
子供云々だけじゃなく、自分が目指した夢半ばでその道が閉ざされる人だっている
その時にはオランダへようこそを思い出すかもしれない
そういうことだと思う


コウノドリ(1) (モーニングコミックス)
講談社 (2013-09-20)
売り上げランキング: 2,644

http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/tvd/1514015739/

http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/tvd/1513409601/