1964051

156: 名無しさん 2017/12/17(日)21:38:23 ID:qlL

エピソード5 医法政の第二ラウンド~ライシャワー事件

彡(゚)(゚)「1950年代までにシステムは整ったんや。しかし、システムは道具にすぎん」
彡(゚)(゚)「使い方次第で何が起こるか分からんやで。今回は使い方を巡る二つの事件や」
彡(^)(^)「ちなみに医法政(違法性)と掛けとるんやで?気づいて草生えたか?」



158: 名無しさん 2017/12/17(日)21:39:48 ID:qlL

彡()()「生えんかったか。続けるで」

1960年、精神科を増やす試みがひと段落する一方で世間は安保に揺れていた…
そんな中で1960年 刑法学会


159: 名無しさん 2017/12/17(日)21:39:57 ID:qlL

(●゚◇゚●)「保安処分について諸外国の事例を調べた結果を報告する」
(●゚◇゚●)「保安処分とは『犯罪を起こす可能性がある人物の身柄を拘束』することだ」
(●゚◇゚●)「日本は犯罪を起こした後でなければ被疑者を拘束できない。しかし、起こしてからでは遅いこともある」
(●゚◇゚●)「犯罪を起こす恐れがある…そうだな、精神病患者は…」


160: 名無しさん 2017/12/17(日)21:40:13 ID:qlL

このようにして、法学の側から「保安処分」を検討する声が上がり始めた。もちろん対象の中に精神病患者が含まれていた。

1962年 精神神経学会
彡(゚)(゚)「刑法学会が保安処分を検討しとるんか」
彡(゚)(゚)「当然精神科も…入っとるな」


163: 名無しさん 2017/12/17(日)21:41:17 ID:qlL

彡(゚)(゚)「精神医療は医療であり、精神病院は患者の診療を行うための場や。刑務所と混同しとるんやないか?」
彡(゚)(゚)「強制入院はあくまでも緊急時に治療するための仕方ない手段や」
彡(゚)(゚)「まったく何を考えとるんやか」


162: 名無しさん 2017/12/17(日)21:40:58 ID:qlL

当時の精神科は薬が出始めたばかり。そのため、司法精神医学も花形であった。
そのため、医者にしては珍しく法律に詳しい人も多かった。

1964年 精神神経学会 精神衛生法改正に反対の決議


164: 名無しさん 2017/12/17(日)21:41:57 ID:qlL

しかし、あの事件が発生してしまった。
1964年 東京 アメリカ大使館
( ´_⊃`)「私はエドウィン・O・ライシャワー駐日大使だ。というわけで大使館を出ようとしている」
330px-Edwin_Oldfather_Reischauer_01

( ´_⊃`)「もちろんマリンコの護衛付きだ。まあ、日本だから治安はいいだろう」


165: 名無しさん 2017/12/17(日)21:42:14 ID:qlL

(;゙゚'ω゚')「お前は俺を殺そうとしている!殺される前に殺してやる!」

( ´_⊃`)「うわあああああああああああああああああああああああああ!」

1964年ライシャワー事件 
統合失調症患者が引き起こした事件は全国に衝撃を与えた。世論はヒートしないわけがない。
56


166: 名無しさん 2017/12/17(日)21:42:29 ID:qlL

???「何とかに刃物」
???「警察は何をしていたんだ!」
???「精神科は何をしているんだ!」
???「外にいるからこんなことが起こるんだ!」
???「隔離だ隔離!野放し反対!」


167: 名無しさん 2017/12/17(日)21:42:47 ID:qlL

彡(゚)(゚)「そんな…ワイらは保安処分に反対や!絶対に認めんで!精神医療は刑罰じゃないんや!」
(●゚◇゚●)「やはり保安処分は検討せざるを得ない。検討を続けよう」
この時点では刑法は改正されていない。そのため、保安処分は法律上できない…はずだった。


168: 名無しさん 2017/12/17(日)21:44:07 ID:0Hk

ライシャワー事件って献血とかにおいても重要やけど精神医療でも重要やったんか


169: 名無しさん 2017/12/17(日)21:45:18 ID:CYy

1964年 厚生省
(*^○^*)「全国から『精神病患者を隔離しろ』という苦情が絶えないんだ!」
(*^○^*)「でも警察は逮捕できるわけがないんだ!当然なんだ!」
(*^○^*)「精神神経学会は『ワイらは医者やで!』と言ってくるんだ!医者風情が畜生め!」


170: 名無しさん 2017/12/17(日)21:46:09 ID:CYy

(*^○^*)「困ったんだ!何とかして言うことを聞かせるしかないんだ!」
(*^○^*)「…待てよ。強制入院と言えばあの病気があるんだ!あれを使うんだ!」


171: 名無しさん 2017/12/17(日)21:46:33 ID:CYy

(*^○^*)「お役所舐めるんじゃないんだ!ハンセン病と同じように入院をさせるんだ!」
(*^○^*)「お役所舐めるんじゃないんだ!これは治療なんだ!逮捕でも隔離でもないんだ!」
彡(゚)(゚)「そんな無茶があるか!ワイらはやらんで!」
(*^○^*)「やらないならやらないで結構なんだ!頑固者め!」


172: 名無しさん 2017/12/17(日)21:48:17 ID:CYy

しかし、ここで思い出してほしい。1960年代は私立の精神病院が建設ラッシュを迎えていた時代。
その経営者としては投資に見合った収益を上げる必要があるのだ。


173: 名無しさん 2017/12/17(日)21:48:47 ID:CYy

(`・ω・´)「新しい病院を作ったんだ。融資も甘々で簡単に借りることが出来たよ」
(`・ω・´)「足りない医師は他の診療科から移ってもらったよ。収益が良くて高給で釣ったんだ」
(`・ω・´)「病院に必要なのは精神科の知識じゃなくて医師免許だからね。看護師も精神科の知識が無くてもいいよね」


174: 名無しさん 2017/12/17(日)21:49:00 ID:CYy

(`・ω・´)「さっそくベッドを埋めて収益を上げよう」
(´・ω・`)「でも待っていては患者は集まらないしなあ…」


175: 名無しさん 2017/12/17(日)21:50:52 ID:CYy

(*^○^*)「お邪魔するんだ!」
(*^○^*)「精神病患者の治療に協力するんだ!」
(*^○^*)「措置入院は全額国が負担するんだ!」


176: 名無しさん 2017/12/17(日)21:51:00 ID:CYy

(*^○^*)「措置入院じゃなくても精神障害者の自己負担は5%に限定でとりっぱぐれなしなんだ!」
(*^○^*)「しかも自治体によっては残りの5%も自治体が負担してくれるんだ!」
(*^○^*)(*^○^*)(*^○^*)(*^○^*)(*^○^*)(*^○^*)(*^○^*)「協力いただけませんか!?」
(`・ω・´)「!?」


177: 名無しさん 2017/12/17(日)21:51:32 ID:CYy

精神科病院は飛びついた。言われるがままに患者を受け入れ、
挙句の果てには町で患者を「集める」醜態を晒したことさえあった。
当時の日本医師会会長 武見太郎は以下のように酷評している。

精神医療は牧畜業だ


178: 名無しさん 2017/12/17(日)21:54:02 ID:dNq

>>177
うまいこと言ってて草


180: 名無しさん 2017/12/17(日)21:56:27 ID:CYy

そのような状態で事件が多発することは避けられなかった。
患者へのリンチ、不当な身柄拘束、医学的根拠のない治療、医療費の水増し請求
…あまりの多さに1969年精神神経学会は次の声明を発表した。


181: 名無しさん 2017/12/17(日)21:57:23 ID:CYy

精神病院に多発する不祥事件に関連し、全会員に訴える
日本精神神経学会理事会 1969(昭和44)年12月20日

(前略)
われわれはまず第一にこれを精神科医自身の姿勢にあると考える。
(中略)
1 医療不在、経済最優先のいわゆる儲け主義の経営
2 私立病院経営者の持つ封建制と病院の私物化
3 経営管理を独占する精神科医の基本的専門知識の欠如
(攻略)


182: 名無しさん 2017/12/17(日)21:58:04 ID:CYy

全文:http://www.arsvi.com/1900/691220.htm

同じころ1968年にイギリスのクラーク博士が来日し、クラーク勧告を出している。
詳細は省くが「入院が長すぎる」「適切な治療がなされていない」「待遇が劣悪」と、
武見・精神神経学会の声明と似たり寄ったりであった。

しかし、これらの忠告は日の目を見なかった。日の目を見るのはあの事件が発生するまでである。


183: 名無しさん 2017/12/17(日)21:58:29 ID:CYy

彡(゚)(゚)「今回のポイントや」

・保安処分
彡(゚)(゚)「今回の話を追っていくと、きっかけは保安処分や。日本は保安処分を認めていないんや。法律に詳しいニキは『別件』とか『転び公妨』とか思い出すかもしれんな」


転び公妨(ころびこうぼう)

警察官などの捜査官が被疑者に公務執行妨害罪(公妨)や傷害罪などを巧みに適用して現行犯逮捕する行為。「当たり公妨」とも呼ばれる[1]。別件逮捕の口実とされることが多い。名称の由来は、警察官が被疑者に突き飛ばされたふりをし、自ら転倒または体当たりして対象者に公務執行妨害罪を適用し逮捕することからきている。主に公安警察が用い、不当逮捕・冤罪の温床になっていると法曹関係者からも批判されている[
(wiki)
184: 名無しさん 2017/12/17(日)21:58:35 ID:CYy

・各分野の対立
彡(゚)(゚)「今回の問題は法、政(行政)、医学、医療の利害関係が対立・一致しとる」
彡(゚)(゚)「一致しとる部分が抜け穴になり、対立する部分が骨抜きにされてしまったんや」
彡(゚)(゚)「制度設計は難しいんやな」


185: 名無しさん 2017/12/17(日)21:59:27 ID:CYy

・精神神経学会のスタンス
彡(゚)(゚)「精神神経学会は会員への声明以後も事件が起こるたびに保安処分反対の声明を出し続けとる」
彡(゚)(゚)「例えば『逆噴射』『機長止めてください』のあの事件でも出しとるで」


186: 名無しさん 2017/12/17(日)21:59:33 ID:CYy

・気違い禁止
彡(゚)(゚)「1970年代に患者団体の抗議で『気違い』が自主規制されるようになったで。
彡(゚)(゚)「逆に言えばそれまでは規制されとらんかったんや」
彡(゚)(゚)「例えば巨人の星、あしたのジョー、チャー研、ルパン三世、マッハGO GO GOなどで普通に使われとった」


187: 名無しさん 2017/12/17(日)22:00:37 ID:CYy

・精神病院への偏見
彡(゚)(゚)「ニキたちは『チャージマン研!』を知っとるか?その中に精神病院をネタにしたエピソードがあるやで」
C8q8sswVoAAaQ2X

mig (1)

mqdefault

彡(゚)(゚)「あの絵に描かれた『鉄格子の部屋に複数人』『粗末な服装』『横柄な職員』『倫理観に欠ける医師』…」
彡(゚)(゚)「この時代なら『偏見』とは言い切れんかったんや。」


188: 名無しさん 2017/12/17(日)22:01:05 ID:CYy

彡(゚)(゚)「ちなみによく勘違いされるが、『鉄格子の部屋に複数人』の問題点は、たぶん『鉄格子』じゃないで」
彡(゚)(゚)「部屋の中を見るために鉄格子或いは嵌め殺しの窓を使うことはあるんや」


189: 名無しさん 2017/12/17(日)22:01:12 ID:CYy

彡(゚)(゚)「その一方で『定員1人の保護室への過密入院』は問題や。こっちは規則で定員1名と決まっとったからな」
彡(゚)(゚)「現実にも入院患者が多い程儲かるから『保護室は1人のみという規則を無視して詰め込んだ』『その辺に布団を敷いて受け入れた』というような酷い話が伝わっとる」


190: 名無しさん 2017/12/17(日)22:02:48 ID:CYy

・ライシャワー事件のその後
彡(゚)(゚)「エドウィン・O・ライシャワーは日本に精通し、日本人と結婚したほどの知日派やった」
1964051

彡(゚)(゚)「1960年に『政治家以外にも日本人は沢山おるんや。もっと色々な日本人と対話せなあかんで』という論文を出した」
彡(゚)(゚)「それがケネディの目に留まり、1961年に駐日大使に赴任したで」


191: 名無しさん 2017/12/17(日)22:02:57 ID:CYy

彡(゚)(゚)「論文の通りに皇族、首相、元首相、野党、経済、宗教、労組と色々な日本人と話しとる」
彡(゚)(゚)「ライシャワー事件の後、出血したから輸血をしたんや」
彡(゚)(゚)「ところが当時は売血が合法やったから、『黄色い血液』からC型肝炎ウイルスを貰ってしまっとる」


193: 名無しさん 2017/12/17(日)22:03:39 ID:SyU

あまりにもあんまりで草


192: 名無しさん 2017/12/17(日)22:03:01 ID:CYy

彡(゚)(゚)「後年それが命取りになってしまったんや」
彡(゚)(゚)「事件後売血の禁止や問診の徹底、機材の進歩で輸血の品質は大幅に改善したんやで」


「ライシャワー事件」

1964年(昭和39年)3月にアメリカ大使館門前で当時19歳の統合失調症患者にナイフで大腿を刺され重傷を負った。この時に輸血を受け「これで私の体の中に日本人の血が流れることになりました」と発言し多くの日本人から賞賛を浴びたが、この輸血が元で肝炎に罹る[5]。その後、これがきっかけになり売血問題がクローズアップされ、その後日本において輸血用血液は献血により調達されることになる。この事件は「ライシャワー事件」と呼ばれ、精神衛生法改正や輸血用血液の売血廃止など、日本の医療制度に大きな影響を与えた。

その後3ヶ月の入院を経て回復し退院し(その後ハワイ州ホノルルの海軍の病院に検査のために再入院した)一時は辞任を考えたものの、「今退任し帰国すれば日本人は事件の責任を感じてしまうだろう」と考え留任することを決め、その後も駐日大使として活躍した。
1990年(平成2年)には、上記の襲撃事件とその後の輸血以降に持病となった肝炎が悪化し、延命治療を拒否し79年の生涯に自らの意思で幕を下ろした。遺灰は、「日本とアメリカの架け橋になりたい」との遺言により太平洋に撒かれた。(wiki)


>>⑥へ続く

ライシャワーの日本史 (講談社学術文庫)
エドウィン・オールドファザー・ライシャワー
講談社
売り上げランキング: 251,253

http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1513500868/