ダウンロード (5)

1: 名無しさん 2017/12/05(火) 00:59:22.555 ID:c+IVnelC0

書き溜めとかないから勝手気ままにつらつらと書いてくね。
もし読んでくれてたら、途中でもいいから何かしらのコメントや質問とかしてくれると励みになる。

あと普段から小説やラノベ、新聞といった活字を全く読まないタイプの人種だから文才はないと思われ。こうして書き物をするのも初めてだけど、できる限り読みやすく書くから大目に見て欲しい。



6: 名無しさん 2017/12/05(火) 01:03:44.460 ID:c+IVnelC0

では早速、とりあえずスペックから。
現在は18歳の高三、男。
部活は剣道部、身長は180弱の体重65キロくらい。
彼女はいるから顔はブスではないと信じたいね。ちな非童貞←
成績は国語と英語、社会は割とできるけど、数学はマジでできない。毎回赤点の常連でした。

とまあ、こんなところかな。
次から本題入るね。


103: 名無しさん 2017/12/05(火) 03:28:50.153 ID:KMAQ+/rI0

>>6
数学できないでメンサになれんのか?


105: 名無しさん 2017/12/05(火) 03:34:37.764 ID:c+IVnelC0

>>103
テストに数字や単純な計算法則みたいなのは出てきたけど、俺の答えがあってるならどれも四則演算ができたら十分なレベル


9: 名無しさん 2017/12/05(火) 01:06:42.661 ID:c+IVnelC0

結論から言うと、やはり俺は周りと異質だったんだと思う。
物心ついた頃からそれは自覚していたし、何より幼稚園や小学校の頃の先生からも良く言われてた。
友達はかなり多い方だし、今でも学生生活はうまくやってるから強調性がない訳じゃあないんだけど、やっぱりどこか違ったらしい。


12: 名無しさん 2017/12/05(火) 01:10:29.944 ID:c+IVnelC0

友達なんかと会話してると、間違いなくその場には溶け込めてるし、実際俺も楽しいひと時ではあるんだ。
でも同時に、表面で笑いながらも心の奥底では楽しめてない、リラックスしきれてない自分がいたのも事実だった。
それで何故楽しめないのか自問自答した結果、とある一つの答えに行き着いた。
と言うのも、俺は疑い深いんだ。それも異常なまでに。
だから先生や先輩はもちろんのこと、友達や彼女、果ては家族に至るまで、すべての人と話すときは例外なく相手を疑って話してた。


13: 名無しさん 2017/12/05(火) 01:10:48.827 ID:q2YV35Qz0

メンサ会員ってだけで特別って思ってるならかなり痛いな
頭悪そう


16: 名無しさん 2017/12/05(火) 01:15:48.435 ID:c+IVnelC0

>>13
これはオチになるんだけど、メンサを受けた理由は友達と試しに受けに行っただけで、偶然俺が受かっただけ。
もちろんだからなんだとは思ってないけれど、ちょっと勉強に疲れたから息抜きに書きにきたんだ。


22: 名無しさん 2017/12/05(火) 01:22:24.434 ID:q2YV35Qz0

>>16
よく一万も付き合いで出したな
たしかにその辺の高校とかだと1/50でトップの可能性高いかもねー
あとよかったらメンサの証拠見せてよ


27: 名無しさん 2017/12/05(火) 01:27:26.725 ID:c+IVnelC0

>>22
バイトしてたからね、お金はあったんだ。
ちなみにこのバイトもあとで話に絡んでくる。
メンサ会員の照明でクレジットカードみたいな黒いカードもらったけど、マジで写真の上げ方わからんから勘弁してほしい。
前になんjで写真うpのくだりをして、散々教授してもらったけど、結局俺のパソコンじゃできなかったんだよね。
それで信じてもらえないなら、ここから先はただの戯言とでも聞いてくれれば良い。


28: 名無しさん 2017/12/05(火) 01:28:39.444 ID:JE8hDLf20

IQ高くてもうpの仕方も分からないんじゃなあ……
目の前の箱で調べろよ


14: 名無しさん 2017/12/05(火) 01:14:17.566 ID:c+IVnelC0

こんな言い方をするとただの捻くれ者みたいに思われてしまうだろうが、それでもこれは最早癖みたいなもので、意識しても治ることはなかった。
どうしても疑ってしまう。どんな些細な言葉でも、その裏を読もうとしてしまう。
具体的に言えば連想ゲームが始まる感じかな。相手の言った言葉から明らかに不要な連想をしてしまって、変な解釈にたどり着いてしまうんだ。被害妄想と言ってもいいかもしれないね。

それで精神は休まることなく、俺の慢性的な精神の疲労が癒えることはなかった。


19: 名無しさん 2017/12/05(火) 01:17:43.017 ID:c+IVnelC0

しかしそんなある日、厳密に言えば中三の夏頃、俺に転機が訪れた。
言ってしまえば中二病乙と一蹴されてしまうかもしれないし、そもそも信じて貰えないかもしれないけれど、俺は未来予知が出来るようになったんだ。


23: 名無しさん 2017/12/05(火) 01:24:11.261 ID:c+IVnelC0

未来予知、とは言ってもこの場合はお前らが想像したようなSFチックなそれじゃなくて、単純に、会話相手の次のセリフが一字一句違わずに予測できるだけというものなんだ。
だから端的に言えば、相手の次の発言がわかるだけ。もちろん、その他のことはてんでわからないけれど。
で、その未来予知ができるのも、直接顔を合わせて喋ってる場合の限りな。


26: 名無しさん 2017/12/05(火) 01:25:35.601 ID:WJRMf0c00

ジョセフかよ


29: 名無しさん 2017/12/05(火) 01:30:17.792 ID:c+IVnelC0

そして未来予知の補足説明なんだが、条件の限りだからと言って、常に予測できるって訳ではなかった。
感覚的には「あ、次こいつこう言うな」ってのが、会話の途中に不意に閃くんだよね。
突然ポカンと、いきなり降ってくる感じで。


35: 名無しさん 2017/12/05(火) 01:35:54.206 ID:c+IVnelC0

続き。

最初はこの未来予知に戸惑った。
比喩表現抜きで、本当に頭の中が真っ白になった。
でもよくよく考えてみれば、セリフを予測したのは仲のいい友達だったし、普段から一緒にいてクセや考え方もわかってるからこそ予測できたんだろうなと解釈したんだ。
でもまあ、思えばこれはただの無理やりの理由づけだったんだろうね。


40: 名無しさん 2017/12/05(火) 01:45:36.338 ID:c+IVnelC0

続き。

その内、未来予知の頻度が肌身で体感できるレベルで上がってきた。
休み時間に友達と話す時や、部活でチームメイトと話す時なんかはほぼ予知しっぱなしの状態になってきたんだよ。
でも上で述べたように、親密な関係だからそれくらいはあってもおかしくはないだろうと片付けてた。
しかし高一のある日、そんな言い訳が通用しない出来事が起こった。
俺は普段からテレビをあまり見ないんだけど、その日はたまたま夕食中にテレビを見てたんだ。お行儀悪いね。
で、タレントに疎いからその時の発言者は誰か定かではないけれど、とにかく画面越しの芸能人の次のセリフが、その瞬間ふと頭に湧いてきたんだ。
そして幸か不幸かその予測はぴったりと当たった。


44: 名無しさん 2017/12/05(火) 01:48:07.746 ID:WJRMf0c00

直接顔合わせてないと予知できない

テレビの予知が可能!

これは一体


50: 名無しさん 2017/12/05(火) 01:53:27.923 ID:c+IVnelC0

続き。

名も知らぬ芸能人に対しての未来予知。
これは流石におかしいと思った。異常だと思った。
今まで無理やりつけてた理由も、なにも知らない芸能人相手じゃ当然通用しないからな。

それでここからちょっと滑稽な話になるんだけど、俺はガチで思いつめたんだ。
今になって思えばバカだと思うが、当時の俺にとっては深刻な悩みで、高一にも関わらずこれは一種の病気なんじゃないかと思った。しかも命に関わるレベルの。
いや、ほんとバカだね俺。


54: 名無しさん 2017/12/05(火) 01:59:17.756 ID:c+IVnelC0

それでとうとう俺は、このことを初めて人に打ち明けた。
そいつは小学校からの連れで家も近く、部活は違えどよく一緒に帰る仲のやつなんだ。
俺はバカにされるのを覚悟で全てを告白した。
その時の俺のテンションな真剣なそれだったせいか、案外連れも真面目に聞いてくれた。
で、俺が「なんで俺って未来予知できるんだろう?」って聞いたんだよ。そいつに答えなんてわかるはずもないのに。
ちなみにこれ高一の会話な。厨二じゃないからな、勘違いするなよ。

それで連れは言った。
「お前は国語が得意だからじゃない?」って。

ああ、こいつに相談するだけ無駄だったとしみじみ思ったね。


57: 名無しさん 2017/12/05(火) 02:03:48.127 ID:c+IVnelC0

続き。

ちょっとギャグパートっぽくなったけど、当の俺といえば、やはり真剣に悩んでた。
それから授業中の先生の発言も、部活の先輩の発言も、友人も彼女も家族のも、みんな全部予知できるようになってしまった。
もちろんこの未来予知だって、意識して発動しないようにすることはできない。本当にずっと、意図してないところで急に発動しやがるから心が休まることはなかったんだ。


60: 名無しさん 2017/12/05(火) 02:07:39.722 ID:c+IVnelC0

この辛さをわかってくれって同意を求めるのは、まあ無理だとわかってるけれど、それでも一度想像してみてほしい。
なんの他愛もない雑談中、急に予知がやってきて、それが1秒後に当たってしまう恐怖を。
本当に疲れるし、大げさにいえば心臓にも悪い。
そして何より楽しくない。誰とどんな話をしていても、そのたった一手先がわかるだけで楽しさは半減するんだよ。


64: 名無しさん 2017/12/05(火) 02:17:28.449 ID:c+IVnelC0

続き。

とうとう心身ともに参り始めた俺は、これまたバカにされるのを覚悟で、当時最も仲の良かった現代文の先生に全てを打ち明けた。
その先生は本当にすごい良い人で、人によってはこんなの年頃特有の例のアレとか言って片付けるであろう案件を真摯に対応してくれたんだ。
で、途中、全てを告白するわけだから、今まで先生と話す時も実は疑ってましたってのこともちゃんと言った。
その人はエネゴリみたいな体格の先生で、怒るとそれなりに怖いから、そのことを言うと機嫌を悪くすると恐れてたけど。彼は全くそう言った素ぶりは見せなかった。
どころか、「今まで気づいてやれなくてごめんな」みたいな内容の謝罪すらしてきたんだ。今になって思えば、まんまくっさい学園ドラマだよな。テンプレにもほどがあるわ。


65: 名無しさん 2017/12/05(火) 02:22:03.525 ID:c+IVnelC0

それでその先生は大学生の頃に哲学を専攻してたらしんだけど、その見地からとある見解を述べてくれた。
もう2年も前の話で、専門用語とかも盛りだくさんだったから詳しくは覚えてないけれど、要約するとこんな感じ。

異常なほどの疑い深い性格のせいで、俺は他人の一挙一動を必要以上に観察し、記録し、推測してしまう。
それが年々積み重なって、俺の中で無意識のうちに人の行動パターン及び法則みたいなものが出来上がってるらしい。
だからそのパターンと一致した人の言動を見ると、次の言動を予測できてしまうのではないか、と。


66: 名無しさん 2017/12/05(火) 02:22:31.803 ID:/6ROtFZca

あいたたたた


67: 名無しさん 2017/12/05(火) 02:26:29.338 ID:c+IVnelC0

いざ文字に起こして見るとつくづくファンタジーだなと自分でも思う。
つーかこの見解に果たして哲学が関係があるのかも、今となっては謎だ。
ちなみにその先生はその年の三月に契約満了で他校に移って行った。

そして話を戻すけれど、結果から言えば俺は、その先生のことを信じることにした。
冷静になった今になって考えてみると、一体全体この理論のどこに俺は魅せられたのか理解できないが、溺れる者は藁をも掴むというし、満身創痍だった当時の俺としてはこれにかこつけて納得したかったんだろう。


68: 名無しさん 2017/12/05(火) 02:29:46.167 ID:c+IVnelC0

そんなこんなで時は流れて俺は高二になった。
先述した通り、頼りにしていた先生はいない。
しかし慣れとは怖いもので、この頃には未来予知によって起こるストレスも気にならなくなっていた。
もちろん誰かと喋ってると次のセリフがわかるんだけど、もう開き直ってたんだよね。


69: 名無しさん 2017/12/05(火) 02:34:04.395 ID:c+IVnelC0

余談だけど彼女は高二の六月にできた。
馴れ初めはラインのやりとりだったけど、告白は俺の方から直接したんだぜ。
今のゆとりボーイにしては、我ながら度胸のある行動だったと思うわ。

それで話を戻すけど、俺はその頃から部活をやりつつバイトも始めた。
駅前の居酒屋だね。一応校則的にはバイト厳禁だし、居酒屋なんてもってのほかだったけれど、まあそこらへんはわかるだろ?
愚かしいことこの上ないが、男子高校生にとっては校則破ってちょいワル~みたいなのがある種のステータスなんだよ。


70: 名無しさん 2017/12/05(火) 02:37:40.334 ID:c+IVnelC0

で、自分でも言うのもなんだけどコミュ力はあった方だったから、割と早い段階でバイト先には馴染めた。
よくバイト終わりに先輩とかにご飯を連れてってもらったよ。
あと今頃になって言うのは遅いと思うが、未来予知ができるからって、それによって相手との話を有利に進められるなんてことは一切ない。
そりゃあ多少は相手の行動が予測できて優位に立てるかもだけど、それを活かせるような要領の良さは俺にはなかったからな。


71: 名無しさん 2017/12/05(火) 02:41:30.449 ID:c+IVnelC0

しかしそんな未来予知の弊害にも慣れてきた頃、第二の転機が訪れた。
それはバイトを始めて半年弱くらいの時のこと。
その日の前日、俺はバイトに入ってなかったから人伝に聞いただけなんだけど、どうもその店にバイトの先輩同士がプライベートで飲みにきてたらしいんだ。
で、酔いもそろそろ回り始めた頃、出勤してた店長と俺の話になったらしい。
つーか、そもそもこの話も店長達から聞いたんだけどな。


74: 名無しさん 2017/12/05(火) 02:46:09.530 ID:c+IVnelC0

その話の内容は、どうやら俺って空気読めてない時あるよねーと言うもの。
その先輩とはかなり仲良かったつもりだったから、例えそれが酒の席であれ冗談であれ、俺のいないところで陰口として言われたてたという事実がショックだった。
でも俺にその前日談を話してる時の店長は冗談めかしに笑っていたし、その場に居合わせたらしい別の先輩もふざけたように笑ってたから、そこまで真剣なノリじゃなかったのは確か。
というか、そうと信じたい。


76: 名無しさん 2017/12/05(火) 02:49:51.686 ID:Y3RvJTRJ0

一応見てるけど、その未来予知って能力、大体の人が大なり小なり持ってるよ
多くの人は相手の次の言動を予想しながら会話してるけど、それを自覚してない人が多いだけで


78: 名無しさん 2017/12/05(火) 02:51:10.269 ID:c+IVnelC0

>>76
ま?
じゃあ俺が自意識過剰なだけかよ


92: 名無しさん 2017/12/05(火) 03:07:12.207 ID:Y3RvJTRJ0

>>78
たぶんね
あとメンサの試験って年齢補正かかるから未成年だとメチャクチャ合格しやすかった気が


95: 名無しさん 2017/12/05(火) 03:11:32.342 ID:c+IVnelC0

>>92
そうなんだ
まあメンサって会員だからって特別な待遇が与えられるわけでもないし、そこらへんはガバガバやろうね
こうやって話の種くらいにはなるけれど


77: 名無しさん 2017/12/05(火) 02:50:26.462 ID:c+IVnelC0

でもバカなことに俺は、しなければいいものを、敢えてその話題を深く訊いてしまったんだ。
「俺ってそんなkyですかー?笑」みたいな感じで。
するとその場にいた全員は、いやそんなことないよーって言ってくれた。すごく安心した。
でも次の瞬間、厨房から店長が言ったんだよね。
「でもお前って、時々人を見下したような喋り方するよな」って。
皮肉にも、その一言は全く予知できなかった。


85: 名無しさん 2017/12/05(火) 02:55:39.484 ID:c+IVnelC0

続き。

そしてその店長のセリフに、周りに人が「わかる」と同意しだした。つーか、満票一致だった。
曰く、俺の言動がたまに見透かされてるようで気持ち悪く、格下にされてるんじゃあないかと思う節があるとのこと。
自覚はあった。
そりゃわかるんだもん。当然でしょ。
店長が先輩があなたが、今言わんとしてるセリフやその話のオチが一字一句違わずわかるんだから、話が終わる最後まで付き合ってられないよ。


89: 名無しさん 2017/12/05(火) 03:02:16.677 ID:c+IVnelC0

続き。

でもまあ気をつけてたんだよね。
こういった予知能力が結果、思わぬところで人に不快感を与えてしまうだろうなんてことはわかってたから。
だから俺は謙虚な姿勢を努めた。基本的には話し手に回り、意見はせず、適当のタイミングで相槌をする。そんな感じ。
これで完璧だと思ってた、にも関わらず、やはり不肖俺では無理だったらしい。

どうやら俺は無意識なところで行動が読めてしまう他人のことを見下してたんだなと、高二ながら自分に失望した。
こんなことを書くと苦労ヒーローに憧れすぎと思われるかもしれないが、本当にショックだった。
まじで自分で自分を見損なったね。


90: 名無しさん 2017/12/05(火) 03:05:21.403 ID:c+IVnelC0

で、思いつめた俺は、年末にそのバイトを辞めた。
繁忙期だというのに迷惑な話だよね。でも、俺を「人見下してる人間」と思ってる人のところに、俺は再び自ら飛び込んでいく度胸はなかったんだ。
情けないね。


93: 名無しさん 2017/12/05(火) 03:08:04.142 ID:R4ljHEN7d

無秩序なやつの配列パターンを見出すのに必要な時間と件数はどれくらい必要?


96: 名無しさん 2017/12/05(火) 03:12:24.127 ID:c+IVnelC0

>>93
どういうことだ?
単純に俺レベルの未来予知ができるようになるってこと?


100: 名無しさん 2017/12/05(火) 03:21:37.364 ID:R4ljHEN7d

>>96
どっちかと言うと逆
確認できた事実から、本人が暴露ってない、その他のそいつのミスを予測して取り除きたい
そいつはやらかしてる自覚があるのか、報告もせず逃げる様に帰って連絡取れなくなる
必然的にそいつの次の出勤までやらなくてもいい確認作業に他のスタッフが追い込まれる
まあそいつが次現れる頃にはリセットされる程度の事象ではあるんだが
その間チェックやら何やら作業が数倍に膨れ上がるのでポイントを絞れるなら絞りたい

かなり個別ケースだな
悪かったスルーしてくれ


104: 名無しさん 2017/12/05(火) 03:33:29.236 ID:c+IVnelC0

>>100
あくまで相手本人がやろうとしてる行動を予測できるだけだから、無自覚なことまでは読み取れない。
あと任意で好きなタイミングで予知できるわけでなく、思わぬ時に突然予知できるだけだから、この能力を作業や仕事に活かすってのは無理だと思う。
あまりにも不確定要素が多すぎるからね。

そしてこのレベルの未来予知ができるようになるまでの期間だけど、俺のケースで単純計算すると、物心ついた頃から中三くらいまでだからおよそ10年かな。
件数は数え切れないほど莫大な数だと思う。それこそ常日頃から疑ってるような可愛げのないガキだっただろうからね。

でもマジで身に付けたいと思うのは辞めた方がいいよ。
メリットにたいしてデメリットがあまりにも大きすぎる。不釣り合い。


94: 名無しさん 2017/12/05(火) 03:09:59.558 ID:c+IVnelC0

それからまた話は飛んで、今みたいなテスト期間の時のこと。
その日は早終わりで昼前下校だったから、クラスの連中と帰路の道中でサイゼリアに行ったんだ。
そこでそれなりに美味しい食いもんを食った後、ふとその中のひとりがスマホでIQテストをしようと言い出した。

仮にも進学校に通ってるんだからテスト期間くらい勉強しろという話だが、息抜き程度にちょどいいかとその場の奴らは賛成した。
それで各々自身のスマホで同じページにアクセスし、相談抜きの制限時間付きでテストを開始したんだ。


99: 名無しさん 2017/12/05(火) 03:18:22.379 ID:c+IVnelC0

結果ら言えば、俺だけ唯一140以上ですと判定を受けた。
そのテストは140以上だと、そうとしか判定してくれないから俺が実際はいくつだったのかは謎。
ちなみにメンサの合格通知も、少なくとも俺がちゃんと読んだ文章には正確なIQの値は書かれてなかったな。
メールだったけど上位何%がどうたらこうたらって感じで、3000円よこせ見たいなことだけだった。

そして他の奴らはある一人を除いてIQ100から120、いわゆる平均レベルですと判定されてた。
その例外の一人は一番時間かかっていたが、IQ80以下って診断されたね。でもなんかサイトに、昔の偉人を引き合いに出されてて励まされたのは覚えてる。


101: 名無しさん 2017/12/05(火) 03:23:09.204 ID:c+IVnelC0

そしてここからはオチ。
またある日、別の友達との帰り道、つーか電車内。
そいつがメンサの話をしてきた。そこで俺は初めてメンサの存在を知った。
そこからは学生特有のノリで「じゃあ行っちゃいます?笑」みたいな感じで挑んで、なんか合格しましたよって話。

そして今回の俺の事例から得られる教訓は、IQの差がある人同士では会話が難しいといのはあながち嘘じゃないということ。
そして、どんなことであれ自分が少しでも異質だなと思うなら、ネットでもいいからIQテストを受けてみるといい。
案外IQってのは、変なところでその頭角が見えてるかもしれないからね。


109: 名無しさん 2017/12/05(火) 03:52:54.118 ID:c+IVnelC0

今一通り自分で書いた文章を読んでたけれど誤字脱字が目立つな笑
質問とかはないようだし、しゃーなしテスト勉強再開してくるわ。
保険のライフラインと緊急時の対応とかつまらなさすぎて草生える。命の誕生とかそういう範囲やらせろよな。


MENSA「天才IQ」検定にチャレンジ!
ジョセフイン フルトン
青春出版社
売り上げランキング: 326,259

http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1512403162/