ダウンロード (4)

4: 名無しさん 2016/11/11(金) 00:36:50.81

特殊能力?っていうんだろうか。
普通の人ができないことだらけだけど、
そのあたりの人とは話とかまったく合わないから、頑張って噛み砕いて説明しているうちに、人に何かを教えることが得意になった。

言ってることが難しすぎてわからないってよく言われる。(小中高大学で)

何かを覚えたりこなしたりするのがとても早い。(もう終わったの?ってよく聞かれる)

質問が多い。
興味あることがとても多い。



2: 名無しさん 2016/11/09(水) 23:36:16.41

giftedってIQ≧130だったっけ?


3: 名無しさん 2016/11/10(木) 14:41:48.12

必ずしもIQ130以上じゃなきゃいけないわけじゃないよ。

wikipediaに定義が乗ってる。



ギフテッド

先天的に、平均よりも、顕著に高度な知的能力を持っている人のこと。または、先天的に、平均よりも、顕著に高度な知的能力を指す。
ギフテッドは、外部に対する世間的な成功を収めることではなく、内在的な学習の素質、生まれつきの学習能力を持つことを指す。

1993年、アメリカ教育省は、ギフテッドを「ギフテッドとは、同世代の子供と比較して、並外れた成果を出せる程、突出した才能を持つ子供のことである。」と定義している。ギフテッドにおける高度な知的能力の傾向は、誕生時点から、生涯にかけて見られる。
ギフテッドは早期教育や、他人よりも早く多く習得する先取り学習によってギフテッドに成長するようなことはない。ギフテッドは自ら常に多様な「知的刺激」を切望して満たし、自分の好みの学習方法で、自分の興味のある分野を極めて深く掘り下げて探求する傾向にある。
(wiki)
5: 名無しさん 2016/11/11(金) 00:39:59.96

大体何をやっても1番で終わる。(学校の課題、作業など。)
飲み込みと模倣が上手い。

ただ話相手は全然いないし、孤独だし、普通の人になりたかったと思って泣きわめいたり自分を責めたりしていた。小5くらいから15年間、つい最近までものすごい鬱だった。自殺未遂も何回もした。

すごいね、すごいよ、と言われるのが辛かった。


43: 名無しさん 2017/02/04(土) 02:22:24.03

>>40
典型的なギフテッドの鬱(気分的うつ?)だと思うけれど、wikipediaとか読んでる?



ドンブロフスキは、強いOE(Overexcitabilities、過度激動)を持つ人間は最高にハイな気分とどん底に沈み込む気分両方を味わう可能性があり、決して楽な人生ではないことを表して、OEを「悲劇的なギフト(天からの贈り物)」と呼んだ。

OEが強い場合、周囲のあらゆる刺激に過剰に反応してしまい、所属する集団から浮いてしまうことがある。例えば、感情の起伏が激しいことから気分屋、知覚が鋭く些細なことで不快になってしまうことから神経質、といったレッテルを貼られる(ラベリング)。また反応が表面化しない場合でも、普通であるべき行為が心から自然にできない、相手の感情・欲求・反応などを考えすぎるあまり行動に一貫性がなくなる、などの対人距離、反社会的反省に常に駆られ、状況を満足に楽しめないケースも多い。逆に、感情や五感への刺激を避けるために敢えて集団から離れていると、今度は人付き合いが悪いと非難される。それらの状況下で感じるあらゆる気分的うつ(慢性のうつ病とは異なる)や自己嫌悪といった否定的な感情も、OEゆえに必要以上に増幅され強く感じてしまうため、逃げ場を失う危険を内包する。

(wiki)
6: 名無しさん 2016/11/13(日) 12:13:06.48

昔から変な子供だった。
しかし自分でもその変さを客観視してるので多数の人間の模倣やエミュレーションも出来ていた。だから取り分け外れもしないが、心の中では孤独だった。
何故それが分からないんだろう?
何故これを疑問に感じないんだろう?
常にこれが付き纏う。
私の中では一つ一つの答えは全てが繋がっていて全てに繋がっている。

だけど誰も答えてはくれない。答えが出せるのは自分だけ。更に自分に問いを出せるのも。
だからそのうち、自分が一番の親友で一番の教師になった。

ただ良かったのは、この性質が性格に作用してるせいか、過酷な状況でもどこかで分析してる自分がいること。辛い、苦しい、と感じながら同時に解明したいという欲求が生まれる。
これのお陰でここまで生きてこれたと思ってる。


22: 名無しさん 2016/12/17(土) 23:52:58.68

よく息子がgiftedとか自分がgiftedとか言う人いるけど
MENSAみたいに認定みたいなのあるの?


23: 名無しさん 2016/12/18(日) 02:14:47.11

>>22
私は高校生のときに、先生を通して教育委員会?か誰かからいろいろチェックされて、ギフテッドだよと言われた。明らかに特別違うと。
認定証とかはない。

今の子供達は、かなり子供のうちに医師に認定されて、外国に出た方がいいよと言われる子もいるみたいです。


24: 名無しさん 2017/01/01(日) 02:06:20.34

話し相手ができない。
なかなか通じない。
相手のレベルに合わせるのが疲れる


25: 名無しさん 2017/01/01(日) 12:45:49.13

月並みだがミッション・ステートメントを書いてみてはどうだろう?
自分にとって本当に大切なことにその能力を使ったなら今まで自分を苦しめてきたものが最大のパートナーになるかもしれない

あとビジネスをやってみるのも良いかもしれない
ビジネスをやってる連中は頭の良い、頭がキレるやつが多いからね
ネットビジネスなら金もそれほどかからないからリスクも少ない


31: 名無しさん 2017/02/01(水) 18:53:52.22

1です。

思い出したことが色々あるので書きます。
高校生のときIQが160くらいあると言われたことがありました。
あんまり頭が良いとおかしくなる人もいるので、絵を描いたり芸術の面に進んだほうがいいと言われました。

数学が好きです。
一番得意なのは英語と国語。
たくさんの文章や情報を読んで、的確に判断したり指示を出したり、問題解決をするというようなことが得意です。めちゃくちゃ速いと言われる。

最近は絵を描くようになりました。

音楽も得意です、ピアノを弾きます。
ドビュッシーとバッハが好き。
あとジャズ。


33: 名無しさん 2017/02/02(木) 12:15:11.70

ギフテッドって何人に一人ぐらいいるの


34: 名無しさん 2017/02/02(木) 14:28:39.33

公立中学校の40人学級に3人はいる


35: 名無しさん 2017/02/02(木) 17:05:39.88

学校の勉強は大嫌いでしたことない
通知表3だらけ
センコーに変人扱いされて嫌われていた
ピアノ、ギターその他の楽器は弾く。作曲や耳コピは得意

ドビュッシーは月の光くらいは弾ける
ラヴェルがすきだけど、手が小さいんで届かない
>>1 はジャズP誰が好き?
おれ、フィニアスニューボーンJRやマッコイ・タイナーとか

絵、PC買ってから描く
アニメ絵興味なく、油みたいなのが好き


38: 名無しさん 2017/02/03(金) 12:01:20.65

>>35
マッコイタイナーいいよね。

私は、ビルエヴァンスやチックコリア、キースジャレットが好き。


39: 名無しさん 2017/02/03(金) 17:00:17.28

>>38
その3人は、普通すぎるからわざとはずしたw m7、9、などが効いてていいよね
バッハはすげー曲たくさんだね、Vn弾けないから、ブゾーニ版シャコンヌ弾いてみたい


43: 名無しさん 2017/02/04(土) 02:22:24.03

>>39
普通すぎるとかあまり気にせず書くといいよ、
こういうところには奇を衒えば衒うほど、揚げ足取る人がいる。

バッハは基本中の基本だけどインヴェンションが好きです。
数学がわからないとバッハはわからないらしいね。
ブゾーニ版シャコンヌってなんだろう。

そういえば私は歌劇とか好きで小学生の頃は色々聞いてたな。
どうやら踊りの音楽が好きらしい。民族音楽とか、バレエ音楽とか。
パットメセニーとか。


41: 名無しさん 2017/02/03(金) 18:15:23.91

>>35 ただの音楽好きやん


42: 名無しさん 2017/02/03(金) 18:36:26.82

>>41
あははwそうだね IQ高くて国語学年一位だったけど

兄弟はもっとIQ高い秀才だったけど、大人になってからは何もないただの人だよ


36: 名無しさん 2017/02/02(木) 21:09:23.99

旦那がそうだけど、つい最近まで知らなくて何かの拍子にぽろっと話した。
知能も高いし、物事に対する見方も幅広い。実に興味深い感じで話していて面白い。
日本語特化なんで、恐ろしい量の本を延々読んでる。
唯一方向音痴なのがご愛嬌な感じ。


43: 名無しさん 2017/02/04(土) 02:22:24.03

>>39
普通すぎるとかあまり気にせず書くといいよ、
こういうところには奇を衒えば衒うほど、揚げ足取る人がいる。

バッハは基本中の基本だけどインヴェンションが好きです。
数学がわからないとバッハはわからないらしいね。
ブゾーニ版シャコンヌってなんだろう。

そういえば私は歌劇とか好きで小学生の頃は色々聞いてたな。
どうやら踊りの音楽が好きらしい。民族音楽とか、バレエ音楽とか。
パットメセニーとか。


47: 名無しさん 2017/03/11(土) 00:33:38.57

モーガン・フリーマンの番組を見てふと思い出したこと。

子供のとき(8歳くらいかな)、宇宙に関する本を読んで、ビックバン以前にはこの世界は無だったと知って、なんだかとても怖くなって大泣きしたことがあった。

二十歳くらいの頃には、時間や生きることについてひたすら考えていた。

色々あって病気で体が動かなくなって、まず毎日の幸せだけを目指そうと考えてから難しいことを考える余裕はほとんどなくなったけど。

話し相手が欲しいなあ。


52: 名無しさん 2017/03/26(日) 01:55:11.47

何をもってGiftedとするのかの判断基準はよく分からない。
けれど、例えば正式なIQ検査は受けていないもののmensaに入っていた時期もあるし、
高校を中退して通信高校を出てから、
予備校にも通わず自学自習で入試を突破して旧帝大に在籍していたこともあるし、
今もとある旧帝大の研究員として仕事をしていたりする。
自分がいたあらゆる場所で、下から数えた方が早い、という立場にいたことはない。
大した努力をすることもなく。
そういう経歴をGiftedの証とみなせるのなら、自分もGiftedなんだろうね。

実際の所、諸々の経緯を振り返った上で、自分はGiftedなんだろうと思っている。
それでいて、生まれ持ったものに恵まれているという意味で天才ではあっても、
量産型の天才に過ぎないんだとも思っている。
例えば、mensa に入れるのは人口比で2%だということだけど、
これを単純に1%だとして、日本には1億超の人口があるのだから、
百万人以上、同じ程度の誰かがいる。
平均寿命が百歳だとして均等にこの百万を割り振っても、
同い年のGiftedが1万人以上いることになる。
だから、希少ではあるかもしれないけど、唯一というほどの特別ではない。
そういう意味で、量産型に過ぎないな、と思ってる。


53: 名無しさん 2017/03/26(日) 01:56:04.47

中学生の頃に知り合った同期の中に、自分が認める本物の天才がいて、
彼はは今、とある大学で数学の准教授を務めている。
彼は高校生の時点で物理学を一通り修めていて、
エネルギー保存則は局所的最小化の話にすぎないだなんて話を僕にして、
当時の僕にはぼんやりとしか意味がわからなかった。
他にもそういう知り合いは何人かいて、
彼らには到底敵わないなと実感している。

他方で、日々の仕事の中で会話の通じない人達と過ごすことの寂しさも感じている。
今の僕には当たり前の初等数学の考え方を分かち合うにもハードルが高く、
どうやって言葉や視野を制限して話をするかということに腐心してもいる。

世界の中で自分が孤高のただ一人であると言えるほど優秀ではないが、
普通というものの中に紛れ込んでしまうほど普通でもない。
せいぜい、自分が極みにはいないことを理解できる程度の力しかない。
そういう中途半端な立場に僕は居る。


54: 名無しさん 2017/03/26(日) 01:56:53.63

ひとつ言いたいことは、この中途半端な位置にいるという感覚は拭いがたくって、
多分これからもずっと続くもので、辛いものではあるけれど、
それは自分一人だけのものではないということ。
>>1 が世界にたった一人の、IQで言えば300とか400のような人物だったら話は別だけれど、
そうでないならば、似たような境遇の人間は少なからずいる。
それは、適当に知能指数と人口分布のテーブルでも見れば、なんとなく見えてくる。
もしも>>1 がそういう点で僕と同様の量産型の天才であるならば、
量産型であるということの意味を考えるべきだと思う。
>>1 は特別なようでいてそれほど特別じゃあない。
ただ、会話を分かち合える相手が少ないだけで、唯一というほどではない。
そこは、履き違えないでほしいなと思う。


ギフテッド 天才の育て方 (ヒューマンケアブックス)
杉山登志郎
学研プラス
売り上げランキング: 22,562

http://mint.5ch.net/test/read.cgi/psycho/1478624210/