Asperger-Syndrome-Training-300x193

正高 信男 (京都大学霊長類研究所教授 認知神経科学) 

『自閉症スペクトラムと呼ばれているような障害は、実は障害でない。生物としての人類のバリエーション(変異)のひとつである』

自閉症スペクトラムは、本来は人類の、生息環境に対する適応の一つのあり方だというのが、本稿で紹介するニューロダイバーシテイ(脳多様性)という考え方にほかならない。

■なぜ自閉症はこれほど多いのか

自閉症スペクトラムというものの実態は、(1)対人関係とりわけコミュニケーションが不得手で、(2)興味・関心の幅が著しく限られていたり、こだわりが激しいという二点を特徴とする。つまり、いわゆるオタク的傾向が顕著な発達「障害」として、一般にもよく知られるようになってきた。

この「障害」はおおよそ、遺伝的要因によって生ずると考えるのが定説となっている。発症率はどんなに少なく見積もっても1~2%。25人に1人と主張する研究者もいる。この値は、ほかのたいていの遺伝的障害に比べて極端に大きい(通常は1万分の1とか、2万分の1とかが普通である)。

ではどうして自閉症スペクトラムの人間だけがこれほど多いのか?

もしもこの「障害」が本当に生きていくうえで障害となるのなら、その人が子孫を残す確率は小さくなり、ダーウィン流の淘汰が働くはずである。しかしそうはならなかった。

自閉症スペクトラムには他の多くの遺伝的障害のようには、淘汰圧がかからなかったのだ。つまり存在意義があったと考える方が、自然ということになってくる。


それでは、どんな意義があるのかということを私は、ここのところ実証的な立場で研究してきた。

そこで明らかになったのは、自閉症者はそうでない人と認識世界が何がしか異なる、しかも後者が仲間とのこころの交流に重心をすえた行動をとるのに対し、前者は人間を取り巻く物理的環境に自らのこころを向けるという事実であった。

だが一般に言われているように、自閉症者は他人のこころがわからないとか、共感能力に欠けるというのは誤解であると私は考えている。むしろ自閉症者は「自然」に、そうでない人は「社会」にウエイトを置くという点で決定的に両者は異なるのだ。

■実験からわかったこと

具体例を紹介しよう。

小学生に『ウオーリーをさがせ』のような課題をしてもらうことにする。無数の人物像のなかに、ひとりだけ他と異なる人が描かれていて、それをできるだけ早く見つけるという作業である。

すると、自閉症児の課題遂行の成績は、そうでない子どもより著しく劣るのが普通だ。

ところが、全く同じ自閉症児に人以外のイメージを使って同じ形式の実験をしてみる。たとえば動物。トンボがいっぱい描かれている中に一匹のクモを見つけるような課題を行うという段になると、ダントツのスピードで発見してしまう。

他人の表情の微妙な相違を見きわめるなどが、もっとも苦手。その代わり、チョウをたくさん採集してきて、羽の紋様のわずかな違いによって分類をするとなると、どこに秘められていたのかといぶかしく感ずるほどの情熱をみせる。

しかも結局、両者の子どもの違いはこれに尽きると言っても誇張ではないのである。要は生活のスタンスが異なるのである。

■人類繁栄の車の両輪

社会がこれほど産業化する以前の人類の生活を考えた場合、今日なお数理的な思考や生物に非常な関心を示し、学校でもすぐれた成績をのこすことからもうかがえる自閉症者のスタンスと、そうでない人のスタンスのいずれが欠けたとしても、人類の今日の繁栄はなかったのかもしれないのだ。

ニホンザルの近縁であるアカゲザルの群れでも、集団外の脅威にもっぱら注意を払うサルと、仲間同士の社会的交流の調整にエネルギーを注ぐサルがいて、しかもサルがどちらの役割をはたすかは遺伝的にきまっている(専門的には遺伝的多型があるという)ことが報告されているが、人間にもこうした特徴はうけつがれているらしい。

社会的周縁に存在し、自然界のなかで自分たちがどう生きていくかに思いをめぐらす人物と、集団・社会内で互いの利益を調整し、どう上手くやっていくかに思いをめぐらす人物がいる――前者こそが自閉症者であることは改めて指摘するまでもないだろう。

先史時代、われわれの祖先が狩猟採集に依存した生活をおくっていたころ、天候の変化をよんだり、動物の習性を知ったり、あるいは簡便な道具を作成したりするための「ナチュラリストとしての才覚」にたけていた存在と、社交にたけた存在が相補的に機能することが、人類の地球上での生活圏の拡大に多大の貢献をはたしたと考えられる。(以下省略)

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51688



5: 名無しさん 2017/05/21(日) 19:41:01.85 ID:41sh7jsv0

知ってた


71: 名無しさん 2017/05/21(日) 20:08:35.38 ID:zoDXqb/s0

いやまあ、お言葉ですけど
障害ですよ


99: 名無しさん 2017/05/21(日) 20:19:15.48 ID:BsA2f80o0

生きていくのに不都合があるなら障害といっていいだろ
人類に不可欠だって言われても本人は困ってんだぞ


98: 名無しさん 2017/05/21(日) 20:18:53.68 ID:3FyvfL7+0

自閉症者が障害ではないというのは一種のレトリックな表現だろう
だって実際に社会では自閉症者は苦労している
向精神薬を投与されている人も沢山いるし
 
安易な表現はよくないと思うね
 


2: 名無しさん 2017/05/21(日) 19:38:54.32 ID:BMe3+1pO0

働かないアリが


939: 名無しさん 2017/05/21(日) 22:22:15.44 ID:Uf7FFxw50

>>2
どれだけ働くアリを抽出して集めても
2割は働かなくなるというやつか
実は2割のアリは天変地異や外敵への警戒だったわけだな・・


6: 名無しさん 2017/05/21(日) 19:41:04.86 ID:YfWNfDbD0

障害者手帳は取り上げだな


192: 名無しさん 2017/05/21(日) 20:41:18.78 ID:fS3vazEh0

>>6
障害者ってのはこの社会で生きる上でなんらかの障害がある人ってことよ
自閉症みたいなのは人の持つバリエーションの一つであり人と言う種としての欠陥ではないとわかっても
結局今の社会において生きる上で障害があることは変わらんので障害者


8: 名無しさん 2017/05/21(日) 19:41:22.54 ID:5G/rcAq50

>>1
>自閉症スペクトラムには他の多くの遺伝的障害のようには、淘汰圧がかからなかったのだ。つまり存在意義があったと考える方が、自然ということになってくる。


この大前提から間違っているような…


12: 名無しさん 2017/05/21(日) 19:43:20.07 ID:atLipHno0

>>8
まあ、あまりに酷いコミュ障なのは淘汰されたんでは
頑固職人的な軽度のが残って


284: 名無しさん 2017/05/21(日) 20:52:32.67 ID:+HCREt9d0

アスペとか、独自の論理展開を持ってるからな


302: 名無しさん 2017/05/21(日) 20:55:08.00 ID:VOqhZJQB0

>>284
認知の仕方と思考パターンがずれているだけで、
論理自体は同じだよ
そこに行くまでのアプローチの仕方が異なる

例えば、具体例を出した方がわかりやすい例でも、
具体例ではよく理解できないのに、
記号にして抽象化するとピンときたりとか

人がノイズと見なすものを重視したり、
逆に人が重視するものをノイズとして捉えたりする
それがウォーリーをさがせ!のような形で出てくる


15: 名無しさん 2017/05/21(日) 19:44:40.25 ID:/6xXk9q60

アレだろ?
津波が来た 逃げろ
ボス「こっちだ、おれについてこい」
定型「まあついてった方がいいだろ、あとあと面倒臭いし」
自閉「アホか、オレは丘の上行くわ」


364: 名無しさん 2017/05/21(日) 21:01:28.66 ID:M/uWg3OL0

>>15
前適応した種は絶滅リスク高いよな


18: 名無しさん 2017/05/21(日) 19:44:56.14 ID:7Nbc0N6V0

>>1
>自閉症スペクトラムというものの実態は、(1)対人関係とりわけコミュニケーションが不得手で、(2)興味・関心の幅が著しく限られていたり、こだわりが激しいという二点を特徴とする。つ

この程度で済むなら自閉「症」なんて言葉はいらないと思うんだがなぁ。

確かに自閉症の人の中には暗算能力が極度に発達していたり、
一度記憶した物事をいつまでも正確に覚えている人がいる。

ただ、その能力を社会に還元する力を持たない人がほとんどではないかな。


27: 名無しさん 2017/05/21(日) 19:50:07.26 ID:/6xXk9q60

>>18
現代がコミュ至上主義になったからだろ


53: 名無しさん 2017/05/21(日) 20:03:01.78 ID:c3LdWzgD0

>>27
それな。無能でもコミュ力がある奴がのし上がってるしな


452: 名無しさん 2017/05/21(日) 21:11:18.84 ID:+HCREt9d0

>>53
不思議なもんで、「コミュ力」ってのは「無能でコミュ力がある者同士での
アピール・コミュニケーションがスムーズに行える能力」だったりするんだな
コミュ力に問題がある人やら知識人やら、様々な人と正確に情報がやり取り出来る
能力の事をコミュ力とは言わない


462: 名無しさん 2017/05/21(日) 21:12:43.72 ID:kNU49HEx0

>>18
昔からその手の人材はいたんだけどその人材を発掘する中間職がいた
今はいない
それだけのこと


30: 名無しさん 2017/05/21(日) 19:50:16.97 ID:TdrxNS4X0

原始時代なら、速攻で淘汰されるけどな

虚弱体質→自閉症→運動音痴→筋力無しの順で淘汰される


35: 名無しさん 2017/05/21(日) 19:53:03.10 ID:ewwJtTTv0

>>30
この記事から察するにそういう時代にこそ重宝されたんじゃないの?


37: 名無しさん 2017/05/21(日) 19:53:18.95 ID:a3asLzNG0

>>30
人間は自閉症になった猿と言われてるくらいだから原始時代を作ったのが自閉症なんだよ。


324: 名無しさん 2017/05/21(日) 20:57:55.47 ID:QWFPPMjx0

>>37
納得した


247: 名無しさん 2017/05/21(日) 20:47:33.33 ID:4XkhiRIv0

>>30
いや、原始時代こそ生き延びるぞ
人力が貴重な時代だから


415: 名無しさん 2017/05/21(日) 21:07:16.58 ID:ri2bLube0

>>247
相手の変化に対して柔軟に対応できず罠から抜け出したサーベルタイガーに噛まれてアボン…

と思ったが、ストレスMAXになると社会性をかなぐり捨てた驚異的な攻撃力を発揮して
猛獣をソロ討伐して英雄になったかも知れん


32: 名無しさん 2017/05/21(日) 19:50:52.51 ID:7bKDdStC0

理性的な人間は自分自身を世界に適応させる
非理性的な人間は世界を自分自身に適応させようと固執する
それゆえに、すべての進歩は非理性的な人間のおかげである

バーナドショー


41: 名無しさん 2017/05/21(日) 19:54:50.72 ID:5K/NMtIO0

本物の社会不適格レベルの自閉症の人を知らないんじゃないかな
そういう人に実験参加をお願いしてみろ

自閉症も鬱もアスペルガーも社会生活に困難をきたさなければ病気ではない


42: 名無しさん 2017/05/21(日) 19:56:54.20 ID:K8pvuMEn0

>>41
だよねえ
現代社会に適合出来ず他人の助力でなんとかなってる人達を見るに
淘汰圧力を健常人の情けでなんとかしてる状態だと思う


43: 名無しさん 2017/05/21(日) 19:57:01.51 ID:zPAOJ9ch0

個性や性格の範疇に収まってればの話
そうじゃないから障害って言われるんでしょ


58: 名無しさん 2017/05/21(日) 20:04:09.96 ID:216cAaln0

>>43
その障害なんてのは社会が作り出した幻でしかないけど


45: 名無しさん 2017/05/21(日) 19:58:14.64 ID:TiHAdUwn0

人類のためと言われても
個人や家族にとっては知らんがなって話し


47: 名無しさん 2017/05/21(日) 19:58:46.95 ID:7tAPJmsN0

必要としてるところに集めよう


54: 名無しさん 2017/05/21(日) 20:03:18.71 ID:9x/4SK++0

不可欠なら今すぐ人類にとって貢献してみせよ。


57: 名無しさん 2017/05/21(日) 20:04:09.31 ID:4jvIy/Px0

>>54
数学者や哲学者に
世界の役に立て、と言ってもなw

まあ間接的には役に立ってるんだが


60: 名無しさん 2017/05/21(日) 20:04:42.41 ID:aQOR0Pnr0

多動症も遊牧社会では有利に働き、
多動症遺伝子を持っている者の方が
体重が重い=健康状態が優良であるという研究結果が
むかしNEW SCIENTISTに紹介されていた記憶。
ただし、生産される富の過半を3次産業が占めるようになった
先進国の現代社会で、生存に有利かどうかはまた別問題。


64: 名無しさん 2017/05/21(日) 20:07:14.63 ID:rMguinkb0

サイコパスも人類社会に「不可欠」な存在だって言ってたっけ。


724: 名無しさん 2017/05/21(日) 21:48:01.98 ID:4kVfEOtN0

>>64
凶悪犯罪者みたいなイメージ持たれるけど、
CEO、弁護士、医者など強度のストレスやプレッシャーでも冷静でいられたり、カリスマ性を発揮して、大衆を惹き付けるサイコパスもいるね。


67: 名無しさん 2017/05/21(日) 20:07:49.11 ID:SHmCeLAN0

>自閉症スペクトラムと呼ばれているような障害は、実は障害でない。生物としての人類のバリエーション(変異)のひとつである

その変異、他人と異なる特徴を[障害]と呼ぶかどうか
ただそれだけ
要は社会の認識や価値観の違いなだけなのに、学者先生に言わせると凄く立派な事言ってるように見える不思議w


88: 名無しさん 2017/05/21(日) 20:14:17.19 ID:RudYac2n0

その通り。
時代や環境によって求められる特性は違う。
一時代でそれを人間として異常と断ずるのは早計すぎる。


92: 名無しさん 2017/05/21(日) 20:17:03.75 ID:yOOFaiKR0

大勢いる野生の牛からおとなしい奴を連れてきて飼ってみようとか
石の中になんか光ってるのが混じってるから溶かして固めてみようとか
最初に考えたのもそういう奴かもしれないぞ?


107: 名無しさん 2017/05/21(日) 20:21:22.26 ID:pI3aGtfH0

>>92
ナマコ最初に買ったやつも多分そう
あと紅茶やパピルス作ったやつもw
失敗をやらかしたら偶然発見されたってやつ。規則守ってたら発見されなかっただろう


109: 名無しさん 2017/05/21(日) 20:22:24.60 ID:jIzc/N8f0

>>107
フグ食った奴モナー


46: 名無しさん 2017/05/21(日) 19:58:36.30 ID:q23RPOU20

世の中が行き詰った時俺の出番というわけか やれやれ


http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1495363079/