7e893217034af7d6f2357d8d574a3d6f053bf92c

1: 名無しさん 2017/05/10(水) 00:28:33.46 ID:d1B6Qb5m0

こういう現象の名前ってなんだ


スポンサーリンク

11: 名無しさん 2017/05/10(水) 00:31:40.82 ID:d1B6Qb5m0

大学生とか3人集まればチンパンジーになるやん


2: 名無しさん 2017/05/10(水) 00:28:56.25 ID:BW45p6Hd0

同調圧力


3: 名無しさん 2017/05/10(水) 00:29:20.62 ID:453x2sA40

大衆原理


6: 名無しさん 2017/05/10(水) 00:29:56.93 ID:d1B6Qb5m0

>>3
ああこれか


10: 名無しさん 2017/05/10(水) 00:31:14.11 ID:5FSM6tD50

多数の人々の中に埋没して自己に注意を向けず、一時的にアイデンティティを喪失しているような状態 普段抑制されている行動が生じやすくなる

没個性化を促進する要因 1.匿名性
2.責任の所在が不明(責任の拡散/分散)
3.興奮した状態
4.感覚刺激の多さ

このような状況下では自分自身を評価することをやめ(私的自己意識の低下)、他人から評価されることへの不安も薄れ(公的自己意識の低下)、本来なら行動を抑制するはずの罪、恥、恐怖感が機能しなくなる
情緒的・衝動的・非合理的行動が出現し、同時に反応性が高まってそれらが周囲の人々に感染しやすくなる
ex)暴動(スーパー襲撃とか)

私的自己意識は低下するが公的自己意識が高まっている状況もあり、これは社会的に認められた没個性化である。
ex)軍隊の一糸乱れぬ隊列、スポーツの応援、LIVEでの手拍子など、普段はできないけど、みんなといるときに調子を合わせてできるもの;団体競技


12: 名無しさん 2017/05/10(水) 00:31:57.05 ID:aSSKLAGK0

おいしいカレーに腐った具材ひとつでも入ったら食えなくなるのに、腐ったカレーに新鮮な具材を入れても食べられるようにはならない理論やな


16: 名無しさん 2017/05/10(水) 00:32:47.56 ID:Oe4y7wfa0

1つの原因傍観者効果


傍観者効果

傍観者効果(ぼうかんしゃこうか,英:bystander effect)とは、社会心理学の用語であり、集団心理の一つ。ある事件に対して、自分以外に傍観者がいる時に率先して行動を起こさない心理である。傍観者が多いほど、その効果は高い。

これは、以下の3つの考えによって起こる。

多元的無知 - 他者が積極的に行動しないことによって、事態は緊急性を要しないと考える
責任分散 - 他者と同調することで責任や非難が分散されると考える
評価懸念 - 行動を起こした時、その結果に対して周囲からのネガティブな評価を恐れる
(wiki)
18: 名無しさん 2017/05/10(水) 00:33:15.17 ID:5d1REl7Qd

コンクリ事件


19: 名無しさん 2017/05/10(水) 00:33:36.53 ID:d1B6Qb5m0

とりあえず集団になると思考を放棄するよな
ワイもお前らも


27: 名無しさん 2017/05/10(水) 00:35:50.46 ID:zCFlpHlN0

群集心理って奴やね
集団の中やとガイジから知識人まで等しくガイジになる


29: 名無しさん 2017/05/10(水) 00:36:23.48 ID:v6de26dx0

>>27
SEALs効果


28: 名無しさん 2017/05/10(水) 00:36:21.18 ID:d1B6Qb5m0

会社が意味不明な行動取るのもこれだよな
高学歴が数百人集まってガイジ化する


33: 名無しさん 2017/05/10(水) 00:37:39.77 ID:d1B6Qb5m0

民主主義より一人の天才に導いてもらう方が世の中うまく行きそうだよな


36: 名無しさん 2017/05/10(水) 00:38:15.64 ID:zJlE14XE0

>>33
哲人政治やぞ


37: 名無しさん 2017/05/10(水) 00:38:51.66 ID:Oe4y7wfa0

専門用語は知らんけどスタンフォード観監獄実験みたいのも有名やね
組織に所属して役割を演じているうちに倫理観とかうすれてめちゃくちゃな行動とったりする


スタンフォード監獄実験
アメリカ合衆国のスタンフォード大学で行われた、心理学の実験である。心理学研究史の観点からは、ミルグラム実験(アイヒマン実験)のバリエーションとも考えられている。 1971年8月14日から1971年8月20日まで、アメリカ・スタンフォード大学心理学部で、心理学者フィリップ・ジンバルドー (Philip Zimbardo) の指導の下に、刑務所を舞台にして、普通の人が特殊な肩書きや地位を与えられると、その役割に合わせて行動してしまう事を証明しようとした実験が行われた。模型の刑務所(実験監獄)はスタンフォード大学地下実験室を改造したもので、実験期間は2週間の予定だった。 新聞広告などで集めた普通の大学生などの70人から選ばれた被験者21人の内、11人を看守役に、10人を受刑者役にグループ分けし、それぞれの役割を実際の刑務所に近い設備を作って演じさせた。その結果、時間が経つに連れ、看守役の被験者はより看守らしく、受刑者役の被験者はより受刑者らしい行動をとるようになるという事が証明された。 (wiki)
34: 名無しさん 2017/05/10(水) 00:38:02.42 ID:q6fBM7Wia

死が超巨大な集団に飲み込まれててる状態だからな


35: 名無しさん 2017/05/10(水) 00:38:04.86 ID:nqJJCCy5K

群衆心理と集合知の狭間や


32: 名無しさん 2017/05/10(水) 00:37:27.40 ID:zJlE14XE0

集団なんてクソや!やっぱひとりがナンバーワン!
とかいいつつ人恋しくなる人間の愚かさよ


群衆心理 (講談社学術文庫)
ギュスターヴ・ル・ボン
講談社
売り上げランキング: 70,486

http://hawk.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1494343713/

\他サイト様最新記事/