20160719045318

数十人の国際的に著名な研究者たちが関わるメタアナリシスにより、セロトニン遺伝子・ストレス・うつ病などの相互関係について調べた2003年の研究結果は的外れな内容であった可能性が示唆されています。

科学者たちはこれまで長年にわたって、ストレスにさらされた人の脳内で「セロトニン」に関連する遺伝子がうつ病にどのような影響を及ぼすのかを研究してきました。

「選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)」と呼ばれる抗うつ薬が臨床的にうつ病患者の症状をかなりの割合で和らげることからも、多くの科学者たちが「セロトニンに影響を及ぼす遺伝子の違いがうつ病の発症リスクと関連している可能性が高い」と考えていました。

実際、「2003年に公開された著名な研究論文」では、遺伝子変異を持つ個体は生活上のストレスにさらされた時にうつ病を発症する可能性がより高い、と記しています。
この2003年の研究以降の十数年の間に多くの科学者たちがセロトニン・遺伝子・ストレスについての研究を行ってきたことから、ワシントン大学医学部の研究者たちは過去10年分あまりの調査データをメタアナリシスしたところ、セロトニン遺伝子・うつ病・ストレスという3つの要素の間に明確な関連性は見つけられなかったそうです。

「研究結果が間違っているかもしれない」ということはよくあることで、実際、オープンアクセスの科学雑誌PLOS ONE上で近年公開された研究の半分は再現可能もしくは実証したり時間をかけて証明されたりしたものではないとのこと。
間違いを指摘される形となった2003年に公開された論文は、これまでに4000回以上にわたって同分野の研究論文上で引用されており、同研究論文を引用した「セロトニン遺伝子」「ストレスのかかる生活習慣」「うつ病リスクとの関連性」といったテーマの論文は100件以上発表されています。

今回のメタアナリシスの結果をまとめた論文はJournal of Molecular Psychiatry上で公開されています。
研究グループを率いたのは医学と生物統計学の助教授であるロバート・C・カルバーハウス氏で、「我々の目標は、セロトニン遺伝子とうつ病に関するデータをすべて集め、内容を見直すことでした」「我々はすべてのデータで同じ統計分析を行って結果を組み合わせたあと、セロトニン遺伝子はうつ病が引き起こすストレス変化に影響を及ぼさないことを確認しました」としています。

これまで、同分野の研究では遺伝子変異を持つ患者はストレスを受けるとうつ病を発症する可能性が高いと言われてきました。
メタアナリシスに携わった医学博士のラウラ・ジーン・ビェルト氏は「セロトニン遺伝子の変異により『ストレスを受けたときにうつ病に陥りやすくなる』という考えは、これまでとても合理的な仮説であった」と語っています。

ただし、今回の研究結果は、これまで考えられてきたような「特定の遺伝子がうつ病と関連している」ということを否定していますが、「ストレスがうつ病に関連していること」および、「遺伝学がうつ病に関連していること」はメタアナリシスの結果からも明らかだそうです。
なお、カルバーハウス氏とビェルト氏は、特定のセロトニン遺伝子がうつ病の潜在的危険因子から除外されたことで、研究者はうつ病発症に影響を与える可能性のある他の遺伝子や環境に焦点を当てることができるようになると述べています。

http://gigazine.net/news/20170417-genetic-link-stress-depression/



23: 名無しさん 2017/04/18(火) 00:57:54.56 ID:qBaOjwro0

この研究を信用していたヤツが失望の余り鬱になる


6: 名無しさん 2017/04/18(火) 00:50:06.54 ID:0lGyU62k0

毎日バナナ食べてたやつ涙目


19: 名無しさん 2017/04/18(火) 00:56:36.10 ID:gKaoHE1Z0

今まで鬱のやつに、とにかく昼間に外に出てセロトニン増やせって言って来た。

ごめんな


21: 名無しさん 2017/04/18(火) 00:57:40.61 ID:K8VEZ81m0

セロトニンなんかより男性ホルモン(テストステロン)とかの方が関係あるんじゃねーの
テストステロンが落ちると男性更年期みたいになってうつになるじゃん


38: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:04:35.24 ID:ywXmLoFN0

>>21
要因の1つではあるかもしれないけど、うつ病の初発平均発症年齢にそぐわない


24: 名無しさん 2017/04/18(火) 00:58:15.76 ID:0/a564Rd0

セロトニンに限らず、うつ病の脳内化学物質不均衡説は
すでに破綻しているのであった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
最終的には2005年、Psychological Medicine の共同編集長ケネス・ケンドラーが、
この物語全体にすばらしく簡潔な墓碑銘を献上した。
「私たちは精神障害について、壮大にして単純な神経科学的説明を探求してきたが、
ついぞ見つけることができなかった」。
119ページ

『心の病の「流行」と精神科治療薬の真実』
第5章 科学的アンバランスの探求
ロバート・ウィタカー (著)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――


29: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:00:40.32 ID:0/a564Rd0

「うつ病をはじめとする精神障害が脳のセロトニンの欠乏症の結果であるという説得力のある証拠は、一切見つからなかった」
J.Laurence. "Serotonin and depression a disconnect between the advertisements and the scientific literature."
PloS Medicine 2 (2005) 1211-16

「ドーパミン系の障害が統合失調所の主な原因であるという説得のある証拠はない」
『分子神経薬理学ーー精神神経科学基礎』2004年 S.Hyden


25: 名無しさん 2017/04/18(火) 00:59:26.62 ID:HLrRtx5N0

>>1
> 「ストレスがうつ病に関連していること」および、「遺伝学がうつ病に関連していること」はメタアナリシスの結果からも明らかだそうです。

知ってた。
 


26: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:00:05.60 ID:w8at+8g+0

んじゃさんざん色々飲んで合わせてようやくきいてるこの薬はプラセボ?


36: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:04:06.74 ID:jq0TrM3v0

てか、そもそもDSMがw


39: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:05:00.45 ID:8lBrFEm20

ビタミンD不足からの日差しを日中浴びない人は鬱になりやすいらしいね
寒い国の日差しが出ない地域はビタミンDサプリを常時飲んでると聞いたことがあるよ


45: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:07:30.15 ID:jq0TrM3v0

>>39
紫外線は日に1時間浴びれば重要
閉鎖的な思考パターンと環境と遺伝が組み合わさってでてくるんじゃねーかな?


44: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:07:14.21 ID:VuaN/ri/0

うつ病は乳酸菌で治す時代、到来。


48: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:08:49.20 ID:HLrRtx5N0

うつ状態や気分の落ち込みは存在する。
また、甲状腺機能が低下すると、倦怠感や精神的不安定を生じる。
しかし、「うつ病」が存在するかどうかは、はなはだ怪しい。


947: 名無しさん 2017/04/18(火) 06:06:44.77 ID:pSthnueD0

>>48
そう思うね
医者にPMSや更年期障害とうつ病の境界を見定めるのは難しいと言われたわ
とりあえずSSRI飲んでるけどピルとどっちが効いてるのかわからない


272: 名無しさん 2017/04/18(火) 02:12:13.49 ID:iV+tAPIY0

セロトニン遺伝子の話しであって、セロトニンそのものは関係あんじゃないの


61: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:14:42.36 ID:0MsbHv/e0

西洋科学じゃ人間の心と脳の仕組みなんてまだ1%も解けていないだろ。
薬はすべてまぐれあたり。なぜ効くかなんて事は誰も分からない。


68: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:15:26.88 ID:L+aN/fBN0

脳みその血流が良くなりゃいいんだけども


69: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:15:55.59 ID:W1X5tR6Q0

こういうのよくあるよね。
あとでやっぱり違ってましたっての。


52: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:09:59.19 ID:CVdSc8EM0

文系って馬鹿だなと思った
無関係であることが示された研究であって 的外れではない。
最初から答えが判ってるとでも思ってるのか?


59: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:13:42.62 ID:TheN5Pu50

>特定の遺伝子がうつ病と関連している」ということを否定しています

ここまで読まないで書き込んでるか、意味が理解出来ないのか


42: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:07:04.98 ID:X4MIMcqT0

セロトニン遺伝子と鬱の関連が認められないとは言ってるけど、
セロトニン自体が鬱と関係ないとは言ってない?
セロトニン遺伝子ってセロトニントランスポーター遺伝子ってやつのことかな


76: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:18:16.66 ID:fZrVckYN0

鬱は体が物理的に超重くなるんだよね
ぐっしょり濡れたコートかなんか着てる感じ


81: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:19:10.42 ID:YPvzooyu0

この辺の研究って否定されたり実証されたりが繰り返されててどうなってんだが分からん
同じ目的でやってるはずなのにどうして毎回違う結論になるんだよ


88: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:21:57.61 ID:76Qfa+6d0

>>81
セロトニン仮説はあくまで仮説ってのは昔から言われているけれど
おそらく実証なんてされていないんじゃなかろうか


98: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:24:29.47 ID:8ZgScdnj0

>>81
精神疾患というのは、何もわかってないんだよ
病因も、発症機序も、病変も何もわかってない
これまでの研究はすべて「○○である可能性が示唆される」どまりだ
そして一時流行って否定されて廃れる その繰り返し


82: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:19:32.60 ID:CVdSc8EM0

「結果が予想と違った」 というのと 「研究結果が間違っていた」 というのは別のもの


87: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:21:55.68 ID:W6XX+onm0

末期で私は息を吸うことも犯罪ですと言いながら失神するまで息止めちゃう奴とか見たらどういう病気か分かると思うよ


97: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:24:08.22 ID:d/kLbp/w0

日本人は脳内のセロトニンの濃度が他民族に比べて薄いから
不安を感じやすいだの、鬱が多いだのの通説は一体何だったのか。w


101: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:25:18.67 ID:t2qk90RV0

病気という考え方は問題をその人自身の中に限定するから気の毒だ
本当は環境の方に大きな原因がある場合もある
親元を離れたら変わるとか恋人ができたら変わるとか


113: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:31:43.35 ID:8ZgScdnj0

脳のどこかがおかしくなってる
でもどこがどうおかしくなってるのかはわからない

コルチゾールがマーカーになる、とか言うのも流行ったなあ
あれも全然だめだった


142: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:39:33.07 ID:n718VaFm0

パキシルで人の人生壊して、薬効もなかったなんて犯罪だぞ!


144: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:40:01.87 ID:jNiTbxce0

欝は病気ではなく正常なストレス反応。
山林で熊や犬に襲われた時の焦った脳の状態と同じ。
社会から受けてる不安や恐怖心やプレッシャーでストレス反応を起こし
それが慢性化して、ストレスを受けてる事に自分で気付けなくなって
しまってる。


183: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:49:02.48 ID:AJ5EsY/+0

鬱発症は物理的にどこかの神経接続が切れてると思う
伝達物質の欠損だけでは説明つかない事象が多い


199: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:52:40.11 ID:W6XX+onm0

鬱の有名な症状に味覚障害がある
何食べても味がしないから、食べる行為が面倒になり、おかずだけ先に全部食べて、後から米だけ全部食べたりする。注意基準としても有名


200: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:52:58.68 ID:QVH+G5UG0

うつ病って本人の考え方直さないかぎり治らんよな。薬って意味あるのか?


210: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:55:10.05 ID:Rasgfdmp0

>>200
移転して周囲の人間関係をすっかり変えるとか
自分で自分を救えたと思う達成が有効だと思うわ


218: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:58:17.17 ID:NvqO6pXe0

>>200
物事を少しいいかげんに考えるとか
物の見方を斜めに見るとか
別に自分だけ苦しむ必要はないとか
心に逃げ道作れるようになればいい


287: 名無しさん 2017/04/18(火) 02:14:15.67 ID:RWqCDHSm0

>>218
そうだな。気質傾向は変えられないが、モノの見方や考え方は変えられるからな。


310: 名無しさん 2017/04/18(火) 02:21:18.24 ID:NvqO6pXe0

>>287
あと他人からとやかく言われても全て受け止めちゃダメだと思う
他人の言う事が全て正しいわけでもなく
しょせんはみんな自分の言いたい事を言ってるだけだからと思うようにして


214: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:57:16.30 ID:leLtuv4a0

これはおかしい
SSRIは劇的に効いたぞ
こいつの研究結果に問題ある可能性もあるわな


223: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:59:52.27 ID:j/ZjHVb+0

>>214
なぜ効くのかが検証できねえってだけだろ


215: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:57:31.70 ID:hLjXvT6v0

社会とのつながりを重要視してるまじめな人ほどなるからな
社会的地位の喪失による病気 失恋とかと同じ部類 


252: 名無しさん 2017/04/18(火) 02:06:08.95 ID:W6XX+onm0

セロトニンの大量分泌が気分を上げることは明白なので、鬱の原因云々はあまり関係無いと思う、薬はあくまで心の痛み止め、痛み止めは傷を早く治すのではなくやり過ごす為のもの


セロトニン欠乏脳 キレる脳・鬱の脳をきたえ直す (生活人新書)
有田 秀穂
NHK出版
売り上げランキング: 125,926

http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492444130/