1: 名無しさん 2016/10/05(水)13:33:27 ID:d6q
まずこの図を描いてみたんですよ
凹凸ちゃんねる

スポンサーリンク

5: 名無しさん 2016/10/05(水)13:35:48 ID:d6q
図はくさい人を見る多数派の図です


6: 名無しさん 2016/10/05(水)13:37:05 ID:d6q
くさい子供に対して多数派は声を大にして起こりません。
何故ならば子供に対してのバッシングは社会的に良いとされていないからです。


7: 名無しさん 2016/10/05(水)13:38:18 ID:d6q
ただ同じくさいでも大人が臭いとバッシングの対象になります。


10: 名無しさん 2016/10/05(水)13:41:08 ID:sCQ
>>7
そらそうだろ
クサい奴が悪い
子供でもクサければ子供からはバッシング受けるわけだし
仕方ない理由があってもそれが生存競争で進化の道なのだよ


11: 名無しさん 2016/10/05(水)13:44:57 ID:d6q
>>10 そうなのですが、臭い大人の数が増えて発言権を強めていくと、臭いとバッシングしていた人達は差別主義者と呼ばれて
お互いの人権をかけて戦いをおこします
凹凸ちゃんねる


13: 名無しさん 2016/10/05(水)13:49:16 ID:sCQ
>>11
そりゃ仕方ないな
戦争だろそんなもん
クサい奴が悪いのに逆ギレされちゃかなわんわ


22: 名無しさん 2016/10/05(水)13:53:14 ID:d6q
ようは少数派のくさい人が放つ臭いに切れた大衆派がバッシングすると、少数派が多数派の人数に近づいたときに戦争になるということです


28: 名無しさん 2016/10/05(水)13:57:11 ID:sCQ
>>22
だから早めに少数派を潰すのが肝心なんだろ
特に群れを作って生きてきた人間にとって、異質な者は統率を乱し、狩りの失敗や外敵の襲来を引き寄せる存在なんだよ
だからイジメは本能的な行動なのであって、おかしいことじゃない
実際に少数派を潰さなかった結果戦争が起きるなら、やっぱりイジメてイジメぬいた方が良かったことになる
進化論的にもそれが正しい


24: 名無しさん 2016/10/05(水)13:55:19 ID:d6q
最初の図にあげた喫煙者をあげて話しますと
過去に喫煙者が多数派だったときには非喫煙者が少数派で我慢を強いられてきました


26: 名無しさん 2016/10/05(水)13:56:23 ID:d6q
そこに対して非喫煙者は数を増やすために様々なプロパガンダを画策しました


27: 名無しさん 2016/10/05(水)13:56:56 ID:d6q
タバコは健康に悪いということです


30: 名無しさん 2016/10/05(水)13:59:20 ID:d6q
ここで臭いに話しを戻しますと、
「臭いは可愛い」「臭いは健康に良い」という
臭い派は理論を打ち立てることが出来るということです


32: 名無しさん 2016/10/05(水)14:02:02 ID:d6q
臭くないと健康に良くない!と声を大にしてマスコミに多量に取り上げられることにより
どんどん臭い理論に肉付けされていき
臭くない人は癌になりやすい。性的魅力を感じない。
西洋人はだから臭い。目指せ西洋人みたいなわけわからんことに
なっていきます。


8: 名無しさん 2016/10/05(水)13:38:18 ID:L5Q
人生は競争だから
周回遅れの人間は
来世へGoしてやり直したほうがよくね


9: 名無しさん 2016/10/05(水)13:40:00 ID:d6q
>>8 シンプルに考えればそれも1つの方法なのですが、共存を少し考えてみるのもいいかもしれません


23: 名無しさん 2016/10/05(水)13:54:31 ID:qUr
いじめの肝はね、
臭いヤンキーやヤクザは虐めないって部分が闇なんだよ
いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代新書)
内藤 朝雄
講談社
売り上げランキング: 15,112

http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1475642007/

【管理人日誌】