1: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:16:41 ID:FcW
「精神疾患」を持つリーダーは乱世に活躍する

51AxRf7CgHL

「理想のリーダー像」をめぐる議論は、いつの時代も絶えることがない。

局面によって「理想」の中身が異なることからしても、答えのない問いだと言えるだろう。
そんな中、意外な角度からこの話題に一石を投じる人物が現れた。

精神科医である著者は、政治や軍事、ビジネスといった分野のリーダーに着目し、

「危機の局面においては、うつや双極性障害、統合失調症などの精神障害を持つ人の方が、リーダーとして優れている」

という
大胆な仮説を打ち立てる。本書『一流の狂気 : 心の病がリーダーを強くする』はそれを、精神医学の観点から裏付けていこうする野心的な一作だ。

精神疾患が持つプラスの能力

精神疾患を持つリーダーとして、南北戦争の北軍将軍であるウィリアム・シャーマンやCNN創業者のテッド・ターナー、他にはチャーチル、リンカーン、ガンディー、キング牧師、フランクリン・ローズヴェルト、ケネディといったリーダーたちが取り上げられる。

疾患の種類や症状の程度はそれぞれ異なるものの、精神障害によってもたらされた能力が危機を乗り切ることにつながったという点で彼らは共通しているという。

躁病やうつ病などの精神疾患によってもたらされるプラスの能力として、著者は
  • リアリズム
  • レジリエンス
  • エンパシー
  • クリエイティビティ
の4つを挙げ、
これらの要素が危機の時代のリーダーとしての能力を後押しするとしている。
とはいえ注意すべきなのは、個々の要素と疾患との結びつき方が
そう単純ではないという点だ。
著者によると、うつでは4つの要素がすべて認められる。
躁の場合はクリエイティビティとレジリエンスの2つが見られる。

そして、躁とうつ両方の病相をもつ人、すなわち双極性障害をもつリーダーは、うつだけを持つリーダーよりもさらに多くの有利な特性が認められる傾向にあるそうだ。

一方で、躁とうつ以外の精神疾患、例えば統合失調症や不安障害では、レジリエンス以外の3つの特性は証明されていないというから複雑である。


http://toyokeizai.net/articles/-/111047


2: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:17:09 ID:pS5
こマ?


5: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:18:07 ID:FcW
発達障害「」


3: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:17:23 ID:FcW
でも鬱だけはちょっと違う気が…


14: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:47:29 ID:FcW
HSPとかHSSはクリエイティヴィティに直結してる感じはある


6: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:18:42 ID:aag
正直、俺の場合は精神疾患によってもたらされる利益よりも被害のほうが圧倒的に多い
更に現代でそれを活かせるか?才能を見つけられるか?と問われるとさらに難しい


7: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:19:17 ID:FcW
すごく小さい強迫性障害とかは起業家にとって有利になるかもな


8: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:37:32 ID:FcW
なんかそういう映画あったよな
強迫持ちの主人公が大企業の社長の奴
アビエイター 通常版 [DVD]


9: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:39:39 ID:htB
いや~乱世乱世


10: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:41:39 ID:FcW
でも企業は採用しないよね


12: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:43:01 ID:14J
あ~ 心当たりあるわ
高校の時の部活の部長がまさにそれだったきがする
一大で弱小だったうちの部活を入賞するまでレベルアップさせて、予算も倍増させたクソ有能だったけど、卒業する前に鬱病こじらせていなくなってたわ


13: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:43:56 ID:htB
良くも悪くも精神病むほど真面目


15: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:47:43 ID:14J
>>13
悩んでても人に全く言わないからな 突然いなくなってこっちがびっくりしたわ
今でも連絡取れないし


18: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:48:56 ID:FcW
>>15
俺もその部長ポジションだったは
大学のサークルだったけどね


20: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:50:23 ID:14J
>>18
あんまひどくこじらせる前に周りに言ってくれよな
こっちだって頼ってばっかりでは気分が悪い


21: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:50:50 ID:FcW
>>20
英雄はいつも孤独なんだ、すまんな


24: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:53:06 ID:14J
>>21
いや、まあその気概があるから優秀なんだろうね
煽りじゃなくて、純粋に疑問なんだけど、そういうのって疲れないの?


25: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:54:16 ID:FcW
>>24
疲れるよ
でも疲れて休んでるところは他人に見られたくない

なんていうか、常に自分をドライブさせる強迫観念を燃料にして生きてるんよ


26: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:55:42 ID:14J
>>25
すげえなあんた 俺なら燃え尽きてるわ
周りが心配するのってやっぱり迷惑なん?


28: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:57:38 ID:FcW
>>26
俺の場合、心配させないように自然に消えるor理由をでっち上げて去る(留学するからもう来れない、など)

まあ、できることなら俺のことはその一時に関わってた人生のモブキャラとして忘れてほしいってのが本心だなぁ
それぞれがそれぞれの人生を生きてるから、一期一会でええんよ


29: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:59:40 ID:FcW
俺の場合は愛着障害っぽいとこがあるんだよな
基本的な安心感がないから、常に何かをしていないと自分を肯定できないし、自分を感じることができない


30: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)19:03:49 ID:14J
>>28
あくまで自分の弱いところは見せないのね… 
優秀な自分にしか価値観を見いだせない感じか(煽ってるわけじゃない)
幼少期に親に自分を否定されたり、愛されなかったパターンなのかな


32: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)19:05:36 ID:FcW
>>30
俺の場合ADHDだったから親との仲悪かったからな
今は和解してめっちゃ仲いいけど愛着の傷跡はまだ尾を引いてる感ある

あと弱いところを見せないっていうか、他人と過剰接続したくないだけっていうか…
弱いところを見せるメリットがないから


34: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)19:09:12 ID:14J
>>32
やっぱりかぁ
子供の頃のことって記憶になくてもどこかで引きずってしまうよね 
いま仲いいのは素晴らしいと思う 中にはそのまま絶縁とかまでいってしまう人もいるし(毒親ってやつなのかな?)

恋人とかでもやっぱりその気持ちは捨てられないの? 


35: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)19:13:23 ID:FcW
>>34
今仲いいんだけど、それは親を自分を保護してくれる万能的存在としてではなくて、自分と分かたれた明確な「他者」存在として向き合ってるから仲いいんだよな
そこがちょっと病的っぽいとは思う


恋人なんかもろにそうだね。
いつかは自分から離れていくものだと思ってしまっている


36: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)19:20:07 ID:14J
>>35
親を親としてみないことによって関係を再構築したって感じだね 
確かに普通の親子関係とは少し違うのかもね 
でも、それはあなたが自分で考えだした一つの方法としてしっかりとした価値を持っていると思うよ

そうすると、やっぱり結婚生活とかはハードル高いのね… 
愛を捨てた代わりに高いスペックを得たってわけかぁ


37: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)19:22:33 ID:FcW
>>36
そうなんだよね、ぶっちゃけ自分ADHDで仕事できない欠陥者だったんだけど、
愛着障害からくる猛烈な承認欲求でなんとか現実に食らいついていったら
結構いろいろなことができるようになってた。

No pain No gainって言うけど、本当にそうだなと思う


39: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)19:29:12 ID:14J
>>37
実は自分も似たようなもんでさ
わかりづらいたとえかもしれないけど、自分の足元に大きな暗い穴がぽっかり空いてて、そこに落ちないように必死にもがいてきた
努力してないと誰も自分を見てくれないような気がして、不安で不安で仕方ない
多分普通の人(普通って言葉も曖昧だけどね…)の場合、その穴には愛とか安心感とかそういうものが詰まってて、努力しなくても自分の存在を自分で認められるんだろうね
努力するにしても、しっかり足をつけて前にすすめるわけだから失敗に対する恐怖もそこまで大きくはならないだろうし
正直うらやましいよ…


41: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)19:37:49 ID:FcW
>>39
すごくわかるよ
俺の場合、その穴は常に猛烈な吸引力であたりの空気を吸い込んでてて、俺はその引力圏を振り切って抵抗しながら人生を走っていかなくちゃならないんだよね
でも普通の人は穴の存在なんて知らないから、何食わぬ顔で平然と歩いていられる。
まるで俺だけが、この世の残酷な真理を直視させられてるような感覚


43: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)19:46:24 ID:14J
>>41
他人に理解して欲しいんだけど、どうしてもうまく伝えられないし、甘えって見られるのがわかってるから相談する気も起きないんだよなぁ


42: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)19:38:19 ID:FcW
http://hattatu-matome.ldblog.jp/archives/44788173.html
俺がいつも見てるまとめのこの記事とかすごく共感する
暇があれば見てみてくれ


16: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:48:26 ID:FcW
不安障害の作家って結構多いんだよな
宮本輝とか

森田正馬も「神経症の人は”生きる欲望”が強い」って言ってるし創造性とは関係あるんだろうな


17: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:48:41 ID:EcH
ジョブズとか典型例


19: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:49:55 ID:FcW
>>17
ジョブズは愛着障害だろうなぁ


22: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:51:03 ID:mXz
あんね
よく言われることだけど
そいつらが優秀なのであってイコールにはならないからな


23: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:51:25 ID:FcW
>>22
可能性の話をしてるから、現状の話ではないのでは


27: クリアカラー◆l0pOy2wdIQ 2016/03/26(土)18:56:20 ID:dBC
太く短くって言えば聞こえはいいけども俺には到底耐えられんわすごいというかかわいそうというか


48: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)19:55:39 ID:14J
ドストエフスキーの地下室の手記がほんとうによくこの気持を表現してくれている
この小説の主人公は有能とは言いがたいが、心の奥底にあるものは自分とよく似ている


11: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:42:21 ID:FcW
面接で「昔精神病んでニートしてました」って言って採用される社会になって欲しい

一流の狂気 : 心の病がリーダーを強くする
ナシア・ガミー
日本評論社
売り上げランキング: 1,741

http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1458983801/

【管理人日誌】