pics2448

1: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 11:54:28.06 ID:8MgD3a+L0.net BE:257790734-2BP(1000)
グーグルが突きとめた!社員の「生産性」を高める唯一の方法はこうだ 
プロジェクト・アリストテレスの全貌 


人員分析部では、これらの観察結果を図式化して、そこから業務目標を上回るチームに共通するパターンを見出そうとした。

しかしパターン抽出が得意なはずのグーグルなのに、自らの社員の労働分析からは、目立ったパターンを見出すことができなかったという。

たとえば同じく生産性の高いチームなのに、片方は「社外でも仲良く付き合う友達同士」のような関係であり、
もう片方は「まともに会話するのは会議室の中だけで、そこを出ればアカの他人」というような関係であった。

また、あるチームでは、強いリーダーのもとに階層的な人間関係を築いていたのに対し、別のチームではもっとフラットな人間関係を敷いていた。

それでも両者の生産性に、ほとんど違いは見られなかったという。

結局、上のような「チーム編成の在り方」と「労働生産性」の間には、ほとんど相関性がないのではないか――

そう考えたグーグルの人員分析部は、

今度はチームのメンバーが従っている「規範(norm)」にこそ生産性のポイントがあるのではないかと考え、そこを洗い出すことにした。
ここで規範とは、チーム内で共有する「暗黙のルール」や「行動規準」、あるいは「チーム・カルチャー」のようなものを指す。

しかし、この点でも目立ったパターンは抽出されなかった。


たとえば、あるチームでは、会議中にリーダーがチームメイト全員に等しく発言する時間を与え、
それを別のチームメイトが途中で遮ることを許さなかったのに対し、別のチームでは互いに発言の途中で割って入るのが常態化していた。

また、あるチームでは仕事時間中に雑談したり、他人の噂話をしたり、週末のプランを話すなど私的なコミュニケーションが交わされていたが、
別のチームでは「オフィス内では仕事に専念し、私語は厳禁」といった雰囲気が形成されていた。

このように目立ったパターンが見出せずに困り果てたグーグルの人員分析部では、集団心理学に関する学術論文など、
アカデミックな調査結果を再度深く当たってみることにした。

そして、そこから浮かび上がってきたのは「他者への心遣いや同情、あるいは配慮や共感」といったメンタルな要素の重要性だった。

つまり成功するグループ(チーム)では、これらの点が非常に上手くいっているというのだ。


たとえば一つのチーム内で誰か一人だけ喋りまくって、他のチームメイトがほとんど黙り込んでいるチームは失敗する。

逆に(途中で遮られるかどうかは別にして)チームメイト全員がほぼ同じ時間だけ発言するチームは成功するという。


それは暗黙のルールとして、そのような決まりを押し付けるのではなく、むしろ、自然にそうなるような雰囲気が、チーム内で醸成されることが重要なのだという。

つまり「こんなことを言ったらチームメイトから馬鹿にされないだろうか」、 あるいは「リーダーから叱られないだろうか」といった不安を、チームのメンバーから払拭する。

心理学の専門用語では「心理的安全性(psychological safety)」と呼ばれる安らかな雰囲気をチーム内に育めるかどうかが、成功の鍵なのだという。


http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48137


2: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 11:54:55.58 ID:8MgD3a+L0.net BE:257790734-2BP(1000)
自らの健康状態を告白したリーダー 

そこでグーグルの人員分析部では、2014年後半に当時の社員5万1000人の中から、
チーム・リーダー格の有志を募って、彼らにプロジェクト・アリストテレスの主旨や調査結果を伝えた。

そして彼らに対し、自らのチーム内に「心理的安全性」を育むための具体策を考えるよう促した。
そうしたチーム・リーダーの一人に、ある日系アメリカ人の男性がいた。

彼を中心に結成されたチームはそれまでなかなか生産性が上がらず、彼もその事に悩んでいた。

そこで彼は人員分析部から手渡された調査票を使って、チームメイトへのアンケート調査を実施した。
調査票には、「社内におけるチームの役割や目的」、あるいは「自分たちの仕事が会社に与えるインパクト」などを、
どこまで理解しているかを評価する項目が並んでいたが、これらの点について彼のチームメイトたちが下した自己評価は、いずれも極めて低かった。

これに衝撃を受けたリーダーはチームの全員を集めて、インフォーマルなミーティングを開いた。

そこで彼は「これから君たちの知らないことを打ち明けよう」と断った上で、自身がスピードは遅いが転移性の癌に冒されていることを告白した。

しばらく沈黙が続いた後、チームメイトの一人が立ちあがって自分の健康状態を打ち明けた。
そこから堰を切ったように、チームのメンバー一人ひとりが自らのプライベートな事柄を語り始め、
それが終わるころには、自然に今回のアンケート結果についての議論(つまりチーム内のモラルを高めて、生産性を高めるための議論)へと移行していたという。

今回、プロジェクト・アリストテレスの結果から浮かび上がってきた新たな問題は、個々の人間が仕事とプライベートの顔を使い分けることの是非であったという。

もちろん公私混同はよくないが、ここで言っているのは、そういう意味ではなく、
同じ一人の人間が会社では「本来の自分」を押し殺して、「仕事用の別の人格」を作り出すことの是非である。
多くの人にとって、仕事は人生の時間の大半を占める。

そこで仮面を被って生きねばならないとすれば、それはあまり幸せな人生とは言えないだろう。

社員一人ひとりが会社で本来の自分を曝け出すことができること、そして、それを受け入れるための「心理的安全性」、 つまり他者への心遣いや共感、理解力を醸成することが、間接的にではあるが、チームの生産性を高めることにつながる。

これがプロジェクト・アリストテレスから導き出された結論であった。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48137


14: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 11:58:30.53 ID:h7vEDvF/0.net
おー、おもしれー
これは重要だな


17: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 11:58:53.63 ID:HO/LtNQf0.net
日本人はここまで賢く無いから


25: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 12:01:06.06 ID:qio+3m0V0.net
つまりは人間性を出してお互いに配慮しよう。率直に意見を出し合おうって話でしょ
空気読んで波風立てずにのらりくらりがコミュ力の真髄だから日本人には無理な話だな


18: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 11:59:09.72 ID:plKdD5sJ0.net
日本は職人気質の上から唾かかるぐらいの大声で相手の主張を抑え込む
これでは糞みたいな国になっちゃうよ
永遠にグーグルみたいなの出て来ないよな


24: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 12:00:35.89 ID:g3jd87X4a.net
飲みニケーションは害悪とは言わないまでも無意味ということか


33: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 12:02:41.86 ID:taDDXxoq0.net
>>24
この場合どうなんだろうな
相手の誘いに答える事は心遣いや配慮に繋がるんじゃないのか?


43: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 12:05:47.49 ID:Bm73SAa90.net
>>33
行きたい奴だけ行けばいいってこと


60: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 12:08:08.61 ID:taDDXxoq0.net
>>43
アレだな断っても気持ちよく返すことがいいのか


78: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 12:10:53.95 ID:Bm73SAa90.net
>>60
そういうこと
なんで全員で参加しないんだとかいう思考になるのが同調圧力


29: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 12:02:01.52 ID:Jz0Vn0DCa.net
日本の会社に一番足りないものだな

人付き合いが嫌いな人は無理に参加させず
人付き合いが好きな人を一人にさせない
そんな簡単なことができずに全体でどっちか極端になるからな


26: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 12:01:21.13 ID:8BFLxLb+0.net
これで重要なのは日本式のタテ社会だろうが関係がないってことでは


35: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 12:03:13.69 ID:EpSLaeaM0.net
怒鳴る管理職とか会社にとって一番いらねえ存在ってことだな


59: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 12:07:48.21 ID:Erz/F/VCa.net
>>35
でも全員が相手を想い合いながら怒鳴りあえる環境ならいいんだろ?


982: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 16:21:31.19 ID:rh3sWk/Fa.net
>>59
全員が等しく怒鳴り合えれば生産性上がるな


36: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 12:03:25.37 ID:dOf/GaUiF.net
結局のところ、徳(アレテー)が大事という古来の哲学が、現代的な
調査プロジェクトによってさらに確固たるものになったわけだ


534: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 13:18:41.98 ID:5uWrSDpi0.net
まあ結局難しいのは、具体的にどうやればそうなるかってところなんだけどね
この例ではリーダが自分の病気を告白することだったけど、常にそれが正解とは限らない


559: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 13:26:03.28 ID:fQGNuMOY0.net
>>534
この話の面白いところは、ここだよな

>それは暗黙のルールとして、そのような決まりを押し付けるのではなく、むしろ、自然にそうなるような雰囲気が、チーム内で醸成されることが重要なのだという。

つまり手法が確立されたりマニュアルが出来ちゃったりすると多分上手くいかないだろうって話だね


568: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 13:29:06.50 ID:fPj7uDf80.net
>>559
多分、マニュアル化するには複雑すぎる、って事だろうな
人が増えたり変われば、マニュアル自体も代えなければならないだろうし
それは現実に追いつかないだろうし
全員に通用するには、哲学か道徳的なもんになっていくんだろうな


624: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 13:43:11.87 ID:fQGNuMOY0.net
>>568
改善できるとしたら場当たり的な手法では無く、個々人の倫理観や価値観だろうね
そしてそんなものは会社が付け焼き刃で「教育」できるもんでは無いと思う


705: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 14:05:30.25 ID:fQGNuMOY0.net
すごーく抽象的だが多分、

「個人の幸せの追求(=他人の幸せ)が社会や会社全体の幸せにもつながる(ハズだ)」
っていう大前提としての理念を共有できてるかって事が重要なんじゃ無いかな

口で言うのは簡単だしそういう理念を掲げてる会社って多いんだけど、意外と難しいよね
特に不況下では


46: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 12:06:05.89 ID:8BFLxLb+0.net
腹を割って話すみたいなのは
むしろ飲み会肯定だろうな


52: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 12:07:03.89 ID:btorECOpd.net
>>46
コミュニケーションを建前なく取れればいいわけだから飲み会も肯定だろうな


387: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 12:54:23.50 ID:PMEsllkL0.net
>>46
飲み会に来ない人への肯定と配慮が同居してればな


108: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 12:15:53.91 ID:GIAUL3tba.net
>>46
それは良いんだけど
半強制になったり飲み会に行かない人間に対して配慮が欠けるとダメなんだよ
飲み会に行く人だけが知ってる仕事上の情報があったり
仕事上のことで飲み会に行く人を贔屓したり

飲み会が楽しいっていうメリット以外なくても飲み会行きたいっていう人はいけば良いし
嫌なら何のデメリットもなく行かなくていいって状況にしないとダメ


64: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 12:09:01.82 ID:q7q76+znM.net
飲み会行かないやつが部署にいてもギスらない(心の中でもなんだこいつと思わない)部署が生産性が高いってことかね


63: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 12:08:45.99 ID:Z1xpXuqar.net
まぁ飲み会はビッグワード過ぎるけど、インフォーマルなミーティングってことは、業務絡めない機会は必要だってことだよ


71: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 12:10:09.29 ID:oJ0ngFhx0.net
かんたんに言うと
自然体で仕事ができるかどうか
仕事のストレスを楽しめるかどうか


88: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 12:12:47.46 ID:A/osEgMEa.net
>他者への心遣いや共感、理解力

知ってる
アサーティブってやつだろ


79: 名無しさん@凹凸ch 2016/03/10(木) 12:11:07.49 ID:BMxopqXR0.net
腹を割って話そう
は間違ってなかった

マンガでやさしくわかるアサーション
平木 典子
日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 4,009

http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/poverty/1457578468/

【管理人日誌】