XDgBuj1G
【1801】路上で保護した広汎性発達障害 (知的障害もあり)の男性

Q: 路上生活者支援を行っている団体でボランティアをしている訪問看護師 (30代女性) です。
今、ボランティア団体からひきつぎ、自分の勤める訪問看護ステーションから訪問看護をしている方についての相談です。
その患者さんは、41歳の男性です。X年の10月に、路上で髭は胸まで伸び、 恐らく足の静脈瘤から蜂窩織炎を起こして足が半分壊疽になっているような状態で、当団体の夜回りパトロールで保護されました。

出身は青森とのことで、子どもの頃に母親が亡くなったこと、妹がいたこと、
とにかく何か仕事の為に東京に出てきたらしいこと、ぐらいしか経歴はわかっていません。

ただ、彼の戸籍があったらしい所まではたどりつきましたが、既に誰も住んでおらず、家族との連絡はとれずじまいです。
保護された当時は、とにかく、何に対しても、「はい、そうっす」「大丈夫っす」と答え(直後に反対の問いかけをしても同じ)、殆ど意思表示がないような状態でした。

大人しく、優しい(道端で自転車が倒れて困っている人を助けてあげたり、子どもを可愛がったり)性格でした(この優しい性格は今も変わりません)。

ただ、しばしば空笑や独語がみられていましたので、当時一度精神科を受診し、その際には、それらは知的障害から来るもの、と診断されたそうです。

ちなみに、当ホームレス支援団体のリーダーも精神科医で、やはり同じ見解でした。
彼は従順に、支援者に従って生活保護を受け、治療を受けに行き、愛の手帳まで取得し、第2種社会福祉施設に居住するようになりました。

保護された10月から今年X+1年の5月までは、そのような状態で、従順にしていました。
医療を受ける中で、彼はウイルス量の多いHCVであることが分かりました。年齢的にも若いし、ということで、大学病院の医師から治療を勧められ、知的障害者への治療のリスクを知らなかった訳ではないようですが、インターフェロンとリバビリン療法が始まりました。2週間の入院後は、服薬と通院という形でした。

一時的な発熱があった後は目立った副作用もなく過ごしていたとのことでしたが、3回目の注射が終わった5月上旬、彼は施設から突然失踪しました。

(あとで分かったことなのですが、この際、あと数日分残っていたはずのリバビリンが見当たらなかったそうです)
以前、結核で入院していた病院から、迷子になった履歴があったので、初めは迷子になったのかと思っていましたが、違いました。

彼に密に関わっていた支援者は、炊き出しから炊き出しを渡り歩き、道の占い師や手配師まで味方につけて、彼を必死で探しました。
そして、奇跡的にも発見しました。

~略~

林: 非常に詳細かつ適切に、描写されておりますので、この方の状態を生き生きと目に浮かべることができます。
そして、そこから読み取れるのは、診断名として最も考えられるのは、慢性化した統合失調症であるということです。
それもかなり典型的です。

~略~

残念ながらこの方の人格はすでに荒廃していると思います。
治療によってこれを回復させることは不可能です。


長いので詳細はリンク先で
http://kokoro.squares.net/psyqa1801.html

昔税理士って話は嘘か?

>>3
会計士な

あれハセカラがカラパパに風貌が似てるからって作りだしたガセ

あれって糖質なの?
糖質って、集団ストーカーとか脳内盗聴とか電磁波攻撃とかいいだすやつでしょ

>>5
そういう糖質が多いってだけで全部が全部そうではないよ

>>5
妄想や幻覚みたいのは陽性症状っていうやつで無気力になったりする陰性症状ってのがある

>>5
そういうのは糖質じみた考え持ってる人か、陽性状態の人
人格ぶっ壊れるとニキみたいになると思う
その前に、陰性状態になってるはずだから、そのときに壊死に掛かったなら治療せず重症化した可能性はあるな

林先生かよ

林先生じゃねえか

最後の最後まで読んで、林先生かよ!ってなったわ

相変わらずばっさりでわろた

人格が荒廃ってどういう意味なのか未だによくわからない

>>19
なんか一つの病気がほかの病気を引き起こすのはよくあることらしい
例えば発達障害から精神障害になるのもザラらしいしな
おそらく糖質だけじゃなくありとあらゆる精神疾患を患っているということだろうよ

>>66
いやそういう意味じゃないだろう
受け答えに対してハイといいえしか取れないのではなくて、
もはやハイしか言えなくなって、たまに意味無く一人笑いするって状態じゃないの

よくあんな足で行動力があるな

同一人物か?
アメリカじゃこういうのを公立精神病院から追い出したから全米に似たようなホームレスが溢れてた時期があった。

診断は慢性化した統合失調症であってるだろうが、壊死した足で5年もさ迷う前に死ぬだろ普通

正気でないからああいう体になっても耐えられるということか

悲しいなぁ

年齢的に数えて当該壊死ニキのことじゃないな
ホームレスで足が壊死ニキ化してるの珍しくないし別個体だろ
当該壊死ニキは10年以上前から新宿~上野や山手線内に出没してた

>>29
多分これはよくニキスレで写真が晒される
ニキより若い糖尿左足壊死さんなんだろうな

会話はほぼできないのか
こりゃ警察も手出しできねえわけだ

年齢的に別の人だろ

【1801】の時点で林先生だってすぐ分かった

林先生未だに相談室やってるんだよな
すげーよ

林ってかなり適当だな
糖質とは別の病気だろ
何でもかんでも糖質って言っときゃいいと思ってんのか

知的障害でもなければあんな行動取らないよな。
多分、自分が何やってんのか分かってない。

倒れた自転車を立ててあげたり子供にも優しいってとこで泣けた

林先生とりあえず糖質言っとけばいいと思ってるだろ

流石看護師だな
細く観察しかつ詳細に伝える能力は凄い

>>70
説明も適切で読んでいて気持ちよい文章だな。有能だわ

人格の荒廃って表現に惹かれて昨日ちょっと調べてたけど
そこまでいっちゃうと人間らしい元の人格に戻るのが難しいってのが怖いな
脳が物理的に欠損してるわけでもないのに不思議なもんだ

林先生が断言するとはな。
ぱっと見投稿者を糖質と断定してるように見えて面白いw

C型肝炎ってことは壊死汁に触れたら本当にアウトな気がする

まともに話せないってのはマジだったのか

壊死ニキ、竹下通りでファッションモンスターになる
no title

no title

人格荒廃が起こってしまったら

まずは緊急で精神病棟に入院する必要があります。

人格荒廃が起こると、その後の人生に大きな影響を与えます。

まず、仕事をする意欲が沸かず、生活保護で生きていければいいかという考えになってしまいます。
物欲がないために、最低限の生活さえあればいいと思い込んでしまうのですね。
そして、人生に楽しみを見出せません。
ゲームやアニメなど受動的な娯楽はするものの、本当に楽しむ娯楽というものはないのです。

ただ、生きるために生きる。

それだけの人間になってしまいます。

http://brain-disease.net/sp/schizophrenia/personality_devastation.html

>>107
これで人格荒廃なら世の中人格荒廃だらけだろ

>>107
俺人格荒廃してたのか

>>107
生活保護で生きていければいいかという考えになってしまいます。
この考えすら起こらないのが人格荒廃では?

>>107
俺やんけ

精神科医は、知的障害の人の鬱には、健常者と違い、活動低下するのと逆に、歩き続けてしまう、というような症状がよくみられる


歩き続ける理由見つかる

>>113
山下清もそうだな

とにかく風呂だな
まず清潔にしないと不潔なだけで避けられて憎まれる
こぎれいにすれば受けられる支援もあるんじゃないかと遠く九州から無責任に思う

一応言語を理解して話すこともできるんやね

人格の荒廃って廃人状態ってこと?

>>188
その手前の段階で荒廃状態と言われる

世間体を気にしなくなって開き直ったら
その段階で荒廃状態と言えるレベル

自分をみっともないと思わなくなると駄目

ハゲであるなら恥じないと駄目だし
チビであるから恥じないと駄目だし

>>204
なるほど
最低限のプライドも捨てて開き直ったら人格の荒廃なのね

>>204
人格荒廃と廃人って進度の呼び分けじゃなくて同じ意味じゃない?
自分を顧みなくなることは健常者であっても起こりうることだしその例えは違う気がする

たまに読むとやっぱおもしれーな林先生

やっぱ完全に壊れてたのか
そんで根はずっといい人なんだな

悲しいなぁ

http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/poverty/1450322885/

【管理人日誌】