51aWhIWkLcL
1: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/08/31(月) 22:49:18.48 ID:/z0nri6bM.n
質問とかある?

4: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/08/31(月) 22:51:23.56 ID:gz0Sfvo70.n
死にたいとか思う?

8: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/08/31(月) 22:52:56.81 ID:/z0nri6bM.n
>>4
アル中っぽくなるときは死にたくなるね
ただ本気で死にたいじゃなくて「オアー!死にたいデース!」みたいな感じ
先々週からずっと死にたかったけど、昨日一日酒抜いたら治った
幻聴と妄言がとにかくひどかった


5: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/08/31(月) 22:51:37.89 ID:YWIFv+WF0.n
何歳?

10: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/08/31(月) 22:54:03.38 ID:/z0nri6bM.n
>>5
30歳!

6: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/08/31(月) 22:51:49. ID:b0E9WRU+p.n
仕事できる方?

10: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/08/31(月) 22:54:03.38 ID:/z0nri6bM.n
>>6
フリーターだから仕事できるとかどうとかいう次元には達してない
一応バイト仲間の中では2番目くらいには評価されてるはず

7: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/08/31(月) 22:52:05.48 ID:esCki8B30.n
最近どう?

11: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/08/31(月) 22:55:10.01 ID:/z0nri6bM.n
>>7
夏はバーベキューばっかしてた。あとプール
酒飲み過ぎて身体中痛い。アル中になって幻聴が聞こえるようになった
そのせいで仕事で謹慎食らった

13: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/08/31(月) 22:56:53.63 ID:b0E9WRU+p.n
なんのバイトしてるん?

15: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/08/31(月) 22:58:43.25 ID:/z0nri6bM.n
>>13
配送業だよ。肉体労働
普通に飲酒した状態で仕事行って「すいません。酒飲んできたんで車乗れません」って
責任者に言ったら、「じゃ、今日から夏休みね」って家帰されてそのまま2週間休みになった
30: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/08/31(月) 23:17:08.20 ID:/z0nri6bM.n
人いないから勝手に自分語りでもするか

どうせ暇だし

36: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/08/31(月) 23:22:28.22 ID:/z0nri6bM.n
初めに違和感を覚えたのは小学校3年生くらいの時(もうちょっと前だったかも)

俺が面白いと思ったことを発言しても、まわりから怒られることが多くなった

そのときは「まわりに教養が無いから俺のユーモアが通じないんだ」ってガチで思ってた

公立の小学校だったからほとんど馬鹿しかいないし、当時はテストで100点以外を取るやつが信じられなかったから

38: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/08/31(月) 23:23:48.83 ID:4Bvxw7ZB0.n
>>36
その冗談ってどういう感じの冗談?
やっぱり人を悪く言っちゃうような?

43: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/08/31(月) 23:28:47.93 ID:/z0nri6bM.n
>>38
覚えてる範囲で言うと、

(朝のH.R.の時間にあるなしクイズを発表する時間があって)

クラスメートが「A君にあって、B君にないものは?」ってクイズを出した(答えは兄弟)

俺はそれを聞いて「背の高さ!」って答えた

他のやつらや先生に「B君は別に小さくないでしょ?」って言われて、
「いや、マリオカートでカミナリ食らうと小さくなるでしょ?あれにぶつかると潰れるんだよ」って返した

当然他のやつらはポカーンとしてたな

実際B君はA君より小さいんだから間違っていないって主張したつもりだったんだが、
いかんせん当時の俺は考える力が足りてなかったなって反省してる

47: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/08/31(月) 23:30:39.97 ID:4Bvxw7ZB0.n
>>43
やっぱり着眼点が違うのかな

52: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/08/31(月) 23:38:31.37 ID:/z0nri6bM.n
>>47
自分の世界に閉じこもってるってのが正しいかな

とにかく脳内で考えたものが絶対っていうこだわりが常につきまとう
俺は意識して排除してるつもりだけど完璧にはいかないな

40: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/08/31(月) 23:25:13.34 ID:/z0nri6bM.n
当時の俺は好奇心旺盛だった。本ばかり読んでたし、気になったことはすぐ人に質問をした

「なんでそんな問題間違えるの?授業でやったでしょ?」

テストが返ってくると、クラスのやつら全員にそう聞いて回った

満点のやつには「やっぱ分かるよね?なんであいつら分からないんだろうね?」みたいな調子だった

41: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/08/31(月) 23:26:05.24 ID:EM33isB70.n
アスペっていうか正確わりいな

49: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/08/31(月) 23:33:52.12 ID:/z0nri6bM.n
>>41
マジで悪気はないんだよ。最近でもこういうことが多々あってよく怒られる

先日も居酒屋で、友人がほうれん草のソテーをポテトが入ってる皿に移し替えた時に、

「なんで?そんなことしたら汁がつくでしょ?」

「いや……。もう残り少ないから皿下げてもらってスペース広げようと思って」

「そうじゃなくてさ。汁がつくって思わないの?ポテトに」

「悪かったって」

「別に悪いかどうかは聞いてないから。汁がつくよね?」

「……しつけーな」

「何?怒ってるの?」

「別に怒ってねーよ」

「ごめんごめん。怒らせる気ないから。ただ汁がつくって思わないのかなって純粋に気になっただけだよ」

「……」

「で、汁はつくって思ったの?」

みたいなやり取りしてすげー怒らせちゃった
まぁ俺は悪くないけどちょっとしつこかったかなって反省はしてる

57: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/08/31(月) 23:48:11.39 ID:/z0nri6bM.n
>>49みたいな状況の時って、別に自分の求めてる回答ってないんだよな

「あははー、やっぱそうだよねー」くらいに軽く流してほしい

変にあれこれ返されるから「いやいや汁つくだろ」ってこだわりが強く出てそこを追求したくなっちゃう

48: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/08/31(月) 23:32:36.57 ID:4Bvxw7ZB0.n
でもやっぱり天才なんだろうな
勉強はめちゃくちゃできるでしょ?
自分の得意な分野で頑張ればいいと思う!

54: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/08/31(月) 23:41:07.70 ID:/z0nri6bM.n
>>48
地頭はいいんじゃないかなって勝手に思ってる
まわりから「頭良いね」って言われることも多いし

高校不登校気味で偏差値30だったのが4か月くらいで3科目平均40くらい上がったからな
河合の私大模試だけど

まぁ30代になって大学入試の話持ち出す時点でお察しだよ
そんなのなぁんも活かせてないただのアル中だわ

58: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/08/31(月) 23:48:25.30 ID:vPZlm96Ya.n
1が興味あるのはどういった分野?

62: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/08/31(月) 23:54:25.40 ID:/z0nri6bM.n
>>58
今は「とにかく文章書かなきゃ」って強迫観念的に考えちゃってるな
なんか数年周期で興味を持つ対象が変わるから、特に深く入り込んだ分野ってのが無い

スロット、麻雀、将棋、ぷよぷよ、小説みたいに変遷していって、
そこに常に酒が付きまとってるから、今は酒に傾倒してしまってる
別にこだわりとかはなくてただひたすらアルコールを体内に入れるみたいな

上記それぞれのものにのめり込んでたときは、睡眠時間が一日3時間くらいで、
食事トイレ以外の20時間がそれみたいな生活を送ってた
風呂も5日にいっぺんみたいな糞ニート引きこもりだったな

69: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 00:11:31.44 ID:JEfdTukYM.n
人減ってきたから自分語り続けようかな

70: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 00:13:30.28 ID:JEfdTukYM.n
小学校の高学年に上がると本格的にいじめが始まった

無視されたり、暴言を吐かれたりした

学校に行くのが嫌で夜眠れなくなり出したのもこの頃だった

71: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 00:15:27.78 ID:JEfdTukYM.n
中学に上がればいじめもおさまるだろうと必死に日々が過ぎるのを待った

休み時間を寝てやり過ごすようになったのもこの頃からだった

そして年月は過ぎ、俺は中学に上がった

中学でもいじめられた

73: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 00:18:24.28 ID:JEfdTukYM.n
教科書が破られてたり、体育着が裂かれてたり、椅子が座ると真っ二つに割れたりした

野球のボールをおもっくそ投げつけられたときは死んだと思った

この時から、漠然と周囲を漂っていた違和感が、徐々に形を作り始めた

「実は、俺の方がおかしいんじゃないか」

77: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 00:20:59.30 ID:JEfdTukYM.n
部活(野球)の練習中、先輩、同級生、後輩に次々とボールやバットを投げつけられ、

意識が朦朧としながら家に向かう帰路の途中だった

「もう、死んだ方がいいんじゃないか」

ふと、そう思った

この時の死へ向かう欲求はかなりの物で、
本気で死のうと自宅のあるマンションの屋上へと登った(11階建て)

83: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 00:27:16.03 ID:ejaxD2R+0.n
何故今しんでないのですか?

86: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 00:29:29.47 ID:JEfdTukYM.n
>>83
死ぬのが怖いから

何より家族が今幸せそうなんだよ

俺の死で落ち込ませたくない

84: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 00:27:46.16 ID:JEfdTukYM.n
実際問題、屋上から見る下界の景色は格別で、この高さは確実な死を俺にプレゼントしてくれると思った

でもさ、手すりを掴んだまま動けないんだよな

ここを越えたら楽になれる

そう思っても、俺は腰よりも低いその鉄の柵を越えられなかった

なんだか身体の凍えるような感じを覚えたまま、無機質なコンクリの階段を降りていったな

88: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 00:32:32.19 ID:JEfdTukYM.n
ただ、親にはいじめのことは言えなかった

小学生の時から思ってたんだけど、自分がいじめられてるのを親にばれるのがすごい恐怖だった

みんなが普通にしてることをできない自分が情けなかったんだ

俺は小学校の時に、まわりのやつらがテストで100点取れないのが不思議だったけど、
まわりの人間はこう思ってたんだろうってこの頃から考え始めた

「なんでお前は、他の人間と同じようにコミュニケーションが取れないの?」って

91: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 00:37:54.11 ID:JEfdTukYM.n
部活の参加を強制する中学だったから辞めることは許されなかった

だから俺はなんだかんだと仮病を使って休むことにした

それにも限界が来て、俺は初めての自傷行為を行った

この時の恐怖は、今でも鮮明に覚えてる

自宅マンションの玄関、豪奢な木製の両開きの扉に、
腕を挟んで力の限り閉めた

何回も躊躇して失敗したけど

手首と肘の間に、関節がひとつ増えていたんだ

92: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 00:42:00.72 ID:mjSuuRDv0.n
>>91
想像したくもない痛みだな
胸糞

93: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 00:42:14.87 ID:JEfdTukYM.n
裂けた肉の隙間から骨が覗くほどの大怪我だった

複雑骨折。全治3か月

この間は、大手を振って部活を休める
と、俺は勝手に思ってた

でも、現実はそう甘くなくて、部活のメンバーは俺に参加を強要した

「片腕が折れてるだけなら球拾いはできるだろ?」
「球出しやれよ」
「トンボ掛けしろ」
「お前、体力ねーからジョギングしとけ」

ここからは地獄の日々だった

今までも地獄だったけど、これから始まる絶望に比べたら、
まだまだ甘いものだったんだと俺は実感した

95: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 00:45:59.18 ID:JEfdTukYM.n
「骨折をすると逆に骨が丈夫になる」

こんなことを誰かが言い出した

「じゃあ、こいつを丈夫にしてやろうぜ」

「なんせもやしっ子なんだから」

膝に障害がある俺は、当然、同世代の平均的な体格よりもはるかに劣っていた

彼らは何が気に食わないのか、そんな俺を常に痛めつけようと画策していた

「やめて」という俺の叫びなんかまったく届かずに、彼らは俺を痛めつけ続けた

そして骨折の箇所は、ひとつ、またひとつと増え、
自傷行為の2月後、俺は入院することになった

96: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 00:48:47.84 ID:JEfdTukYM.n
いじめのことを悟られたくない俺は両親やまわりに嘘を吐き続けていた

「部活が厳しくて」「転んで折れた。ほら、俺ひ弱だからさ」
「アホだからドアに手ぇ挟んだわ」「階段から飛び降りて着地に失敗した」

そんな俺の嘘は、大人にとってはバレバレだったんだと思う

でも、俺の意思を汲んでくれたのか、それとも単に面倒事を避けたのか、
まわりの大人たちはそれを受け入れてくれた

俺は嘘を吐き通し、2か月の入院生活を終えた

97: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 00:53:47.68 ID:JEfdTukYM.n
学校側も配慮したのか、それからは部活を休めるようになった

廊下ですれ違うたびに殴られたり、蹴られたり、首を絞められることはあったが、
今までの日々と比べればいくぶん暮らしやすくなった

そして毎日を無為にやり過ごすこと、数か月か、数年、俺は、ようやく中学を卒業することになった

あの時の開放感は今でも覚えている

ただ、卒業式の日にボコボコにされたことも、脳裏に張り付いてはいるが

とにかく、糞みたいな日々から解き放たれたことに、俺は安堵していた

98: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 00:57:22.17 ID:JEfdTukYM.n
高校入学前の春休みは、家に引きこもって酒ばかり飲んでいた

思えばこの頃から酒に逃避する癖がついていたように感じる

そうして高校に入学した

いじめのない素晴らしい世界だったが、俺にひとつの壁が立ちはだかった

「友達ができない」

そう。ずっといじめられてきたせいで、コミュニケーションがどういったものなのか、
全く理解ができずに月日ばかりが流れていたのである

99: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 01:00:14.22 ID:JEfdTukYM.n
学校に行っても何も面白くないので、俺は学校に行くことをやめた

いじめられていた中学時代は、何かに負けたくなくて学校に通い続けていたが、
そういった張り合いすら失った高校は何の興味も俺に抱かせなかった

毎朝学校に行くふりをして家を出て、ゲーセンや本屋で時間を潰した

いつしか学校に行くふりすらしなくなった

そんなある日、俺は親と共に担任に呼び出された

100: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 01:02:17.11 ID:JEfdTukYM.n
中学の頃だったらいくらでも言い訳ができた

「無視される!」「暴力を振るわれる!」「助けてくれ!」

でも、ここではそうじゃなかった

ただ単に、俺の人間性が問題で、友達ができないのだ

何も言えない

無言で見つめる担任にも、悲しげな表情の母親にも、
俺は何も言えなかった

ただ悔しくて涙をこぼしていた

101: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 01:03:58.50 ID:eln0TE8r0.n
そこでコミュ障だから友達が出来ないって正直に告白しても状況改善しねえから問題ない

103: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 01:06:51.06 ID:JEfdTukYM.n
「このままだと留年するぞ」

担任のその言葉で、嫌々学校に通い始めた

適当に授業を聞き流して、休み時間は寝て過ごした

そんなある日、俺の中での大事件が起きた

休み時間、いつものように机に突っ伏していると、背中に衝撃を受けた
驚いて顔を上げ、振り返ると、クラスのリア充の姿があった

「おいお前押すなよwwwww ○○君にぶつかっちゃったじゃんよwwwwwww」

104: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 01:09:26.80 ID:JEfdTukYM.n
「あ……ぉぁ……」

日頃声を出すことが無いからうまく発声ができなかったことを今でもはっきりと覚えている

でも、この時の俺は何かが変わるような期待感を持っていた
なんかそういうタイミング的な、言葉では説明できない予感みたいなもんだ

「ごめんなwwwww ○○君wwwwwwww」

リア充はそう言って走り去っていった
結局、その時は何も起こらなかったんだ

俺は机に向き直ると、いつものように机に突っ伏した

106: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 01:12:41.88 ID:JEfdTukYM.n
でも、その日から何かが変わった

「おはようwwwww ○○君wwwwwwww」

なぜかそのリア充が俺に挨拶をしてくるようになった

「ぁ……ぉはよぅ……」

小さな声で会釈を返す俺に、リア充は笑顔を返してくれた

恥ずかしい話だけど、その時は天にも昇るようなうれしい気持ちでいっぱいだった

「俺は一生一人で生きていくんだ」なんて、念仏のようにずっと心の中で唱え続けて生きてきたんだから

107: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 01:13:24.38 ID:eln0TE8r0.n
素直だな

110: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 01:21:53.28 ID:JEfdTukYM.n
それが高2の夏休み前。ようやく俺にも友達が出来たってはしゃいでた

学校帰りに遊び行ったりして、人並みの青春と言うものを味わってる気分に浸れた

でも、夏休みに入って状況は一変する

高校の友人とは家が遠く、遊ぶのが億劫だったため(私立の高校で、自宅から1時間くらいの場所にあった)

地元の友達と遊び始めたのが失敗だった(いじめられてはいたが、友人はそれなりに多かった)

ある日、同窓会をやろうという話になる

115: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 01:28:14.48 ID:JEfdTukYM.n
夏休みで生活習慣がグダっていた俺は、夜眠れずに寝ないで同窓会に行くことを決意する

一応布団に潜り込んではいたが、明け方4時くらいに寝るのを諦めてパワプロのサクセスモードを始めた

そのまま17時まで過ごす

高校生なのでまずは公園集合
夏なのでまだ明るかった

当時童貞だった俺は、仲の良かった友人と3人で、盛り上がる輪と遠く離れたベンチに座っていた
徐々に人が集まるにつれ、「ま、同窓会だし」という体で、輪は小さくなっていった

田舎のかなり広い公園にクラスメートが点在しているという異様な光景だったが、
1時間もすると端と端で会話ができるくらいの距離には狭まっていたように思う

118: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 01:32:44.59 ID:JEfdTukYM.n
周囲が暗くなりはじめ、思い出話もかなり盛り上がり始めたころだった

「おい。そろそろ酒買いに行こうぜ」

クラスのDQNの合図でみんなはワラワラと移動し始めた

俺はもう家で飲酒するのが当たり前だったので、

「ああ、みんなももう酒を飲む歳になったのか」なんて感慨にふけっていたが、
どうやら周囲の印象は違ったらしい

「ここで酒を飲むことを拒否したら、舐められる」

ほとんど酒を飲んだことも無いのに、その場にいるほとんどはそういった共通認識を持っていたらしいのだ
後からそう聞いて、ひどく驚いたことを覚えている

121: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 01:37:23.58 ID:JEfdTukYM.n
俺はビールを飲みたかったのだが、なぜか缶チューハイをコンビニでしこたま買っての飲み会になった
会場はさっきと同じ公園でである

「かんぱーい!」

DQNの合図で、各々ぎこちないながらも飲み始める

「うえっ。まっずう」

一口飲んで、俺は思わずそう言ってしまった
その一言に周囲の人間は即座に反応する

「ええ?お前酒飲んだことないの?」「うめーだろ」「のどごしがいいんじゃん」

ここで適当に流せばよかったのに、俺は余計なひと言を言ってしまった

「いやいや。缶チューハイとかまずいだろ。ビールか日本酒にしてくれよ」

今ならもしかしたら背伸びしたガキの発言で済まされたかもしれない
でも、当時はそうならなかった

なぜなら、周囲の人間が”背伸びしたガキ”だったからである

123: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 01:43:15.21 ID:JEfdTukYM.n
「おーい!○○が飲み足りねーってよwwwww」

DQNの号令で、俺への集中砲火が始まった

無くすべき悪習「イッキコール」である

当時の俺は、酒に強いという自負があった

一晩で缶ビール10本飲めるんだぜ、とか思ってしまっていた
缶チューハイなんてジュースじゃん、とも

ただ、それが間違いの始まりだった

アルコール度数で言えばビールより高いチューハイ
それを何本もイッキして、平気なはずもない

家でのむときは一晩、じっくり時間をかけて飲むものだ
そこらへんの認識を甘く見ていた

徹夜してきたこともマイナスに働き、
俺がすぐに酔いつぶれてしまうことは当然の出来事だった

124: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 01:46:02.14 ID:JEfdTukYM.n
全く記憶にないが、友人の話を総合すると、
酔いつぶれた俺はDQNにケンカを売ったらしい

そこでDQNにボコボコに殴られて、(DQNは空手の有段者だった)
最後は締め落とされて意識を失った

翌日、二日酔いに痛む頭を押さえて鏡を見ると、
顔中痣だらけになっていて驚いた

アッパーでも食らったのか、顎下がどす黒く染まっていたことを記憶している

125: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 01:47:50.90 ID:JEfdTukYM.n
ちょっと前置きが長くなっちまったな
とにかく、この件が発端となって、俺はまた地元でいじめられるようになった

家に爆竹が投げ込まれたり、火をつけられたりした

それで妹がレ○プされて、自殺した

126: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 01:48:50.54 ID:eln0TE8r0.n
おい急に胡散臭い少女マンガみたいになってんぞ

127: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 01:49:56.77 ID:JEfdTukYM.n
ここからまた抜け殻のような日々が続いた

友達になれたと思っていた高校のやつらも、2学期が始まるとなぜかよそよそしくなっていた
どこから漏れたか知らんが、俺の地元の話を聞いていたらしい

どうせそんなものはくだらない人間なんだと、
周囲を貶めることでなんとか自我を保っていた

でも、やっぱりつらかった。その頃は毎日泣いてたし、毎日死にたかった

129: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 01:52:13.49 ID:JEfdTukYM.n
また不登校気味になって、登校日数ギリギリで進級した
このころは授業にもついて行けず、成績も相当落ちてた

別に何かがあったわけじゃないけど、夏休み前に突然、
「このままじゃいかん」って思い立つ

それから憑りつかれたように勉強を始めた
毎日15時間。ほとんど食事もとらないくらいだった

130: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 01:54:17.35 ID:JEfdTukYM.n
偏差値30から半年足らずで有名私立に受かった
この時の達成感は人生最大だったと思う

大学に入るととにかく知人が増えた
友人じゃなくて知人

この頃から俺も人付き合いってなんなのかってことに気づき始める

「別にみんな深い中なわけじゃない。上辺のやつが大半なんだ」って

131: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 01:56:12.77 ID:JEfdTukYM.n
だから学科では友人を作らなかった
試験の過去問貰えるくらいの付き合いだけにとどめた
ろくなやつらもいなかったしな

サークルとか他の課外活動で友人を見つけることにした
これが良かったのか、30になった今でもこの頃出来た友人とはかなりの数付き合いが続いている

132: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 01:57:20.02 ID:JEfdTukYM.n
でも大学は卒業しなかった
何年か通ってやめた

やっぱり学校生活は俺には合わなかった

まぁこの頃に麻雀、スロットとギャンブルにはまったのが良くなったのかも知れないが

ともかく、俺はニートになった

133: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 02:00:22.99 ID:JEfdTukYM.n
あ、言い忘れたけど、学生時代に一度自殺したことがある
冬の寒い朝のことだった

普通死にたくなるのは夜なんだけど、その日は朝から死にたかった
朝ってのは活動的なんだよな

だから俺は死のうと思って、バッグにジョニ黒一本詰めて電車に乗った
山で凍死しようと思ったんだな

2時間か、3時間して、秩父の山奥についた

134: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 02:02:27.55 ID:JEfdTukYM.n
着いた頃はもう夕方で、日も沈みかけてた
さっきまで朝だったのになぁってぼんやり思ったのを覚えてる

山頂の方に歩きながらボトルごとウイスキーをあおった
喉と胃が焼けるようだったけどあんまり酔いは感じなかったな

寒さだけを身体に感じてた

135: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 02:05:20.60 ID:JEfdTukYM.n
あたりが完全に夜の闇に落ちたころ、ちょうどいい場所を見つけた

座り心地の良さそうな木の根っこ
そこに腰を下ろした

分厚いダウンジャケットを脱いで、パーカーを脱いで、またパーカーを着た
本当はシャツ一枚で凍死する予定だったんだけど、あまりに寒すぎたんだ

だからパーカーを羽織って、ウイスキーをボトルから胃の中へと流し込み続けた
酔いは本当に感じなくて、ただただ吐き気だけがこみ上げてきてた

137: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 02:10:46.74 ID:JEfdTukYM.n
そうは言っても、いつの間にか眠ってしまったんだろうな
ふと目を覚ました時には、体中が冷え切っていて、本当に死んでしまったのかと思った

でも、そうじゃなくて、俺はまた死にきれなかった
震えながらダウンジャケットを着て、ゲロを吐いて、
ひどく痛む頭と冷え切った身体を引きずって山を下りた

それで電車に乗って、家に帰って、布団にくるまった

電車に揺られている間は、永遠に家に付かないんじゃないかと思っていたけど、
家についてしまったらそんな感覚はどこかへ行ってしまった

帰る途中でコーンポタージュと一緒に買ったウェルチのグレープジュースを一気に飲んで、布団にくるまったんだ

140: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 02:51:43.79 ID:JEfdTukYM.n
自殺に失敗して、家に着いてからのこと
自分でも馬鹿なことをしたとは思うけど、山奥であんな格好で寝てたら風邪をひくのも当然なんだよな

あれから2週間くらい
俺は高熱にうなされた

身体があんまり自由に動かせなくて、逆に感謝した
だって、それならば、余計なこともしなくて済むだろうって思ったから

141: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 02:54:55.74 ID:JEfdTukYM.n
死ぬこともできなくて、芋虫みたいに動けなくなって、それでも俺の人生観は何も変わらなかった

別段まともに大学に行こうなんてこれっぽっちも思わなかったし、
何かに向かって頑張ろうなんて気も少しも起きなかった

ただ、いつでも死ねるんだから、死ぬまで適当に生きてやろうって感覚が心の隅に宿った
だから適当に生きようと思って大学をやめた

まぁ世間的にいうと糞みたいなニートが出来上ったわけだ

142: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 02:57:41.96 ID:JEfdTukYM.n
ニート時代はそれこそ何もせずダラダラ過ごした
時間の概念も無く酒を飲んだし、フラッと家を飛び出したりもした

そんなのが数年続いたかな
それを変えようともしなかったし、変えようとも思わなかった

あの頃の俺は本当にクズだった。ダメな奴だった
ま、今もだけどね

79: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 00:22:37.91 ID:eln0TE8r0.n
笑えねー
>>1は集団で空気を壊さず会話や仕事ができる?
対人恐怖はある?

81: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 00:24:45.60 ID:JEfdTukYM.n
>>79
そこらへんは別に問題ないよ
たまに空気は壊すけど「まぁしょうがねーか」って流されるくらいには信頼関係持ってる

82: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 00:26:02.97 ID:eln0TE8r0.n
>>81
・・・アスペじゃなくね?
少なくとも社会不適合者ではないよね?
いやお前にとって重大な悩みなのはわかるけどさ

86: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 00:29:29.47 ID:JEfdTukYM.n
>>82
どうだろう。まぁアスペかなって自分でも思うし、医者にもそう診断されてるからな
確実に社会不適合者だと思うよ
学校という小さなコミュニティですら自身の存在を確立できなかった

87: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 00:32:26.31 ID:eln0TE8r0.n
>>86
うーん
学校という小さなコミュニティで上手くやっていけない子って障害者に限らないと思うんだけどな
そりゃ医者に言われてるならアスペなんだろうけどさ
友達もいて仕事場でもそこそこ上手くやれてて悲観するほどじゃないと思うよ
今、アスペを自覚して対処できてるなら単に「学生時代嫌な思い出がありました」ってだけのことなんだし

89: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 00:34:10.88 ID:JEfdTukYM.n
>>87
今はアスペを乗り越えてなんかサイコパスみたいになってるよ
「今こいつはこう考えてるんだろうな」って常に想像してる
創作物のサイコパスと違ってあんな猟奇的な趣味は無いけど
単に人とは一生分かり合えないんだろうって意識は常に持って生きてる
こうしてないといつか崩壊すると思う。今の生活がさ

117: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 01:29:12.86 ID:DFmsXRaJ0.n
もう聞かれてるかもだけど定職に就きたい?

119: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 01:33:17.48 ID:JEfdTukYM.n
>>117
全く就きたいと思わない。好きな時に旅行行けないとか考えられないわ

120: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 01:33:52.50 ID:eln0TE8r0.n
フリーター仲間と旅行行ってんのか?
それとも定職友達に合わせてる感じか?
はたまた一人旅?

122: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 01:38:34.45 ID:JEfdTukYM.n
>>120
フリーター仲間は金無いから行って年1くらいだな
基本は定職友達に合わせてるよ
一人旅はしてみたけどまだ実現してない

143: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 02:58:36.69 ID:JEfdTukYM.n
この先もちょっとあるけど一応人生の終着点ニート時代に落ち着いたから終わらせるわ
明日も仕事だし寝ないといけないからな
レスくれた人はありがとう

144: 名無しさん@発達中 投稿日:2015/09/01(火) 02:59:16.38 ID:pjtkRtW70.n
おやすみなさい

http://viper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1441028958/

【管理人日誌】