1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 22:52:47.29 ID:6bIuNpotp.n
以下、wikiより抜粋



退却神経症とは 

副業には専念できるが、個人に期待される社会的役割である本業からは選択的に退却し、無気力・無関心・抑うつなどを呈する神経症である。精神科医の笠原嘉により提唱された、日本独自の臨床疾患単位である。
人間にはそれぞれ期待される社会的役割があるが、そこから選択的・部分的に退却する現代型の神経症(ノイローゼ)である。
社会適応に挫折し、抑うつ状態となり、引きこもりなどの陰性の行動化を伴う。
退却は陰性の行動化であるため、自分から救いを求めたり、病院を受診したりということは極めて稀である。
しかしその様相に反して、本業以外の生活部分では今まで通り活発に行動する(副業可能性を有する)。
副業に関する限りは何らの支障も生ぜず、旺盛に活動し、会社を休んでも飲み会や旅行などには赴くことが出来る場合が多い。
しかし表面上の行動特性から推察されうる単なる怠け者の逃避とは異なっている。

退却神経症者は元来人一倍真面目な努力家であり、第一線で活躍していた人物である。
そうした、いわばそれまで勇敢に戦ってきた兵士の突然の撤退であり、「退却」という軍隊用語が用いられたのはこの側面を指してのことである。

スポンサーリンク

2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 22:53:31.11 ID:6bIuNpotp.n
病前性格

病前性格として以下の特性が見られる。
・キッチリ型の性格で、元来完全主義の性格である

3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 22:53:51.96 ID:6bIuNpotp.n
・人から拒否されることに過度に敏感。「叱られる」「意見される」ことに強い抵抗感がある

4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 22:54:11.16 ID:6bIuNpotp.n
・自己愛的傾向を持つ。プライドが高く、ぶざまな姿を人に見せられない。人から習うのが苦手である

5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 22:54:31.53 ID:6bIuNpotp.n
・敗北と屈辱を異常なほどに嫌がる。勝負する前に降りてしまうことがある(傷つくことを回避し、万能感の維持を優先)

6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 22:54:53.94 ID:6bIuNpotp.n
・オール・オア・ナッシング。全か無か

7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 22:55:11.78 ID:6bIuNpotp.n
・「よくできる子」「親の手のかからない子」だった過去がある。挫折体験に乏しい

8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 22:55:35.73 ID:6bIuNpotp.n
・女性とのつきあいが下手で、一人よがりが多かったり、過度に甘えたり依存したりする

9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 22:55:55.05 ID:6bIuNpotp.n
・どちらかというと社交性に乏しい。人に心を開くことが出来ず、親友や家族ぐるみの付き合いができる相手がいない

10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 22:56:06.87 ID:5Rjvse/r0.n
俺じゃん

12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 22:57:01.06 ID:6bIuNpotp.n
>>10
おう、お前もか

11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 22:56:12.81 ID:6bIuNpotp.n
・内因性抑うつ者とは異なり、反省的・自責的ではない。どこかヌケヌケとした印象を与える

13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 22:57:29.65 ID:HSfPou5e0.n
ここまでぜんぶあてはまる

14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 22:58:29.63 ID:6bIuNpotp.n
集まって来たな
症状いくよー


症状
無気力・無関心・無快楽(快体験の希薄化)が主症状であるが、耐え難い不安、焦燥、抑うつ、葛藤などの主観的な苦痛体験を前景に持たない。また、以下の徴候も示す。

15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 22:58:32.17 ID:ihS4ShVw0.n
真面目な奴ほどバカを見るとはよく言ったもんだ

17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 22:58:53.89 ID:6bIuNpotp.n
・陰性の行動化としての「ひきこもり」

18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 22:59:14.15 ID:6bIuNpotp.n
・アパシーによって攻撃性を抑えているが、内的世界は紛れもなく怒りと破壊に満ちており、時にそれは外界に投影される

19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 22:59:31.00 ID:6bIuNpotp.n
・実存的な抑うつ状態(内因性うつ病とは異なる)。神経症性抑うつ

20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 22:59:48.68 ID:6bIuNpotp.n
・生きる意味の消失

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 23:00:04.39 ID:0RqFrrDD0.n
俺のプロフィール書くなよ

22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 23:00:04.80 ID:6bIuNpotp.n
・漠然とした不安

23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 23:00:24.71 ID:6bIuNpotp.n
・過眠。「もうどうでもよい」という投げやりな気持ちからくる退却心理に起因する

24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 23:00:42.37 ID:6bIuNpotp.n
・「空しい」という感覚(境界例患者の内的空虚感と類似している)

25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 23:00:57.65 ID:6bIuNpotp.n
・快体験の希薄化。「楽しい」「嬉しい」といった喜びを感じ取る力が落ちる(境界例患者に見られる空虚感に近いものである)

26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 23:01:15.69 ID:6bIuNpotp.n
・スプリッティングが生じており、自己分割によって内的葛藤や耐え難い感情を否認している

27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 23:01:34.82 ID:6bIuNpotp.n
・重いタイプでは対人恐怖症状、うつ、軽躁、関係妄想などが見られることがある

30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 23:02:50.50 ID:6bIuNpotp.n
以上、wikiより。



4: 学生さんは名前がない 投稿日:2010/03/13(土) 20:59:58 ID:TzoeWbI90
「スチューデント・アパシー」という言葉は、アメリカの心理学者ウォルターズWalters(1961)が「大学生に見られる、慢性的な無気力状態を示す男性に特有の青年期発達の障害」として用い、本来のアパシーとは区別したことに始まります。 
  
その後、笠原嘉(1973)がWaltersのスチューデント・アパシーの概念を元に、日本の大学生の無気力状態を「退却神経症」と名づけて広め、日本にこれらの名称を定着させました。 
最も特徴的な症状は、大学生の本業である勉強のみに対する無関心で、アルバイトなど勉強以外のことに対してはまじめに取り組むことです。そのため、周囲からは怠けていると見られることが多いようです。 
  
スチューデント・アパシーの症状が出始めるのは、もともと、気立てが優しく、人と競ったり争ったりすることを好まない人達が多いといわれています。まじめ・几帳面・完全主義・頑張り屋の男子学生に多く、女子学生では摂食障害に陥ることもみられます。 
  
スチューデント・アパシーの原因や予防法は未だ明確ではないようですが、受験戦争のための疲労や、無目的な進学、親の期待からの重圧、などがあるのではないかと推測されます。 
 

23: 学生さんは名前がない 投稿日:2010/03/13(土) 23:05:24 ID:TzoeWbI90
学生の無気力症 
21歳の大学生。入学した当初は順調に通学していたが、専門課程の始まる2年の秋頃からやる気が起きなくなった。 
それ以来自室に閉じこもり、テレビゲームをしたり、ビデオを見たりしながら毎日を過ごしていた。 
心配した両親がいろいろな所へ相談に行ったが、内科で心理的な問題であろうとアドバイスされ、精神科に本人を連れてきた。 
出来れば大学を卒業させたやりたい。と深刻そうに語る両親のそばで、A君は他人事のような顔をしている。 
しかし、初回から本人が来院したこと、両親が比較的安定していることなどから外来治療は可能と考えられた。 
このような症例は近年増加の傾向にある。彼らは、几帳面で、完全主義的で、同時にどこか弱々しい。又失敗することや負けることをひどく恐れるため、 
勝ち負けの入り込む状況(例えば試験・競技)を避ける傾向が目立つ。極端な場合には、現実から逃避し、自分だけの世界にこもってしまう。 
さらに、周囲の心配をよそに、本人はそれほど悩んでいるように見えず、むしろケロッとしていることが多い。これは現実を強く否定することで、 
かろうじて自分を保とうとしている彼らの無意識的な努力の現れである。彼らは怠けているだけのように見られるが、そうではない。 
心理的な困難を抱えているのである。

 http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/campus/1268481306/



28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 23:01:48.28 ID:IaCqLPf10.n
今まで何度も調べたけど周りからはどうせただの怠け者としか見られんからな

35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 23:05:06.71 ID:hetZvUEB0.n
>>28
器質的な異常がないからなー
かといって診断書持参したところで「で?」っていうwww

29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 23:02:49.78 ID:Ro7QOQOyM.n
こんなの本気にしてる奴は本気でこういう病気にかかりそう

31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 23:02:58.17 ID:Z8FEUKwI0.n
うわあああああああああ

32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 23:03:44.85 ID:hje02XUd0.n
すべて当てはまるんだがどうすりゃええっちゅーねん

33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 23:04:19.87 ID:sOxhhEr50.n
完全に俺

34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 23:04:33.68 ID:YGNe0p+Nd.n
今まさにそれなんだが、これって寛解?すんの

37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 23:05:27.72 ID:f1ikebEj0.n
みんなこんなこんなもんだろ

38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 23:05:47.72 ID:Tg7AZRN70.n
まじで自分でストレス溜まる性格してると思ってるわ
でもきっちりやっちゃうんだよなあ
いい意味で馬鹿に生まれたかった

39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 23:05:50.48 ID:6bIuNpotp.n
>・スプリッティングが生じており、自己分割によって内的葛藤や耐え難い感情を否認している


俺的にはこれがグサッとくる

42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 23:08:34.67 ID:ZRPWELEh0.n
で?甘えって言われるがどうすりゃいいんだ?
なんとかできんならこんなんならんし

43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/08(月) 23:11:24.82 ID:gdiw+BIf0.n
急にやる気なくなって今日一日中寝てた俺にはタイムリーなスレ

http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1433771567/



お世話になった人が昔これだったんだが、治るまでに5年かかったって言ってたな。
あくまで「本業」に対して無気力なだけだから、会社とか学校以外では活動してたり、自己学習で色々な事知ってたりする。
側から見てるとそれで大丈夫なの?って思うんだけど、本人にはあまり危機感がなかったりするから
どこまでが「生き方」でどこまでが治療すべき病なのか分かり辛かったりするそうな…。
AAの画像化 - 2019-04-29T121339.309



退却神経症―無気力・無関心・無快楽の克服 (講談社現代新書)
\他サイト様最新記事/