26

1: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 03:18:45.693 ID:D2gmxd/v0.net
うつ病にしてもこんなの病気云々ではなくても過度に疲れているひとがいたら休ませてやればいいだけ
軽度の発達障害ならそんなものはそいつに向いている仕事をさせればいいだけに思うのだが
ってか元々はそういうようにして互いにフォローしあいながらどうにかしてたんじゃないの?
統合失調症や重度のものはまた別問題だけど

スポンサーリンク

2: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 03:21:10.405 ID:wWkeRmPB0.net
現代病的な側面あるんじゃないのかな
昔も実はそうだけど診断されないって人もいたんだろうけど、
今は絶対数が増えているっていう

6: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 03:25:39.045 ID:D2gmxd/v0.net
うつ病って言葉はなくても昔から『人間には疲れてどうしようもないときがある』みたいなことは 大体の人々が理解してたでしょ・・・なんでも気合いでどうにかなるなんて最近の考えかたというか

発達障害にしても昔から『人間には得意不得意が極端な人間がいる』みたいなものは
生活の知恵レベルで把握されてたわけでそういう当たりまえのことを分からない人々が増えたから
仕方なくわざわざ病気と名付けてわかりやすくしてるだけに思える

34: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 03:53:48.515 ID:yh8N7VVZ0.net
>>6
ほんっとこれ
無駄に職業が多様化した割に普通とかを絶対視してるせいで逆に生きづらくなってる

7: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 03:26:55.423 ID:ir8MtLoK0.net
日本人は軽度のものを含めると8割はうつ病患者だと言われている
隣の韓国ではもっと多いと言われている
中国は知らないけど、たぶん多い

東アジアはそんなうつ病になりやすい感じのお国柄(地域社会)なんだと思うね

8: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 03:27:03.416 ID:Ua6Rr6om0.net
無駄な知識を簡単に得られるようになった結果

12: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 03:31:23.341 ID:jJgqJuNp0.net
>>8
俺もあえて言うならこれだと思う
ボーダーラインの置き所が自由になりすぎたからだろうね

10: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 03:30:35.258 ID:D2gmxd/v0.net
【うつ病は甘え】とかいうひとたちがたくさんいるから病名がついているって感じすらする
科学的に説明しなくても『人間には疲れてどうしようもないときがある』みたいなことは
昔からわかってたでしょ・・・でもそれらがわからないひとが現代人には多いような予感

13: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 03:31:41.891 ID:2uu2bAge0.net
>>10
だからそれが病気だったってことだろ
正常の規範に入らない「異常」なんだろ

20: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 03:35:56.850 ID:D2gmxd/v0.net
>>13
まあそうなんだけど・・病名なんてわざわざつけなくても異常ってことはわかりそうって思う
病名をつけるのに問題意識があるというよりはそんなことを科学的に説明しないと納得しない
人達がいることが不可解って個人的には思うわけ

24: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 03:39:26.211 ID:x58VujY40.net
>>20
そのレスだけ見るとお前自身が精神的な問題を抱えてる癖に親や医者に勝手に病名付けられて嫌だなって思ってる程度のガキにしか見えんけど大丈夫か?

26: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 03:44:19.194 ID:D2gmxd/v0.net
>>24
俺ではなくてむしろ兄弟で病気のひとはいるけどそういう話でもないのだが・・・
ただなんでこんな当たりまえのこと理解できないひとがたくさんいるんだろうっておもう
昔から自分の意思でどうにもならないくらい落込んだり疲れたりすることがあるっていうのは知ってたでしょと

28: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 03:46:40.771 ID:2uu2bAge0.net
>>26
だからそれの一定のラインを越えたら「病気」なんだよ馬鹿わかってねぇな

35: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 03:57:07.506 ID:D2gmxd/v0.net
>>28
それはまあわかるよ
俺は単純に病気ということを説明しないとそういう状態(どうしようもない状態)を理解できないひとがよくいる
って現状に対してどうなんだろう?と思うだけ・・・別に病名がたくさんあって困るということでもないけど

37: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 04:01:53.305 ID:jACEGkcQ0.net
>>35
それは、今までなんとなく得意不得意が激しい奴がいる、ってアバウトな認識に止まってた奴等が、その原因によって実際には細かく分かれてることに人類が気付いたからじゃないのかな。

たとえば、同じコミュ障でも、自閉傾向が強くてそうなのと、生育歴の問題によってそうなったのかでは本質が違うでしょ?

それは、人は体を壊すと熱が出る、っていうアバウトな病識から、熱は熱でも、風邪による熱と赤痢による熱では本質が異なるってわかるようになったのと同じだよ

45: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 04:11:26.010 ID:D2gmxd/v0.net
>>37
うん・・・俺は病気として分類したり原因を理解するということは合理的におもうしそこに文句はなにもない

ってか発達障害や精神病を病気ではないといいたいわけではない
ただ発達障害や精神病といわないとすげえ当たりまえのことすら納得ができないひとがいることがどうなの?ってだけ
昔のひと(一般人)のほうがそういうことにむしろ理解があったのではないかとすら思う
要するに自分の意思ではどうしようもない状態ということに対して『そういうことってあるんだよねえ』という理解が

48: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 04:18:49.645 ID:jACEGkcQ0.net
>>45
いや、意識のレベルではみんな「そういうことってあるよねぇ」って思ってるよ。
現に、発達障害をカミングアウトした後、高確率で「でも、そんな人昔からいたよねぇ」って返ってくる。

けど、社会っていう大きなシステムの無意識ではそういう人たちを受け入れ辛くなってる。

普通のハードルがあがったから。

51: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 04:24:29.481 ID:D2gmxd/v0.net
>>48
みんなわかってるけど・・・っていうのはたしかにありそう
社会が個々人に要請するハードルがあがっているから「そういうことってあるよねぇ」では済ませられなくなったのかもね
例えば自分の場合は親が思いきりADHDっぽいけどそんなの当たりまえのように「こういうひとなんだな~」って理解してたし

14: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 03:31:54.349 ID:/TnpKFngd.net
>>10
友達も彼氏もいてうつびょうってやつがいる。それでうつなら俺はすでに100回は自殺してるわ

11: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 03:31:06.488 ID:/1tC2G6ua.net
その病名がないと配慮が受けにくいだろ

15: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 03:32:12.234 ID:pJvLbn5E0.net
日に何億も産まれてるんだ失敗作も紛れるさ

18: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 03:33:31.184 ID:aGTgCVXs0.net
鬱病は江戸時代でもちゃんと病気と認識されてたよ

22: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 03:37:29.801 ID:jJgqJuNp0.net
>>18
言葉としては気鬱とか気病はあったけど一般人に当たり前のようにまで浸透するほどではないと思うよ

25: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 03:43:32.705 ID:aGTgCVXs0.net
>>22
高貴な方の記録でも古くは奈良時代の天皇の后、家光の弟と気鬱=病気って
認識されてるけど?

29: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 03:46:47.754 ID:jJgqJuNp0.net
>>25
そうだよそれくらいの立場とか人は使う病名だった後、狭心とかもあるけど町人(今の一般市民)に広く使われる言葉や病名ではなかっただろ?って言ってるんだけど

40: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 04:06:04.902 ID:aGTgCVXs0.net
>>29
安土桃山の坊さんが気鬱の病になったって記録もあるし
隣の嫁さんが発狂して襦袢脱いで木に登ったって一般人の日記にもある
精神病って認識されてたと思うけどな
まぁお前の中では昔の人は狐憑きのせいにしてたって思い込んでるんだろうけど
源氏物語の中でさえ加持祈祷する坊さんを揶揄してる表現もあるんだぜ

42: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 04:08:20.076 ID:jJgqJuNp0.net
>>40
だからそんな表記に現れる逸話や説話が今の一般市民レベルの比喩にはならんだろ?っ数て事だぞ
てゆうかなに怒ってだよww

19: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 03:33:55.921 ID:x58VujY40.net
まぁ日本の精神医学は高齢化に伴う痴呆症の増加と共に発達したって言われるくらいの無能だからな…

働き盛りの人間の精神なんて全く考えてこなかった歴史があるからしょうがない部分もあるよ

30: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 03:46:51.790 ID:jACEGkcQ0.net
病名をつけるのは福祉の対象になるからであって、社会レベルにおいては障害だけど個人レベルにおいてはどう思おうと自分の勝手。

自分のことは自分で定義していいって誰かが言ってた

31: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 03:49:03.204 ID:npbj+hnbx.net
最近の精神病の多さはウェルテル効果的なのはちょっとあるかなと思った
>>1が言いたいのはそういうことじゃ?

32: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 03:50:07.281 ID:jACEGkcQ0.net
発達障害にとってウェルテル効果で乗っかってきた奴らほど迷惑な存在はないからな

33: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 03:51:11.368 ID:ir8MtLoK0.net
いやいや、俺みたいに神経に異常をきたして
体の一部が動かなくなったとかの時点で病気でしょw
ストレスとかで辛いとかは病気じゃねーよ・・
ストレスでどこか異常をきたして初めて病気じゃねぇ?
もちろん、そこまでいっちゃうまえに療養は必要だけれども

何も異常をきたしてないのなら、病気ではなくて病気の一歩手前だと思うな
ゆえにうつ病は病気ではなく、病気になる一歩手前だと考える

36: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 03:58:58.604 ID:jJgqJuNp0.net
Q ストレスや自己防衛が原因で鬱病になるのなら
紛争地域や重度の貧困地域などではもっと症例数が顕著に現れるんじゃないですか?
A 生きるという作業に必死で病気になる暇がないんです!

これになんかワロタ

62: アスペニート 2015/05/29(金) 04:56:02.582 ID:AdKoBx2L0.net
>>36
一方現実は
no title

39: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 04:06:03.211 ID:jACEGkcQ0.net
>>1はちょっと勘違いしてる。

人間に普遍的なレベルでの気分の落ち込みや能力の偏りは今まで通り普通によくあることとして認識されてる。
でも、今までよくあることとされてきたものが、実は結果は同じでも、原因は異なることがわかったわけ。

43: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 04:08:30.317 ID:jACEGkcQ0.net
まあ、それ以外は概ね同意だけどね。
発達障害なんか特に。

俺自身ADHDだけど、福祉の恩恵に預かりたいから発達障害概念の啓蒙はするつもりだけど、本当言えばそんな障害なんて認めたくないね。

人間なんて凹凸だらけの生き物なんだから。
それが自然なんだよ。

47: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 04:14:03.656 ID:q2QC22U90.net
人間は生まれつき精神病
というか脳の病なので当然

49: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 04:20:38.513 ID:jACEGkcQ0.net
人間の社会は、個人レベルの意識と、社会レベルの無意識が絡み合って発展してる。
現代は、その両輪がアンビバレントに歪み始めてる。

だから、社会においては否定しつつも、個人においては擁護する。

50: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 04:22:29.608 ID:W0faAmPIa.net
臨床心理士の需要はこれから俄然増えてくだろうな

52: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 04:24:32.854 ID:jACEGkcQ0.net
国家資格にならんのかね

54: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 04:33:19.132 ID:FBtN4NnL0.net
症状や原因のジャンル分けに名前を付けただけだろ
器質的な差異ももちろんあるが

>軽度の発達障害ならそんなものはそいつに向いている仕事をさせればいいだけに思うのだが
コレは本当にその通り
だから、発達障害だからといってすぐにどうこうという問題ではない

55: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 04:34:24.504 ID:dbdKM9Io0.net
「健常者の労働者」に求められるハードルや能力多様性が上がりすぎて
そこ越えられない中で明らかに脳のタイプが違う人は障害者分類にしないと生きていけない

現状では発達障害者は障害者分類にしても生きていけるように出来てないけど

58: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 04:39:57.941 ID:jACEGkcQ0.net
>>55
ハードルが上がってる、と言えば聞こえはいいが、見方を変えれば低コストで使いまわし可能な人間が求められてるってことだよな。

一つのことを一心に追い求める根気も、人が目を向けない事実に拘り続ける真摯さも、経済的な生産から外れれば『能力』扱いされなくなる。

59: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 04:44:39.044 ID:FBtN4NnL0.net
むしろ、療法やら薬やらである程度対処できるんだから
発達障害とかもっと認知されてほしいと思うけどな
そっちの方がみんな幸せだろ

60: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 04:49:24.203 ID:jACEGkcQ0.net
メガネかける、のノリでコンサータ飲めればそれでええ。
メガネかけるやつを軽度視覚障害者とは言わんやろ

63: アスペニート 2015/05/29(金) 05:01:17.516 ID:AdKoBx2L0.net
なんかゆっくり考えた時と即座に判断・行動する時の落差を少なくしてほしい

67: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 05:19:34.970 ID:jACEGkcQ0.net
>>63
Googleグラスで改善出来んかな。
相手の言葉が字幕スーパーでリアルタイム表示されたりすれば少しは考える隙出来そう

68: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 05:32:09.802 ID:2h6j1oDfK.net
発達障害って言い方に違和感おぼえる…自閉症や知的障害のように本当に先天的な障害なら理解できるけど、、

イジメや嫌がらせされてもネットの普及で生のコミュニケーション避けてとおれるようになったからな。SNS時代が生み出した弊害。発達遅延か発達被害ってとこかな?

戦後や昭和初期は発達障害なんてなかったろ?個性的な人を受け入れない・人を使い捨てる拝金主義の時代がつくりだした害かと

70: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 05:34:59.106 ID:jACEGkcQ0.net
>>68
いや、発達障害はすべからく先天的なものを指す概念なんやけど…

後天的なものは愛着障害とかやろ

74: アスペニート 2015/05/29(金) 05:48:54.865 ID:AdKoBx2L0.net
>>68
それは人格障害だろう
本当に発達障害なら学齢期前から異常行動や強度なこだわりが見られるぞ
実際俺もそうだったし

69: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 05:32:25.538 ID:D2gmxd/v0.net
ストレスも外傷としてみえないだけで身体的ダメージと似たようなものなのではって思う
大きな怪我の場合はストレスといえどもケロイドみたいになんらかの傷痕が残りつづける

75: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 05:51:58.582 ID:jACEGkcQ0.net
発達障害者は小さい頃からスクールカーストの例外レベルに意味不明な奴らのことを指すものだと思うんだがなぁ。

77: アスペニート 2015/05/29(金) 05:55:37.529 ID:AdKoBx2L0.net
お箸が新しいのに変わったからといってはキレて部屋の棚が移動したといっては泣いて暴れる
しかもそれらはお気に入りのものだったわけではなく変化があるまではそれまでは気に止めていなかったようなもの
これがあるアスペの幼少期
今思うと自閉症まる出しである

81: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 05:59:08.498 ID:jACEGkcQ0.net
>>77
俺はパソコンのウィンドウが毎回開くたびに定位置に出ないのが嫌で嫌でたまらなくてキーボードクラッシャーしてたわ。

小6の夏

78: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 05:56:53.652 ID:ZGbURLlI0.net
最近ちょっと嫌なことがあって、発達障害を「個性」と呼ぶヤツを見るとイラッとする

82: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 06:01:38.294 ID:W0faAmPIa.net
>>78
当人が明らかに病んで苦しんでいるのに個性とか言ってしまえる奴らの神経は腹立たしいものはあるわな

86: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 06:06:33.747 ID:lf/aQYh20.net
障害認定ってそれだけで人の生きる力を奪う気がする
逆に認定受けることでホッとする人もいるんかね

88: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 06:09:58.736 ID:D2gmxd/v0.net
個性であることは障害であることと矛盾はしないからな
個性だから障害ではない!ってことにもならないわけで

90: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 06:11:24.078 ID:jACEGkcQ0.net
>>88
まさに。
凹凸は周りのものとぶつかるからな

94: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 06:18:52.794 ID:jACEGkcQ0.net
ワイ、理解を求めるってのがよくわからん。
天然ものとして煙たがれるのと理解されて煙たがれるのどっちがええんや

106: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 06:30:38.965 ID:ZGbURLlI0.net
>>94
俺は理解する気がないクセに「理解します」「理解あります」みたいなアピールしてやがるヤツがイヤなだけなんだよ
理解されようがされまいが、煙たがられてる時点でプライベートでは絶対関わらんから関係ないし
こっちは理解してくれそうな人にだけ「じゃあ理解してもらおう」っていくわけだし

95: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 06:18:55.114 ID:BxYHklLV0.net
基本的に、なんの精神病でもないという状態が存在しない

98: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 06:21:02.249 ID:jACEGkcQ0.net
>>95
ポエムで言ってるんやと思うけども、哲学的次元と臨床的次元は区別して考えるべきやと思うで

102: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 06:24:16.861 ID:BxYHklLV0.net
>>98
ああいや、なんでも病気認定しちゃうのを皮肉ったんだよ
それもこれも病気認定なら普通ってなんやねん!ってな

103: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 06:26:21.283 ID:jACEGkcQ0.net
>>102
本当やな。
最近一番呆れたのが意識高い系という病。

みみっちくて泣きたくなったで

100: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 06:22:04.086 ID:kfw7VdveM.net
精神病をなくしたいなら簡単だ、ブラック企業が潰れて余計な
圧力なく仕事できる環境がもれなく確保されたらいいよ

101: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 06:23:30.984 ID:jACEGkcQ0.net
>>100
それはそうやな。
その代わり今の便利で安心なシステム社会の利便性とトレードオフの可能性があるけども

111: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 06:35:27.541 ID:D+VfBZs2M.net
発達生涯がいきるかは結局のところ富裕度によるエジソンとか
野口英世など能力は突出しててもそれを理解して投資したり
成功するまでみまもってくれる人物がいるかいないかで大きく人生はかわる

あと戦国時代でも織田信長は織田の跡取りじゃなかったら
ただの歌舞伎ものでおわりだし

116: 名無しさん@発達中 2015/05/29(金) 06:41:56.506 ID:c/Xu/NOSp.net
世の中には精神的な不調が肉体的な不調につながるっていう当たり前の事実を認められない人がいるからな
そういう人でも何故か精神的な好調が肉体的な好調につながるということは素直に肯定する
俺には不思議でならない

http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1432837125/


【管理人日誌】





(ずっと先の未来では「この人たちは100年前まで”発達障害”と呼ばれていたのです」みたいな認識になってるのかな…)
38