fd005430


「五月病」一種の「適応障害」早朝散歩で予防、改善を


44




【要約】

五月病は一種の適応障害で、「このままではいけない」と思いながらも、抑うつ気分でパワーが低下しているため、何をやっても空回りする。それが不安や焦りを生むという悪循環に陥ってしまうのだ。精神科や心療内科で診てもらえば、軽症うつ病と診断され、抗うつ剤を処方されることが多い。
しかし、生活習慣を変えるだけで改善するケースが少なくない。うつ病の治療に光療法がある。
光を浴びることで、心のバランスを整える作用がある脳内物質のセロトニンの分泌が増えるためだと考えられている。
医療機関では光療法に照射機を用いるが、自然光でも効果がある。早起きして朝日を浴びるのだ。晴れていれば1万ルクス、曇りでも5000ルクスあるから照度は十分。五月病は夜更かし・朝寝坊で生活のリズムが乱れていることが多いので、早朝散歩を30分~1時間行えば生活のリズムを取り戻し、同時にうつ病を改善することが期待できるのだ。


詳細はこちら


【管理人日誌】


新入社員、学生のみなさん、最近気持ちが鬱々としてないかお?

41







まあ、やる夫が今から変顔でもして笑わせてやるお。
とっとと気分変えて明日から頑張れお。

41







レベル①
05







レベル②



51






レベル③


26





レベル④

07









レベル⑤



47





ドラえもん 五月病なんかふきとばせ!編 (My First Big)
藤子・F・不二雄
小学館 (2015-04-24)
売り上げランキング: 103,297