acee834b4b6a33fe9d730ac5810ea0b5
「ADHD(注意欠陥・多動性障害)の子供は、学習するときに体を動かす必要がある」新たな研究結果…(らばQ)

アメリカのセントラルフロリダ大学の発表によると、

ADHDの子供が学習するときには、足でリズムをとったり、足をぶらぶらさせたり、イスをゆらしたりすることは必要な行為との結果が出たそうです。

従来の手法は、活動過多を制限するのが典型的だったのですが、ほとんどの注意欠陥・多動性障害の子供たちには、むしろその逆の活動をさせることが重要だそうです。

調査対象となったのは8歳〜12歳の52人の男子で、このうち29人はADHDの診断を受け、23人は診断されていない普通の子供たちとのことです。

実験では、それぞれの子供たちに「学習中の記憶力」を計るための標準的な課題を用意しました。
学ぶ・推察する・理解するなどの認識作業を実行するのに必須となる、一時的記憶を扱うテストです。

具体的には、数字と文字が混じったカードをPCのスクリーン上にフラッシュして見せて、それを順番に並べ替えるというものです。

ADHDの子供たちは活動過多であることで知られ、これまでは常に落ち着きがないと思われていました。

ところが実際は

落ち着きのなさが目立つのは、学習時に記憶するなどの、脳の機能が実行されているときだと判明したのです。

さらに今回の調査では、その動きとの関連性も調べられました。

すると活動しているときが最も学習効果も高まる結果となったそうです。

ちなみに比較対象となったADHDの診断を受けていない子供たちは、同じく複雑な認識を行っているときが最も過多でしたが、ADHDの診断を受けた子供たちとは逆に、学習効果を発揮できないという結果に終わったそうです。

詳細はこちら
スポンサーリンク
自分はADHDだけどそれは正しい。
今は医学部に通っているが、今日まで自分を集中させるのに役立ったことは、勉強するときに音楽を聴く、ガムを噛む、どこか動かす、ということだった。これによって脳がバックグラウンドの作業を占有してくれて、課題を吸収することに集中させてくれる。


これが理由で、セラピストはいじれるおもちゃなどを勧めているよ。
10年教師をやっている。良い先生たちはこのことをよくわかっていて、こういう子供たちに融通を利かせた解決法を用意しているものだ。この結果は悪い先生たちに柔軟性を持たせるほど説得力がある。


↑私のクラスには、教えている間にルービックキューブを解く子供がいるが、それを触らせていることで上手くいっている。


↑ありがたいことに、小2の息子の先生は救世主だった。まず最初に息子を一番前の席に移動して、それでうまくいくか試してみた。それは上手くいかず周りの子供にも悪影響を与えた。 それからまた新しい方法を考えて、席を一番後ろにし、そして動きたくなったら動いてよいが、他の人に触れてはいけないと言うルールにして、机の上にも柔らかな握れるボールを置くことにした。これがとても上手くいった。


ADHDのプログラマーだけど、数分置きに立ち上がって、部屋の一番向こうへ行って帰って来ることをしないといけない。歩いていると宇宙の偉大なミステリーまで解けるほどだが、座って仕事をしだした途端、頭が真っ白になるんだ。


大人になった今もよくわからない。みんなは何もしないで座ったまま、教えられることができるけど、それをどうやってすればいいのかわからない。 まるで自分の脳の半分は「退屈、退屈、退屈、何かしろ…」と言っているかのようなんだ。 なので自分は落書きしたり、ちょっと動いたりする。すると学べる。アクション側の脳が楽しんでいて、学習する側の脳は全てを吸収できるようになる。


一体誰が学ぶときにじっとしろというアイデアを生み出したんだ? 動きというのは自然な人生の一部だ。なぜ、そしていつ、じっとすべきなんだ?

↑ほとんどの人は集中しているときは何もしたくないものなんだ。

http://labaq.com/archives/51848177.html


ーコメント欄よりー

1: ななしさん@発達中 2015-05-15 01:06:10
昔事務職で、足の裏で大きめのスーパーボールを踏みながら仕事をしてたけど
無意識に覚醒状態を高めようとしていたのかもしれない。
不注意な脳は痛覚に対して反応する事が苦手な為か、体を刺激したぐらいでは眠気は無くなってくれなかったけど。


2: ななしさん@発達中 2015-05-15 04:57:52
自分アスペの疑いで診断中だがこれは分かるわ
考え事になると顔ポリポリしてたり足がクネクネするんだわ
中学の頃は激しい貧乏揺すりをしてて後日その時のクラスメートから「あの時はヤバい奴かと思った」って言われたぐらい

5: ななしさん@発達中 2015-05-15 06:42:30
感覚過敏だからイヤーマフで集中力を確保できるか試してたけど、
言われてみれば思考中の貧乏ゆすりと歩き回るのは好きだな。

10: ななしさん@発達中 2015-05-17 10:20:45
俺も受験勉強ずーっと歩き回りながらやってたわwwwww
足が定期的にすげえ痛くなってたからボール踏むのにしてみようかな

3: ななしさん@発達中 2015-05-15 06:23:26
日本に社会がいかにADHDに対して厳しくて冷たいかよくわかる。
貧乏揺すりも身体を揺らすのも手足を動かすのもみんな叱責や体罰に繋がるからね。

4: ななしさん@発達中 2015-05-15 06:37:06
隣の奴がもぞもぞしてたら鬱陶しくて仕方ないので、
怒ること自体を冷たいとは思わないな。じっとしてろと言われても無理なだけで。

6: ななしさん@発達中 2015-05-15 06:58:04
椅子の上に片膝立てたり三角座りしない?デスノのL状態になるから人に見せられないし、椅子が軋みまくってうるさいw
外では足を組んだり携帯を触ったりばっかりだ

9: ななしさん@発達中 2015-05-16 03:38:53
椅子の上に三角座りや変な足組みあるある!なんだろあれすごい落ち着くんだよね。みんなやればいいのになんでやらないんだろうね?

12: ななしさん@発達中 2015-05-20 02:20:18
あるあるだよね!ホッとした(笑
三角座りは本当落ちつく。あ、正座はやったことないかも。逆に難しそう。
ちゃんと座ったとしても音楽が脳内再生されたり考え事したり、体のどこかしらに多動が出ちゃう。
病院での待ち時間はスマホや本に過集中して暇つぶさないと、つい外に出て行ってしまって迷惑掛けてしまう…。

15: ななしさん@発達中 2015-05-24 02:21:39
>>12
私は病院は最近行ってないからわからないけど、小さい頃は歩き回るか「順番まだー?」と母に聞きまくるかお絵かきするかのどれかだった。
今も何もしないで座ってるのは苦手で、携帯いじるか周り観察するか一緒に誰かいれば喋るかのどれか。
お店とかの場合名前呼ばれたときにいなかった場合さらに後回しにされて待ち時間が延びる可能性もあるし、店員さんに迷惑もかかるので、なるべくその場を離れないように必死にやること探してこらえてます。

13: ななしさん@発達中 2015-05-20 04:03:00
11,12
病院の待ち時間の苦労も同じだ!
そもそもソファとか回転椅子っていうのが私達には向いていないと思うんだよね。
靴脱いで横になれて飽きないように色んなものが置いてある場所があったらいいのにっていつも思うの。

8: ななしさん@発達中 2015-05-15 12:23:58
いつも疑問に思っていたのですが、
こういうのって「マルチタスク問題」と矛盾しないですか?
特に上の例の、勉強中に音楽やルービックキューブなどは。
徒歩で移動中に電話で人と話したり、
映画鑑賞中にご飯食べたり指ヨガやったり歯磨きしたりしてたけど
多少脳が疲れるので最近は控えています。

11: ななしさん@発達中 2015-05-18 03:32:23
>>8
私もマルチタスクは苦手なんですがね。私もずっとそれ不思議でした。
きっと、意識を上手く分散させて同時進行させるのは苦手だけど、何かを覚えたり考えたりするときには体が無意識に動いてしまうという事なのではないかなとは思うけど。
無意識に動いてしまうのがポイントですね。
例えば電話をしながら歩くのは電話をする方にも歩く方にも意識を向けないといけないわけで、マルチタスクが苦手な人はどちらかに意識が集中するから電話の内容が頭に入らないか、歩くスピードが落ちるもしくは電信柱に激突するかのどちらかになるわけですが、授業中にルービックキューブするのは何もパズルを解く必要はないわけで無意識に手を動かしているだけという事もあるし、音楽聴くのもちゃんと聞いているかどうかはわからなくてBGMとして流しているという事もあるわけです。
専門家ではないので間違ってたらすみません。

34: ななしさん@発達中 2015-07-09 02:39:14
>>8
本来の定義の「マルチタスク」で言えば矛盾するんやろうが、その問題でいう「マルチタスク」と
この記事での「活動過多」ってのは性質が違う気がするんやなー
「マルチタスク問題」で取り上げられる「タスク」は、あくまで両方共意識の集中を要するものであって、
この記事での「活動」は、無意識(=脳のリソースを殆ど使わない)作業を意味していると思うで。
つまりADHDは無意識に使われる脳のリソースが意識的活動を邪魔してるから、無意識活動をすることでそれを抑えるって仕組みじゃないだろうか(適当理論)

16: ななしさん@発達中 2015-05-24 02:47:08
あと小さい頃は車での長時間の移動が苦痛で、車での家族旅行とかの時いつも「今何時?」「あとどのくらいで着く?」とか聞きまくってた記憶がある。

17: ななしさん@発達中 2015-05-24 03:06:36
>>16 それ覚えがあります
わりと最近でも上司と小旅行行った時に、まだですかね?もうすぐですかね?を電車内で4、5回聞いて失笑されたことがある…
30代なんだが…口が止まらない
アスペと診断されてるけどADHDの方があてはまる

22: ななしさん@発達中 2015-06-06 12:47:49
自閉症の自己刺激みたいなものか

20: ななしさん@発達中 2015-06-06 12:40:23
こんなこととっくに周知の事実かと思ってた。

35: ななしさん@発達中 2015-11-23 17:35:09
ジーッとして熟考することは出来るけど、
どんどん理解が進んでエキサイトしてくると
歩き回ってしまうな。
てか、アメリカ往復の9時間フライトはいつ
乗っても死にそうになる。エコノミーの席に
小さくなって、「まだかまだかまだかまだか・・・」
と呪いのように繰り返してる。生き地獄。

36: ななしさん@発達中 2016-08-14 21:29:30
ADHDじゃないけど、歩きながらが頭に入るのは分かる。
マンガとかでもあるよね。歩き回りながら推理したりとか研究の考察したりとか。
でも貧乏ゆすりとか音がする系は、周りが集中できなくなるので、それはそれで困る。

37: ななしさん@発達中 2016-12-18 16:48:42
俺、ADHDだけど子供の頃体を揺らしてて先生が「目障りだから揺らすな!」って無理やり中断させられてイライラしてたのは自分が集中出来なくなるからってことか。

14: ななしさん@発達中 2015-05-20 05:07:17
どうしても変な姿勢で体を動かしてる方が集中出来る。
その方が楽。
だけど、今まで普通の人と比べてたから「ちゃんとした姿勢でじっと出来ないなんて、この作業に向いてないってことかな」って悩んでた。
逆だったんだなぁ。
寧ろ動いてもいいのか。これはありがたいニュースだ。



アリストテレスも学園の中を歩きながら弟子に講義をしたそうな。
逍遥(しょうよう)こそ学問の本質なのかもしれんね