ウェアラブル端末は発達障害者と相性がいい?
Apple Watch発表でADHDの生活改善に期待の声も

52
 

3月9日、Appleが腕時計型ウェアラブルデバイス「Apple Wacth」の発売を発表しましたが、一部ではこうした身体装着型のデバイスがADHDなどの発達障害の生きにくさを補う可能性を秘めているのでは?との声が挙がっています。





海外サイト等では、早くからApple WatchにADHD改善の可能性を見出す発言が挙がっていました。
 

アップルウォッチはADHD改善へのポテンシャルを秘めてるよ。
最も大きな可能性は、とにかく「リマインダー」と「アラーム」に尽きるね。
ADHDの人は、紙やスマホの画面に表示されてるアラームだけで十分ってわけじゃないんだ。
だってそれはいつも身につけてるとは限らないからね。それに比べて時計は常に身につけてる訳だから、見逃しようがないだろ?
加えて、声だけで起動するメモは、パソコンよりもキーワード検索に役立つと思う。


引用元「Potential uses for apple watch for us ADHDers?


Apple WatchにADHD改善のポテンシャルを感じてるのは私だけかな?
とくにタプティック・リマインダーはすばらしい!
Apple WatchはADHDの子供たちの助けになるか?子供たちの集中や記憶、そして時間に対する感覚を改善するのに役立ちそうだけど…。





では、実際どんなところがADHDの生活改善に役立つの?という点を検証してみましょう。
下記にADHDの特性を列挙し、それに対してApple Watchが出来そうな事をまとめてみました。



【ADHDの特徴とApple Watchの機能のまとめ】


体調管理が難しく、自分の疲労に鈍感。過集中が切れた瞬間ぶっ倒れる…なんてことも
ヘルスケア機能で自動的に体調を管理してくれる。心拍数の増加を計測できるので、コンサータ等のバイタルを上げる薬を服用している人は「あ、そろそろ薬の効果がきれるな…」といった調子で薬効の持続時間を可視化できるかもしれない。過集中時に「そろそろ休憩してはどうですか?もう〜時間座りっぱなしですよ!」と知らせてくれれば、体調把握にも役立つだろう。


▼長時間座っていると、立ち上がるよう催促してくれる。集中と弛緩のバランスを管理できるかも。
13


▼裏側にはセンサーが設置されており、心拍数を計測してくれる。飲むと心拍が上がるコンサータとは相性がいいか。
10





マルチタスクが苦手。常に両手がふさがっているため、スムーズな行動がとれない。
腕に巻くデバイスなので両手がふさがらない。メモをとりながら電話にも出る…といったことが可能になる。音声入力に対応しているので、思いつきをそのまま腕時計に喋るだけでメモがとれるようになる。なによりも、何かする度にポケットからスマホや手帳を取り出すという動作を省略できるのはADHDにとって最大の強みだろう。


▼テキストメッセージに声だけで返答可能なので、両手が塞がっていても素早くレスできる。
29


▼外出先でウルトラ警備隊ごっこをするのは少々抵抗があるかもしれないが、もともと変人扱いになれてるADHDの人にはさして不都合ではないだろう。
08




予定管理が苦手。手帳やリマインダーを駆使しても、予定を書いたこと自体を忘れてしまう…。
常時腕に巻いているので、必ずアラームを受け取ることができる。「時間をみる」という行為が日常の動作に組み込まれているので、メモやスマホより「強制視認性」において上回る。また、振動によるアラームも搭載されており、手首へのタップで感覚的に警告してくれるので予定の見逃しがより防げるかもしれない。


▼音声のみで予定の確認ができる。スマホやメモ帳を探してポケットをガサゴソする必要はない。
01


▼「タプティック」という振動フィードバック機能もついているので、薬の飲み忘れ等が減るかもしれない。
18


▼小さい画面ながら、カレンダーの全画面表示も可能。日付をタップするとその日の予定を確認できる。これで来月の心療内科の予定もバッチリだ。
04



方向音痴で道に迷いやすい。なかなか目的地にたどり着けずに約束の時間に遅れてしまう…。
マップ機能で常時自分をナビゲートできる。地図やスマホのマップを見ながらだとどうしても手元がふさがってしまいうが、腕元に常にマップを表示しておけば電車の乗り降りやちょっとしたアクションを行いつつ現在地を確認できるため、目的地を見失いにくいかもしれない。また、移動にかかる時間も自動的に計算して知らせてくれるので、到着予定時刻の見積もりが甘いタイプのADHDには非常に助かる機能と言えるのではないか。ただ、画面が小さいため実際どれほどの視認性があるのか…という点には一抹の不安が残る。



▼リマインダーやカレンダーとシームレスに連携している為、予定時刻の通知から目的地への案内までを一貫して行ってくれる。
34

20

40




Appel Watchの詳細はこちら
スポンサーリンク



944: 名無しさん@発達中 2015/03/10(火) 21:35:57.10 ID:APSZ1bcR
Appleウォッチ発売はテンション上がるわ

949: 名無しさん@発達中 2015/03/11(水) 01:55:45.24 ID:X214SF+R
>>944 
AppleWatch全然興味なかったけどアラームを腕につけて日常生活を送ることができるなら、発達には希望の光だな。 

しかし金がない 
自立支援で買えるようにしてくれないか...

945: 名無しさん@発達中 2015/03/10(火) 21:50:32.14 ID:tkPx7rkL
充電切れて放置の予感しかしない

947: 名無しさん@発達中 2015/03/10(火) 22:01:07.90 ID:n6PlNuCC
>>945 
それ考えるとスマホをポーチなりチェーンなりで常に身に括りつける方が良い気がしてきた 
付けたまんま充電してもさほど邪魔にならないし

946: 名無しさん@発達中 2015/03/10(火) 21:58:06.39 ID:zV+mfmLw
腕時計はウルトラ警備隊ごっこ以上の使い勝手を見出だせないので様子見 
ちっちゃいウェアラブルから周りのものを制御する統一規格ができたら楽しいとは思う 
なんか簡単に作れる電子工作ないかなーないかなー

951: 名無しさん@発達中 2015/03/11(水) 04:04:26.74 ID:xn+0MkmE
Apple Watchの機能全部見たけど、腕のアラーム機能はなんだかんだで助かるだろうなぁ。 
出先でスマホ確認するっていう簡単な動作すらしようとしないorできないから、結局リマインダー設定するモチベすら下がっていく…って感じで、できることなら予定時刻にカーチャンに電話かけて知らせてほしいとすら思う(笑) 

腕時計型だとどんな時でもアラームから逃げられないっていうのがいいね。 
まるで腕にカーチャンつけてるみたいだ。(ウェアラブルかーちゃん)

http://2chspa.com/thread/utu/1418699318





【管理人日誌】



Apple Watchに限らず、ウェアラブル端末はADHDと相性がいいだろうな。
グーグルグラスがポシャったのは本当残念でならないが…腕時計型はこれを皮切りに広く普及していくんじゃないかな。
ただ…
09




高いよね。


32






皮膚の感覚過敏が強い方はそもそも腕時計自体苦手かもしれませんね。