4150SP4dujL

1: 名無しさん@発達中 2015/01/12(月)02:10:53 ID:idV
効果は個人差はあるが効果が全く無い人はいないと思う

スポンサーリンク



2: 名無しさん@発達中 2015/01/12(月)02:11:42 ID:idV

とりあえず言うことはたくさんあるけど、端的にまとめようと思う

6: 名無しさん@発達中 2015/01/12(月)02:13:15 ID:1tn
目線を行の上から下まで一気に持ってく以外でたのむ

7: 名無しさん@発達中 2015/01/12(月)02:13:44 ID:idV
一般的に、本を読むのが遅い人は次の特徴に分けられる

・次の行へ視線を移動させようとしたら同じ行を読んでしまう
・読んでいる最中、文章を頭の中で音声化してしまう

この二つがすごく大きい
これがあるだけで読む速度が十分の一になると言っても過言ではない

8: 名無しさん@発達中 2015/01/12(月)02:15:19 ID:idV
一般的に言う速読術は最初と最後だけ読んでみるだとか
そういう小手先のものが多いけど
それじゃ内容が頭の中に入ってこないし
なにより作品を楽しむことができない

じゃあ、どうすればいいか?
今の二つの問題を解決した上で
内容も頭の中に入ってくる読み方を教える

9: 名無しさん@発達中 2015/01/12(月)02:16:28 ID:QU6
ほう

10: 名無しさん@発達中 2015/01/12(月)02:17:21 ID:idV
まずは問題を解決しよう

・次の行へ視線を移動させようとしたら同じ行を読んでしまう

これは最近のゆとりに多い傾向らしい
字が行を成して並んでるから仕方がないけど、
これは慣れるしかない

どっちにしろ今回の速読術でたくさんの本を読むことになるんだから
これは自然と解決していく

12: 名無しさん@発達中 2015/01/12(月)02:20:13 ID:kEH
そんで?

13: 名無しさん@発達中 2015/01/12(月)02:20:38 ID:idV
次だ

・読んでいる最中、文章を頭の中で音声化してしまう

これがかなり大きい。これをしてしまうと
せっかく人間が持つ頭の回転の速さを殺してしまうことになる
だから黙読して、頭の中で音声化するという習慣をまず辞めること

「そうしたら内容がわからないんじゃないの?」
という人がいるけど、それは文字で認識するんじゃなく頭の中で映像に認識させるんだ

だから、例えば

「草原に花が咲いている」→「そうげんにはながさいている(音声)」→イメージ

という順番で読み取ってしまうと、無駄なんだ

「草原に花が咲いている」→イメージ

と直結することが大切だ

15: 名無しさん@発達中 2015/01/12(月)02:22:04 ID:idV
ある程度の集中力は必要になるけど
これはどんなヤツでも出来るようになる
心の中で読まなければいいだけなんだから

一定のリズムで呼吸することを意識して読めば
心の中で声にすることも次第になくなっていくだろう

17: 名無しさん@発達中 2015/01/12(月)02:22:58 ID:QU6
今それしながらその文章読んだら読むの早くなっててビビった

20: 名無しさん@発達中 2015/01/12(月)02:24:23 ID:vyx
そういうことなら俺自然と速読術身につけてたわ


天才?

21: 名無しさん@発達中 2015/01/12(月)02:25:43 ID:idV
しかし速読術はあくまでも速く読むための技術であって
「手っ取り早く物語を楽しむためのものじゃない」ということを今言っておく
だからこれは実用書や会社の書類、テストにおける文章問題などにおいて大きな成果を得ることができる
作家によっては焦らすように読んだほうが面白い人もいるし、速読術をすることで魅力が減る作家もいることは否定出来ない

だから、ここで一回速読術のメリットを抑えておく

・速く読むことができるから時間にゆとりが出来る
・脳の回転が速くなる

この二つだ。このメリットはすごく大きい
脳の回転が速くなるということは、全てにおいて応用が効くからだ

ここまで話したのは基本となる速読術で、
ここから先は応用編となる

22: 名無しさん@発達中 2015/01/12(月)02:29:05 ID:RX8
わりとためになった
普通の速読の本とかって点追ったり
全体見て読めみたいな感覚的なことしか書いてないもんな

23: 名無しさん@発達中 2015/01/12(月)02:29:34 ID:idV
速読術の応用。それは最低限のことを抑えて文章を読む技術だ
もちろんさっき言った通り最初と最後だけ抑えるようなやりかたはしない
だけど、どうしても文字数によっては速度が実感できないケースがある

そこでできることは、漢字だけ読むことだ

たとえば
「外で雨が降っている」
という文章があるとして、これを漢字だけにすると

「外 雨 降」
となる。これだけでも人間の脳は保管してしまうため
平仮名を読む手間が省ける
日本語で書かれた本の内容のほとんどは平仮名だから
これを実践すると速度が3倍になる

29: 名無しさん@発達中 2015/01/12(月)02:35:27 ID:idV
漢字だけを読む方法がある程度できるようになったら、
次は「平仮名」と「カタカナ」を読むだけの方法を行う

これは楽しむ方法というよりかは2chの書き込みなどを見て
練習するのが一番良い。理由は要点を抑えることが難しいから

そしてその方法さえも出来るようになったら
自ずと脳は漢字とカタカナとひらがなを探すようになってくる
これが頭の回転が速くなるコツであり、速読術となってくる

30: 名無しさん@発達中 2015/01/12(月)02:37:55 ID:idV
そしてなにげに大切なものは「まばたき」
集中して本を読もうとするとどうしても目が乾燥して疲れてしまうからだ
目の乾燥を防ぐにはまばたきが必須

だから一定のリズムでまばたきする癖を習慣的につけることで
集中力が妨げられることがなく、前述の方法が実践しやすくなる

呼吸とまばたきのリズムの一致。これがハマったときの集中力に気づいたときは、本当に驚く
無意識にやってる人もいるけどね

31: 名無しさん@発達中 2015/01/12(月)02:39:37 ID:idV
最後に大切なことはリラックスすること
気を張ると疲労がたまってしまうから、肩の力を抜いて
呼吸とまばたきのリズムを一定化するんだ

そうすることによって集中力が持続しやすくなる

以上。すでに知っている人がいたみたいで申し訳ない
これでお前らがレスや小説を速く読めるようになって
毎日が楽しくなれば俺も嬉しい

おやすみ

34: 名無しさん@発達中 2015/01/12(月)02:46:00 ID:zS0
乙!
これ読んでたら、自分でも無意識のうちに速読やってるのかもしれない

35: Awn◆Awn/Awn/W615 2015/01/12(月)03:44:34 ID:2PY
漢字だけ読むのは効果ありそう
>>1

36: 名無しさん@発達中 2015/01/12(月)03:49:35 ID:Otl
漢字だけ読んだ場合、細かい論理の展開を拾えないので、
間違った情報を頭にインプットすることになる。
想像で埋めてるのと大して変わらないのでは?

37: Awn◆Awn/Awn/W615 2015/01/12(月)03:51:29 ID:2PY
漢字と接続詞と否定(ない)
だけ注目するとか?

38: 名無しさん@発達中 2015/01/12(月)03:53:06 ID:Otl
それなら全部読んだほうが。

たとえば会社のテキストで、
PPTのようなプレゼン資料ならそもそも語句が少ないから問題ない。
指示書や稟議書のようなものなら、漢字だけ拾うと間違える可能性がある。

慣れの問題かもしれんが、漢字、接続し、否定か肯定かに着目するなら
結局全部読んだほうが早いように思うんだが。

39: 名無しさん@発達中 2015/01/12(月)03:54:00 ID:Otl
まぁ、国語のテストみたいな、自己責任もの(間違えても他人に迷惑がかからない)、
資格のテストとかには有効かもね。

http://2chspa.com/thread/news4vip/1420996253









なんかたまにずっと文字を見てるとだんだん文字がぐるぐる回ってわけわかんなくなってくるお…

43







視覚優位(文字より図で理解するのが得意)の人なんかにありがちだな。
そういう人は文字をイメージに変換する回路が弱かったりするんだそうな。
小説の長ったらしい比喩や,数学の文章題なんかで躓くタイプだな。

08





また、注意散漫な人の中には文字に集中できずに全体をぼんやりと眺めてしまうタイプもいるな。
そういうタイプは1行1行に意識を集中できず,どうしても俯瞰してページ全体を一枚の「図」として認識してしまう…。

59






ま、そういう人は縦書きを横書きに変えたり、タブレットやPCで読んだみたり…と自分に合ったインターフェイスに変えるだけでも意外と改善するらしいんだが…。
ただ単に本を読むのが遅い人はある程度訓練すれば文字→イメージの変換速度も上がってくるだろ。

13









うーん。確かに本は読めないけどウィキペディアは徹夜で読んだりすることがあるお。
文字をいちいち音読しない…っていうのは確かに大事かもしれんお。

39









Kindle Paperwhite