514z8dfas7L
他人の気持ちを理解することが困難な自閉症の患者に 「オキシトシン」と呼ばれるホルモンを投与し、
コミュニケーション能力の 
改善を目指す大規模な臨床試験を金沢大学や東京大学などの グループが、来月から始めることになりました。

研究グループは、
効果が確認されれば、薬としての承認を目指す「治験」を行う予定で、 自閉症の初めての治療薬になる可能性があると期待されます。 

参考:http://hattatu-matome.ldblog.jp/archives/41402653.html
  
2: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 05:21:03.23 ID:qlXq8F+y0.net
ひょっとして潜在してて知らないだけで、そんなに多いのか?

    
18: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 06:14:35.09 ID:zP9ot1cZ0.net
>>2
別記事で120万人ってあったからさいたま市の人口くらいいるみたい

    
404: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 20:46:39.24 ID:7hbiwJq80.net
>>2
軽度レベルのアスペなんじゃないかって人はそれなりに見かけるレベルでいるし
何よりアスペは100%ではないが遺伝するし先天性で脳波の検査で100%確認できるものだから
病院で新生児のアスペ検査でもして駆逐しない限りは、少ないけど一定数は社会に紛れることになる

    
416: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 21:28:39.42 ID:7dn2b6jV0.net
>>404
別に駆逐する必要など無いだろ。
「健常者」ってーのは様々な局面から特性を数値化した結果出て来た「中央値」を占めた個体に過ぎない。
一方で閃きは、自由な発想力が大切で、それは、多様性こそが裾野を拡げる。

閃きの大切さは、決して研究活動だけでは無く、企業活動にも求められる事は間違いない。

    
417: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 21:32:42.73 ID:HI+Ao64u0.net
>>416
実態は、ひらめきなんか無く、健常者の神経を蝕む疫病神が発達障害なんだよ。
連中に個性はなく、単に異常者でしかない。
出来る仕事はなにもなく、不潔で人間ではない。

    
464: 名無しさん@発達中 2014/10/11(土) 02:11:47.99 ID:Rv8Lt9UU0.net
>>417
東大の理系の学生はほとんどがアスペだそうだ
あとアスペは天才の絶対条件ではないかといわれるほど天才にはアスペだらけ
もちろんアスペがみな天才という意味ではない

    
465: 名無しさん@発達中 2014/10/11(土) 03:06:12.82 ID:YVngN1X70.net
>>464
日本のスーパーエリートだ!
君はどこ卒業してどんな会社で働いてるの?

言ってみせろ!

    
473: 名無しさん@発達中 2014/10/11(土) 07:49:33.01 ID:eNZMqz1b0.net
>>464
単にコミュニケーション能力の訓練不足なだけな気がするけど

    
476: 名無しさん@発達中 2014/10/11(土) 08:31:00.01 ID:iDydZS+10.net
>>464
アスペは異常な凝り性だから受験が得意な人多そうだけど
だからと言って研究者や開発者として優れているとは思えないなぁ

    
491: 名無しさん@発達中 2014/10/11(土) 12:08:20.84 ID:60Skrt7V0.net
>>464
東大生が天才とは思わないが、おおむねそうだろうな。
アスペという性質を適切に自己制御できない連中は存在価値ないだろ。
たんなる池沼だ。

    
425: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 22:14:52.84 ID:I7Ja4L5S0.net
>>416
>健常者が中央値

そういう科学を装ったニヒリズムを本気で信じてるんですか。
そんな定義では今後、大災害が起きて全世界的に障害者が増加した場合は、
障害者が健常者ってことにでもなると思います?
違います
病的な個体が社会の9割だろうが9割9分だろうが
健常者の定義は、まったく変らない。健康なのが健常者だ。
それを否定するやつはニヒリストの極左だよ

    
460: 名無しさん@発達中 2014/10/11(土) 00:46:31.02 ID:KGmcci260.net
>>425
>病的な個体が社会の9割だろうが9割9分だろうが
>健常者の定義は、まったく変らない。健康なのが健常者だ。
そのデータは?根拠は?

ま、別に答えなくて良いがな。
他人を闇雲に「極左」と公然侮辱する野蛮人には、建設的な議論に参加する資格は無い。

以後、反省したまえ。

    
688: 名無しさん@発達中 2014/10/13(月) 21:31:13.27 ID:E3Mv1PJu0.net
>>425
中央は言い過ぎだけど、時代によって普通がかわるのは当たり前の理論だからどっちもわかるけどな。
暴力に対して抵抗が無い人間が重宝されたり、危険予知能力が欠如してようが気にされない時代だってある。
アスペにも発達障害には程度の差があるし、ボーダーだったり、生育歴悪くて共感能力無い人間もいる。どこまでが駆逐対象なのかは判断不能だ
一定確率で生まれるなら折り合わないとしゃーない。

    
4: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 05:25:07.71 ID:DEES+sEq0.net
相手の気持ちに敏感になりすぎるのもどうかと思うが
それに相手の気持ちを読むのは先天的に出来なくても経験である程度できるぞ

    
22: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 06:20:52.93 ID:r/168D5o0.net
>>4
そりゃ「読んだ」ことにゃならない。


ヘンテコ教育やら宗教、僕が飛び跳ねるうんちゃらとかもう勘弁w
親が早期に覚悟を決めるのが最良の選択。

    
306: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 14:07:18.30 ID:uJc7r9jr0.net
>>22
読めなくても読めているかのように振舞うことはできるだろうという話じゃあるまいか
いやな奴が不幸な目にあったのを見て内心メシウマでも同情してみせるくらいのことは
みんなやってるだろう

    
307: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 14:13:23.32 ID:TAl1CDgr0.net
>>306
>いやな奴が不幸な目にあったのを見て内心メシウマ
いや、自閉症はこういう思考回路そのものが存在しないんだよ。
他人という存在の認識そのものがおかしいんだから。
嫌なやつが不幸な目に遭った、というところからもう理解できない。

    
13: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 05:46:47.40 ID:+nof+vcT0.net
自閉症って引きこもりと違うの?

    
15: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 05:49:39.71 ID:DEES+sEq0.net
>>13
自閉症は先天的な病気
他人の気持ちが読み取れないため孤立しやすく引きこもりになりやすいが
自閉症だからといって必ず引きこもっているわけではない

    
21: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 06:19:56.64 ID:zUqfLoFj0.net
自閉症ってネーミングが>>13みたいな誤解の元なんだよなw
英語の直訳なのかもしれないが「同情同感感情欠落症」とかにすりゃいいのに

    
23: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 06:24:47.32 ID:DEES+sEq0.net
>>21
正確には広汎性高機能発達障害だったような
発達障害というのも知恵遅れみたいで止めて欲しいけど…

    
28: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 06:38:04.10 ID:PiDwzRGg0.net
>>13
引きこもりのような状態を『自閉的』と表現したのは、確かに精神科が先だが
ここで言われている『自閉症』は、状態を指すのではなく障害そのものを呼称したものだよ。

他人の気持ちがわからない、想像もしない(できない)
共感性が乏しい、または皆無で
いわゆる『空気を読む』ことをしない(できない)。
社会に合わせて振る舞うことをしないため、自分の世界に閉じこもっているようなものだ、として
元々、精神科で使われていた『自閉』という言葉が流用された

社会性の程度で自閉度がきまり、知的障害はまた別のパラメーターになる
自閉度が強くて、知的障害がないタイプはアスペルガーと呼ばれる
自閉度は軽いけど、知的障害があるタイプもいるし
定型発達してる健常の子とは、各種パラメーターに違いがあり
さらにそのバランスがおかしい(円グラフにしたら丸くならない、みたいな)のを
ひっくるめて発達障害と呼んでる

勉強得意でも、社会性がなく、共感性もないと
佐世保のモナミみたいになるし
結局、著しくバランス崩れてるとダメなんだよね

    
601: 名無しさん@発達中 2014/10/12(日) 05:08:29.34 ID:H92xvM5H0.net
>>28
俺は他人に関わるのはあまりしないがモナミみたいにな事は思いもつかんぞ
レス読むと自閉の方が自立独立してるように思う
いちいち他人の顔色伺ったりしてる奴の方がガキだし他人に私の気持ちも考えて何て言うのは独り善がり

    
690: 名無しさん@発達中 2014/10/13(月) 21:40:47.80 ID:E3Mv1PJu0.net
>>601
自立とはまた違う。一つの事象を独立したものとしか認識できない。
同僚が転んだから足が痛い。同僚がいつもやっている荷物運びをやらされた。
この二つが結び付かないから空気読めないんだ、他の人は先に代わったり手伝ったりできるんだけど。それも、ただ運んでるなぁ。と思うだけ
んで他の人に、手伝ってあげなよ。とか言われてもなんで?となって、非難されても何故か怒られた。としかならない
本人も大変なんだよ

    
9: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 05:32:26.02 ID:2QOYJJnQ0.net
15年前にも、セクレチン投薬の一斉治験に協力したが、こどもには悪い事をしたと思っている。
危うく、キレート剤にも手を出しかけた。まさに「溺れる者は藁をも掴む」状態だった。
変に親御さんに期待を持たせるような治療薬があるようなことは言わず黙ってやれ。
自閉症には「早期発見、早期療育」に勝るものなし。

    
12: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 05:44:55.15 ID:qlXq8F+y0.net
>>9
胃腸薬が自閉症に効果があるかもとなれば、誰だってやりたくなるのはしょうがない

    
143: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 09:12:34.31 ID:Cu5a0A7s0.net
>>9
>自閉症には「早期発見、早期療育」に勝るものなし。
まだ診断は出てないが、そんな2歳の子供の父親だよ。
今は、デイサービスを受けたりしてて、クレーン現象は無くなり友達とも少しずつ遊び出して来た。
まだ、会話が下手くそなんで、まだまだ手離し出来ないがな。

    
10: 名無しさん@13周年 2014/10/10(金) 05:36:24.84 ID:UMqFkVakf
与党議員や国家公務員にテストしてくれ

他人の気持ちとか言い出したら自己中全員じゃねーか
自閉症と聞いて他人の気持ちが出てきてびっくりだよイメージ違う

    
14: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 05:47:47.89 ID:QdYH/fR1O.net
自閉症の同僚が居るんだが、
精神的にこっちがストレスになってくる。
悪いのはそいつでは無く、
そいつを苦します病なので、強く言えない。
皆も同じ考えだったのか、
イライラしたくない為にソイツから距離を置きだす。

    
309: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 14:37:41.01 ID:eWVWFjRl0.net
>>14 それってSNSあるあるでもある。空気読めない自慢はうざいが、病気なんだろうなって思うと距離を置くしかないと思うことが多々あり

    
24: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 06:26:38.38 ID:9OqH6scn0.net
感情なんか読み取れたってそいつが嫌いならいたぶって喜ぶだけだし、無関心な相手には共感なんかせんよ

さあママのおっぱいホルモン注射しますからボクちゃんたちにもママか保母さんのようにふるまってくだちゃいね~
バブバブ~

ってか
治療が必要なのはどっちだかwワラカス

    
26: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 06:31:33.91 ID:z/CpcLtO0.net
個人輸入で、1本5000円くらいみたいだな。

ホルモンの一種なんだから、其れ相応の効果は、あるだろうが、
人間の自然なホルモン分泌作用を破壊するだろ。
もともと、このホルモンの出が普通と違う人がいたとしても、
一生スプレーを噴霧し続けるのか?
動物実験のレベルだろ。

    
27: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 06:34:57.97 ID:9Iu7E95B0.net
2chなんてそんな奴らの巣窟だし、
現実の世の中も他人の感情を理解してあげられない様な奴ばっかじゃんw

そういう意味では世の中自閉だらけ、自閉してる奴の方が標準的とさえ思えるw

    
29: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 06:38:58.99 ID:d2sWJ5H/0.net
オキシトシンって催淫薬じゃんw

    
120: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 08:47:45.58 ID:IZHnsxUX0.net
>>29
ちょっと前に“惚れ薬”として香水に添加されてたり下から勘違いしてる人もいるけど、催淫剤じゃないよ。
相手に共感する、相手を信用する、相手と同調するという効果があるホルモンの一種。
女性(に限ったことではないが)が赤ちゃんを愛おしく思うのもオキシトシンの効果だと言われている。

ただ“惚れ薬”としての効果は微妙。第一、香水に混ぜた場合、もっとも影響をうけるのは付けた本人だろう。


以前から自閉症の原因として、オキシトシン不足を指摘する仮説はあったが、数年前に東北大学(うろ覚え)での実験で
自閉症の青年に効果が見られたことから脚光を浴びて、現在に至る。

自閉症の親が、上記の香水を買い占めて入手難になったとか、母乳の出を良くする薬として製剤されたものを、個人輸入
する人が増えたとかとか、そのスジでは何かと話題になったりした。

    
30: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 06:39:21.73 ID:JomwYm/W0.net
自覚さえあれば、他人の感情なんて分からない方が社会では有利だ
外部からの同調圧力が強い子供時代を乗りきれば楽になる

    
35: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 06:46:47.90 ID:jzK/VgDI0.net
ホルモン剤は危険

だいたい、発達障害に薬物投与という考え方自体がおかしい

    
59: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 07:15:20.85 ID:U0oogvynO.net
>>35
多動や他害にリタリン投与は否定しないけどね
問題行動に抑制剤使うのまで否定したら怪我人が増える

    
36: 名無しさん@13周年 2014/10/10(金) 06:52:20.34 ID:t3cEaJGL7
>>1
> 他人の気持ちを理解することが困難な自閉症の患者に


ん?自閉症って、そんな病気なのか?

自閉症の患者の青年の書いた本は、感性豊かで、
「表に出てくる症状(動作等)を見ただけでは、全く彼等の人となりを量れないのだ」との印象を受けた。
だから、とてもそんな風に「他人の気持ちを理解するのが困難」とは、思えないが。
それとも、本を書いた青年のケースがごく一部なのか?

    
41: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 06:54:14.30 ID:W51KC2W+0.net
ヲタクは延々と自分の好きな話ばかりする
とりあえず誰かを捕まえては話しだし
相手が聞いていなくても関係なしにしゃべってる
つまり相手の存在など実際にはどうでもいいのだ

自閉症と同じだね
人の気持がわからない

    
43: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 06:55:59.18 ID:z/CpcLtO0.net
>>41
 ほっときゃいいだろ。
 そんなことをごちゃごちゃいうお前も、似たようなもんだ。

    
50: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 07:05:17.10 ID:0y3g3zsE0.net
知的障害がなければ
感情欠如は社会システムを動かすリーダーに欠かせない資質だから
無理に直す事は無いよ

    
60: 名無しさん@13周年 2014/10/10(金) 07:18:55.78 ID:UMqFkVakf
人間一人になりたい時だってある
そんな人に対しての過干渉をスルーしたら 病気だ 異常者だ
薬漬けにしろという世界になってしまうのか
とは違う?

    
68: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 07:28:15.75 ID:U0oogvynO.net
自閉症児の育児は荷が重いとネグレクトしてるような
自身が未診断の発達障害なバカ親が喜んで子供を被験者にするんだろうね
お手軽に自閉症は治ると言われて三角頭蓋術受けさせてた親たちと同じようなバカ

発達障害は親が理解しないと教員も福祉関係者も助けられないよ
まして会社で雇うなんて無理ゲー

    
83: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 07:51:43.70 ID:Hl9c0u390.net
普通とされる人達の人数が多いだけで普通の人たちが居なければ病気と呼ばれる人達は異常でもなんでもないんだろうし、行き辛さも感じなくて良いのかもね。
ダウン症やらADHDその他の人達は異常じゃなくて色んな種類の人間の1つなんだろうなーと最近思ったりして。
でも人を殺したり、変態は別だ。

    
108: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 08:22:16.62 ID:0myRh8Ak0.net
自閉症の人にこのオキシトシンを使って効果が出たとする。
他人の感情を読みとれるようになり、周囲とうまくやれて楽しい人生に変化したとする。
で、その後この人からオキシトシンを取り上げたり、効果が減弱した場合にまた元に戻るのかな、アルジャーノンみたいに。
それとも楽しい人生だったときの記憶があるため、自分がおかしくなったと理解して踏みとどまるのかな。
その辺りは医学的に興味あるなあ。

    
122: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 08:50:19.00 ID:cNnzvONk0.net
副作用があまりなくて、安く手に入るようになるなら歓迎だろうな。薬やめたら元に戻るとしても

    
127: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 08:53:30.34 ID:IZHnsxUX0.net
>>122
対症療法であって根本治療ではないということは、以前から研究者によって繰り返し指摘されてるね。
まあ、アトピー性皮膚炎や喘息のステロイド系製剤とか、血圧の薬とか、一生付き合う薬って多いから。

    
130: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 08:55:56.24 ID:z/CpcLtO0.net
>>122
 薬をやめて、元に戻ればよいのだが、一度、ホルモンの分泌をいじるわけだから、
 戻らない可能性もあるだろ。

 危険だから、動物 と 希望者 と 学者だけでやってくれ。

    
134: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 09:00:31.59 ID:hEWtu5XY0.net
「治る」っていっても当人が自閉であると発覚するまで及び治療前までの人生経験からくる
周囲へのゆがんだ見方、二次障害まで治せるものかな

    
137: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 09:03:14.18 ID:IZHnsxUX0.net
>>134
治らないよ。

目の見えない人が見えるようになるようなものだ。
10歳くらいまで盲目で過ごした場合、医学的には見えるようになっても、視覚による空間認識は出来ないことが知られている。

あとはリハビリ次第だね。

    
155: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 09:19:12.33 ID:SM5Pvl4e0.net
>>1
これは期待したいな
うちの息子が就職を迎えるまでに実用化してくれ・・・

    
158: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 09:21:02.86 ID:UF2XVABFO.net
何か記事の表現がイヤだな
他人の気持ちを理解できないことよりも、患者自体が生きる上で不便なことが改善されるような表現なかったのか?

    
162: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 09:24:08.69 ID:7gqqbpxG0.net
>>158
臨床的にコミュ力改善の効果しか得られてない
それ以上書いたら事実以上に盛ってしまうことになるからNG

    
172: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 09:28:57.75 ID:caPn4jCm0.net
相手の気持ちが分かりすぎて自閉する人もいるんだよ

    
173: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 09:31:48.96 ID:eFlcOefa0.net
>>172
それはまた別物だろう

    
177: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 09:36:54.41 ID:p8Mr3sap0.net
規準ずれると、全人類病気ってことになるかも。
明らかに人と違うとかいっても、かえって天才ってこともあるし、
微妙な違いなんて考えたら、正常ってどんな状態なのかよくわからないね。
正直、自分が一番正常とか思っちゃう。

    
179: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 09:40:04.84 ID:7gqqbpxG0.net
>>177
精神疾患に関しては、社会生活に適応できるか否かの一点のみが治癒・寛解の基準だからシンプルよ

    
182: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 09:43:43.84 ID:p8Mr3sap0.net
>>179
でも、働けないって言ってるのに日常生活なんの問題もない人もいるし、
とんでもない妄想に固執してるけどその点以外は問題ない人もいる。
社会生活に適応って言っても社会次第だしな。

    
193: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 10:04:45.79 ID:Cses2d0/0.net
>>179
その社会生活の現状がそもそも正しいのか?っていう問題はあると思うがな。
明治維新だってそれまで当たり前だった武士社会の否定から来ている。

社会の現状に適応できない方が異常なのか、それとも適応できる方が異常なのか、
誰もわからないと思う。

    
195: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 10:10:37.16 ID:7gqqbpxG0.net
>>193
状況は変わっても適応力のある多数派はたいてい順応できるわけだよ
正確にいうと多数派が適応できない社会変革は起こらないわけだがね

    
198: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 10:18:07.52 ID:aCrfd4vW0.net
>>193
正しいとかどうでもよくて
今、本人が生きやすいか生きにくいかなんだよ

    
184: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 09:46:20.22 ID:dEzgY+Hq0.net
まあ、他人の気持ちを理解することが困難ってのも主観的すぎるんだがな。
要するにコミュニケーションのしかたがわからないってことだろ。
わからなければ自分の経験から状況の認識を補完するしかない。
経験値が低ければ誤解してしまう。誤解は軋轢を生む。

ていうか、極端な自閉症はさておいて世代を問わずそういう奴のほうが多くないか?
マジョリティ化すればそれが標準となる。携帯端末やらネットの発達で
文字と画像情報だけが氾濫してるので、五感が歪になっておかしくなってる奴多くないかな?
しかも電源を落とせば消える。不安だよなw

    
200: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 10:24:55.56 ID:tEKtM5Yp0.net
>>184
典型的な自閉症児の行動に「逆バイバイ」ってのがある。
バイバイを真似する時に「相手に手のひらを向ける」という事が理解できない。
そんなレベルなんだよ。
経験がないからとか、そういう問題じゃないんだよ。

    
185: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 09:47:41.33 ID:p8Mr3sap0.net
自分が一番正常って思ってもいいよな。

    
189: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 09:55:32.22 ID:DEES+sEq0.net
>>185
アスペだって自分は正常だと思うだろ
他人の感情なんて読めるわけないし、共感性がないって言われたって
例えば誰かが悲しんでいたって、悲しいのは他人であって自分じゃないんだから、
なんで一緒に悲しまなければいけないんだって感じ

    
187: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 09:49:40.36 ID:7gqqbpxG0.net
経験値とかじゃなくて、人と相対したときの脳の反応とか身体のベーシックな機能のレベルでおかしいわけで、
やっぱ治療の範疇ではあると思うよ

    
191: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 09:57:18.95 ID:IgDJhl/U0.net
俺も参加してえなあ。
空気読めないとか言われるのもう嫌だぜ。

    
211: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 11:04:38.72 ID:lGe6LCqcO.net
空気は読むものではない!吸ったり吐いたりするものだ!と言い切る俺に薬効きますか?

    
227: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 11:29:21.42 ID:rrxeLAvL0.net
>>211
空気嫁って言う人って、自分は読めているという確信はどこからくるのだろうね。

多数派のコミュニケーションとは違うだけで知的障害があるわけでもないのに
障害扱いって酷い話だよ。

    
222: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 11:23:44.52 ID:7nnoqMyp0.net
うちの兄貴も自閉症で、めちゃくちゃ生きづらい人生送っててどうにかしてやりたい
オキシトシンで改善したり、生きやすくなるならすごい希望になる

    
225: 名無しさん@発達中 2014/10/10(金) 11:28:27.45 ID:ffnTkKrU0.net
オキシトシンでググって最初の方に出てくる金沢大学のHP、面白いわ
個人輸入で我が子に投与してる親の報告だけどさ
明確な効果、それも劇的な変化が見られた例もあるけど、ほんの少しの期間しか効かないとか
副作用が顕著だとか、色んなケースがある

ほんと、これから多くの試験を重ねてデータを蓄積すべきだね

引用元




普通という基準のハードルが高くなってくると、個性も障害になってしまうんですよね。。
私は再三主張していることですが、現代人はもう少し性悪説を腹に据えて生きるようにしたほうがいいと思うのです。
他者に求める善意や能力値の基準がインフレしているように思えます。
他人は自分の思い通りにはならないし、説明していないことを察してくれたりもしないのです。
そういうものです。そこから始めましょうよ。。