922: 名無しさん@発達中 投稿日:2008/12/09(火) 02:18:10 ID:/9BnKNfn

長髪にピアスで東京工業大学受かったけど、入学直後からうつ状態になって、
結局、一生毒男確定の底辺でIT土方になりそうな俺的には、
軽度知的障害とか発達障害など脳の問題から来る真性社会不適合者の場合、
管理社会で生きていくのは無理だから、
高卒までは必死で我慢して、後は、エロゲ原画家とかゲーム攻略サイト運営とか、
とにかく個人でなんとかなる方向に全力を出さないと、
例え高校に入学して、そのまま大学に入っても、いずれ不幸になる
どんな社会不適合者でも「皆が行くから」という理由だけで
ガチガチの管理社会である学校に行くのは誤り
     
904: 名無しさん@発達中 投稿日:2008/12/08(月) 20:28:23 ID:jo31sfOd
つーか、文系職は向いてない気がする。
やっぱり自然科学方面かなぁと。

    
905: 名無しさん@発達中 投稿日:2008/12/08(月) 20:41:15 ID:/jFYRwIV
1か0志向(思考)にも関わらず理系的能力が低いと、本当にあぶれちゃう。
理系職にも就けず、かといってファジーな世界は元々超苦手という…

    
906: 名無しさん@発達中 投稿日:2008/12/08(月) 20:45:48 ID:Ub2Wp5fu
>1か0志向(思考)にも関わらず理系的能力が低いと、本当にあぶれちゃう。

理系的能力って、1か0かっていう思考じゃないぞ

    
907: 名無しさん@発達中 投稿日:2008/12/08(月) 20:47:32 ID:jo31sfOd
>>906
でも、相対的には 「言い得て妙」 だと思う。

    
908: 名無しさん@発達中 投稿日:2008/12/08(月) 21:03:28 ID:Ub2Wp5fu
そうかなぁ

理系的な能力は、

1) 対象についての網羅的に多数のモデルを考え出す能力
 (これには、理論の話だけではなく、何かを実現する技術的なモデルも含む)
2) そのなかから対象にできるだけ適合するものを選び出す能力
から構成されると思う
ここで、特に1)の方がアスペの人は概して苦手じゃないか?

1か0か思考には、むしろ、まず論を立てて、それが成立するかしないかという、
文系的思考(これには俺の偏見が入ってるかも)の方が合ってるんじゃないか?

    
909: 名無しさん@発達中 投稿日:2008/12/08(月) 21:09:30 ID:jo31sfOd
>まず論を立てて、それが成立するかしないかという

これは、演繹的手法が極端になっただけであって
文系理系とは関係ないと、個人的には思う。

オレが考える文系的思考というのは、
曖昧さをそのままドンブリ感情で抱えるイメージ(いい意味で)がある一方で
理系のそれは、曖昧さを理不尽なまでに排除するイメージがあったので。

あくまで私個人の偏見ですが。

    
910: 名無しさん@発達中 投稿日:2008/12/08(月) 21:19:55 ID:Ub2Wp5fu
>理系のそれは、曖昧さを理不尽なまでに排除するイメージがあったので。

もちろん、理系でも前提を置いて、仮説を立ててということはするけど、
結局は対象、例えば観測事実とか、実現したい技術やシステムが全て
それを表現、実現する、可能な限り誤差が少ないモデルを求めることになる

曖昧さを理不尽なまでに排除するというのは、おそらく純粋数学の中にしかない
しかし、その純粋数学にしても、公理は「こういうルールでやったらどうなる」という、
対象は存在しないかもしれないけど、結局は色々なモデルを考えるということになると思う
例えば何たら論理っていうのをいろいろ見てみるといいかも

    
911: 名無しさん@発達中 投稿日:2008/12/08(月) 21:28:31 ID:jo31sfOd
でも、それって結局は演繹法って事なのでは。
ザックリ言うと、抽象→具体という具合に。
そうであるなら、文理関係なく使う手法の一つだよ、それは。

ただ、その「抽象」を多々捻り出す能力(多様性への志向?+多様性を統べる最大公約数?)が必要という意味では
あなたの意見に激しく同意する。

・・・必死だな、オレw

    
913: 名無しさん@発達中 投稿日:2008/12/08(月) 21:35:29 ID:Pu5riRtE
1か0思考という言葉の定義がわからんから困る。

自分的に1か0思考と言うと
NOT1→すなわち0みたいな、ほかに2とか3とか1.2とかあることを考えない
ある意味視野狭窄な状態のことが思いうかぶ
理系/文系の問題以前の話でアレだが。

次いで、>>908の多数のモデルを考え出す能力ってひらめき型と網羅型があるように思うけど、
前者はADHDっぽい人の得手、後者は厳密な思考での制御であって
決してASに向いてないとはいえないと思う……けど。

    
915: 名無しさん@発達中 投稿日:2008/12/08(月) 21:57:52 ID:Ub2Wp5fu
>前者はADHDっぽい人の得手、後者は厳密な思考での制御であって

ADHDについてはいまひとつ具体的な状況が理解できていないので、勘違いがあったら許して欲しい

多数のモデルを想定するときに、それらのモデルは決して無関係ではない
それぞれのモデル間の類似点と相違点、関係する点などを思い描けないと、
そのあとの出来るだけ適切なモデルの選択というのが困難になる
ADHDの人は、色々思いつくということには問題がないとしても、
モデル間の関係を把握した上で思いついたり考えたりということが苦手ではないだろうか

「厳密な思考の制御」についていえば、最近は何とか思考法という本がたくさんあるので、
確かにアスペの人でも充分に訓練をすれば問題のないことかもしれない
(ただ、何とか思考法っていう本、中身は数十年前から言われていることの焼き直しが多いけどw)

    
918: 名無しさん@発達中 投稿日:2008/12/09(火) 00:08:50 ID:/9BnKNfn
まあ、アスペは学問的には理系のほうが向いてると思うよ。
意思疎通において、確定している事実がベースになることが多いという点で。
確定している事実ってのは、>>910の言うとおり、そんなものは殆ど無いけど、
その時代・その分野の多くの人によって真実らしいとされているもの、とでも呼ぶべきか。

    
914: 名無しさん@発達中 投稿日:2008/12/08(月) 21:46:30 ID:UNivJW3y
理系でも仕事そのものを支える人間関係や組織の力学がわからないためにつまずく例が多い

    
916: 名無しさん@発達中 投稿日:2008/12/08(月) 22:13:15 ID:Pu5riRtE
たしかに関連付けや相違点、類似点の制御は難しいかもしれないな。
その個人が完全に掌握できてる問題やら枠組みができている問題(←全体像から分析できる=網羅的に対応可能)
なら関係ないけど、まっさら未解決の問題を解決する点において不利か。

ってゆーかだね、>>914の問題のほうが大きすぎて
得手不得手の問題は自分の中でなおざりだわ。
これからの課題にするよ。

    
917: 名無しさん@発達中 投稿日:2008/12/08(月) 23:24:20 ID:kzhAYFrd
いろんなモデルを想定する、ってのは確かにダメだね。想像力の欠如ってやつか。

    
919: 名無しさん@発達中 投稿日:2008/12/09(火) 00:52:58 ID:Ccxp+4mA
芸術方面に飛び抜けた才能があるとか、職人として類稀な腕を持っているとか
他人との協調は二の次にしても許されるような立場に立てるならそれが一番かな。

でもほとんどアスペにはそんな才能ないし、
理系理系と声高に言うほどには理系方面でも定型以上の力がある訳じゃない。
だから独断や私情を挟む余地がないくらい完全にマニュアル化された単純作業を
「無口でつまんない人」くらいに思われながら用心深く勤め上げるのがいい。

    
921: 名無しさん@発達中 投稿日:2008/12/09(火) 02:04:58 ID:/9BnKNfn
確かに、理系に進んだとして、アスペが躓くポイントはけっこう多いんだよね。
学校生活、会社、職種とか、運も大きい。続けていくには奇跡に等しい幸運が重ならないと。

結局はマニュアル作業なのよね。

    
923: 名無しさん@発達中 投稿日:2008/12/09(火) 02:29:55 ID:RK5MEr+c
本当、人それぞれなんだよね…。
自分はパターン抽出とかアルゴリズム作成みたいな作業は得意だけど、
全員が全員そうだというわけではないしね。

引用元

スラスラわかるHTML&CSSのきほん